5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ゚W゚)ブーンは悪魔憑きとなったようです

1 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:18:27.95 ID:SmlceptI0
( ゚W゚)ブーンは悪魔憑きとなったようです

ブーン系小説です。そろそろ終盤戦。でも中々終わらないんだな、これがorz
描写に若干のグロ表現やいかがわしい表現がありますので、苦手な人には推奨できません。
大丈夫な人は是非どうぞ。

本作には神話や伝承が引用されていますが、正確ではない記述が多々あります。
これは物語の都合上の問題であり、作者の信仰や考えとは一切関係ありません。

今日はその9を投下します。
作者は投下の間隔があまりよくわかっていないので、さるさん喰らうかもしれません。
もし投下が止まったらバイバイされたと思ってください。

これまでのお話は、以下のまとめサイト様にてまとめていただいております。
ttp://boonnovel.g.hatena.ne.jp/
ttp://vip.main.jp/
まとめて下さっているサイト様、ほんとーにありがとうございます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:20:53.39 ID:SE4rd0nDO
ktkr

3 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:20:59.68 ID:rDOHwQ0t0
wktk
いっぺん登場人物を絵にしてぇなぁ

4 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:22:36.04 ID:SmlceptI0
その9「フェンリル」


あざ笑う殺人者、ジョルジュ。
『ニーズホッグ』を振い、世界に腐臭をまき散らす者。
ブーンが初めて接触した組織の人間にして、圧倒的な力を持つ『悪魔憑き』。
そして、ブーンに初めて敗北を教えた存在。
それが今、そこに居た。
少し前までミルナの姿に化けていたジョルジュは、今は暗い青のブルゾンを着た姿をとっている。
素材のはっきりしないブルゾンが、薄い明かりをぬらりと反射して光った。

( ゚∀゚)「しかしまぁ、ちょっと見ないうちにえれー立派なモン生やしてんじゃねーか」
( ゚W゚)「そういうお前は、相変わらず醜いモンをぶら下げているんだろう」

油断無く構えながら、ブーンはジョルジュの軽口に言い返した。
それを聞いてジョルジュは、やはり嬉しそうにニヤリと笑う。

( ゚∀゚)「まーな。もちろん『ニーズホッグ』は健在だぜ。でも、俺の力はそれだけじゃねぇ」

言って、ジョルジュは左手を持ち上げてみせる。
その行動に、眉をひそめるブーン。
ジョルジュの『ニーズホッグ』は、右手に憑く悪魔である。
故に左手には何の力もないはずだった。
だが――

5 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:22:48.51 ID:FsJikxwmO
寝ようと思ってたのに…ちくしょおおお





保守

6 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:23:48.11 ID:SmlceptI0
( ゚W゚)「っ!?」

ジョルジュの左腕がくにゃりと変化し、見覚えのあるシルエットを形作る。
それはは虫類の……おそらくは、鰐の尻尾と思しき物。
硬質の鱗に覆われたそれは、伸長した勢いのままブーンに向かって振われた。

(;゚W゚)「くぅっ!!」

ごう、と空を切り裂いて飛び来る尻尾を、ブーンは身を捻ってギリギリでかわす。
先端がブーンの胸を浅く切り裂き、鋭い痛みをもたらした。
ナイフなどとは違う粗く乱暴な力は、抉るような傷口を残す。
派手に皮膚を引き裂かれた皮膚から来る予想外の痛みに、ブーンは思わずよろめいて胸を抑えた。

(;゚W゚)「く……ぐ……」

ずきり、ずきりと、心臓が脈動する度に走る激痛。
しかしブーンは、それでも気丈にジョルジュを――正確には、その左腕を凝視した。

7 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:24:38.15 ID:SmlceptI0
ジョルジュの左腕が変化した、は虫類の尻尾。
確かに見覚えのあるその姿形。
それもそのはず、それはつい数分前に、別の人物によってブーンに振われた力。
痛みを抑えて、ブーンが確認するようにジョルジュに問いかける。

(;゚W゚)「お前……まさか、『悪魔』を『喰った』のか……」

ブーンは思い出す。
ジョルジュと初めて相対した時に、彼がブーンに言っていた言葉を。

――『お前の足のそれ、結構いいよな。カマイタチも起こせるみたいだしよ』
――『それで首をパツーンを飛ばせば、うまく血が飲めそうだぜ』
――『だから、それ、もらうな』

ブーンの持つ『ヴィゾフニル』を見て、ジョルジュが言った言葉である。
そう、ジョルジュは確かに『それをもらう』と言っていた。

8 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:25:57.36 ID:SmlceptI0
( ゚∀゚)「ッハ。ふにゃけたツラに似合わず、中々鋭いじゃねーか」

左腕をぶるりと震わせて、元の姿に戻しながら、ジョルジュがあざ笑うように言う。

( ゚∀゚)「そうさ。喰らったのよ。荒巻の血と肉ごと、あいつの持つ『アガレス』をな」

ニヤニヤと笑いながら言うジョルジュ。
その表情は、まるでオモチャを見せびらかす子供のようだった。

( ゚∀゚)「これを出来る奴は、そうはいねぇ。組織の中で出来るのも、『禄存』を張ってた渋澤と『文曲』の荒巻、
     それに、我らが主様、『貪狼』のミルナだけだ」

もっとも、もう全員死んじまったから、残るは俺一人だけだけどな。
そう言って、ひゃひゃ、と耳に障る笑い声を上げるジョルジュ。

( ゚∀゚)「ミルナの野郎。逃亡した罪だとか言って俺を儀式の生け贄にしようとすっからよ。むかついちまってさ。
     思わず『がぶり!!』とやっちまったぜ。飼い犬に噛まれてちゃ世話ねぇよな」
( ゚W゚)「ふん……外道が。お前は犬畜生以下の存在だ」
( ゚∀゚)「おいおい、そりゃあ俺にとっちゃ最高の褒め言葉だぜ? ワンワンッ!!」

ふざけて、おどけて、肩をすくめて見せるジョルジュ。
ブーンはその身から立ち上る、どす黒い腐臭に顔をしかめた。

9 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:27:29.83 ID:SmlceptI0
( ゚∀゚)「ミルナも、俺に喰われるのは予想外だったみてぇでよ。大した抵抗もなく喰われやがった。
     あいつの『フェンリル』なら俺を殺すことなんてカンタンに出来たはずなのにな」
( ゚W゚)「それだけお前の行動が狂ってるってことだろう。そんな恥ずかしいことを誇るな」
( ゚∀゚)「ばーか!! 俺には狂って狂って狂いまくるしか能がねーんだよ!! それが俺のほ・こ・り!!」

