5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンがあの世で死んだようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:35:59.82 ID:fxFo5qCQ0
代理

2 :リア工連隊長 ◆uKnYCJ8oSM :2006/10/14(土) 23:36:29.91 ID:NEspUz7v0
2

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:36:57.60 ID:cikifIIz0
wktk

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:38:06.31 ID:TEzhLmTQ0
>>1
スレ立てthx!

それでは。

5 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:38:40.68 ID:TEzhLmTQ0
ーーー昼休み 高校ーーー


('A`)「うえーい、メシ食おうぜ」
(´・ω・`)「う、うん」

お気楽人間のドクオが弁当箱をしょぼんの机の上に放り投げる。
その音に一瞬、しょぼんは身体を震わせた。

('A`)「どーした、しょぼん。いつも以上にキョドってるじゃねえか」
(´・ω・`)「ああ、うん。まぁね」
('A`)「考え事?」
(´・ω・`)「うん……今日って、月命日だろ、ブーンの」
('A`)「あぁ……」

気付いたドクオも、言葉を失う。

6 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:39:50.86 ID:TEzhLmTQ0
ブーンが亡くなったのはちょうど、一ヶ月前。六月のことだった。
原因は交通事故、というよりはひき逃げ。現在も犯人は捕まっていないらしい。

親友の死に直面したしょぼんとドクオは、ただ茫然自失とするしかなかった。
そして、ようやく一ヶ月。
その期間は長いようで、非常に短い。




(´・ω・`)「……そういえば」

しょぼんが視線を教室の隅に移す。
窓際の最後尾。
ここ一ヶ月間、だれも座っていない席。

(´・ω・`)「しぃさん、まだ来ないね」
('A`)「あぁ」

同じクラスのしぃ。彼女はブーンが死んで以来、学校に来ていない。
その理由は公とされていないが、今現在最も有力な噂は、
「しぃはブーンのことが好きだったが、そのブーンが死んだショックから未だに立ち直れていない」
というものだった。

不謹慎かもしれないが、当然の流れともいえるかもしれない。

7 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:41:09.85 ID:TEzhLmTQ0
(´・ω・`)「早く戻ってきて欲しいけどなあ」
('A`)「だな、可愛いし」
(´・ω・`)「いや、そうじゃなく……やっぱり、クラスの一員だしさ」
('A`)「相変わらず、クソ真面目な人間だな、お前は」

ドクオが嘆息する。
今までだったら、ここでブーンもツッコンでるだろうなあ。
などとも思ったが、口には出さないでおく。

しばらく、二人の間に食事をする音だけが響いた。
二人とも、ブーンのことを思い出さずにはいられないのだ。

(´・ω・`)「……ブーンのお墓に行こうよ」

唐突に、しょぼんがそんなことを言い出した。

('A`)「ああ、そうだな」

箸を片手にドクオが応じる。

('A`)「お供え物とか、いらねえのか?」
(´・ω・`)「いらないんじゃない? 家族じゃないんだし」
('A`)「でも、花ぐらいは持ってったほうがいいんじゃね?」
(´・ω・`)「うん、そうだね……」

こういった時の作法をとんと理解していない二人である。

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:44:43.86 ID:tNPF7TOQ0
しえん

9 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:44:48.23 ID:TEzhLmTQ0
そのとき。

川 ゚ -゚)「私も行っていいかな」

そんな声が、上から降り注いだ。
ドクオとしょぼんが見上げた先に、女生徒が立っていた。

('A`)「お、委員長」
(´・ω・`)「やあ、こんにちは」

彼女はクー。このクラスの委員長である。
クーが委員長、しょぼんが副委員長。
事実上、このクラスのツートップなのだ。同時に、クラスにおける真面目コンビでもある。

(´・ω・`)「クーも一緒に?」
川 ゚ -゚)「うん、迷惑じゃないかな?」
(´・ω・`)「ぼくらは別にかまわないよ。それに、ブーンも喜ぶと思う」
('A`)「あいつ、美人に目が無かったからなあ」
(´・ω・`)「ドクオもね」

軽く笑う3人。しかし、その笑顔は決して晴れやかなものではなかった。

10 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:46:53.70 ID:TEzhLmTQ0
ーーー放課後 墓地周辺 路上ーーー

墓地に続く、寂しい坂道を歩く3人。
今は7月。汗が額から流れ落ち、アスファルトに吸い込まれていく。

('A`)「しっかし、キツい坂だ」
(´・ω・`)「うん……」
川 ゚ -゚)「バスでも使えばよかったかな」

世間話をしながら、坂を上る。
しょぼんの手には、花屋でつくろってもらった花束が握られていた。

セミの声がサラウンドで響き渡っている。やかましい。

ドクオはふと、路上を見た。
そこに転がっているのは、セミの死骸。

('A`)(……早いな、死ぬの)

('A`)(セミが地上で生きていられるのは一週間……そう考えると、生きるって儚いな)

('A`)(って、なに臭いこと考えてんだよ、俺……思春期かよ……)

(´・ω・`)「ドクオ?」

('A`)「あぁ、いや、なんでもねえよ」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:47:51.14 ID:tNPF7TOQ0
wktk

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:49:01.35 ID:xa8ApVix0
【スポーツ】亀田やはり八百長試合かボクシングファンから批判殺到


大げさな物言いや自信過剰な発言からビックマウスと呼ばれている
ボクシングの亀田兄弟(協栄ジム)の父・亀田史郎氏(41歳)が対戦相手を買収し
わざと負けさせていた事を認めた。
警察は暴力団の資金源になっているとみて事情を聴取している。

↑亀田オワタ\(^o^)/

問題の試合
http://www.geocities.jp/vipper_orz_jp/kameda_yaotyou/


13 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:49:04.18 ID:TEzhLmTQ0
川 ゚ -゚)「見えてきたぞ」

そこは閑静な墓地である。
入り口には地蔵が並び、その奥には整然と墓石が建てられている。

川 ゚ -゚)「お坊さんに挨拶したほうがいいのかな?」

隣にある寺院らしき建造物を眺めながら、クーが言った。

('A`)「金とか持ってきてないし、お参りするぐらいなら別にいいんじゃないか?」
川 ゚ -゚)「……そうか、そうだな。ところで、私はここに来るのが初めてなんだ。ブーンの墓の場所を教えてくれないか?」
(´・ω・`)「うん、えっと、確かこっち……」

ドクオとしょぼんは、葬式の直後にここまで来ていた。
親友ということで特別に、という理由である。

(´・ω・`)「……あれ?」

墓と墓の間の、狭い砂利道を進んでいたしょぼんが、素っ頓狂な声をあげた。

('A`)「どうした?」
(´・ω・`)「あれは……」

しょぼんの視線の先にあるのは、ブーンの墓。
そこに、先客がいた。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:51:17.79 ID:fxFo5qCQ0
支援

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:51:50.71 ID:yq5q3q2fO
総合から北よ! ('(゚∀゚∩

16 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:53:13.73 ID:TEzhLmTQ0
川 ゚ -゚)「しぃさん……?」

墓の前でしゃがみこみ、目を瞑って手を合わせている少女。
遠目で見る限り、間違いなくしぃである。

('A`)「きてたのか」
(´・ω・`)「声、かけたほうがいいのかな」
川 ゚ -゚)「私が行くよ」

そんな会話を交わしていると、祈りを終えたのか、しぃが立ち上がった。
傍に置いてあった紙袋をつかんで、フラフラとこちらに向かってくる。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:54:15.62 ID:OEt9tLJlO
さるかいひ

18 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:54:39.15 ID:TEzhLmTQ0
川 ゚ -゚)「しぃさん」

歩み寄ったクーがしぃに話しかける。

(*゚ー゚)「!」

いま気付いた、といったような表情のしぃ。
その顔は、3人の記憶に存在するしぃよりも、はるかにやつれていた。
食事もしていないのだろうか。

(*゚ー゚)「……クー、さん」

川 ゚ -゚)「久しぶりだな」

クーも、話しかけたのはいいが、話題が思いつかない。
学校に早く来るよう促すのも、無粋な気がしてならなかったのだ。

(*゚ー゚)「うん、久しぶり……」
川 ゚ -゚)「……」

19 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:56:11.34 ID:TEzhLmTQ0
(*゚ー゚)「ご、ごめんね、私急いでる……から」

言葉少なにそう告げて、クーの脇を通り過ぎていく。
後方に突っ立っていたしょぼんとドクオには、会釈するのみだった。

('A`)「やっぱ、あの噂は本当なのか」

姿が見えなくなった頃に、ドクオが呟いた。

(´・ω・`)「かも、しれないね」
川 ゚ -゚)「噂で人を判断するのはよくないな」
(´・ω・`)「そうだけど……一途だったのかな、って」
川 ゚ -゚)「……」

クーが黙り込む。
またも、重苦しい空気が流れた。

('A`)(あー、畜生。真面目コンビはこれだから……)

などと、頭の中で考えているドクオにも、何かが出来るわけではない。

川 ゚ -゚)「お墓参り、済ませようか」
(´・ω・`)「……うん」

ブーンの墓には、真新しい花と幾つかのお菓子が供えられていた。
それがブーンの家族によるものか、しぃによるものかは、3人の知るところではない。

・・・
・・


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/14(土) 23:56:53.08 ID:tNPF7TOQ0
wktk

21 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/14(土) 23:57:58.08 ID:TEzhLmTQ0
川 ゚ -゚)「……よし、帰ろうか」

手を合わせて暫く黙祷を捧げていたが、やがてクーが口を開いた。

(´・ω・`)「うん」
('A`)「そうだな」

異論は無く、ドクオとしょぼんは頷く。

川 ゚ -゚)「……ん、これは」

戻ろうとした矢先、クーが何かを拾い上げた。

(´・ω・`)「どうしたの?」
川 ゚ -゚)「いや……こんなものが落ちていた」
('A`)「生徒手帳じゃねえか、うちの学校の」

藍色のカバーに刻まれている高校名は、確かにドクオたちの学校のものである。

川 ゚ -゚)「しぃさんのかな?」
('A`)「学生証とか、何か入ってないのか?」
川 ゚ -゚)「……入ってない」

それどころか、定期券や回数券なども入っていない。

(´・ω・`)「でもたぶんしぃさんのだと思うよ。クー、明日しぃさんに届けてあげたら?」
川 ゚ -゚)「うん、そうするよ」

クーは何の気もなしに、その手帳をポケットにしまいこんだ。

22 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:00:06.37 ID:M2Gge9g00
ーーー墓地周辺 路上ーーー

帰り道は夕焼けに染まっている。

川 ゚ -゚)「……夜は気味が悪い場所になりそうだ」
('A`)「なんてったって墓地の近くだからなあ」
(´・ω・`)「……」

('A`)「どうした? しょぼん」
(´・ω・`)「いや、しぃさんのことなんだけど。あの時何か言っといたほうがよかったかなあって」
川 ゚ -゚)「とはいえ、これは彼女の問題だからな……親御さんも忠告はなさっているはずだ」
('A`)「あいつの家、貧乏なんだよな」

しぃの家は市内屈指のボロアパートである。
家計は相当厳しいらしく、弁当も持ってこずに昼休みは机で寝ている場合も多い。
見かねたクーや、他の女子が食べ物を差し入れることも度々ある。
だが、しぃ自身あまり人と接することをよしとする性格ではないので、そんな善意も拒否してしまうことがほとんどだ。

川 ゚ -゚)「ブーンのことだけでなく、家庭のことも関係あるのかもしれないな」
('A`)「あぁ……やつれてたもんなあ」
(´・ω・`)「今度、家に行ってあげようよ」

そんな会話をしていたときである。
怪奇は、突如として訪れた。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:01:01.52 ID:2oktDmB80
紫煙

24 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:01:40.12 ID:M2Gge9g00
目の前に人影がある。
最初、3人はその程度の感覚しか持っていなかった。
しかし、その物体に近づくにつれて。
違和感は膨大し始めた。

('A`)「……おい」

ドクオが呟く。
クーも、しょぼんも答えない。
目の前の彼に釘付けだった。

やがて、彼が気付く。
そのころには、3人は歩みを止めていた。

彼はまぎれもない、間違えようも無い。
一ヶ月前に死んだはずの、ブーンだった。

('A`)「ブーン……」

驚愕の声を漏らすドクオ。

( ^ω^)「……」

夕焼けに映えるブーンの顔は、生気に満ちている。
とても、死んだようには思えない。
足もある。服装は制服。
3人を、無表情で見つめている。

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:03:12.02 ID:P9yhWCtg0
試練

26 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:03:19.41 ID:M2Gge9g00
(´・ω・`)「君は、ブーンだよね?」

確認するようなしょぼんの問いに、ブーンは機械的な動作で頷いた。

(´・ω・`)「君は、死んだんじゃないのかい?」
( ^ω^)「死んだお」
('A`)「……」
(´・ω・`)「でも、君は今ここにいる。なぜ?」
( ^ω^)「……」

沈黙。夕日が沈んでいくのがわかるぐらいの時間が流れる。

やがて、ブーンはぽつり、ぽつりと語り始めた。

( ^ω^)「僕は、確かに一度死んだお。車に轢かれたんだお。あとはわからないお。目の前が真っ暗になって」
(´・ω・`)「……」
( ^ω^)「気付いたら、あの世にいたお」
('A`)「あの世だと?」
( ^ω^)「見たことの無い場所だったお。海とか山があって、車も走ってたお」
川 ゚ -゚)「にわかには信じがたいな」

口に出してからクーは気付く。
そもそも、目の前の存在が信じられないのだ、と。

( ^ω^)「天国かもしれないと思ったお。でも、違ったお」
(´・ω・`)「どうして?」
( ^ω^)「天国っていうほど、メルヘンじゃなかったお。あまりにも、この世と似ていたお」
('A`)「それで、どうなったんだ?」
( ^ω^)「僕は、僕はそこで」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:04:26.55 ID:tEygCpHs0
支援

28 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:04:42.61 ID:M2Gge9g00
( ^ω^)「もう一度死んだお、車に轢かれて。気付いたら、ここにいたんだお。そして、ぼーっとしてたらしょぼんたちが来たんだお」
('A`)「ねーよ」

途切れ途切れの説明をドクオが切り捨てる。
彼はその目でブーンの亡骸を見たのだ。棺の中で眠っているブーンを。

でも彼は今ここにいる。
実体として、ここにいる。

川 ゚ -゚)「……じゃあ、幽霊ではないのか?」

クーが震える声で尋ねた。

( ^ω^)「違うと思うお、ほら」

そういって、自分の着ている制服を引っ張ってみせる。
風が吹いた。
制服がなびく。

('A`)「……いよいよ、わけわかんねえよ」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:04:43.66 ID:2oktDmB80
急な展開だなww

30 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:06:13.81 ID:M2Gge9g00
書き溜め分投下終了しました。
最初が冗長すぎて申し訳ないorz
これから2時ぐらいまで投下していきたいと思います。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:08:14.69 ID:ZIpp3p7lO
>>30
wktkするから逃亡はするなよ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:08:50.94 ID:2oktDmB80
個人的に山場はもうちょっと後にして焦らして欲しかった
でも気にせず続けてくれ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:09:15.27 ID:XwT98gwjO
wktk