げはははははは!! と、おかしくてたまらないという風にあざけり笑う。
その行動の端々から垣間見えるジョルジュの思考は、確かに狂っていると言うほか無かった。

( ゚∀゚)「それとも、俺のやったことに、敵のお前は怒るのか?」
( ゚W゚)「……いや、怒らない」
( ゚∀゚)「だろうな!! だってお前からしてみれば、コーラの後のゲップみてぇにうざってぇ奴らが、
     まとめて死んでくれたんだもんなぁ!!」
( ゚W゚)「その代わりに現れたお前は、自慰の後のティッシュ屑よりもうざったいがな」
( ゚∀゚)「ッヒャヒャ!! うまいこと言うねぇ!! やっぱお前っておもしれぇわ!!」

喉をのけぞらして笑い狂う狂気の塊。
だが、ジョルジュは突如としてその笑いを止め、湧き上がる残忍さを隠そうともしない顔でブーンを睨み付けた。

( ゚∀゚)「後はお前一人だ。お前を喰えば、花嫁が喰える。そんで都市の人間を皆喰らって、喰らって、喰らい尽くして。
     儀式でこの地に残る魂の全てを地の底にたたき堕としてやる。
     男も、女も、大人も、子供も、赤子も、老人も、善人も、悪人も。みぃーんな全部を堕としてやらぁ」

黒い黒い思考を垂れ流して、ギラギラと光る双眸。
その目は、すでに人間の枠を越え、悪魔の瞳そのものとなっていた。
あまりにも狂いすぎた狂気。
ふいにブーンは、その狂気の発端が知りたくなった。

10 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:29:03.19 ID:SE4rd0nDO
>>3
禿同


ドクオに期待^^

11 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:29:30.75 ID:SmlceptI0
( ゚W゚)「なぜそうまでして、全てを堕とそうとする」

ジョルジュとの間合いを計りながら、ブーンは相手の隙を探るように口を開いた。

( ゚W゚)「それが楽しいからか? 全ての人間を地の底に堕とすのが、そんなに楽しいのか」

ジョルジュの狂った思考から、一番あり得そうな選択を選んで問いかける。
だが、意外にもジョルジュは首を振った。

( ゚∀゚)「ちげぇよ。楽しい事は楽しいけど、疲れっからな。出来ればこんなこと、したくねぇさ」
( ゚W゚)「……なら、何故だ」

実際に疲れたような表情を浮かべ、ジョルジュは静かにため息をついた。
予想外の言葉に、思わず足を止めて聞き返すブーン。
ジョルジュはそんな相手に攻撃を仕掛けるでもなく、腕をだらりとさせたまま淡々と答えた。

12 : 【吉】 :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:31:51.29 ID:62NvFFhcP
さる回避

13 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:32:40.86 ID:SmlceptI0
( ゚∀゚)「強いて言うなら、八つ当たりみたいなもんだ」
( ゚W゚)「敵味方関係なく虐殺するのが、単なる八つ当たり……だと?」
( ゚∀゚)「お前は知らないだろうけどな。俺達『悪魔憑き』が死んだら、どこに行くか知ってるか?」

とっておきの秘密を暴露するように、もったいをつける。
ククク、と笑って、ジョルジュはぐにゃりと顔を歪めた。

( ゚∀゚)「『地獄』だよ。悪魔をその身に憑かせた奴は、例外なく悪魔にとっつかまって地獄落ちだ」
( ゚W゚)「……だから、全てを巻き添えにしてやろうと。そういうことか」
( ゚∀゚)「『地獄堕ち、みんなで行けば、怖くない』ってか。一人で堕ちるのは寂しいからなぁ」

喉の奥で笑いながら、頬を上げて目を細めるジョルジュ。
その顔は、悲しみとも憎しみともつかないような、曖昧な表情。
それは、永遠に続く苦しみを約束された者の狂気。

( ゚∀゚)「どうよ。無理矢理『悪魔憑き』にされたお前なら、俺の気持ちはわかるだろ?」
( ゚W゚)「……ああ。わからないでもないな」
( ゚∀゚)「だろ? そうだろ? だったら憎いよな。怖いよな。自分は何をしても地獄に堕ちるのに、世界は何も変わらない。
     だから、な。全部堕としてしまおうぜ? お前と俺には、それをする権利がある」

ジョルジュが親しげな狂笑をその顔に浮かべる。
それは悪魔の囁き。悪魔の誘惑。
人間は、自分の不幸を理由にすれば、どんなに非道残虐極まることでも出来る種族だ。
今までもそうして繁栄してきたし、これからもそれは変わらない。そして、ブーンは人間として生きている。

一瞬。ほんの一瞬だけブーンはその提案を検討し、そして――

14 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:33:11.94 ID:rDOHwQ0t0
支援
…暇があったらイラスト、勝手に書いてみるかなー

15 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:33:40.81 ID:SmlceptI0
( ゚W゚)「だが、断る」

ざっくりと斬り捨てた。

( ゚∀゚)「……へぇ。そんなに正義面してぇかよ。いっとくけど、悪魔に憑かれたら、もうお仕舞いだ。
     何をしようとも、地獄への片道切符は失効しねーんだぜ?」

ほんの少しだけ失意の表情を見せ、ジョルジュが食い下がる。
しかし、それでもブーンはきっぱりと首を振った。

( ゚W゚)「そんなんじゃない。ボクが気に入らないのは、そんなことじゃない」
( ゚∀゚)「だったらなんだ? 安っぽいヒューマニズムか? クソの役にも立たない道徳観念かよ?」
( ゚W゚)「違うな。ボクが許せないのは、たった一つ」

すう、と手を挙げて、『鏡』と共に床に横たわるツンを指さして。

( ゚W゚)「お前の計画が、ツンに危害を加える。ただそれだけが許せない」

宣言するように言い放った。
それは他の誰でもない、自分自身に対する行動宣言。
その言葉はブーンを縛る鎖、そしてブーンの力の源。
ただ一人の大切な人のために、ブーンは地獄に堕ちるまでの生を燃やす。

16 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:35:21.25 ID:SmlceptI0
( ゚∀゚)「……そうかよ」

ブーンの言葉をあざ笑うでもなく、ジョルジュは冷たく呟いた。

( -∀-)「いいよなぁ、お前は。馬鹿みてーに女のケツを追っかけ回して、地獄なんざ怖くねーってな顔して。
     あれかね。俺もそーゆー相手見つけてりゃ、少しはマシだったのかねぇ……」

そんなことはあり得ない、とでも言いたげに苦笑するジョルジュ。
目を閉じたその顔は、今までの狂気に彩られたものではなく、どこか弱々しささえ感じられた。
しかし、目を開いたジョルジュは、再び顔に狂気の色をのぼらせる。
あざ笑う殺人者、ジョルジュ長岡。
ブーンが最後までツンを守るのなら、ジョルジュは最後まで狂い続ける。

( ゚∀゚)「じゃあ、やっぱりお前は邪魔者なんだな」
( ゚W゚)「お互いにな」
( ゚∀゚)「ッハ。んじゃ、いっちょ殺り合うとすっか?」

全身から殺意を立ち上らせて、ジョルジュが問いかける。
ブーンはその問いかけに口を開くでもなく、両足の『ヴィゾフニル』に力を込めた。
周囲の大気がブーンに従属し、主を守るように渦巻き始める。
その風に顔をなぶられながら、ジョルジュがニヤリと笑みを浮かべた。

17 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:36:24.71 ID:SmlceptI0
中方都市 最上層遠景


中方都市は、直径10q、長さ10qの円柱を、半分まで地に埋めた形をしている。
それは、崩壊してしまった世界の過酷な環境に耐えるために作られた、か弱い人間達の最後の砦。
崩壊前の高い技術で作られた外壁はミサイルの直撃にすら耐え、作られてからいささかの損耗すら見られない。
その円柱の頂上には都市で最も位の高い人間が住み、下層では得ることの出来ない日光の恩恵を受けていた。

そして、その頂上部。
立ち並ぶ高層建築物群の、丁度中央に位置する、最も高いビルの最上部。
傾き始めた夕日を受けて輝いていたその頂上が、突如爆発したように吹っ飛んだ。

18 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:37:01.77 ID:rDOHwQ0t0
猿回避支援ー

19 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:37:06.21 ID:DRxKexQ5O
今北産業

20 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:37:38.75 ID:HHQkLTe7O
wktk

21 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:38:09.29 ID:SmlceptI0
( ゚∀゚)「来いよ!! 正々堂々、タイマンと洒落込もうぜ!!」

もうもうたる粉塵を突き破って、ジョルジュが笑いながら飛び出した。
空中でその身を捻り、一回転。
背中から黒い猛禽の翼を生やし、羽をまき散らして上昇する。

( ゚∀゚)「せまっ苦しい場所はラストバトルにゃ似合わねー!! やるならやっぱ広々とやんねーとな!!」

まるで空が自分の領域と言わんばかりに、我が物顔で飛び回る。
その動きは地に縛られた人間のものではなく、空を我が家とする存在のものだった。

( ゚W゚)「言われなくても行ってやる」

ジョルジュに続いて、天井が無くなった礼拝堂から飛び出すもう一つの人影。
足の翼をはためかせ、ブーンはジョルジュを追ってその身を舞い上がらせる。
夕日が横から照りつける大空の中、風を切って飛翔した。

22 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:39:34.68 ID:SmlceptI0
中方都市 上空


空を飛ぶモノの気持ちは、空を飛ぶ者にしか理解できない。
耳元でうなる風、体が切り裂く大気。
風に乗り、時には風すらも打ち破って自由に大空を飛ぶということ。
ブーンは自らの翼で大空を飛翔しながら、期せずして訪れた『自由』を五感で感じ取っていた。

( ゚∀゚)「ひゃーははは!! 空を飛ぶってのは、ホント気持ちのいいもんだよなぁ!!」

ブーンの上空を旋回するジョルジュが奇声をあげる。
その無粋な声に気分を害され、ブーンは殊更に強くジョルジュを睨みあげた。

( ゚W゚)「ふん。お前がいなければ、もっと気持ちのいいものになるんだがな」
( ゚∀゚)「ッハ!! そんなにつれなくすんなよォ。同じ地獄の釜で茹でられる仲じゃねーか!!」

ぎゃははと笑い声を降らせるジョルジュ。
その姿は夕焼け空を不吉な形に切り取って、凶兆の印のごとくブーンを見下ろす。

( ゚∀゚)「有象無象のゴミムシが這いずり回るクソッタレな全部を見下ろすとよー。
     体の中の何かが滾ってきて、ウラスジあたりがギンギンになってくんだよなぁ」
( ゚W゚)「心の底から……気持ちの悪い奴だ。その妙な性癖ごと、塵も残さず地獄に堕ちろ」

不快な表情を隠そうともせずに言い捨てるブーン。
そして、ブーンは最大速まで加速して、一気にジョルジュへと突っ込んだ。

23 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:39:44.18 ID:bVyrIbi00
( ゚∀゚)<アヒャです

  _  
( ゚∀゚)<ジョルジュです

>>1
メンドイのは分かるが、ちゃんとして欲しいな


24 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:39:53.59 ID:FsJikxwmO
書いた。

ドクオ

http://kjm.kir.jp/?p=67270

25 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:41:06.50 ID:SmlceptI0
( ゚W゚)「はぁっ!!」
( ゚∀゚)「ほいさぁ!!」

かけ声と共にぶつかり合う互いの悪魔。
ブーンは蹴り放ち、ジョルジュは右腕の一振りでそれを止める。
がつん!! と激しく空気が振動し、二人を中心に空気が爆ぜた。

( ゚∀゚)「っはぁ!! どーしたどーした、そのご大層なモンは飾りかよ!!」
( ゚W゚)「飾りだとしても、お前を屠るぐらいは造作もないこと……だ!!」

防がれた右足をそのまま振り抜いて、転瞬。
渾身の力を込めて左足の踵をジョルジュの脇腹にたたき込む。
しかし、

( ゚∀゚)「あめぇ!!」

びぢっ、という異音がして、ブーンの左足が何かに埋まる。
驚いたブーンが自らの左足を見やると、そこには白い軟体の半ばまで埋まる足があった。

(;゚W゚)「くそ……『アガレス』の力か!!」
( ゚∀゚)「イカにも!! イカ臭くってごめんなぁ!!」

げらげらと笑うジョルジュが、一瞬にして鋸歯を生やした左腕を振う。
うなりを上げて迫る牙、ブーンは急いで軟体から左足を引き抜き、紙一重でジョルジュの攻撃をかわした。
目の前を通り過ぎるそれはブーンの前髪を数本ちぎり飛ばし、同時にきつい腐臭をまき散らす。

26 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:42:55.75 ID:NrmGz3pXO
>>23
そーいやそうだな
でも行詰まってるし仕方ないんじゃね?この人機械のときからこうだし

27 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:43:09.81 ID:SmlceptI0
(;゚W゚)「ち……厄介な……」

距離をとって歯がみするブーン。
ジョルジュはそんなブーンを見て、からかうように声をかけた。

( ゚∀゚)「おいおい。それで本気か、デキソコナイ? お前の足についてる『ヴィゾフニル』は、
     本来なら俺の『ニーズホッグ』とタメを張れる悪魔なんだぜぇ?」
(;゚W゚)「……うるさい、黙れ」

嘲笑を浮かべてブーンを見やるジョルジュに、ブーンは苦々しげに答える。
ブーンとて、自分の実力はわかっているつもりだ。
すでに腹のあたりまで進んだ悪魔の浸食に伴い、『ヴィゾフニル』の力は以前の数倍にまで増している。
だが、それでも。

(;゚W゚)(奴の力には及ばない、か)

悠然と翼をはためかせるジョルジュを見ながら、ブーンは強く奥歯を噛みしめた。
相手の力量、相手の実力。
それらは全て、ブーンを一回り以上も上回っていた。

28 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:43:58.88 ID:rDOHwQ0t0
というか、眉毛のあるジョルジュをブーン系小説で最近みねぇ気がする

29 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:44:26.00 ID:SmlceptI0
( ゚W゚)(どうする……隙を見つけて捨て身で攻撃するか?)