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:10:20.18 ID:VsL3QT4M0
>>30
がんばって

35 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:12:41.91 ID:M2Gge9g00
川 ゚ -゚)「……ところで、どうすればいいんだろう?」
(´・ω・`)「だよね。ブーン、これからどうするの?」
( ^ω^)「わからないお……家に帰るのがいいのかお?」
('A`)「びっくりするだろうな、家族」

3人はこれ以前も以降にもないであろう驚愕を味わっている。
家族が彼の姿を見れば卒倒してしまうかもしれない。

('A`)「……それに、学校に行くわけにもいかないんじゃね?」

問題は重なる。

(´・ω・`)「……」

( ^ω^)「僕はもう、生きてちゃいけない存在なんだお」

達観しているかのようなブーンのセリフ。

川 ゚ -゚)「そんなこと……」
( ^ω^)「実際そうだお。でも、でも」

( ^ω^)「個人的には、死にたくないお」
(´・ω・`)「……」

ブーンはすでに二度死んでいる。

('A`)「とにかく、何か対策を考えないと」

???「その必要は、ないですね」

36 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:19:05.68 ID:M2Gge9g00
5人目の声。
それはブーンの向こう側から聞こえた。

坂道を上ってくる一人の男。

冬物のスーツで身を包んでいる。

(´・ω・`)「……誰、ですか?」

( ・∀・)「誰でもいいでしょう。私は単に、彼を連れて帰るためにここに来たのです」

そういってその男はブーンを指差す。

( ^ω^)「僕のことを知っているのかお」

( ・∀・)「えぇ。しっていますよ。この世に恨みを持った嫉妬深い少年」
( ^ω^)「……」
('A`)「おい、どういうことだよ」
( ・∀・)「……さあ、行きましょう」

ドクオの問いかけを無視して、モララーはブーンの腕を掴んだ。

( ^ω^)「やめてくれお!」
( ・∀・)「しつこいですねえ。わかっているでしょう? 君はここにいるべき人間ではない」

( ・∀・)「……まったく、少し目を離した隙に死んでしまうのですから。おかげでこの世の人間にも見つかって」
('A`)「やめろよ!」

抵抗するブーンとどこかに連れて行こうとする男。
その間にドクオが割って入った。

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:25:34.09 ID:gphIxyEzO
しぇ

38 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:26:37.37 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「……あぁ、この世の人間は厄介だ」

ドクオが二人を引き離したと同時に、男は嘆くように呟いた。

('A`)「こいつをどうするつもりなんだよ!」
( ・∀・)「……はぁ、まぁいいでしょう。口外しても信用されることではありませんし」

( ・∀・)「魂をすり潰すんですよ。何度も何度も殺して」
(´・ω・`)「魂を……?」
( ・∀・)「そうです。この少年の魂は恨みや妬みで満ちています。そんな魂は昇天できません。この世と天国の狭間の世界で、すり潰されます」
('A`)「ばかばかしいな。ブーンはそんな奴じゃねーよ」

( ^ω^)「……」

( ・∀・)「そんなこといわれても、事実ですからねえ……」
川 ゚ -゚)「それで、ブーンはどうしてここにいる?」
( ・∀・)「本来なら、あの世で死んで、この少年は終わりのはずでした。でもなぜか彼はまたこの世に戻ってきた」

( ・∀・)「不測の事態です」

男の口調は吐き捨てるようでもある。
丁寧な物言いだが、相当いらだっているのかもしれない。

('A`)「だから、殺すってか? もう一度」
( ・∀・)「そうです。魂が跡形もなくなるまで」

あくまでも当然だという風に
男は言ってのけた。

39 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:35:29.10 ID:M2Gge9g00
川 ゚ -゚)「……そんな非道なことが許されるものか」
( ・∀・)「非道? そんなはずがありません。仕事を忠実にこなしているのですから、褒めていただきたいものです」
('A`)「こいつが何したってんだよ」
( ・∀・)「さあ。それは、私の知るところではありませんので」
(´・ω・`)「そんなわけのわからない理由で殺されるなんてありえないよ!」

( ^ω^)「ドクオ、しょぼん、クー、もういいお」
('A`)「ブーン?」
( ^ω^)「この人の言ってる事は正しいお」
(´・ω・`)「そんな……じゃあ君には、恨みや妬みがあるというのかい?」

返ってきた答えは沈黙だった。

( ・∀・)「と、いうわけですから。本人も賛同していますし」
('A`)「させねえよ!」
( ・∀・)「……あんまり五月蝿いと、貴方たちも殺しますよ?」
('A`)「何……」
( ・∀・)「貴方たちには大きな恨みはなさそうだ。殺しても、私の仕事は増えません」

( ^ω^)「……みんな、もういいお。僕のことを気遣ってくれてありがとうだお」
川 ゚ -゚)「ブーン、いいのか! さっき、君は死にたくないと言ってたじゃないか!」

( ^ω^)( ・∀・)「個人の希望なんて叶えられないことが前提」

( ・∀・)「……そういうことです」

('A`)(ブーン……お前は、あの世で何を見たんだ?)

男に、あくまでも従順なブーンは。
性格から表情まで、生前とは明らかに違っていた。

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:39:46.28 ID:EJhlMxpAO
一体何が……((((;゚д゚)))ガクガクブルブルカクカクシコシコ

41 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:41:42.65 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「……さて、行きましょうか」
( ^ω^)「お」

もう抵抗はしない。
ブーンはただ、男に付き従って坂を下る。
3人は見つめることしか出来ない。

('A`)「……混乱するよなあ、夢か? これは」

ヤケクソ口調のドクオ。

(´・ω・`)「最初は抵抗していた。でも最後は抵抗しなくなった」
('A`)「クリムゾンかよ」
川 ゚ -゚)「彼はモララーの言うことに納得した……そういうことだろうな」

できれば、全てが夢であってほしい。
それは3人の、共通の願望だった。

今更、ブーンに現れて欲しくなかった。
そして、混乱させるような一幕を演じて欲しくなかった。
あの世、この世、天国……信じたくもない。

ブーンたちの姿が見えなくなる。
そろそろ、陽も完全に沈もうとしていた。

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:44:05.08 ID:r9FxOAL70
これってまとめある?

43 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:46:28.40 ID:M2Gge9g00
ーーーあの世ーーー
そこはあまりにも現実に酷似している。
空があり、海があり、山がある。
昼もあれば夜もある。
季節は夏。

( ・∀・)「……まだ消えませんか」
( ^ω^)「お」

呆れたような男の呟きに、ブーンも首をかしげた。
もう何度死んだことか。

( ・∀・)「はぁ、少年、貴方はどれほど大きな恨みを抱いているのです?」
( ^ω^)「……」

色々な言葉を交わすようになった二人。
しかし、この質問にだけは、ブーンは口を閉ざしたまま。

( ・∀・)「……はぁ。仕方ない」

( ・∀・)「もう一度、死んでみますか」

( ^ω^)「お」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:48:19.64 ID:e9zgqGp6O
支援

45 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:51:23.72 ID:M2Gge9g00
ーーー高校ーーー

日が沈んで、また昇った。
ドクオとしょぼん、そしてクーは脱力感丸出しで授業を聞いていた。

('A`)「……なぁ、しょぼん」
(´・ω・`)「何?」
('A`)「俺も死んだら、あの世とやらに行けるのかなあ?」
(´・ω・`)「何言ってんだよ」

しょぼんが咎める。

(´・ω・`)「昨日の事は忘れようよ」
('A`)「でも気になるだろう。夢や幻覚じゃすまねえぞ」
川 ゚ -゚)「無理なんじゃないか? 恨みやねたみを持っていないと」

('A`)「……ブーン、何があったんだろう」

この瞬間も彼は死んでいるのか。
考えると、気が重い。

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 00:56:42.00 ID:GvHE67LKO
支援

47 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 00:57:33.19 ID:M2Gge9g00
川 ゚ -゚)「……あぁ、そうだ」

クーはポケットを探る。
取り出したのは、昨日拾った生徒手帳だった。

川 ゚ -゚)「これを返しに行かないと」
(´・ω・`)「あー、そうだね」
川 ゚ -゚)「ついてきてくれないか?」
(´・ω・`)「え。いいけど、どうして?」
川 ゚ -゚)「いや、昨日からどうも一人でいるのが怖くてな……恥ずかしい話だが」
('A`)「じゃあ俺も行く」
川 ゚ -゚)「……」
('A`)「すんません」
川 ゚ -゚)「いやいや、別に構わないよ」

???「あ、その手帳……」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:00:32.75 ID:4pwxgf3d0
wktk

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:05:59.58 ID:uGQ4LfJqO
すげえ文章うまいな

50 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:08:50.37 ID:M2Gge9g00
川 ゚ -゚)「……ツン?」
ξ゚听)ξ「私の、かも。昨日から無くなってるんだけど」

声をかけてきたのはツン。やはり、同じクラスの女生徒である。
彼女も、ブーンが死んでからというもの、元気が無い。
だがそれは、同級生が死んだことによるショック、といった程度のものである。
それにしては、少々引きずりすぎのような気もするが。

川 ゚ -゚)「……そうなのか?」
ξ゚听)ξ「ちょっと貸して……あ、やっぱり。ほらここに名前あるでしょ」

川 ゚ -゚)「確かに……でも、これ昨日ブーンのお墓のところで拾ったんだがな」
ξ゚听)ξ「え……?」

そこでツンが言葉を失う。

川 ゚ -゚)「ほら、昨日は月命日だったから」
ξ゚听)ξ「あ、そ、そうだったの……」
川 ゚ -゚)「行ったのか?」
ξ゚听)ξ「へ?」
川 ゚ -゚)「いや、ブーンのお墓に」
ξ゚听)ξ「い、行ってないけど」
川 ゚ -゚)「だとすると、妙だな……」

むぅ、とクーが考え込む。

ξ゚听)ξ「……」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:11:41.47 ID:iJQR3JE8O
すごい、面白い。
作者頑張れ。かなり久々にwktk

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:12:34.75 ID:uGQ4LfJqO
久々の大物作者登場の予感

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:13:13.25 ID:2i6N4uc9O
wktk

しずかちゃんがデスノを拾ったようです
( ^ω^)は中途半端な生き物のようです

の作者だろ?>>1

54 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:15:55.28 ID:M2Gge9g00
ーーー昼休みーーー

('A`)「ツンのだったって?」
川 ゚ -゚)「あぁ。よく見たら名前も書いてあったよ」
(´・ω・`)「でも、なんであんなところにツンの手帳が?」
('A`)「さあな……ああもう、昨日からわけわからんことばっかりだ」

とりあえず問題が一つ解決した。
しかし、クーは未だに浮かない顔をしている。

川 ゚ -゚)「これで、しぃさんのところに行く理由を失ってしまったな」
(´・ω・`)「行きたかったの?」
川 ゚ -゚)「うん……」
('A`)「だったら、クラスメイトとして行けばいいじゃないか」
川 ゚ -゚)「なるほど……そうだな。ついてきてくれるか?」
(´・ω・`)「うん」
('A`)「もちろん」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:17:40.84 ID:2i6N4uc9O
クーの喋り方以外は天才だなw

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:18:38.75 ID:GvHE67LKO
イイヨイイヨー

57 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:20:59.27 ID:M2Gge9g00
ーーー放課後 しぃの家ーーー

大通りから路地に入り、数分ほど進んだ場所にそのアパートはあった。
くすんだ木製のアパート。そこだけ昭和のような雰囲気を醸し出している。

川 ゚ -゚)「ここだな」
('A`)「噂には聞いていたが、こりゃひどいな」
(´・ω・`)「住人に失礼だよ」
('A`)「でもよ、これはどうみても廃墟だぜ……」

川 ゚ -゚)「えっと、ここの201号室か……」

階段を踏むたびに軋んだ音が周囲に響く。

生活音が聞こえてこない。
果たして本当に人が住んでいるのか、と疑いたくなる。

川 ゚ -゚)「ここだ」

呼び鈴が壊れているのでドアをノックする。

川 ゚ -゚)「しぃさん?」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:26:46.01 ID:2i6N4uc9O
支援

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:27:44.47 ID:EF2wTl070
これは面白い
支援

60 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:28:00.33 ID:M2Gge9g00
しばらく、返事は無かった。
しかし二度目のノックの後、ぱたぱたと、ドアの向こう側から足音が聞こえてきた。

('A`)「薄いドアだな」
(´・ω・`)「うん……」

そして、ドアがわずかに開かれる。

(*゚ー゚)「!……クー、さん」
川 ゚ -゚)「や、やあ」

ここでも会話に詰まってしまいそうになる。

(*゚ー゚)「どうしたの? 何か、用?」
(´・ω・`)「!」
川 ゚ -゚)「い、いや。べつにそういうわけでもないんだ」
(*゚ー゚)「じゃあ、何……」
川 ゚ -゚)「最近学校に来てないだろう? 心配になって」
(*゚ー゚)「昨日会ったばっかりなのに」

気まずい会話が繰り広げられる。

('A`)(しっかし、俺たちを中に入れる気はゼロみたいだな)

ドアから覗くようにしてこちらを伺うしぃに向かって、ドクオはそんなことを考えていた。

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:28:44.42 ID:2i6N4uc9O
おやすみ支援

62 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:32:24.60 ID:M2Gge9g00
(*゚ー゚)「帰って欲しい」
川 ゚ -゚)「でも……」
(*゚ー゚)「いいから!」

少し声を荒げるしぃ。
そんな彼女を見たことが無い3人はたじろぐ。

(*゚ー゚)「一人にしといてよ……私はずっと、独りでいたいの」

川 ゚ -゚)「……」
(´・ω・`)「クー、帰ろう」

しょぼんがクーに囁く。

川 ゚ -゚)「しかし……」
(´・ω・`)「嫌がってるのも無理やり引き止めても仕方ないよ」

(*゚ー゚)「……」
川 ゚ -゚)「連絡もなしに来てすまなかった。帰るよ」
(*゚ー゚)「早く帰って」

それだけ言い残して。
ピシャリ、としぃは扉を閉めた。

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:36:25.41 ID:2i6N4uc9O
>>62
引き戸!?