荒巻との戦闘を思い出し、ブーンの中に一つの案が生まれる。
だが、ブーンはそれを瞬時に却下した。

( ゚W゚)(いや、無理だ。奴の攻撃に身をさらせば即死。下手をすれば犬死になりかねない)

ジョルジュの右腕に憑く『ニーズホッグ』。
全てを腐らせるその力を思い、ブーンは特攻を思いとどまった。
高速で頭を回転させ、攻撃の手立てを模索するブーン。
その時、ふとジョルジュが思い出したように声をかけた。

( ゚∀゚)「あー、そうだ。一つ言い忘れてたけどよ」

言いながら、左手の人差し指を天空へと向けて、一言。

( ゚∀゚)「止まってっと、焼かれるぜ?」
( ゚W゚)「……何だと?」

どういうことだ、というブーンの声は、突如として生まれた強大なプレッシャーに掻き消された。
頭の上から、死を伴った何かが光の速さで迫ってくる。

(;゚W゚)「――っ!?」

半ば本能的にその感覚を感じ取り、弾かれたように飛び退こうとするブーン。
そして、ブーンの目の前が灼熱の色に染まった。

30 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:44:52.53 ID:06vLvqdx0
wktk

31 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:45:47.20 ID:NrmGz3pXO
確にみないな
しえん

32 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:46:03.13 ID:SmlceptI0
都市政府集権装置 主要電算装置室


都市の全てを管理する人口無脳『トリニティ』は、都市上空を飛び回る二つの熱源体を感知していた。
『トリニティ』はすぐさま崩壊前から溜め込まれたデータベースに熱源体のデータを照会。
返ってきた答えは『アンノウン:該当無し』

熱源体感知から10秒後、危険と予測される程の大気の爆発を確認。
それからさらに15秒後、トリニティ内の一つの思考である『チャンネル2』が、一つの提案を提議。

『危険的存在の可能性を持つアンノウンに対する攻撃措置』

都市へ危害を加える可能性のある熱源体を、防衛のために排除する提案。
この提議に対して他のチャンネルは全て『肯定』を選択。
提議から2秒、満場一致で『アンノウン』に対する攻撃は決定した。

攻撃に使用する手段は、軌道上からのマイクロウェーブ照射が選択された。
都市の南に位置する巨大レクテナ発電施設『天恵:乙』へとマイクロウェーブを照射していた『天恵:甲』に割込命令。
命令を受けた『天恵:甲』は発電のための照射を一時的に中止すると、都市上空を飛び回る熱源体に、その射線を変更。
照射半径を5mまで絞り、0.5秒間の限定照射を行った。

空中に停止した熱源体を狙った照射は、焦点温度が千度にまで達する力をもって、大気を焼き、地表に到達。
運悪く命中した最上層の市民を二人ほど爆裂させ、都市の構造物を一部融解させた。

33 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:46:43.67 ID:rDOHwQ0t0
>24
GJ
やっぱドクオって優男になるんだなw

34 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:48:41.22 ID:NrmGz3pXO
>>24
いいな。やっぱドクオはかっこよくないとな

35 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:49:02.45 ID:SmlceptI0
(;゚W゚)「っがあっ!!」

目の前を通り過ぎた灼熱の余波に煽られ、ブーンは自分の肌が焼けるのを感じた。
ちりちりとした痛みが体の全面を覆い尽くし、髪の毛が嫌な匂いを立てて少し縮れる。
マイクロウェーブの照射範囲からは逃れていたものの、その絶大な力はブーンに少なからぬダメージを与えた。

(;゚W゚)「く……何だ、今のは」

細かな針が無数に突き刺さっているかのような鋭い痛みに耐えながら、ブーンはなんとか姿勢を立て直す。
絶え間なく続く痛みに意識が混濁しそうになるが、ブーンは気力で耐え抜いた。

( ゚∀゚)「ありゃ、宇宙に浮かんでるでっけぇ発電機械の攻撃だよ。都市がいくら堅ぇっつっても、
     無防備に突っ立ってるわけにもいかないからな。自衛のために、ああやって危険分子を排除すんのさ」

宙に浮かぶ『天恵:甲』は、太陽光をソーラーパネルで受けて電力に変換、マイクロウェーブを照射する発電施設である。
通常は地表に設置された『天恵:乙』へと照射されて電力を供給するそれは、しばしば都市の防衛にも使われる。
主に地上を徘徊する巨大生物へと向けられるそれは、時には武装する危険分子へも使用されることがあった。

(;゚W゚)「お前……そのことを」
( ゚∀゚)「ああ、知ってたぜ。『トリニティ』の中にあるチャンネルの一つは、組織がハッキングしてたからな」

ニヤニヤと笑いながら答えるジョルジュ。その顔は明らかに攻撃が来ることを知っていた様子である。
知っているのに教えなかったジョルジュの行動を、しかし、ブーンは汚いと罵るようなことはしなかった。
これはフェアプレイを期待するようなスポーツでもなければ、武道の試合でもない、ただの殺し合いなのだから。

36 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:50:17.20 ID:SmlceptI0
( ゚∀゚)「でも、なぁ……なんかがっかりだぜ。お前弱すぎ。あんな攻撃、マトモにくらってんじゃねーよ」
(;゚W゚)「う……」

あからさまに失望したという感情を表に出して、ジョルジュがため息をついた。
その瞬間、上方で再びふくれあがるプレッシャー。
遙か上空の無機物が放つ、無機質な殺意が、今度はジョルジュへと向けられていた。
しかし、ジョルジュは慌てない。

( ゚∀゚)「こんなもん、ちょちょっとぶっ壊してやりゃいいだろうがよ」

気軽に答えて、ジョルジュは何気ない動作で上空を仰ぎ見た。

( ゚□゚)「かあぁぁぁぁぁぁぁ……」

低くうなり声を上げて、ジョルジュがその口を大きく開く。
限界まで引き延ばされた顎は人間の開口範囲を大きく超え、ほほ肉がみりみりと音を立てて引きちぎれた。
ジョルジュの歯が歯茎から大きく伸びて、ぞろりと肉食獣のそれに生え変わる。
そして――

37 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:51:42.02 ID:SmlceptI0
( ゚A゚)「がうっ!!」

ばつん!! と音を立てて、一気に口を閉じた。
その瞬間、ジョルジュの口の中に、何かが『食われる』

一体何が?
怪訝に思ったブーンはそのまま何気なく上空を見上げ、そして、

(;゚W゚)「なっ……」

そこに、暗い深淵を見た。
夕焼けに染まる空にぽっかりと空いた、光を通さない闇。
それはブーン達よりも遥か上方に空いており、穴の向こうには夜の空が見えていた。

(;゚W゚)「これは……っ!?」

呆然とする間もなく、急速に縮んでいく穴。
そして、穴が閉じると共に、周囲の大気が引きちぎられ、吸い込まれていく。

38 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:52:44.12 ID:SmlceptI0
(;゚W゚)「うっ、くぐぅっ!!」

ごうごうと唸りをあげる大気の奔流に揉まれながらも、ブーンはなんとかその場に止まろうと翼をはためかせた。
ともすれば台風に巻き上げられた木の葉のように浮き上がろうとする体を、必死の思いで立て直す。
時間にして、およそ十数秒。
驚異的な体積の空気を吸い込み、夜色の闇は姿を消した。

( ゚∀゚)「……ってなもんよ」

顔の造作を元に戻したジョルジュが、若干得意そうに口を開く。
再び夕焼け色の静寂が戻った空には、あのプレッシャーは欠片も感じることは出来なかった。

( ゚∀゚)「ま、正直『フェンリル』の力がねーと、流石の俺でも対処は難しかったかもしんねーけどな」
( ゚W゚)「あれが『フェンリル』の、力……」
( ゚∀゚)「ごっついだろ? さすが主様々って感じだよな。空間を『喰らう』なんて芸当、フツーはできっこねーよ」

そう言って、未だに鋭く尖る牙をぞろりと見せて笑う。
その口の中に、到底太刀打ちできない力を見た気がして、そして、ジョルジュのやったことを理解して。
ブーンの体が無意識に震えた。

ジョルジュは、空間を『喰らった』のだ。
自分の遥か上方、宇宙に浮かぶあの攻撃を行った機械を含め、直線上の空間ごと、全て。一呑みで。

39 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:54:16.87 ID:NrmGz3pXO
しえん
いつものことだけど人いないな

40 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:54:31.91 ID:DRxKexQ5O
ジョルジュすげーw

41 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:54:31.76 ID:SmlceptI0
(;゚W゚)「……」

もはや、言葉もない。
圧倒的すぎる力を見せられて、ブーンの心の中に、ジョルジュに対する恐怖が芽吹いた。
それは、ほんの小さな恐怖心。
だが、その小さな恐怖心は、望むと望まざるとに関わらず、ブーンの体を縛り付ける。

こわい、こわい、こわい、こわい。

頑張って出来ることならいい。
耐え抜くことならいくらでもやってやる。
だが、無理なことだけはどう頑張っても、耐えても、あがいてももがいても、無理。
つい先ほど、自分で自分を奮い立たせた言葉が、圧倒的な力で折られた。

( ゚∀゚)「……なんだ。お前、ブルっちまってんのかよ」
(;゚ω゚)「!!」

ジョルジュに声を掛けられて、ブーンの体がビクリと震えた。
そんなブーンの様子を見て、ジョルジュが今までにない真剣な表情で怒りを露わにする。

(#゚∀゚)「てめぇ……俺がせっかくフェアに戦えるようにしてやったっていうのによォ。
     肝心のところでビビってんじゃねーぞチンカスが!!」
(;゚ω゚)「ひっ……!!」

ジョルジュの怒声に、ブーンの体は反射的に震えてしまう。
そして、そんなブーンを見る度に、ジョルジュの怒りの表情は、更に深くなっていった。

42 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:55:11.05 ID:SE4rd0nDO
>>24
ドクオGJ!

そういえばジョルジュって金髪って決まってるんだっけ?

43 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:55:20.90 ID:SmlceptI0
( ゚∀゚)「……クソ。もう、いい。お前は、やっぱデキソコナイだわ」

眉をしかめたまま、ジョルジュが面白くもなさそうに吐き捨てる。

( ゚∀゚)「いいよ、もう。せっかく少しは盛り上がったってのに。興ざめだ」

だから、と続けるジョルジュ。

( ゚∀゚)「お前はもう、退場してろ」

そう言って、無造作に左手を振う。
振われた左腕は一瞬にしてその形を変化させ、巨大なワニの頭になった。
そのまま一直線に、ブーンめがけて突っ込んでくる。

(;゚ω゚)「あ、あぅ……」

高速で迫る攻撃をかわそうとするブーン。
しかし、恐怖で固まった体は自由に動かなかった。
そして、

(;゚ω゚)「あ……ひ」

ばづん!!

ブーンの腰から下、『ヴィゾフニル』の全てが、ワニの大顎に『喰われて』消えた。

44 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:56:19.99 ID:9UlBRpdpO
いるんだぜ
ただ投下の邪魔かと思ってね

45 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:56:22.22 ID:NrmGz3pXO
>>42
初耳だ…まじで?しえしえん

46 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:56:36.86 ID:DRxKexQ5O
な、なな何だってぇーっ!!!!!!!!

47 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/01(佐賀県職員) 23:58:13.90 ID:SmlceptI0
メリルヴィルの晩餐 礼拝堂


しぃが目を開けると、目の前には夕焼け空が広がっていた。
礼拝堂の天井は何かの力で大きく吹き飛ばされ、そこから赤い光が降ってきている。
しぃは、随分と久しぶりに、綺麗だな、と思った。
その感情は、もうずっと忘れていたもの。
もしかしたら、しぃが感じるのはこれが初めてかもしれず、おそらく最後なのだろう。

(*゚ー゚)「でも……もう、いいよね」

誰にともなく、小さく呟く。
そう。もういい、どうでも。
復讐も失敗して、自分は死にかけている。
仰向けに転がった体はピクリとも動かない。
もう何も、出来ることはない。

(*゚ー゚)「あーあ……なんか、疲れちゃったなぁ。ね、ギコくん」
(,,゚Д゚)「……ああ。そうだな」

自分の側にしゃがみ込むギコに向かって笑いかけるしぃ。
何故、死んだはずの彼がいるのかについては考えない。
それは考えるまでもなかったし、彼と言葉を交わせるだけで、それだけで全ての疑問は些末ごとに変わる。
ギコは表情を変えずに、しかし優しげな声音で、その声に応えた。