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:38:08.47 ID:EF2wTl070
>>63引き戸じゃなくてもピシャリと閉めるって言・・・わないかなあ・・・

65 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:38:25.20 ID:M2Gge9g00
('A`)「余所余所しさマックスだったな」

階段を下りながら、ドクオが毒づく。

('A`)「もうちょっと友好的でもいいと思うんだが」
川 ゚ -゚)「気が立っていたんだろうな……」

一方のクーは、少し落胆気味である。
そんな中、しょぼんが口を開いた。

(´・ω・`)「……ねぇ、変な話していいかな?」
('A`)「なんだよ、急に」

(´・ω・`)「しぃの部屋……201号室から、変なにおいがしたんだよ」
('A`)「そうかあ?」
(´・ω・`)「僕だけかもしれない、でも、あれは間違いないよ」

(´・ω・`)「何かが腐ったようなにおいだった」
川 ゚ -゚)「それは、つまり?」
(´・ω・`)「はっきりとはいえないよ……」
('A`)「おい、まさか死臭、とか言い出すんじゃないだろうな?」
(´・ω・`)「……」

しょぼんは肯定しない。
しかし否定もしなかった。

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:39:00.20 ID:r9FxOAL70
引き戸吹いたwwwwwww

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:39:59.10 ID:2i6N4uc9O
>>64
バタン……じゃね?

68 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:43:59.03 ID:M2Gge9g00
('A`)「いくらなんでもそれはねーよ。大体お前、死臭とかかいだことあるのかよ」
(´・ω・`)「いや、それはないよ……でも、そんな感じのにおいだったことは間違いない」
('A`)「はっ」

呆れたように息を吐く。
クーはその会話を、黙って聞くのみだった。

('A`)「考えすぎなんだよ。昨日のこともあって、デリケートになってんだろ」
(´・ω・`)「そうかも、しれない」

そんな会話も、一時中断することになる。

( ,,゚Д゚)「……おぅ?」

('A`)「ん、ギコじゃねえか」

やたらと頬を高潮させた男。

同級生のギコがそこに立っていた。

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:45:46.77 ID:EF2wTl070
しえーん

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:47:50.29 ID:Vpzday/W0
('A`)と(´・ω・`)の顔幅の違いはいつ見てもなんともならないねぇ。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:49:22.05 ID:GvHE67LKO
>>147 だがそれがいい

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:50:22.32 ID:2i6N4uc9O
>>147
>>147
>>147
>>147
>>147

73 ::2006/10/15(日) 01:50:35.68 ID:EDsZYpk10
>>42
オムライスに出してくる
ログも俺が保存する
落ちたら立てることも可能

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:50:42.23 ID:GvHE67LKO
>>71は>>70のまちがいです……。スマソ

75 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:51:03.00 ID:M2Gge9g00
( ,,゚Д゚)「お、おう、どうしたんだよ、お前ら」
('A`)「何あからさまなキョドり方してんだ。お前こそ、何やってんだよ」
( ,,゚Д゚)「いや、ま、まあ」
川 ゚ -゚)「しぃに会いに来たのか?」
( ,,゚Д゚)「……」
(´・ω・`)「相変わらずわかりやすいというか……」

ギコとて、チョイ悪を気取りたい年頃なのである。

( ,,゚Д゚)「るせーな! ちょ、ちょっと気になったから来てみたんだよ!」
('A`)「へー、ギコくんやさしー」
( ,,゚Д゚)「殺すぞてめえ」
川 ゚ -゚)「会いに行くのはいいが、追い返されるのがオチだと思うぞ」
(´・ω・`)「事実、僕たちも追い返されたし」
( ,,゚Д゚)「そ、そうなのか。それじゃ、また今度にする!」

踏ん切りがつかなかったのだろう。
帰る理由を見つけて、ホッとしたのかもしれない。

('A`)「……ギコ、しぃのこと好きだったんだな」
(´・ω・`)「みたいだね」

・・・

・・



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:54:42.59 ID:uGQ4LfJqO
>>1はエヴァヲタ?
この文の書き方どっかで見たきがす


wktk紫煙

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:55:29.65 ID:2i6N4uc9O
支援

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 01:58:07.04 ID:rpQy6HYCO
wktk

79 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 01:59:15.36 ID:M2Gge9g00
ーーーあの世ーーー

( ・∀・)「私とて、いつまでも貴方の相手をしているわけにもいきません」
( ^ω^)「お」

今日も死に、明日も死ぬ。

死ぬ毎日は無意味のようで、意味はある。

ここは海岸。
今日試した死亡方法は、入水自殺。
死に方に意味があるのかは、誰にもわからない。

( ・∀・)「私の管轄下に、あなたと同じように、魂が消えない者がもう一人います」

びしょぬれのブーンを前にして、モララーが言う。

( ^ω^)「誰だお?」
( ・∀・)「さあ。私の知ったことではありません」
( ^ω^)「で、その人と僕にどういう関係が?」
( ・∀・)「いえ、殺し合いでもしてもらおうかと」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「といっても相手は中年女性ですからね。おそらく貴方が勝つでしょう……あ、きましたよ」

???「……」
( ^ω^)「!」
( ・∀・)「?」
( ^ω^)「あ、あんたは……」

その人間の名前を、ブーンは知っている。

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:00:27.13 ID:2i6N4uc9O
>>76
しずデス拾い と ( ^ω^)中途半端生き物 の作者

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:01:05.19 ID:XwT98gwjO
まさか・・・

82 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 02:02:23.03 ID:M2Gge9g00
投下終了です。
読んでくれた人、ありがとうございました。

ピシャリのくだりは筆力不足のせいです。申し訳ない。

>>53
そのとおりです。
>>76
エヴァは一度見ただけなのでオタというほどでもないはずです。


また明日投下します。
開始は午前10時ごろになりそうです。

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:05:37.98 ID:GvHE67LKO
乙!!また明日頼むんだぜ!

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:05:42.80 ID:XwT98gwjO
乙!!

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:05:46.29 ID:x9wY0DqBO
>>1乙!


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:07:56.15 ID:2i6N4uc9O
>>1
乙!!!

>>82
酉でググったらHiTしたんだぜ(*'∀`)

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:09:12.84 ID:RLTi6rQTO
乙かれ
これはwktk



中途半端って完結してたっけ?

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:10:39.23 ID:bUKPnG3b0
おつかれ
おもしろかったよ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:17:01.82 ID:EDsZYpk10
Jane

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:44:45.52 ID:cY6+UzBr0
今日はこれも含めて面白いブーン小説が2つもあるな。
うれしさあまって保守

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 02:57:07.10 ID:QlYO/h6A0
保守

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 03:02:41.02 ID:HMnMEgpFO
読んできた。これは面白い

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 03:11:52.03 ID:QlYO/h6A0
保守

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 03:23:35.84 ID:Fv4Ma6jm0
ほす

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 03:28:55.54 ID:SJ6PINIx0
>>1 GJ

寝る前に保守

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 03:50:15.49 ID:Fv4Ma6jm0
捕手

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 04:06:20.42 ID:Fv4Ma6jm0
ho

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 04:23:50.30 ID:Fv4Ma6jm0
俺だけが保守

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 04:58:22.43 ID:eni99oEa0
保守

俺も寝るからあとよろしく

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 05:19:33.61 ID:21bU8v48O
保守

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 05:38:57.43 ID:eni99oEa0


なんだかんだで起きてる

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 06:16:44.61 ID:eni99oEa0
h

おやすみ
もう寝ます

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 07:26:51.77 ID:ZgH8TOu1O
保守

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 07:45:11.53 ID:2i6N4uc9O
おはよう保守

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 08:00:27.80 ID:49VYhj4D0
今北
円盤と天国と笛吹きの人か

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 08:43:46.89 ID:49VYhj4D0
保守

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 08:45:30.19 ID:7NVQ2gHL0
これはおもしろい。
wltl保守

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 09:09:22.60 ID:rdY5dkvxO
しかたねぇなぁ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 09:28:20.57 ID:7ijkUm+cO


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 09:57:11.19 ID:Ba+ALizv0
保守

111 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:06:53.65 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「知り合い?」
( ^ω^)「……お。知ってるお」

( ^ω^)「この人は、この人は」

わずかに残っている生前の記憶。
死ぬ直前の記憶の中に、この女は登場している。
軽トラック その運転席。

( ^ω^)「僕を殺した……」
( ・∀・)「おやおや。そうなのですか?」

J( 'ー`)し「……」

ボサボサの髪の毛。薄汚れた衣服を身に纏った女は、疲れきった表情のまま、何も答えない。

( ^ω^)「あのトラックを運転していたのはあんただお」
J( 'ー`)し「……」

112 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:10:24.75 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「まぁ、なんでもいいんですけどね。とりあえず、殺しあってみてください。武器は」

と、男は二人の間にナイフを二本、放り投げる。

( ・∀・)「ルールは簡単ですよ、殺したほうが勝ちです」
( ^ω^)「そんな勝負に、意味はあるのかお」
( ・∀・)「今更、行動に意味を求めますか?」
( ^ω^)「……」

( ・∀・)「なるべく醜い死に方をしたほうが、いいかもしれませんねえ……では」

嘲るような笑みを浮かべ、男はその場から立ち去っていく。
打ち寄せる波の音が静かに響いた。

113 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:13:17.11 ID:M2Gge9g00
( ^ω^)「どうしてあんたがここにいるお?」

この広い空間には二人しかいないようだ。
ブーンは女に、静かに問いかける。
恨みの対象は、この女ではないらしい。

( ^ω^)「あんたは僕を殺して、のうのうと生き残っているはずだお」
J( 'ー`)し「……」

どこか儚げな表情で、ブーンを見つめる女。

( ^ω^)「……あんた、僕を知ってるのかお?」

その問いに、女はただ黙って俯いた。

( ^ω^)「……」

ブーンは少々面食らう。
この女との関係は、加害者と被害者。それだけだと思っていた。
少なくとも、死ぬ以前の記憶にこの女は現れない。

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:14:09.33 ID:WMvQlkRp0
紫煙。見てるから頑張れ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:15:34.48 ID:O3B3WBVG0
素直に面白い

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:17:50.37 ID:SJ6PINIx0
>>113 待ってたぜ!

117 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:19:09.46 ID:M2Gge9g00
( ^ω^)「ところで、どうするお? あいつはどこかに行ってしまったお」

ブーンがナイフを拾い上げる。

( ^ω^)「悪いけど、あんたを殺すことは容易いお」
J( 'ー`)し「……」
( ^ω^)「でも、もう僕も死にたくないわけじゃないお」
J( 'ー`)し「……」
( ^ω^)「あの世がこんなに綺麗な世界だと知った以上、死ぬことに恐怖はないんだお」

J( 'ー`)し「それは」
( ^ω^)「お?」

初めて、女が口を開いた。

J( 'ー`)し「それは本当ですか」
( ^ω^)「あんたもこの世界を見ればわかると思うお」

( ^ω^)「この世とあの世を自由に行き来できる……楽な生活だお」
J( 'ー`)し「……友達、とか」
( ^ω^)「そんなもの、特に必要ないお」

あっけらかんとしたブーンの口調。

( ^ω^)「死にたいお」
J( 'ー`)し「私も、死にたい」
( ^ω^)「それじゃあ……刺し違えるかお?」

その問いに、女は微かに頷いた。

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:20:35.77 ID:2i6N4uc9O
支援wktk

119 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:22:22.03 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「……おやまあ」

数分後に戻ってきた男が見たもの。
それは、折り重なって倒れているブーンと女の姿だった。

( ・∀・)「相打ちですか……あー」

がしがし、と頭をかく男。

( ・∀・)「予想外ですねえ……ほとほと困った存在ですよ、あの人たちは」

( ・∀・)(よっぽど、死ぬのが怖くないということでしょうか)

( ・∀・)「……まずは、女を回収しに行きますか」

そんな呟きをした直後。
ブーンと女の身体が、褐色の土となって、崩れた。

海岸に残ったのは、土くれのみである。

120 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:25:36.51 ID:M2Gge9g00
ーーーしぃの家ーーー

天井からぶら下がる肉塊が一つ。
それに群がる昆虫が無数。

元、母親の部屋は、閉ざされたままである。

カサリ、カサリという奇妙な音がしぃの耳を貫く。

(*゚ー゚)「お金、なくなっちゃったなあ」

だがそんな音に気にする風も無く、しぃは呆けたまま呟いていた。

(*゚ー゚)「明日から、どうしよう」

(*゚ー゚)「死んじゃう、かなあ」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:30:56.84 ID:t7Bm1Mq4O
これはおもしろい

122 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:31:16.85 ID:M2Gge9g00
目の前には茶けた紙が一枚。
拙い字でこう書かれていた。

『死に時だと思いました。だから死にます。あなたも、早く来てね』

この手紙が置かれていたのはちょうど一ヶ月前。

ふと隣の部屋を見ると、そこで母が首をつっていた。
唯一の家族だった。

慕っていた母の最期の言葉が「あなたも早く来てね」である。

(*゚ー゚)「くだらない」

しぃが吐き捨てる。
死ぬことを勧めるなんてくだらなすぎる。
だが、何もなくなった今となっては、死んだほうがいいような気もする。

そのとき。

カタリ、と。

隣の部屋につながる、ふすまが開いた。

誰もいないはずなのに。そこにあるのは死体だけのはずなのに。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:31:29.05 ID:GvHE67LKO
_ ∩
( ゚∀゚)彡支援!
( ⊂彡   支援!
| |
し ⌒J

124 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:36:38.54 ID:M2Gge9g00
ハッとしぃが振り向く。
女が立っていた。
針金のような身体。安っぽい服。
手入れしていない髪の毛。化粧もしていない虚ろな顔。

J( 'ー`)し「……しぃ」

(*゚ー゚)「おかあさん……!?」

まぎれもない、それは母親の姿。
一ヶ月前の、母親そのものである。

(*゚ー゚)「なんで。どうして……」

今突っ立っている母親の向こう側。ふすまの奥には確かに死体が見える。
ぶら下がっている死体。腐敗して、ところどころ欠けている死体が。

二人の母親が今、視界に入っている。

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:41:18.09 ID:p7bEuQt60
これってまとめある?