48 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:00:40.53 ID:R2YYge7d0
夕焼けの赤が、二人の静止した時間を染め上げる。
ギコの軍用コートはその赤の中にあってもなお暗く、その姿はしぃを迎えに来た死神の様にも見えた。

(*゚ー゚)「ねぇ、ギコくん。私って結局、何も出来なかったのかなぁ」
(,,゚Д゚)「……」

自嘲するようなしぃの呟きに、ギコは何も言わずに沈黙を返す。

(*゚ー゚)「私、今までもそうだったんだ。組織の中にいても、特に大きな働きもなし。
    悪魔憑きだからってだけで七柱に数えられてはいたけど、正直言えば肩身も狭かったし」
(,,゚Д゚)「俺を倒した奴の言葉とは思えんな」
(*゚ー゚)「あはは、そうだね。でも……ホント、私ってどうしようもなくツマンナイ女だったよ。
    最下層の最底辺で生まれて、生まれたときから何も持って無くて、何も積み上げられなくて。
    そのまま、こんな所で死んじゃうんだもん」

ふぅ、と話疲れたように口を閉じるしぃ。
僅かな時間、二人の間に沈黙が降りる。
そして、その沈黙をゆっくりと掻き分けるように、ギコが口を開いた。

(,,゚Д゚)「……なら、あと少しだけあがいてみるのはどうだ」

49 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:02:05.37 ID:R2YYge7d0
ギコが口を開いた時。
しぃの上空。赤く染まる空に、ぱっと黒い羽が飛び散った。
それは、ブーンの『ヴィゾフニル』が『喰われ』た瞬間。
身長を半分にまで減らしたブーンが、ゆっくりと落下を開始する。
その影を見上げて、ギコがしぃに向かって口を開いた。

(,,゚Д゚)「あいつを、お前が助けてやってくれ」
(*゚ー゚)「私が……?」
(,,゚Д゚)「そうだ。お前の『ゴモリー』を使ってな」

そう言って、そっとしぃの胸――正確には心臓に手を当てる。
しぃの心臓に憑く悪魔、『ゴモリー』。
その能力は他人の過去の全てを知ることと、自らの未来を見通す力。
そして――他人の精神を、過去に送り込んで体験させること。
ブーンの記憶に触れたことのあるしぃには、ギコが何を求めているかが手に取るように理解できた。

(*゚ー゚)「でも……そんなことしたら、彼がどうなっちゃうか判らないよ? 過去に溺れて戻ってこないか、
     下手したら心が壊れちゃって死ぬかもしんない」
(,,゚Д゚)「その可能性はあるだろう。でも、あいつなら……ブーンならきっと大丈夫だ」

なにせ、こちらにはあいつの大切な人がいるからな。
ちらりと横たわるツンを見て、ギコは小さく笑って保証した。
しぃもまた、同意するように薄く笑う。

50 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:03:05.90 ID:R2YYge7d0
(*゚ー゚)「しょーがないなぁ。他ならぬギコくんの頼みだし。しぃさんちょっと頑張っちゃおうかな」

微笑みながら、意識を空中のブーンに向けるしぃ。
その瞬間、しぃの精神は体を抜け出し、夕焼け空を高速で飛翔。
そのままブーンに体当たりするように同化して、しぃの精神はブーンの意識内にするりと入り込んだ。

恐怖、絶望、喪失感。
負の感情が渦巻く瀕死の意識の中を、泳ぐようにして抜けていく。
前に感じた優しい温もりは温度を失い、意識の底に転がっていた。
寒気のするような荒れた世界。
ともすればそのまま闇に取り込まれそうになりながらも、しぃは奥へ奥へと体を進める。
やがて、しぃの視界に入るイメージ。
あの日見た、ブーンの古い古い記憶。

(*゚ー゚)『みーつけた』

ふわり、と。
顔を埋めるようにして座り込む記憶の側に、静かにしぃが舞い降りた。
そしてゆっくりと近づくと、その側にしゃがみ込んで優しく語りかける。

(*゚ー゚)『こんにちは。ブーンくん』
(  ω )「……」

ブーンの記憶は、何も応えない。
だが、ブーンの記憶はブーンそのもの。
しぃの声は確かに届いているはずだった。

51 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:04:01.77 ID:1iaaKemDO
>>33>>34>>42

thx。

保守ついでにしぃ

http://kjm.kir.jp/?p=67279

52 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:04:18.01 ID:R2YYge7d0
(*゚ー゚)『こんにちは。ブーンくん』
(  ω )「……」
(*゚ー゚)『おーい、ブーンくんってば』
(  ω )「……」
(*゚ー゚)『ちょっと、もしもーし?』
(  ω )「……」
(;゚ー゚)『……』
(  ω )「……」

何度呼びかけても、ブーンの古い記憶は膝に顔を埋めたまま応えなかった。
腕を組んで悩むように眉を寄せるしぃ。
と、何かを思いついたように、ぱっと顔を輝かせて、再度口を開いた。

(*゚ー゚)『ツンちゃんが危ないんだよ?』
(  ω )「ッ!?」

びくん、と体を震わせるブーンの記憶。
未だに顔を俯かせたままではあったが、明らかにその意識はしぃの言葉に向けられていた。

53 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:05:58.80 ID:R2YYge7d0
(*゚ー゚)『あなたの大切な人が危ないのに、貴方はここで何してるの?』
(  ω )「……ツ……ン……」
(*゚ー゚)『そうやって座って、嫌なことから目をそらして……。そうしてれば幸せになれるとでも思ってる?』
(  ω )「……」
(*゚ー゚)『そう思ってるなら、それは間違いだよ。自分から動かないと、世界は何も変わらないんだから』
(  ω )「……」

相変わらず大きな反応を見せないブーンの記憶。
しかし、しぃにはその姿が、何をするべきか迷っている様に見えた。

(*゚ー゚)『だから……ね。とりあえず、目を開けてみようよ。それで、見たくなかったものもちゃんと見てみるの。
    それはとても辛い事かもしれないけど、とても大切で必要なことなんだよ』
(  ω )「でも、ボクは……あの時、大切な人を守れなかったんだお」

説得を続けるしぃに、初めてブーンの記憶が答える。
それは暗い闇の中にあってなお、より深い黒色の声音。
絶望と、悔恨と、諦観に支配された者の言葉。

54 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:07:46.70 ID:ZXbVlp9T0
>51
GJ。……清純派なだ?
支援