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:46:20.35 ID:NUatXL0E0 ?2BP(133)
ワーオワンダフォー!!!!1
私怨

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 10:50:16.34 ID:a4FV5JhfO
wktk

128 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 10:51:20.36 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「っと、失礼しますよ」
(*゚ー゚)「!」

またも背後から、声。
そこには男が立っていた。
しぃの知らない男。

J( 'ー`)し「……」

生きているほうの母親がわずかに後ずさった。

( ・∀・)「時間が無いんですよねえ。女の子にこんな場面を見せるのはどうかと思いますが」
(*゚ー゚)「誰なのよ、あなた……」
( ・∀・)「ま、死体を放置しておくだけの度量があるなら、大丈夫でしょう」

そういった男の手に、ナイフ。

( ・∀・)「それでは」

男はしぃの横を通り過ぎ、母親の前に立つ。
母親は身動き一つとろうとしない。

男はためらいなく、女の腹を貫いた。

J( 'ー`)し「……!!」
(*゚ー゚)「お母さん!?」
J( 'ー`)し「しぃ、ちゃん」

J( 'ー`)し「あなたも、一緒に来ない?」
(*゚ー゚)「!?」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:01:14.77 ID:XwT98gwjO
支援

130 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 11:01:19.83 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「世迷いごとを」

男がナイフを引き抜いた。
当然のように、血が溢れて床を濡らす。

母親はそのまま前のめりに倒れ、事切れた。
狭い部屋に、死体が二つ。

(*゚ー゚)「ひ……」
( ・∀・)「ここで見たことは口外しないように……といっても、口外しても信じてもらえないでしょうけど」

(*゚ー゚)「なんなの、一体……なんなの!?」
( ・∀・)「知る必要はありません」

その言葉と同時に。
さらり、と。

男の姿は塵と化し、音も無く掻き消えた。
同時に、母親の姿も消える。
血までも、跡形も無く。

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:04:40.37 ID:49VYhj4D0
>>1キテル━━(゚∀゚)━━!!!!
wktk

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:05:15.84 ID:F4f3O40L0
うーん秀逸な文章だ

ガンバレ>>1

133 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 11:13:14.94 ID:M2Gge9g00
時間を逆行したように、全てが元に戻った。

相変わらず隣の部屋には死体の方の母親がぶらさがっている。

虫がこちらに這ってくる。しぃは慌ててふすまを閉めた。

(*゚ー゚)「夢……だよね」

夢であると信じたい。
自分が母親を慕っていたゆえの幻想だと信じたい。
そう思い込まないと
とても正常でいられそうにはなかった。

(*゚ー゚)「……」

いや、もうすでに遅いのかもしれない。
しぃは十分、壊れている。

134 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 11:15:11.94 ID:M2Gge9g00
ーーー高校ーーー

七月中旬ともなれば午前授業だけで帰宅することができるようになる。

ドクオたちの高校も然り。

川 ゚ -゚)「一つ、気になったんだが」
(´・ω・`)「どうしたの?」

しょぼんが帰りのしていると、神妙な面持ちをしたクーが話しかけてきた。

川 ゚ -゚)「ブーンは火葬されたのか?」
(´・ω・`)「……たぶん」
川 ゚ -゚)「だとすれば、あのブーンの身体はなんなのだろう」
('A`)「なんだそれ。土葬だったら、あのブーンはゾンビだったってか」

横からドクオが口を挟む。

川 ゚ -゚)「だってそうだろう。火葬されたはずのブーンが存在するなんて物理的にありえない」
('A`)「ゾンビもありえねーよ、科学的に」

135 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 11:18:01.81 ID:M2Gge9g00
川 ゚ -゚)「むぅ……ん?」
(´・ω・`)「どうしたの?」
川 ゚ -゚)「メール、かな」

そういって、クーがバイブ機能によって震えている携帯を取り出す。

('A`)「……っと、俺もだ」
(´・ω・`)「あれ、僕にも」

二人もそれぞれ、自分の携帯を見つめる。

('A`)「!」
(´・ω・`)「これは……」

差出人の名前。
未だ削除していなかった名前。

ブーン。
3人の携帯のディスプレイには、確かにそう表示されている。

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:22:40.96 ID:Pz6ruEhn0
オイィガイシュツするから誰かまとめ作っといてくれよな!

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:24:27.65 ID:fmF7WaEV0
>>136
オムライスに依頼出てたよ

138 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 11:27:25.71 ID:M2Gge9g00
おかしな話だ。
あの事故から一ヶ月も経過している。
そうなれば、ブーンの携帯は解約されていると考えるのが普通だ。

('A`)「幽霊メール、ねえ」
(´・ω・`)「ありえないよね、科学的に」
川 ゚ -゚)「科学的にありえなくても現実的には存在している……内容は、と」

そのメールは3人に一斉送信されたものだった。

川 ゚ -゚)「なになに」

メールの内容は、実に簡潔なものである。

『公園にいますお 来てくださいお』

それだけだった。

('A`)「……」
(´・ω・`)「たとえ、ブーンの携帯が、家族の心情の都合で解約されていないにしても」
川 ゚ -゚)「こんないたずらめいたことはしないな」
('A`)「で、どうするんだよ。行くのか?」

(´・ω・`)「行くしか、ないよね」
川 ゚ -゚)「あぁ」

・・・
・・


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:30:58.00 ID:QlYO/h6A0
hosu

140 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 11:31:01.84 ID:M2Gge9g00
昼飯買ってきます。
再開は12時半ごろになるかと。
投下ペースが遅くて申し訳ないですorz

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:33:33.90 ID:XwT98gwjO
イインダヨ!

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:33:43.25 ID:a4FV5JhfO
作者乙。



143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:36:41.18 ID:SJ6PINIx0
>>140
気にするな。
いってらー
ノシ

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:39:44.18 ID:vZBLEKwv0
作者乙

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:43:23.41 ID:7NVQ2gHL0
続きwktk

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:43:45.64 ID:KQuk2swk0
かわいいブーンのAAマダー?

_( ^ω^)_ ブーン
  / )

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:54:16.11 ID:BqUDaPYmO
ほし

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 11:56:21.98 ID:CeTtvFgC0
おもしろいな、作者才能ありすぎで困る

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:03:38.80 ID:fmF7WaEV0
いつも思うがVIPの小説はレベル高ぇー

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:13:57.27 ID:oGuD8Cca0
へぇ

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:16:58.05 ID:a4FV5JhfO
ボッシュ

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:20:31.38 ID:GvHE67LKO
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader326741.jpg

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:38:01.83 ID:XwT98gwjO
ほーす

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:38:22.17 ID:a4FV5JhfO
ホトトギス

155 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 12:42:08.76 ID:M2Gge9g00
ーーー公園ーーー

このあたりで公園、というと一つしか思い浮かばない。
それは、閑静な住宅街の中にあった。
鉄棒とブランコとベンチ、それに時計台だけが設置された安上がりな公園である。

時刻は12時。昼飯時だからか、ドクオたち3人が訪れたとき、そこに佇んでいたのは1人だけだった。

('A`)「ブーン」

一目でわかる。彼はブーンだ。

何の違和感も無く、そこにいる。
時計を見上げたまま、立ち尽くしている。

(´・ω・`)「色々、聞かないといけないよね」
川 ゚ -゚)「あぁ。だがそれよりも、先ずはブーンの用件を聞こう」

意を決し、ドクオが大声を出した。

('A`)「ブーン!」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:42:55.38 ID:F4f3O40L0
もかえり

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:43:11.83 ID:a4FV5JhfO
ktkr

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:46:31.28 ID:R0Z1dppw0
wktk

159 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 12:46:57.59 ID:M2Gge9g00
( ^ω^)「……」

振り向いたブーンには、平坦な笑顔がはりついている。

心持ち距離をおいて、3人とブーンは対峙した。

(´・ω・`)「また、ここに帰ってきたんだね」
( ^ω^)「お」
(´・ω・`)「どうやって僕たちにメールを送ったんだい?」
( ^ω^)「……」

( ^ω^)「それは、関係のないことだお」
('A`)「てめえ……!」

素っ気無い態度が鼻についたのか、ドクオが一歩進み出る。
だが、クーが彼をやんわりを止めた。

川 ゚ -゚)「……用件が聞きたい」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:48:18.37 ID:Apnnnmgo0
 ヾヽヽ      _ _    、、
 <丶`∀´> 1  丶|丶|  ー-,  -千- __   ヽ     |
  ミ_ノ   ┴ ./、|/、|   (    ノ   ┤  __ノ   o
  ″″                   ~

 ヾヽヽ    ヾヽヽ       _ _    、、
 <丶`∀´><丶`∀´> ⌒,  丶| 丶|  ー-,  -千- __   -千- __   ヽ     |  |
  ミ_ノ    ミ_ノ  /    /、| /、|   (    ノ   ┤    ノ  ┤  __ノ   o o
  ″″    ″″   ̄ ̄                  ~       ~

 ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ
 <丶`∀´><丶`∀´><丶`∀´> 3羽そろえば
  ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ
  ″″    ″″   ″″

http://www.operacity.jp/concert/2004/img/040826.jpg


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:49:39.47 ID:SJ6PINIx0
おかえり!!

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:53:02.57 ID:7NVQ2gHL0
ktkr!

163 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 12:56:32.30 ID:M2Gge9g00
( ^ω^)「……僕を殺して欲しいんだお」
(´・ω・`)「なんだって?」
( ^ω^)「あの人が言ってた事を覚えているかお?」
('A`)「あの男か。お前を連れ去った」
( ^ω^)「僕には恨みがある。だから死ねないんだお」

( ^ω^)「そんな恨みを、僕の代わりに晴らしてほしいんだお」
川 ゚ -゚)「君の代わり?」
( ^ω^)「そうだお。僕は長くここにいることはできないんだお」
('A`)「恨みさえ晴らせれば、お前は成仏できる……そういう寸法か」
( ^ω^)「たぶん」

成仏ではなく、消失なのだろう。
ブーンはすでに、救われない魂として認識されているのだから。

川 ゚ -゚)「で、その恨みとやら、教えてもらおう」
(´・ω・`)「場合によっては、引き受けなくも無い」

('A`)(あっさりしすぎだろ、てめえら……)

( ^ω^)「ツンを知ってるかお?」
(´・ω・`)「うん」
( ^ω^)「あいつ、あいつを殺してほしいお」

('A`)「……は?」

流石に、その要求は推測の内に無かった。

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:58:59.37 ID:7NVQ2gHL0
展開がまったくよめない!

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 12:59:37.76 ID:VgofOF0OO
お…おもしろいッ!!

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 13:01:37.05 ID:NEQD2mTmO
ここでツンktkr!!

167 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 13:04:02.34 ID:M2Gge9g00
川 ゚ -゚)「冗談か? 笑えないが」
( ^ω^)「違うお。僕は本気だお」

にへら、とだらしなく笑っているブーン。
どう見ても、本気とは思えない。

(´・ω・`)「殺してほしいって。自分が何言ってるのかわかってるのかい?」
( ^ω^)「死ぬことはいいことだお」

('A`)「この野郎、いい加減にしろよ!」

周囲をはばからず、ドクオが怒鳴り散らす。

('A`)「なんでてめえのために人殺ししなきゃいけねーんだよ!」
( ^ω^)「頼むお。そうしないと僕は、これから永遠に死に続けないといけないお」
川 ゚ -゚)「それほど大きな恨みを、お前は抱いているのか」
( ^ω^)「お」
(´・ω・`)「一体何なの? その、恨みって」
( ^ω^)「それも、知る必要は無いお」
('A`)「畜生が」

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 13:09:00.78 ID:XwT98gwjO
wktk

169 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 13:10:03.35 ID:M2Gge9g00
(´・ω・`)「現時点では、なんともいえないよ」

しょぼんは逡巡の後に、そう言い放った。

('A`)「おい、しょぼん。こんな無理難題、拒否しちまえばいいじゃねえか」
(´・ω・`)「でも、そうなるとブーンは一生痛みを伴う死を繰り返さないといけないんだよ? そんな友人を、僕はほうっておけない」

真面目人間は、どうやら不器用らしい。
今のブーンを、ドクオは親友だと思いたくなかった。

(´・ω・`)「ツンにも聞きたいことがあるし」
川 ゚ -゚)「どうせ君は、教えてくれそうに無いからな」

皮肉のようなクーの台詞も、ブーンに効果は無い。

( ^ω^)「出来るだけ早くお願いするお」

一方的なブーンの懇願。
ドクオは吐き気すら覚えていた。

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 13:17:20.92 ID:NEQD2mTmO
wkwkさん( ^ω^)支援

171 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 13:18:04.22 ID:M2Gge9g00
そのときである。

( ・∀・)「やれやれ」

3人の後ろ、すぐ近くからため息。
一瞬背中が凍る。

( ・∀・)「ここにいましたか……あぁ、またこの世の人間と勝手に接触して」
( ^ω^)「……」

( ・∀・)「ほら、いきますよ」

音も無く現れた男は再び、ブーンを連行しようとする。

('A`)「おい、お前ブーンに何やったんだよ!」
( ・∀・)「……はあ? 私ですか?」

( ・∀・)「私は何もやってませんがねえ。ただ、何度も殺しているだけで」
('A`)「……」

( ^ω^)「それじゃあ、みんな頼んだお」

( ^ω^)「君たちは、僕の友達だお」

裏切り者のような言葉を吐いて。
ブーンは男とともに、彼方へと去っていった。

172 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 13:21:55.38 ID:M2Gge9g00
('A`)「キチガイになってるよ、あいつ。何が死ぬことはいいこと、だ。何が君たちは僕の友達、だ!」

ドクオは苛立ちを隠さない。

(´・ω・`)「観念が狂ってるんだろうね」
川 ゚ -゚)「と、いうと?」
(´・ω・`)「よくいうだろ?死後の世界を知ってしまうと、死生観とか、色々狂っちゃうって」
川 ゚ -゚)「宗教じみた問題だな」
('A`)「宗教だか哲学だか知らねえけど、俺はあいつを理解できねえ」
(´・ω・`)「かといって、放っておけるかい?」
('A`)「……」
川 ゚ -゚)「ともかく明日、ツンに聞いてみよう」
(´・ω・`)「それとなく、ね」

・・・

・・



173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 13:22:38.21 ID:zFBybm6d0
wktk試演

174 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 13:29:31.64 ID:M2Gge9g00
ーーー同時刻 しぃの家周辺 路上ーーー

( ,,゚Д゚)「なんで俺はまた、ここに来てるんだ」

この自問はすでに8回目。
道路をうろつき始めてすでに30分ほど。
人通りが多ければ、今頃不審者として警察官に肩を叩かれていてもおかしくない。

( ,,゚Д゚)「いや、そうだ。今日こそ俺は」

言いながら周囲を見渡す。
昨日は邪魔してくれたドクオたち3人も、今日はいない。

( ,,゚Д゚)「覚悟、決めるか……」

アパートの前に立つ。
そして、おそるおそる、階段の一段目に足を置いた。

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 13:32:49.57 ID:F4f3O40L0
wktk

176 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 13:36:01.52 ID:M2Gge9g00
( ,,゚Д゚)「……ふいー」

二階にたどりつくことが、これほど困難だとは思っていなかった。

201号室はすぐそこにある。

( ,,゚Д゚)「……うし!」

気合を入れて、ギコはその扉の前まで移動しようとした。
ところが。

その扉が、前触れ無く開かれた。
不意を衝かれたギコがその場で硬直する。

現れたのは、目的の人。

(*゚ー゚)「……?」

しぃはギコを視認して、首をかしげている。
だがすぐに、それが赤面したギコであることに気付いたようだ。

(*゚ー゚)「ギコくん、どうしたの?」

( ,,゚Д゚)「お、おう。あ。い、いや。ええっと」

明らかに挙動不審のギコ。

177 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 13:43:51.44 ID:M2Gge9g00
ギコの目的は、単純にしぃを見舞いにきた。それだけである。
それ以上のことは何も考えていなかった。二言三言、言葉を交わせればそれでいいと思っていた。
だからこそ、不測の現状に過剰に混乱しているのだ。

( ,,゚Д゚)「いや、その。元気か?」
(*゚ー゚)「……うん」
( ,,゚Д゚)「な、なんか随分、やせたよな」
(*゚ー゚)「……うん」
( ,,゚Д゚)「あー、あー、げほっ……それじゃ」
(*゚ー゚)「それだけ?」
( ,,゚Д゚)「いや、その、なんだろうな。うん、それだけ」
(*゚ー゚)「なんか変だよ」

細い笑みを浮かべるしぃ。

ギコは視線を反らす。

( ,,゚Д゚)「ど、どこか行くのか?」
(*゚ー゚)「うん……あてはないけど」
( ,,゚Д゚)「そりゃどういうことだ?」
(*゚ー゚)「……」

(*゚ー゚)「ねぇ、ギコくん」

しぃは歩いて、手すりによりかかる。

そんなしぃを、ギコは不思議そうに見つめた。

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 13:44:33.12 ID:G7fGf0HoO
wktk

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 13:45:15.11 ID:HtE458lxO
wktk

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 13:45:50.47 ID:zuVW7aPY0
^  |   |       ^  |   |        ^  |   |        ^  |   |
――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐――
  ̄└┘○└┘ ̄     ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄

^  |   |       ^  |   |        ^  |   |        ^  |   |
――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐――
  ̄└┘○└┘ ̄     ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄

         ブーンなんて時代遅れだおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


^  |   |       ^  |   |        ^  |   |        ^  |   |
――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐――
  ̄└┘○└┘ ̄     ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄

^  |   |       ^  |   |        ^  |   |        ^  |   |
――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐――
  ̄└┘○└┘ ̄     ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄

^  |   |       ^  |   |        ^  |   |        ^  |   |
――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐―― ――┌(^ω^)┐――
  ̄└┘○└┘ ̄     ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄    ̄└┘○└┘ ̄

181 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 13:55:32.60 ID:M2Gge9g00
(*゚ー゚)「私、壊れてる?」
( ,,゚Д゚)「は……はあ?」

急な問いに、ギコはすぐに返答できない。

(*゚ー゚)「学校にも行かなくてさあ。気付いたらこんなにやせちゃってさあ」

(*゚ー゚)「お母さんも、死んじゃってさあ……」

(*゚ー゚)「壊れたみたいなんだよ、わたし」
( ,,゚Д゚)「母さんが、死んだのか」

(*゚ー゚)「首吊ったんだよ……一ヶ月前にさぁ」
( ,,゚Д゚)「マジかよ……」
(*゚ー゚)「まだ、死体あるよ」
( ,,゚Д゚)「何……」
(*゚ー゚)「見る?」

自分の家を指差して、しぃは悲しそうに笑った。

182 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 14:05:40.61 ID:M2Gge9g00
( ,,゚Д゚)「なんでだよ。その、葬式、とか」

声が震え始める。
事態はギコが予測していた以上に、深刻なのだ。

(*゚ー゚)「そんなお金、どこにあるの?」
( ,,゚Д゚)「……」
(*゚ー゚)「私、もともとお父さんいなかったんだよ」

(*゚ー゚)「母さんが一生懸命働いて、それでもお金が無くて。それで、あの日……」

(*゚ー゚)「あの日お母さんは、車を盗んだ」
( ,,゚Д゚)「あの日?」
(*゚ー゚)「お母さんは運転になれてなかった。挙句の果てに暴走して……」

(*゚ー゚)「人を轢いた」
( ,,゚Д゚)「人……」
(*゚ー゚)「ブーンだよ」
( ,,゚Д゚)「!」
(*゚ー゚)「ブーンを殺したのは、私のお母さん。でも、私も同罪」
( ,,゚Д゚)「なんでだよ」
(*゚ー゚)「だってそのとき、私助手席にいたもん」

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:05:59.31 ID:XwT98gwjO
支援

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:12:41.42 ID:NpRLwBI2O
早く書いてくれ(PД`。q)

185 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 14:13:37.39 ID:M2Gge9g00
ブーンのひき逃げは、未だ解決していないと聞いていた。
だが、なんのことはない。
犯人は、身近に存在したのだ。
同級生の母親だったのだ。

(*゚ー゚)「……って、なんでこんなこと話してるのかな。わたし」

(*゚ー゚)「やっぱり壊れてるみたい」
( ,,゚Д゚)「……それ、誰かに言ったのか?」
(*゚ー゚)「ううん。ギコくんが初めてだよ。おかしいでしょ」
( ,,゚Д゚)「警察にも?」
(*゚ー゚)「だって、お母さんその日のうちに死んじゃったもん」
( ,,゚Д゚)「……」
(*゚ー゚)「死に時だからって。前から死にたがってたみたい」

(*゚ー゚)「だから私、1人なんだよね」
( ,,゚Д゚)「ッ……!」

ギコは舌打ちする。
やるせない。重たい話を聞かされ、何のフォローもできない自分がやるせなくて仕方ないのだ。

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:17:45.37 ID:XwT98gwjO
俺だったらこのタイミングで犯すな

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:19:21.62 ID:CeTtvFgC0
>>186
普通は抱きしめるだろ、常識的に考えて・・・・・・・・・・・・・

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:20:08.10 ID:7NVQ2gHL0
話がつながってきたな・・・

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:20:33.89 ID:oGuD8Cca0
まあここまでは想定の範囲内です

190 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 14:22:05.92 ID:M2Gge9g00
だが、一つの事実が判明した。
しぃはブーンが好きだったから、不登校になったというわけではない。噂はあくまで噂だった。
実際は、ブーンを殺したのが自分の母親だということ。そしてその母親が死んでしまったことがショックだったからだろう。
つまり、壊れたから不登校になったのである。

(*゚ー゚)「……でさ、ギコくん」
( ,,゚Д゚)「ん……」

ギコは憔悴したような表情をしている。

(*゚ー゚)「本当は、何しに来たの?」
( ,,゚Д゚)「本当はって」
(*゚ー゚)「あ、今の話聞いて引いちゃった?」

自嘲気味なしぃの言葉。

(*゚ー゚)「まぁいいんだけどね」
( ,,゚Д゚)「いや……その」

ギコは言葉を適当な探す。

( ,,゚Д゚)「お前、今日は良くしゃべるなあって」
(*゚ー゚)「うん……そうかな」
( ,,゚Д゚)「そうだよ。いつも学校だったらあんまり喋らないじゃん」
(*゚ー゚)「まぁ……そうかも。でも、家ではよく喋ってたよ。内弁慶ってやつ?」
( ,,゚Д゚)「へえ……」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:22:20.66 ID:2fGXsP+oO
ブーン小説を児童書にしたいな。ズッコケシリーズのかわり

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:23:53.77 ID:2fGXsP+oO
>>187
気味わるいから胸もんでにげるだろ。常識的に考えて

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:28:50.48 ID:XwT98gwjO
>>192
警察だろ
常識的に考えて

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:29:56.85 ID:aSzJ+v+V0
>>193
安価だろ・・・VIP的で考えて

195 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 14:30:18.34 ID:M2Gge9g00
( ,,゚Д゚)「いや、マジでお前が元気かなって、それを確認しにきただけっていうか……」
(*゚ー゚)「何、その下心丸見えの理由は」
( ,,゚Д゚)「えー……」

しぃの客観的な台詞はまさに図星だった。

(*゚ー゚)「そうでもないと、わざわざこんなとこまでこないでしょ?」
( ,,゚Д゚)「……う……」
(*゚ー゚)「……ま、いいんだけど。でももうそんな気もなくなったでしょ。人殺しの娘、あまつさえいつ死ぬかわからない人間だもん、私」
( ,,゚Д゚)「何も言えねえよ、俺」
(*゚ー゚)「何も言わなくていいよ。私は、独りでいいんだよ」
( ,,゚Д゚)「……」

しぃの話を聞いて、ギコが若干引いたのは紛れも無い事実である。
だが、放っておけばしぃは死ぬのもほぼ、確実だ。

放っておくか、何かするのか。

ギコは、非常に微妙なジレンマに苛まれていた。

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:31:23.14 ID:2fGXsP+oO
婦警の胸もんだら即タイーホだろ。常識的に考えて

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:32:05.33 ID:XwT98gwjO
>>194
バロスwwwwwwwwwwwwwwww

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:33:22.08 ID:6n1Fqeeo0
>>193
お前が言うなwww

199 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 14:38:51.94 ID:M2Gge9g00
そんなジレンマもすぐに解消された。

(*゚ー゚)「じゃあ、私行くよ」
( ,,゚Д゚)「行くあてもないのにか?」
(*゚ー゚)「まぁね。家にいても仕方ないから」
( ,,゚Д゚)「ああ……」

(*゚ー゚)「それじゃ」

そういい残し、しぃはゆっくりと階段を下っていく。

その後姿を見て、ギコは改めて後悔した。
何か元気付けられるようなことを言えばよかった、と。

だが実際のところ、今のしぃを慰めるような言葉をギコは持ち合わせていない。

・・・

・・



200 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 14:41:31.30 ID:M2Gge9g00
ちょいと再起動してきます。
どうも繋がりにくいので。
しばらく待ってていただければ幸いですorz

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:43:45.68 ID:ofnOEucD0
人気投票しようぜ
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1160879083/349

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:45:30.76 ID:XwT98gwjO
待っちょるけん

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:46:41.38 ID:SJ6PINIx0
>>200
待ってる


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:47:15.98 ID:gqeBCPr00
今北なにこの名作

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 14:51:28.83 ID:fmF7WaEV0
出かけてくっぺ

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:00:05.74 ID:a4FV5JhfO
ボッシュ

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:02:15.59 ID:0hvHWnxhO
これは面白いな

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:04:12.75 ID:a9gHZNum0
ガッシュ

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:05:11.66 ID:J4qYuEm+0
>>206
>>208

クロトリ乙

210 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 15:05:24.87 ID:M2Gge9g00
ーーーあの世ーーー

夜を迎えていた。
辺りは闇に包まれる。
このあたりは、あの世の中でも街灯が少ない方だ。
星が瞬き、輝くのが良く見える。

( ^ω^)「あんたは、どうしてここにいるんだお?」
J( 'ー`)し「……?」
( ^ω^)「相当の恨みを持っていないと、こんなところにはこないで天国に直行するはずだお」
J( 'ー`)し「貴方こそ、どうして」
( ^ω^)「質問に質問で返すのはルール違反だお」

J( 'ー`)し「私は夫を恨みます」
( ^ω^)「……」
J( 'ー`)し「もっとも、顔も名前もわからないので恨みようもありませんが」
( ^ω^)「どういうことだお?」

J( 'ー`)し「17年ぐらい前のことですが、私は男どもに襲われました」
( ^ω^)「……」
J( 'ー`)し「野獣のような奴らです。次から、次へと」
( ^ω^)「便器ってやつかお」
J( 'ー`)し「その時、娘を身篭りました」
( ^ω^)「へぇ」
J( 'ー`)し「娘の名前は、しぃと言います」
( ^ω^)「しぃ……」

その名前には、当然、ブーンには聞き覚えがある

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:07:17.68 ID:a4FV5JhfO
この展開ッッッ

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:07:53.46 ID:GGKYufx50
おまいら!レイプは絶対するなよ!

ダメ。絶対。

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:09:48.80 ID:XwT98gwjO
>>212
そんな事するわけねーよwwwww

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:10:03.10 ID:FrFoF1e2O
>>211勇次郎乙

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:10:33.24 ID:a9gHZNum0
>>209
おまえそこはハッシュって言うんじゃねーのかよwwwww

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:10:47.85 ID:XrajsfB40
>>212
ふーん玄米ビスケットがあるのにね

217 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 15:11:49.69 ID:M2Gge9g00
( ^ω^)「あんた、しぃの母親だったのかお」
J( 'ー`)し「ご存知でしたか」
( ^ω^)「同じクラスだったお」
J( 'ー`)し「……そうですか。見苦しい子だったでしょう?」
( ^ω^)「可愛いとは思ったお」
J( 'ー`)し「妊娠した当時は、まだ私も裕福でした。だから私は出産を決意したんです……元々、子供は好きでしたし、堕胎するのも気が引けましたから」

J( 'ー`)し「でも、世間というものは予想以上に冷たかった」

J( 'ー`)し「私の家族は不景気の下り坂を見事に転がり落ちていった。そうすると、親族はどこの誰のものかも知れない子を孕んだ私をのけ者にし始めた」

J( 'ー`)し「アパートに追いやられ、家族の縁も一方的に切られた。私は自分で稼ぐしかなかった」

J( 'ー`)し「しかし、まぁ自分でもいうのもなんですが、私はダメ人間です。どの仕事もうまくいきません」

( ^ω^)「不幸な話だお」

J( 'ー`)し「パートで稼ぐ生活が続きましたが、やがてお金は底についた。自暴自棄になった私は、娘をつれてトラックを盗んだ」

( ^ω^)「そして、僕を殺したお」

J( 'ー`)し「そういうことですね」

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:13:52.58 ID:6n1Fqeeo0
>>213
お前がいっても説得力ねーよwwww

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:15:29.23 ID:a4FV5JhfO
  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/   /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/   /
     ̄ ̄ ̄

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:20:49.34 ID:ZnZZzFNN0
>>219
今日はこっち見るのを許そう・゚・(ノД`;)・゚・

221 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 15:25:52.03 ID:M2Gge9g00
J( 'ー`)し「そもそもの原因は私を妊娠させた男……事実上、夫とも呼ぶべき人物です。だから私は、その男を恨みます」
( ^ω^)「その恨みが晴れれば、あんたは成仏できるのかお?」
J( 'ー`)し「自覚している限りは、おそらく」
( ^ω^)「おー……」

J( 'ー`)し「それで……貴方のことは教えてもらえますか」
( ^ω^)「……」
J( 'ー`)し「まぁ、別に知りたい、というわけでもないのですが」
( ^ω^)「それなら、聞かなくていいお」

( ・∀・)「また、妙に和やかですねえ。こちらとしては、仕事が終わらないので困ってしまうのですが」

( ^ω^)「別に急ぐことは無いお」
( ・∀・)「あなたが決める問題じゃないでしょう」

( ^ω^)「夜ですお」
J( 'ー`)し「そうですねえ」

( ・∀・)(やれやれ……いい具合に壊れちゃって)

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:34:52.01 ID:GvHE67LKO
_ ∩
( ゚∀゚)彡支援!
⊂彡 支援!