55 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:07:56.30 ID:R2YYge7d0
(  ω )「ボクがしたことは、ボクの大切にしていた存在全てを消し去ってしまったお。
      だから、ボクはもう、何もしちゃいけない。ここにいて、ずっと眠っていなければならないんだお」

ため息をつくように弱々しい声で語るブーンの記憶。
話すことで過去を思い出したのか、それはより深く顔を埋めてだまってしまった。
そんな姿を見て、しぃはため息を一つ。
そして、心に浮かんだことを口にする。

(*゚ー゚)『守れなかったことを、後悔してるんだね』
(  ω )「……」
(*゚ー゚)『でも、その後悔がまた、あなたの大切な存在を殺しちゃうとしても、それでもあなたは後悔することができるの?』
(  ω )「……」
(*゚ー゚)『あなたの過去に何があったのか、私は知ってる。辛かったよね、悲しかったよね。でも、逃げちゃだめだよ。
    悔やんでも過去は変わらないし、良くなるように望むだけじゃ未来は変わらない。』
(  ω )「……」

しぃの言葉は、半ば自分に向けられたものだ。
何も行動せず、過去にとらわれ、ただ都合の良い未来を望むだけだった自分自信に対する言葉。
しかし、だからこそ。その言葉は重みを持ってブーンの記憶に染み込んでいく。
埋められた顔が、ゆっくりと上げられた。

56 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:10:05.61 ID:jAWF6H+5O
>>54
後ろの目がこえぇwwwwwwイイヨイイヨー

57 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:10:16.11 ID:R2YYge7d0
(  ω )「本当に……ボクには大切な人を守ることができると思うかお?」
(*゚ー゚)『さあ? それはあなたのがんばり次第。でも、大切なのは過去でも未来でもなく、今何をするかだよ』
(  ω )「今……何を、するか……」
(*゚ー゚)『そう。そして、あなたはどうすればいいのかわかってる』
(  ω )「……」

こくり、と頷くブーンの記憶。
それを見て、しぃは嬉しそうに微笑んだ。

(*゚ー゚)『じゃあ、あなたは今のあなたと一緒にあの日に行かなくちゃ。そして、今のあなたに過去を教えてあげるの』
(  ω )「……わかったお」
(*゚ー゚)『はい、よくできました。それじゃあ、頑張ってね。負けないで……そして、帰ってくるのよ』
(  ω )「……」

最後にそう言ってしぃが手をかざすと、ブーンの記憶はポロポロと崩れ始めた。
記憶の欠片は周囲の空間に溶け込み、やがて全てがその場から無くなる。
後には何も残らない。それは、ブーンの記憶が、何の心残りもなく過去に旅立ったことの証明だった。

58 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:11:58.64 ID:1iaaKemDO
>>56
消し忘れたw

決戦前
http://kjm.kir.jp/?p=67281

59 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:12:38.84 ID:R2YYge7d0
(*゚ー゚)「……行っちゃった。ああーんなに長いこと動かなかったのに、好きな人が絡むと、あっという間だったね」
(,,゚Д゚)「仕方あるまい。女のためなら一直線、あいつはそういう奴だからな」
(*゚ー゚)「なんか、さ。どこかの誰かさんみたいだよねー、それって」
(,,゚Д゚)「……ふん。聞こえんな」

何もなくなった空間の中、ギコがいつのまにか隣に現われて話しかけた。
労うように、思いやりを込めてその肩に手を乗せる。

(,,゚Д゚)「ご苦労だったな、しぃ」
(*゚ー゚)「ん。ありがと、ギコくん」

ギコの手に自らの手を重ね、愛しい人の体温を感じるしぃ。

(*゚ー゚)「これで、私も少しは何かの役にたてたのかな?」
(,,゚Д゚)「たったとも。少なくともこれで、あいつの恋愛が成就する確率と、都市が救われる確率が上がった」
(*゚ー゚)「あはは!! なにそれー!! その二つを並べて考えるなんておかしくない?」
(,,゚Д゚)「そんなことあるか。あいつらの恋愛は、それこそ世界を救うかもしれんぞ」

大真面目に応えるギコ。
そんな彼の表情がやたらおかしくて、しぃは心の底から楽しげに笑った。

60 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:15:03.88 ID:R2YYge7d0
(*゚ー゚)「さて、と。そろそろ時間じゃない?」
(,,゚Д゚)「そうだな……そろそろ、だな」

ひとしきり笑い終えると、しぃはギコに何かを促す様に話しかけた。
ギコもそれに頷きながら応える。
ギコとしぃは、遠く闇の中から、低くうなり声を上げて何かが近づいてくるのを感じていた。
それは時に素早く、時にゆっくりと。しかし確実に二人を捉えるために押し寄せてきている。
少し上にあるギコの顔を見上げながら、しぃは小さく口を開いた。

(*゚ー゚)「今度は、置いてけぼりにしないでね?」

それは懇願するような、甘えるような。
それでいて、迷子の子供が縋り付くような声音。

(,,゚Д゚)「馬鹿。置いていくも何も、行くところは一緒……」

苦笑しながら答えるギコ。
だが、途中で何かを思い出したかのように口をつぐむ。
そして、

61 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:15:27.32 ID:t3R4zHr2O




62 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:16:36.79 ID:R2YYge7d0
(,,゚Д゚)「……ああ。今度は、お前も一緒に来い。いや、一緒に来てくれ。しぃ」

その言葉を聞いて、満面の笑みを浮かべるしい。

(*゚ー゚)「うん……ずっと、一緒に居ようね。ギコくん」

『悪魔憑き』の二人が、この先行き着く所は同じ。
そこは終わらない絶望と苦しみに満ちた地下の世界。
だが、それでもギコはしぃと一緒に居ることを望み、それはしぃも同じだった。

かつて生きているときには果たされなかった願い。
二人が一番望みながら、運命のいたずらによって叶わなかった思い。
皮肉なことに、それは二人の運命が狂う原因となった『悪魔』によって叶うこととなる。

遠くから冷たい闇が迫ってくるのを感じながら、しぃはギコに抱きついた。
そして、背伸びをして愛しい人と口づけを交す。
ギコもまた、両腕で固くしぃを抱き締めた。


冷たい闇が全てを覆い尽くすまで。二人はずっと、そうしていた。


「フェンリル」終

63 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:17:14.63 ID:dAMSLSyq0


64 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:19:16.93 ID:t3R4zHr2O




65 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:19:34.11 ID:3PrXmey3O
>>1乙、あまぁーんいw

次回が・・・ラストなのか?