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:36:04.76 ID:s0qtXEpj0
SIENN

224 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 15:37:43.78 ID:M2Gge9g00
ーーー翌日 高校ーーー

今日は金曜日。
明日から二連休が始まる。
そんな日。
ドクオたち3人の気は相変わらず重い。

ξ゚听)ξ「……何?」

放課後、その3人に近づかれたツンが、少しオドオドとした声を出す。

川 ゚ -゚)「ん……いや、聞きにくいことなんだが」

川 ゚ -゚)「ブーンと何かあったのか?」

聞きにくい、といった割には単刀直入である。

ξ゚听)ξ「ブーンと?」
川 ゚ -゚)「あぁ。その、何かうらまれたりするようなことは……」
ξ゚听)ξ「なんでそんなこと聞くの?」
川 ゚ -゚)「それは……」

ξ゚听)ξ「何も、別にうらまれるような覚えはないわよ」
川 ゚ -゚)「そう、か」
ξ゚听)ξ「何で今更ブーンのことなんか……」

げんなりしたような表情のツン。

川 ゚ -゚)「君の生徒手帳がお墓の前に落ちていただろう?」
ξ゚听)ξ「……」

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:40:26.20 ID:FrFoF1e2O
ああ、あの時のは伏線だったのか。きづかなんだ


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:49:22.37 ID:XwT98gwjO
支援

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:50:33.25 ID:dd83uHxk0
wktk

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:50:46.17 ID:w4Y76snxO
ξ゚听)ξ「早く書きなさいよ童貞」

229 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 15:51:11.48 ID:M2Gge9g00
川 ゚ -゚)「でも君は、お墓には行ってないと言い張る」
ξ゚听)ξ「当たり前でしょ。行ってないもん」
川 ゚ -゚)「じゃあなぜ……」
ξ゚听)ξ「知らないわよ!」

突然ツンが声を荒げた。

ξ゚听)ξ「私はブーンのことも、手帳のことも何も知らない! もう、詮索しないでよ、気持ち悪い」
川 ゚ -゚)「む……すまない」
ξ゚听)ξ「まったく……」
(´・ω・`)「そんなに怒らないで。というか、クーも直接過ぎるよ」
ξ゚听)ξ「何よ、副委員長まで」
(´・ω・`)「実はね、遺品を整理していたブーンの家族から連絡があったんだよ。ほら、僕ってブーンと仲良かったから」
ξ゚听)ξ「……それで?」
(´・ω・`)「日記が見つかったんだよ。そこにはこう書かれていたらしいんだ」

(´・ω・`)「ツンのことが、心配だって」
ξ゚听)ξ「本当に?」
(´・ω・`)「さあ。僕が実際にその日記を見たわけじゃないからなんともいえないけど」

(´・ω・`)「でも、ブーンの家族に、ツンさんにそのことをさりげなく聞いてみてほしいって頼まれたんだ」
ξ゚听)ξ「……」
(´・ω・`)「ツン、君は何か知ってるんじゃないかな?」
ξ゚听)ξ「……あの、バカ」
(´・ω・`)「?」

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 15:55:54.15 ID:PCPegy9sO
面白すぎる

231 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 15:57:11.47 ID:M2Gge9g00
ξ゚听)ξ「……別に、たいしたことは無かったわよ」
(´・ω・`)「じゃあ、何かあったのは事実なんだね」
ξ゚听)ξ「……前の日に、ちょっとね」
(´・ω・`)「ブーンが亡くなった前の日?」
ξ゚听)ξ「そう」
(´・ω・`)「それ以上は……」
ξ゚听)ξ「話したくない」
(´・ω・`)「そう……」

(´・ω・`)「うん、わかったよ。ご家族にはそう伝えとく」
ξ゚听)ξ「……」

ξ゚听)ξ「その、家族の人に言っといて」
(´・ω・`)「え?」
ξ゚听)ξ「ごめんなさい、って。それじゃ」
(´・ω・`)「あ、ちょっと……」

カバンを引っつかみ、足早に教室から出て行くツンを、3人はただ見送っていた。

('A`)「……しょぼん、えげつない引っ掛け方したもんだな」

言うまでも無く、しょぼんの話した日記云々は嘘である。

(´・ω・`)「まぁ、ね。全てが丸く収まったら謝るよ」
川 ゚ -゚)「丸く収まるのかな……」

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:02:29.30 ID:+OuAyhhX0
wktk

233 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 16:05:31.71 ID:M2Gge9g00
( ,,゚Д゚)「えらく修羅場っぽかったぞ」
('A`)「……おう、ギコ」

ツンが出て行った教室のドアのほうを見やりながら、ギコがドクオたちに話しかける。

(´・ω・`)「どうかしたの?」
('A`)「告白は成功したのか?」
( ,,゚Д゚)「そのこと、なんだが。委員長たちに言っておきたいことがある」
川 ゚ -゚)「むぅ、なんだ?」
( ,,゚Д゚)「しぃのことなんだが……他の奴らには言うなよ」
川 ゚ -゚)「心得た」
( ,,゚Д゚)「ドクオも」
('A`)「信用しろよ」

( ,,゚Д゚)「ともかく、重要なことなんだ」

そう前置きして、ギコは語った。
昨日、しぃから聞いたこと。その全てを。
その理由は他でもない、しぃを助けたいから。
しかし、それは自分だけでできることではないと思ったからである。

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:13:35.39 ID:a4FV5JhfO
wktk

235 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 16:13:38.15 ID:M2Gge9g00
(´・ω・`)「……」
川 ゚ -゚)「……」

聞かされた3人。絶句するほかない。

( ,,゚Д゚)「……って話なんだが、どうすればいいと思う?」
('A`)「そいつは……はっきりいって、俺たちにどうこうできる問題じゃないだろ」
川 ゚ -゚)「うん。そこまでいくと、警察などに頼るしか」
( ,,゚Д゚)「そうか。やっぱりそうだよな……」

(´・ω・`)「今日もう一度、しぃの家に行ってみようよ。そして、色々聞いてみよう」
川 ゚ -゚)「うん……そうだな。ギコも来るか?」
( ,,゚Д゚)「もちろん」
('A`)「好きだもんな」
( ,,゚Д゚)「……あぁ」
('A`)「その反応はつまらんぞ」
( ,,゚Д゚)「いや、そのつもりだったよ。好きだった……でもな、昨日の話し聞いて、なんつーか、引いちゃったんだよな」
川 ゚ -゚)「……まぁ、仕方ないかもしれないな」

( ,,゚Д゚)「だが、どうにかしてやりたいとは思う」
('A`)「……そうだな」

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:15:34.27 ID:fm1oa/wv0
いま追いついた。面白い。ガンガレ

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:16:38.33 ID:a4FV5JhfO
マッシュ

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:19:02.78 ID:ZnZZzFNN0
今の時代警察なんてアテにはならないけどな

239 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 16:21:52.31 ID:M2Gge9g00
・・・

・・




ーーーしぃの家ーーー

(*゚ー゚)「……」

昨日辺りから、信念が揺らぎ始めている。
独りでいたい、今まではそう思っていた。
だが、今は。
独りでいるのがとてつもなく怖い。
時折聞こえる虫の音が非常に恐ろしい。
壊れたのは、人格ばかりではなかった。

(*゚ー゚)「どうしたいのかなあ、私」

昨日はフラフラと外出してみた。
そしてフラフラと帰ってきた。
収穫は無い。
何も変わらない。現状維持である。
変わったものがあるとすれば、それは空腹の度合いぐらいだろう。

(*゚ー゚)「……おなかすいたなあ」

その時、ノックの音が聞こえてきた。

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:22:38.62 ID:gqeBCPr00
なんかしぃにみんな食われそうだ

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:24:43.85 ID:lhMlF1G20
きゃぁ食べないで! 食べてもおいしくないんです><

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:26:34.21 ID:0mNl9je10
やっとおいついたさ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:35:03.24 ID:2fGXsP+oO
ブーンはツンに何されたのかな?Hなことかな?恥辱をあたえられたのかな?

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:37:36.72 ID:hi1Q2R/X0
追いついたwktk

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:38:12.35 ID:EjJ2yRPT0
このmixi日記はヤバスwwwwwwwwwww
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3322204
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=33126
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3472167
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3599517
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1651779


246 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 16:42:45.64 ID:M2Gge9g00
面倒だが、とりあえず立ち上がって玄関に向かう。

そして、小さく扉を開いた。

が、その扉は無理やり大きく開放された。

(*゚ー゚)「!」
<ヽ`∀´>「どうも、長岡金融ニダ」
( ゚∀゚)「返済が滞ってるし電話も繋がらないし、ということで直々に来てやりましたよ……って、ガキかよ」
(*゚ー゚)「あの……ど、どういうことですか?」
<ヽ`∀´>「さっさと150万、返せニダ!」
( ゚∀゚)「あんたの母親が借りてんだよ、うちから金をな!」
(*゚ー゚)「あ……その……」

剣幕に気圧されて、しぃはうつむく。

(*゚ー゚)「お母さんは、死んじゃって」

( ゚∀゚)「何ィ……?」
<ヽ`∀´>「長岡さん、ここ、変な臭いがするニダ」
( ゚∀゚)「ッ……じゃあお前でいい。さっさと返せ」
(*゚ー゚)「そ、そんなお金……ない、です」
<ヽ`∀´>「金が無い? こっちはずっと待ってやってたんだニダ! 耳をそろえて返しやがれニダ!」
( ゚∀゚)「まぁ落ち着けニダー……お嬢ちゃん、ちょっと上がらせてもらうよ」

(*゚ー゚)「あ、だめ……」
<ヽ`∀´>「黙れニダ!」

止めようとしたしぃを、ニダーが蹴り飛ばす。

247 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 16:45:25.40 ID:M2Gge9g00
( ゚∀゚)「うわ……こいつはひでえな」
様々なものが散らかった部屋を見たジョルジュが吐き捨てた。
<ヽ`∀´>「金目のものは……」

そういって、ニダーは片っ端から漁り始めた。
しぃはおろおろするばかり。

( ゚∀゚)「……ん、こっちにも部屋があるのか」

ジョルジュが目をつけたのはふすま。禁断のふすまである。

(*゚ー゚)「だめ、そこは!」

しぃの抵抗はニダーによって阻まれる。
ガラリとふすまの開く音。

( ゚∀゚)「うぉ……」

中の惨状をジョルジュは見てしまった。
慌てて鼻を押さえてふすまを閉める。

( ゚∀゚)「……なるほどなあ」

それでも気丈に、ジョルジュは言い放った。

( ゚∀゚)「どうやら、母親が死んだのはマジらしいな」
(*゚ー゚)「……」

しぃは応じない。
代わりに、涙が頬を伝った。

248 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 16:48:48.96 ID:M2Gge9g00
( ゚∀゚)「こりゃあ、マジで金はなさそうだ」
<ヽ`∀´>「じゃあどうするニダ!?」
( ゚∀゚)「んー……このまま損するだけで終わるのは癪だな」

しばらく部屋を見回していたジョルジュ。
やがて床に崩れているしぃに目を留めた。

( ゚∀゚)「ニダー」
<ヽ`∀´>「ニダ?」
( ゚∀゚)「ヤっちまうか」
(*゚ー゚)「え……」
<ヽ`∀´>「了解しましたニダ」

二人の表情が、みるみるうちに猟奇的なものへと変わっていった。

(*゚ー゚)「……!」

とっさに悲鳴を上げようとする。
しかしその口は、ニダ−によって塞がれた。

( ゚∀゚)「やせ気味なのが問題だが、結構いい体してるじゃねえか」
(*゚ー゚)「んー、んー!!」
( ゚∀゚)「黙ってろ便器!」

抵抗するしぃの頬をジョルジュが張る。

( ゚∀゚)「おとなしくしていれば、すぐ済むって」
<ヽ`∀´>「まったく、金のない女は便器の役目しか果たさないから困るニダ」

しぃの、無音の悲鳴がこだました。

249 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 16:52:42.24 ID:M2Gge9g00
・・・

・・



ーーーあの世ーーー

( ・∀・)「さて、あなた方を戦わせると、どうやら刺し違えてしまうようです。そうなると、私の仕事が増えて困ります」

( ^ω^)「……」
J( 'ー`)し「……」

( ・∀・)「というわけで今日は先ず、あなたから」

と、男はしぃの母親を指さした。

J( 'ー`)し「はい」
( ・∀・)「まったく、さっさと消えてくださいよ……」

男の愚痴を聞く者はいない。

・・・

・・



250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:52:53.89 ID:XwT98gwjO
( ゚д゚ )

251 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 16:53:14.37 ID:M2Gge9g00
ちょいと中断します。
再開は6時半ごろになるかもしれないです。
読んでくれている人、ありがとうございます。

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:54:02.48 ID:gqeBCPr00
中断把握

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:54:13.51 ID:NpRLwBI2O
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:54:20.38 ID:WvUjXLjd0
待ってるぜ

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:55:58.38 ID:fm1oa/wv0
あああぁぁぁwktkが止まらないwww

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 16:57:32.47 ID:2fGXsP+oO
いいなぁ〜俺も金融屋さんやろうかな。便器がほしいよ

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:01:36.05 ID:XwT98gwjO
>>256
いい事言った

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:01:49.76 ID:FbDavAWH0
今追いついた
作者乙!

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:06:53.67 ID:aiYL71h1O
やっと追いついたwwwどうやったらこんなレベル高い小説書けるのかな?

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:21:30.21 ID:AlXg/Llc0
追いついたwすげーよまじで

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:35:13.28 ID:GvHE67LKO
wktkがとまらないほしゅ

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:40:33.86 ID:2i6N4uc9O
>>1のせいで他のスレが賑わないじゃないかw

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:43:47.96 ID:+OuAyhhX0
wktkしながら保守

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:54:44.37 ID:BeRUO/GuO


265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 17:56:08.04 ID:FaZFAvMz0
うほしゅ

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:04:52.13 ID:gquKkCnGO
保守

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:06:22.11 ID:imw9P3FLO


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:08:56.16 ID:a9gHZNum0
ボッシュ

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:14:06.46 ID:a4FV5JhfO
ハッシュ

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:14:57.11 ID:rZwxNf570
話自体はなかなか面白い。
俺にとって充分評価できる。

だけど
>>212-216の様な馴れ合いはお勧めできないね。

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:21:32.79 ID:a9gHZNum0
      ,, -─-∧              ∧-─-、
    /    ─ \  あれれ〜?  / ─    \
   /   (●)   ヽ        /   (●)   ゙i
   |   , -''(、_,.)   | >    < |   (、_,.)''ー 、   |
   ヽ ( (´\ ( (●)/       | (●) ) /`) ) /
   /\ヽ`ニ´ ノ  /         \   ヽ `ニノ /\
  /    `ー- 、一''           `''ーr -一'´   ゙i
  |  |     、 |                | 、     |  |

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:25:12.10 ID:fm1oa/wv0
マダー??

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:30:33.65 ID:j4K9yH8Q0
>>271
バーローwwwww

274 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 18:36:09.60 ID:M2Gge9g00
ーーーしいの家ーーー

( ゚∀゚)「はぁ」
<ヽ`∀´>「ホルホル」

服を整えて、ジョルジュとニダーは立ち上がる。
横たわるしぃ。
捨てられたぼろ雑巾のように、何もかもが汚れてしまっていた。

( ゚∀゚)「さて、これで借金はチャラだぜ、お嬢ちゃん」

そういって、ポケットから借用書らしきものをとりだす。
そしてそれを、ビリビリに破いて、しぃの身体の上に撒き散らした。

( ゚∀゚)「さて、帰るか」
<ヽ`∀´>「わかりましたニダ」

仕事を終えてすっきりとした表情で、ジョルジュとニダーは玄関へと歩き去っていった。

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:37:12.85 ID:AlXg/Llc0
ktkrwwwwwwwww

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:37:17.67 ID:dgBiqwFoO
ktkr

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:37:18.34 ID:fm1oa/wv0
キタワァ

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:37:33.77 ID:dd83uHxk0
デタ━━━゚(∀)゚━━━!!しかもレイプかよ!!!!11

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:37:34.61 ID:rZwxNf570
ktkr

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:38:09.91 ID:PlbupPRr0
ひでぇ

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:38:31.87 ID:A4mHUr9LO
ハカぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:39:14.47 ID:m9n4Yd7E0
見てらんねぇorzでも見る!!!

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:39:22.02 ID:tPHL5T+q0
ふーん、玄米ビスケットがあるのにね

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:40:37.80 ID:dCpFl0zb0
えぇぇぇぇぇぇぇぇ。何この展開・・・。

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:41:32.85 ID:n2smNO44O
現実ならレイプされたからってチャラはないよな

286 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 18:43:19.66 ID:M2Gge9g00
ドアの閉まる音が聞こえた。
しぃは呆けたまま天井を見つめる。
自分は何をされたのだろう。
今さっきのことなのに、記憶としてほとんど残っていない。
だが、そのほうが良かった。

(*゚ー゚)「……」

ふと、思いついた。

(*゚ー゚)「死のう……」

わずかでも記憶を残しておきたくない。死んだ方がマシだ。
便器としての価値しかないなら、死んだ方がマシだ。
汚れたまま生きていたくない。死んだ方がマシだ。
母親も自分を誘っていた。死んだ方がマシだ。

つつ、と再び涙が流れる。

(*゚ー゚)「死のう、死のう……」

だが、そこで。
また、ふすまが開いた。

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:44:27.85 ID:rZwxNf570
俺はレイプが大嫌いだ。
相手の女が嫌がっている顔を見ながら犯しても気持ちよくはなれないと思うね。
御互い合意の上でセクロスした方が気持ち良いと思うね。






と、童貞が言っております。

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 18:44:35.85 ID:FK9No0KxO
>>285
<ヽ`∀´>「これからも便器か…それとも水商売して借金返すか選ぶニダ」


289 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 18:49:02.91 ID:M2Gge9g00
J( 'ー`)し「……!!」

当然のように立っていたのは、しぃの母親。
さすがの彼女も、その光景を見て絶句していた。
何が起こったのか。一目瞭然だったのだろう。
彼女にも、同じような経験があるだけに。

(*゚ー゚)「……なんで……」

しぃが両手で顔を覆う。

(*゚ー゚)「なんでこんなときに出てくるの? 一番見られたくないときに。一番知られたくないときに!」

ヤケクソだった。八つ当たりしても仕方が無いのはわかっている。

(*゚ー゚)「どうしてもっと早く出てきてくれなかったの!? いっそのこと出てきてほしくなかったよ!」

ヒステリックに怒鳴る。
母親は無言でしぃを見つめていた。

290 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 18:54:38.86 ID:M2Gge9g00
(*゚ー゚)「……ねぇ、お母さん」

突如、しぃが声のトーンを落とした。

(*゚ー゚)「お母さん、遺書に書いてたよね。それに、この前も言ってたよね」
J( 'ー`)し「……」

(*゚ー゚)「死んだ方がいいって。後を追ってくださいって」

こくり、と母親は首を縦に振った。

(*゚ー゚)「私、死ぬよぉ。もう無理。色々無理だよ」
J( 'ー`)し「……そう」

母親の反応はあまりにも薄い。
まるでどうでもいいことのように。

(*゚ー゚)「ねえ、お母さん。あの世ってどんなところ?」
J( 'ー`)し「綺麗なところ」
(*゚ー゚)「そこに、私もいけるんだよね」

( ・∀・)「無理じゃないでしょうかねえ」

今回は、男の登場が早かった。

291 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:00:24.78 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「あらあら、こんなに汚れちゃって……ぐちゃぐちゃじゃないですか」
(*゚ー゚)「あなた、あの世を知ってるんでしょ」
( ・∀・)「……」
(*゚ー゚)「私も行けるよね? 今死んだらお母さんと一緒に行けるよね?」
( ・∀・)「うーん、仕事を増やしてもらいたくないですねえ」

( ・∀・)「第一、それ相応の恨みを持っていないと、あの世には行けませんよ。死んでも天国に直行です」
(*゚ー゚)「じゃあうらむよ。さっきの奴ら。全力で恨んでやる」
( ・∀・)「元気な人ですねえ……」

( ・∀・)「ま、好きにしてください。この世の人間に何かを強制する権利は持ってませんので」

( ・∀・)「では、一足先にお母さんの方を」

J( 'ー`)し「……しぃちゃん」
(*゚ー゚)「おかあさん?」

J( 'ー`)し「……」

彼女は言葉を失い、直後、男の刃の餌食となった。

何を言おうとしたのか。
しぃが知ることはできない。

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:01:37.98 ID:FbDavAWH0
しえん

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:08:40.09 ID:8SsfI7v+0
おせぇ

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:08:55.74 ID:FYjQX+HE0
このmixi日記はヤバスwwwwwwwwwww
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2969909
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=271759
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2703704
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=585174
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4089279


295 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:09:20.01 ID:M2Gge9g00
無音が戻ってきた。

しんとした空間。
天井を見つめていると、時間が止まったようでもある。

(*゚ー゚)「……」

決意は固まっている。だが起き上がるのが面倒だ。

(*゚ー゚)「うん、死のう」

椅子とロープ。
それが必要だ。

ゆっくりと起き上がり、身体の上の紙くずを掃う。

(*゚ー゚)「ロープとか、あったっけ……あぁ。マフラーでも大丈夫、かな」

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:13:01.73 ID:rZwxNf570
マフラーがマララーに見えた

297 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:13:02.61 ID:M2Gge9g00
その気になれば、準備など数分でできる。

天井から垂れ下がるマフラー。
あとはそこに、首を引っ掛けるだけだ。

(*゚ー゚)「……よし」

晴れ晴れとした顔でしぃは独り、頷いた。

(*゚ー゚)「……遺書はいらないか。どうせ誰も読まないし」

なぜか気分がいい。

椅子の上に立つ。
目の前の輪で首をくくる。
それで終わりだ。

(*゚ー゚)「……あー、そういえば、ギコ君」

思い出したのは、昨日出会った、ギコの赤い顔。

(*゚ー゚)「好きになってくれたのはいいんだけど……うん、ごめん」

その時、ノックの音が再び。

(*゚ー゚)(うるさいなあ……ほっとけばいいか)

(*゚ー゚)「……」

(*゚ー゚)「さよなら」

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:13:51.15 ID:8SsfI7v+0
しぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいぃっぃぃぃいx

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:20:34.66 ID:Ba+ALizv0
うわぁぁぁぁ

300 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:20:44.02 ID:M2Gge9g00
ーーー201号室 入り口ーーー

川 ゚ -゚)「いないのかな」

数度のノックに反応は無い。

( ,,゚Д゚)「出かけてるのかもしれない。昨日も出かける途中だったし」
川 ゚ -゚)「ふむ……む。でも開いてるぞ」

そういってクーは、扉を少し開いてみせる。

(´・ω・`)「中にはいるのかな」
('A`)「なんか、ヤバい想像しかできないんだが」
川 ゚ -゚)「……開けるぞー!」

クーがそう言い放ち、遠慮もせずに扉を開け放った。
廊下の向こう。
ぶら下がる人が一人。

川 ゚ -゚)「……!」

( ,,゚Д゚)「しぃ!」
(´・ω・`)「ドクオ、救急車!」
('A`)「お? お、おう」

しょぼんとクーとギコが走ってしぃの元へ向かう。

ドクオは携帯のボタンを、せわしなく押していた。

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:22:19.18 ID:8SsfI7v+0
吊ってる時しぃは裸?

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:22:50.31 ID:EEloJVgH0
あfsdfpしいいいいいいぃ!!1

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:24:17.31 ID:FbDavAWH0
>>301
服が乱れている程度だとおもわれ

304 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:28:14.82 ID:M2Gge9g00
(*゚ー゚)(……)

ふわり、と身体が浮いているような気がする。
まるで無重力を体験しているようだ。
だがそのうち、海中深くを泳いでいるような感覚に襲われた。

(*゚ー゚)(あー、死ねるんだ……)

誰かの声が聞こえている。
だがそんなことは気にもならない。
意識は混濁し、やがて消えた。

・・・

・・



305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:28:40.53 ID:8SsfI7v+0
死んじゃった

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:28:58.70 ID:FbDavAWH0
あーあ

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:30:06.68 ID:iIYJMUsd0
これは面白い

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:30:30.78 ID:Tks0tEhqO
>>305-306ワロタwwwwww

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:31:28.93 ID:n2smNO44O
自殺直前でドクオ達が来ると思ってた奴 ノシ

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:32:58.30 ID:fm1oa/wv0
死んだのか?まだ助かるとオモ

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:33:37.57 ID:dCpFl0zb0
>>309
つーかレイプ前に来ると思ってた

312 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:34:27.93 ID:M2Gge9g00
ーーーあの世ーーー

しぃの母親と、男がこちらに戻ってきて数十分。
彼らは、しぃを待っていた。

( ・∀・)「来ませんねえ」
J( 'ー`)し「……」
( ・∀・)「推測してみたところ、彼女はレイプされたようです。加えて自殺となると、ここに来る可能性が極めて高いと睨んだのですが……」
J( 'ー`)し「……」
( ・∀・)「あれですかね。失敗したんでしょうか」
J( 'ー`)し「失敗……?」
( ・∀・)「首吊りで死ぬのって、結構難しいんですよ」
J( 'ー`)し「……」
( ・∀・)「まぁ、あなたがどちらを望んでいるのかは知りませんがね」
J( 'ー`)し「……生きるのは辛いでしょう」
( ・∀・)「ほう」
J( 'ー`)し「天国があると知っていると、生きたくなくなるのですよ」
( ・∀・)「そんなもんですか。しかしあなたも狡猾です」
J( 'ー`)し「?」
( ・∀・)「ここにくるということは、天国には行けないわけですから」
J( 'ー`)し「……親バカですから」
( ・∀・)「開き直りですか」
J( 'ー`)し「ですね」

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:37:54.89 ID:7uzXgi4U0
おおー

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:43:39.54 ID:FbDavAWH0
さる

315 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:46:37.82 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「ところで、少年」
( ^ω^)「お?」
( ・∀・)「あなたはまだ自分の恨みについて話していないそうですね」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「そこまで隠されると、逆に好奇心が湧いてきます」
( ^ω^)「気にしなくていいお」
( ・∀・)「貴方ほどの年でそれほど恨むことがあるとすれば、それは人間関係しかありえませんね。それもいじめとか、恋愛とか」
( ^ω^)「……」

( ・∀・)「調べさせてもらいますよ」

・・・

・・



316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:50:00.56 ID:GvHE67LKO
支援

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:50:47.55 ID:aj72/HtB0
久々に良いブーン小説を見せてもらった。

というわけで
我が軍の支援に仰天せよ!

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:51:52.93 ID:t7Bm1Mq4O
あまりにも遅い
萎えちゃう

319 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:52:29.69 ID:M2Gge9g00
ーーーツンの家ーーー

ξ゚听)ξ「……はあ」

恋煩いにでもなっているかのような、ツンのため息。
彼女は今、クーから返してもらった手帳を見つめている。
しばらく見つめて。
やがて恥ずかしくなり、それを放り投げた。

ξ゚听)ξ「……委員長とか、勘付いてるのかな」

外見を繕うことは難しいものだ。
女性となればなおさらである。
そして、繕うには金が必要となる。

ξ゚听)ξ「……」

呆けて天井を見上げていると、携帯が鳴った。

ξ゚听)ξ「……また、か」

最早ため息しか出ない。

320 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 19:54:30.02 ID:M2Gge9g00
ーーー某病院 病室ーーー

(*゚ー゚)「……?」

目覚めた場所は、白に囲まれた空間だった。

川 ゚ -゚)「起きたのか」
(*゚ー゚)「!」
川 ゚ -゚)「……」

(*゚ー゚)「あれぇ、私……」
川 ゚ -゚)「発見がもうあと十分、遅れていたら死んでいたかもしれない」
(´・ω・`)「首吊りって、死ぬまでに十数分から三十分ぐらいかかるんだってね」
('A`)「今言うべきことじゃねーだろ」
( ,,゚Д゚)「……」

(*゚ー゚)「なんだぁ、私死んだんじゃなかったんだ……」
川 ゚ -゚)「何があったんだ?」
(*゚ー゚)「……なんで来たの? 私の家に」
('A`)「心配だったからだよ。なあ、ギコ」
( ,,゚Д゚)「え、俺? まあ、うん」

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:57:46.78 ID:fm1oa/wv0
全投下まで待つ

一気に読む

ウマー

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:58:32.88 ID:aj72/HtB0
支援はここにあり!みなのもの続けぇっ!