66 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:19:42.40 ID:R2YYge7d0
今日の本編投下はここまでです。
以下、ここまでの登場人物補足をお送りします。

亀だけど>>24>>51>>58GJ。ひたすらにグッジョブ。そしてありがとうございます。

67 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:20:03.41 ID:jAWF6H+5O
>>58
その絵をみるまでブーンの翼が足に生えてんの忘れてたorz
キャラはよく書かれるのにシーンは滅多にみないから新鮮だ

68 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:20:27.44 ID:R2YYge7d0
※荒巻スカルチノフ
年齢不詳。『メリルヴィルの晩餐』七柱の一人『文曲』
七柱を取り纏める者として、その力を発揮する。その性格は温厚にして冷静。
必要なものは粘り強く待ち、不要なものは斬り捨てる性格。考え事をする際に顎髭をいじる癖がある。
アガレス 《Agares》出身地:イスラエル
荒巻の首から下全てに憑く悪魔。飛天族で、分類は堕天使。
下半身の全てを様々な動物の一部に変化させることができる。
アガレスはソロモンの霊72柱の魔神である地獄の公爵。地獄の東の領域を治める、偉大な大公である。
鰐を始めとするさまざまな異形の生き物にまたがって、腕に鷹をとまらせた老いた賢者の姿で現れる。
召喚した者には、言葉の知識を授けたり、逃亡者を召喚した者のもとへ連れ帰ってくることができるという。

※しぃ
27歳。『メリルヴィルの晩餐』七柱の一人『廉貞』
七柱の内で唯一の女性であり、楽観論者。明るい性格と言動故に、『武曲』を務めるドクオとは仲が悪い。
ギコに助けられた事をきっかけに、メリルヴィルの晩餐に入信。悪魔憑きとなる。
ギコとは恋人関係にあったが、考え方の違いから決裂していた。
あけっぴろげな雰囲気を持つ女性だが、身持ちはむしろ堅いらしい。
ゴモリー 《Gomory》出身地:エジプト
しぃの心臓に憑く悪魔。飛天族で、分類は堕天使。
触れた人間の過去全てと、自らの周囲に起る未来の出来事を見通す力がある。
未来を見通す力は未来になればなるほど不確定になるが、1秒以内ならばほぼ100%。
また、過去を無理矢理に回帰させ、精神的苦痛を与える能力も持つ。
ゴモリーはソロモンの霊72柱の魔神の内で唯一の女性である。
黄金の冠を頭に乗せた美女で、真紅の流れるような髪に錦糸細工の黒ビロードと純白のレースを羽織っている。
別名「吟詠公爵」。魔法の鞭を携え、多数のヒキガエルを従えてラクダに乗った姿で現れる。
過去と未来を見通す力があるが、おぞましい醜女に化けて、召喚者を試すこともあるという。

69 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:23:41.39 ID:hgJ4iYjqO
乙、切ないのー今回の話は
最終局面らしいとも言えるが

70 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:24:30.40 ID:R2YYge7d0
※ミルナ
35歳。『メリルヴィルの晩餐』七柱の一人『貪狼』にして組織の全てを束ねる主
オールバックにした長髪に整えられた顎髭が似合う長身の男。
ツンを攫って『悪魔降ろし』の儀式の核となる『花嫁』としての洗礼を受けさせた後、
都市東部の荒れ野にて儀式に必要な魔法陣を作成する術を実行していた。
術の途中に現われたジョルジュを捉え、儀式の生け贄としようとするが、失敗。
術に力を割いていたために反撃に出たジョルジュを抑えられず、逆に能力ごと喰われ、取り込まれて死亡する。
性格は冷酷で合理的。目的のためには手段を選ばない男だった。
フェンリル 《Fenlir》出身地:北欧
ミルナの顔面に憑く悪魔。獣族で、分類は妖獣。
空間を喰らう能力を持ち、全ての存在を腹の中におさめる事が出来る。
射程範囲は特に決まっておらず、目標とする対象に至る直線距離を無差別に喰らい尽くす。
フェンリルは、ゲルマン神話のロキと巨人の女アングルボザの息子。
口を開くと上顎が天に届き、下顎は地に届くという程巨大な狼。手がつけられない程凶暴であったという。
フェンリルはどんな枷も破壊してしまったため、神々はグレイプニルという魔法の紐を作った。
この魔法の紐、グレイプニルはフェンリルを世界の終わりの時まで縛り上げることに成功するが、
ラグナロクの日に、フェンリルは紐を引きちぎって魔軍と共に神々の世界を襲う。
そして主神オーディンを一呑みにするが、その息子ビダルに引き裂かれて死んでしまった。

71 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:27:47.02 ID:R2YYge7d0
ぃよし、これで今夜の投下は完璧に終了です。
本当なら次回で最終回……だったんですが、予想外に9が伸びたので、まだ続きます。
ああ、やっと書きたかった設定とストーリーが書ける……。

次回はラスト近いということで真剣に書きためたいので、
投下は11/5の夜11時からとさせて頂きます。

72 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:29:14.71 ID:3PrXmey3O
>>71
おK、把握した
それまで鋭気を養ってくれw

73 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:33:12.36 ID:R2YYge7d0
>>72
HAHAHA!! 鋭気を養うも何も休日出勤しながらシコシコ書きためるつもりなんだけどな!!
ありがとうボビー(´・ω・`)ガンガル

では、今夜も支援してくださった方々、wktkして下さった方々、初めて(!!)絵を投下してくださった方。
そして読んでくださった方々、ありがとうございました。次回も頑張ります。

74 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:33:40.08 ID:jAWF6H+5O
乙っした!

75 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:35:25.50 ID:hgJ4iYjqO
お疲れさん、wktkして投下待ってるぜ

ところで今回「禄存」の話チラッと出て来たけどもしかしてこれも設定作ってあったり?
それとも今後明らかになるのかね

76 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:37:21.69 ID:3PrXmey3O
>>75
隠しダンジョンのボス

77 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:37:37.78 ID:1iaaKemDO
>>66

作者さん遅ればせながら乙です。

この作品は自分が今まで読んだブーン小説の中で上から数る位好きなので頑張って下さい。

>>67

亀ながらthx。今後も精進します。


78 : ◆DIF7VGYZpU :佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:41:21.65 ID:R2YYge7d0
>>75
実は『禄存』の渋澤は、ジョルジュが組織を抜けた時に戦闘して死亡しています。
まあ、あれです。あれ。口減らし?
設定だけ作って安心してたら、そのことを入れるの忘れてた・・・orz

79 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:44:35.59 ID:hgJ4iYjqO
>>78
おk 把握
こーゆー説定大好きだからつい気になっちゃったんだ

80 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:47:42.53 ID:yohXuaRhO


81 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/11/02(佐賀県教育委員会) 00:49:48.87 ID:fLjteDey0
おちゅ

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)