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 19:59:15.99 ID:SJ6PINIx0
支援

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:00:02.18 ID:r9FxOAL70
シエーン

325 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:00:32.52 ID:M2Gge9g00
(*゚ー゚)「来なければ良かったのに」
川 ゚ -゚)「しぃさん。なんで死のうと思ったんだ?」
(*゚ー゚)「色々あったんだよ」
川 ゚ -゚)「色々だとわからない」
(*゚ー゚)「ほっといてよ」
川 ゚ -゚)「ほっとけるか!」
(´・ω・`)「クー、病室だから……」

怒鳴ったクーをしょぼんがなだめる。
そして改めて、しぃを見た。

(´・ω・`)「話は全部聞いたよ」
(*゚ー゚)「……」
(´・ω・`)「警察に相談しようよ。そうすれば、全てが良い方向にいくからさ」
(*゚ー゚)「良い方向なんて、ないよ。あるとすれば、単純に死ぬことだけ」
('A`)「なんでそんな考え方になるんだ……」
(*゚ー゚)「だって知ってるもん。私は死後の世界を知ってるもん」
(´・ω・`)「死後の世界を……?」
川 ゚ -゚)「君も、ブーンに会ったのか?」
(*゚ー゚)「ブーン?」
(´・ω・`)「ちょっと、詳しく話してみて」

しぃは少しためらったが、小さく口を開き、話し始めた。
母親が生き返ったことを・・・

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:01:15.84 ID:wcK3EbHz0
>>321
いつのまにか落ちてる

ラストが見れない

マズー


俺の経験談だぜ

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:01:32.51 ID:FYjQX+HE0
このmixi日記はヤバスwwwwwwwwwww
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1207641
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3852432
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2284759
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=757354
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1671813


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:02:14.75 ID:epPP/8Mi0
クックックまずは支援成功

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:03:33.53 ID:fm1oa/wv0
>>326
それは危険だ
やめとこ

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:08:10.80 ID:r9FxOAL70
ひーーかるかーーーぜおいこーーーしーーたらーーーきーーーっとーーーきーーーみにあーーーえるーーーよーーー

331 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:08:27.28 ID:M2Gge9g00
('A`)「……つまりあれか。ブーンとしぃの母ちゃんは今、同じような境遇に陥ってると」
(´・ω・`)「みたいだね」
(*゚ー゚)「……だからあの世は良い世界なんだよ。少なくとも、この世よりはずっと」
川 ゚ -゚)「そんなことがあるものか。それに、そこに行ってしまったら死ぬことを延々と繰り返さないといけないんだぞ」
(*゚ー゚)「少なくとも、レイプされる心配は無いね!」
川 ゚ -゚)「!」
( ,,゚Д゚)「……ッ!」

ギコが傍にあったくずかごを蹴っ飛ばした。

(*゚ー゚)「だからもういいんだよ。死後のことが怖くないのになんで生きてないといけないの」
(´・ω・`)「……」

(´・ω・`)「さっき、言ったよね。ブーンのこと」
(*゚ー゚)「うん」
(´・ω・`)「彼もそんなことを言ってたよ。死ぬことは、いいことだ、みたいな」
(*゚ー゚)「正しいじゃん」
(´・ω・`)「でもそれは同時に、一生自らの恨みに縛られるということでもあるんだよ」

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:09:32.84 ID:6n1Fqeeo0 ?2BP(111)
>>326
そんなときのためのhttp://www.geocities.jp/mirrorhenkan/
…といいたいとこだけど100パーセント見れると言い切れないのが難点なんだよなあ

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:11:37.57 ID:8SsfI7v+0
死ぬ→正しい
なんかドッベルゲンガー思い出した('A`)

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:11:55.47 ID:/ap0dj+U0
>>321
全投下まで待つ

更新

過去ログを読むにはログインしてください( ゚д゚ )

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:13:33.16 ID:Tks0tEhqO
ドッペルゲンガー懐かしい。大好きだった
鬱になったけど('A`)

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:13:38.87 ID:anzHXS9hO
追い付いてしまった……

337 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:16:45.55 ID:M2Gge9g00
(´・ω・`)「そのおかげで、かどうかは知らないけど、ブーンは壊れてしまっていた」
('A`)「少なくとも、俺たちの知るブーンじゃなかったな」
(´・ω・`)「君のお母さんはどうだった?」
(*゚ー゚)「何が」
(´・ω・`)「おかしくなかったかい?」

そんなことはない。
と言おうとしたが、言えなかった。
確かにいつもの母親ではなかった。妙に言葉遣いで丁寧で、上辺だけのような冷静さを見せていた。

(´・ω・`)「そんな状態に、君はなりたくないだろう?」
(*゚ー゚)「……はは、そんなことないよ」

(*゚ー゚)「だってもう、私壊れてるもん」

( ,,゚Д゚)「んなことねえよ」

ギコが泣きそうな声を出す。

(*゚ー゚)「ギコ君」
( ,,゚Д゚)「そんなに自分を虐げてどうすんだよ。俺がバカみたいじゃねえか」
(*゚ー゚)「……なんでギコ君がバカみたいなの?」
( ,,゚Д゚)「だってよ、好きになったやつが死にたいとか言ってるなんてよ、俺に人を見る目が無いみたいじゃねえか」
('A`)「さりげなく爆弾落としてるな」
(´・ω・`)「不器用なんだね」
川 ゚ -゚)「素直なのはいいことだ」

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:17:45.08 ID:UkCLwna7O
明日テストなのにどうしてくれるんだ

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:19:10.21 ID:n2smNO44O
>>338
俺もだけど俺頭良いから問題ナッシング

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:19:26.09 ID:r9FxOAL70
>>338
ノート左、マウス右で頑張ればイインダヨー?

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:19:40.75 ID:e62JnJqY0
イイヨイイヨー

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:20:24.49 ID:8SsfI7v+0
>>338
携帯折れ

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:21:01.82 ID:QRX4RLJwO
>>388
俺も明日テストだが就職内定してるんで問題ない

344 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:22:07.34 ID:M2Gge9g00
(*゚ー゚)「んー、じゃあそういうことなんじゃない?」
( ,,゚Д゚)「そこで肯定すんなよ」
(*゚ー゚)「ごめんね、ギコくん。私なんかに執着するより、もっと他の人を探すべきだと思うよ」
( ,,゚Д゚)「……」

(*゚ー゚)「ところで、私はいつになったらここを出られるかな」
川 ゚ -゚)「……医師によると、今日中に退院できるらしいが」
(*゚ー゚)「よかった」
川 ゚ -゚)「だが、家には帰さん」
(*゚ー゚)「なんで?」
川 ゚ -゚)「どうせまた死のうとするだろう」
(*゚ー゚)「当たり前でしょ。お母さんが待ってる」
川 ゚ -゚)「させない。意地でもさせない」
(*゚ー゚)「どうしてさ……」
川 ゚ -゚)「人が死ぬのを見過ごしていられない。ましてや、君は同級生なのだから」
(*゚ー゚)「根っからの委員長気質なんだね……」

(*゚ー゚)「わかったよ。どこにでも連れてって」
川 ゚ -゚)「よし」

クーが満足げに頷いた。

(*゚ー゚)(全部終わったら、自由だもん……)

・・・

・・



345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:23:48.74 ID:7NVQ2gHL0
欝展開だが続きwktk

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:26:44.49 ID:r9FxOAL70
やばい・・・・テンションが落ちてゆく・・・・・

347 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:28:13.92 ID:M2Gge9g00
ーーー路上ーーー

すでに外は夜を迎えていた。
彼らはその後、しぃと共に警察に行った。
「あとはこちらに任せてほしい」との言葉に、クーたちは素直に従うことにしたのだ。

とりあえず、最悪の方向に進行することは回避できた、はずである。




(´・ω・`)「……ブーンは、恨みを晴らさない限り死に続けるんだよね」

夜道。
時間の感覚が狂ったらしいセミが未だに叫んでいる。

川 ゚ -゚)「だな」
('A`)「でも、恨みを晴らしたら消えるんだろう?」
( ,,゚Д゚)「消えちまったら、どうなるんだ?」
(´・ω・`)「それこそ、僕らがちょっと前まで考えてた『死んだらどうなるんだろう』みたいな疑問になっちゃうんじゃない?」
川 ゚ -゚)「どちらがいいのか、わからないな」

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:28:30.44 ID:DS3lfAFS0
背筋が寒くてwktkで胸が熱いぜ

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:28:53.69 ID:fm1oa/wv0
もともとそんな感じじゃね?

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:33:46.04 ID:n2smNO44O
これ普通に死んだら天国に行ける設定だっけ?

351 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:34:16.80 ID:M2Gge9g00
('A`)「それに恨みを晴らすには、あいつの場合……」
(´・ω・`)「ツンを殺す」
( ,,゚Д゚)「マジかよ……」
川 ゚ -゚)「疑問も多いよ」
('A`)「例えば?」
川 ゚ -゚)「なぜ、ブーンが死んでからもう一度こちらに生き返ってくるまでに、最初だけ一ヶ月もかかったのか」
(´・ω・`)「確かに」
川 ゚ -゚)「ツンに覚えの無い恨み程度で、なぜブーンは通常とは違う、魂をすり潰されるほどの酷刑に処されないといけないのか」
( ,,゚Д゚)「わっけわからん」
('A`)「ああもう俺いいよ。考えるだけムダな気がする」
(´・ω・`)「ま、とりあえず明日は休みだし、脳を休めるにはいい機会なんじゃない」
川 ゚ -゚)「……探偵団でも開業しているかのような会話だ」
('A`)「俺、麻酔針が欲しい」

そんな会話の中で、一人、また一人と別れていく。

そして最終的には、皆それぞれの帰路についたのだった。

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:35:18.99 ID:Fv4Ma6jm0
wwwwwwkkkkkkttttttkkkkkk

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:36:02.13 ID:fm1oa/wv0
バーローw

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:36:48.13 ID:6eQ5EQAW0
>>350
( ・∀・)「第一、それ相応の恨みを持っていないと、あの世には行けませんよ。死んでも天国に直行です」

らしい

355 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:38:10.18 ID:M2Gge9g00
ーーー路上ーーー

('A`)「あーとーきーのうーずーのーなーかー」

ドクオが家に帰るには繁華街を通り抜けないといけない。
夜の繁華街はチョイ悪少年たちのたまり場である。
ボーッとしているとたちまち、カツアゲに遭遇する。

('A`)「おーぼーれるーものーたーちー」

そもそも人ごみが好みではないドクオである。
自分の恐怖心を、歌を口ずさむことでごまかしていた。

('A`)「すーがーりついたー……ん?」

そこで、ドクオは足を止めた。

見てはいけないものを、見たような気がした。

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:39:15.46 ID:O4KlwPn80
>>332
にくちゃんも1000到達スレしか保存されてないっぽいしな

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:39:17.32 ID:JwCxTeyuO
wktk

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:40:59.96 ID:8SsfI7v+0
wktk

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:41:26.16 ID:FbDavAWH0
カツアゲktkrwwww

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:41:30.56 ID:m9n4Yd7E0
wktk

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:41:30.67 ID:7NVQ2gHL0
tkwk

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:41:53.78 ID:8SsfI7v+0
( ゜∀゜)「ミーですカー?」

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:42:25.03 ID:FYjQX+HE0
このmixi日記はヤバスwwwwwwwwwww
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4342391
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5660919
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4004577
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1310989
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5425064


364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:42:29.15 ID:EKiZGb6jO
超wktk

365 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:43:05.81 ID:M2Gge9g00
人ごみの向こう。
知り合いは、妙に目に付くものだ。

('A`)「あれ、ツンじゃねーの?」

口に出していってみる。
ツインテールや体格から考えても、どう見てもツンである。

('A`)「あいつも、夜遊びとかするんだな」

ちょっとした虚脱感を覚える。
もう少し堅物だというイメージがあったからだ。

('A`)「……」

今、ツンは繁華街を早足で歩いている。
とおりすがる人を上手くよけている辺り、この時間帯の繁華街に慣れているのだろうと思わせる。

('A`)(そういえば、ブーンが……)

('A`)(ついていってみるか……)

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:43:35.58 ID:DS3lfAFS0
wktkwktkwktkwktk

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:44:13.78 ID:gpCnj1l00
wktk

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:44:14.99 ID:FbDavAWH0
どうなるんだwwww


369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:44:34.88 ID:JwCxTeyuO
超超wktk

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:44:42.17 ID:6n1Fqeeo0 ?2BP(111)
>>356
29chさんに1000到達しさえすれば保存されるというデマは
どっから流れてるのかなあ

一番確率が高いのは、最後にレスした人が手動保管してくれることなんだけど
今の知名度じゃそれを素直に期待するのは難しい気がします

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:44:59.55 ID:vl7YJGaV0
まったく先がよめねえわ・・・

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:47:44.44 ID:fm1oa/wv0
ツンはなにしたんだww

373 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:48:18.64 ID:M2Gge9g00
ドクオの、よくいえば尾行
悪くいえばストーキングが始まった。

ツンは繁華街の中心部へと進んでいく。

('A`)「……カラオケとか、そんなのか」

とりあえず、頭に浮かぶのはポジティブな考えだ。

('A`)「明日は休みだからな。オールナイトって奴かな」

さらに歩き進んでいく。
そして、やがて少し開けた場所に出た。
そこは広場である。カップルなどが、よく待ち合わせ場所として使う場所だ。

('A`)(……あれ。立ち止まるの)

角で立ち止まったツンにあわせて、ドクオも歩くのをやめる。

('A`)(ここで友達と待ち合わせしてるのか……それとも)

('A`)(か、か、彼氏なのか……?)

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:49:18.88 ID:DS3lfAFS0
ストーカーは一体何を見るんだあああああwktk

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:49:24.64 ID:8SsfI7v+0
>>372
あの娘はどこかの誰かと援助交際

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:50:27.59 ID:7NVQ2gHL0
wktkwktk

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:50:37.65 ID:F4f3O40L0
>>375ネタバレらめええええええぇ

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:50:54.24 ID:iIYJMUsd0
うWAAAAA…

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:51:22.40 ID:FYjQX+HE0
このmixi日記はヤバスwwwwwwwwwww
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5370910
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2029663
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=483413
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5779937
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2323043


380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:51:58.27 ID:8SsfI7v+0
>>377
ネタばれのつもりで書き込んだんじゃないよ

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:52:20.22 ID:Fv4Ma6jm0
>>375
銀杏乙

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:52:22.24 ID:6eQ5EQAW0
予想も止めような

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:53:15.51 ID:8SsfI7v+0
>>381
それを待っていたw

384 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:53:53.90 ID:M2Gge9g00
だが、実際はドクオの予想の、斜め下を行くものだった。

('A`)「……ん?」

中年男が歩いてきた。
その男は首を回して、広場全体を眺望している。

('A`)(まさかねえ)

男はやがて目標を見つけたのか、歩き始めた。

('A`)「お、おい。そっち……」

思わず声が出る。
隣を歩いていた女が生ゴミを見るような目でドクオを睨んだ。

やがて中年男は立ち止まる。
ツンの前に。
そしてツンと二言三言何か会話した後、二人揃って歩き始めたのだ。

('A`)(……)

いやでも、援助交際の4文字が頭に点灯する。

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:54:37.98 ID:fm1oa/wv0
>>375
ネタバレだったなww

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:54:56.63 ID:DS3lfAFS0
>>375

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:55:56.34 ID:r9FxOAL70
>>375
>>1にあやまれいぃ!!!!!

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:56:11.50 ID:gpCnj1l00
>>375
この未来人が!!

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:56:28.96 ID:j4K9yH8Q0
>>375
銀杏ひっとー

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:56:53.99 ID:FK9No0KxO
先読み厨とかね…


マナー守ろう

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:58:03.67 ID:iIYJMUsd0
やばい…胃が痛くなってきた…

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:58:32.50 ID:8SsfI7v+0
まじかwwww
正直すまんかった

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:58:49.40 ID:3VCkqafi0
予想されるのもウゼェけどそれでファビョる狂信者もウゼェよ

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:59:04.16 ID:j70GZwQg0
今追いついた

wktk

395 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 20:59:05.64 ID:M2Gge9g00
('A`)「いやいやいや、待て待て待て。落ち着け俺、落ち着け俺」

ストーキングを再開しながら、ドクオは最もネガティブな考えを振り払う。

('A`)(あの人はもしかしたらツンの小学校時代の恩師かもしれねえ)

('A`)(生き別れになった実の父親との再会なのかもしれねえ)

('A`)(実はツンは渋い男が好きで、これは純愛なのかもしれねえ)

二人は手を繋いでいる。
恐ろしいことだ。

('A`)「……」

そして、やがて彼らは一つの建造物の中に消えていった。

('A`)「……」

派手なイルミネーションがドクオを潰すように輝いている。

('A`)「ラブホテルって……直行かよ」

ドクオはその場に崩れ落ちた。

・・・

・・



396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:59:10.54 ID:Fv4Ma6jm0
私怨は無いが支援させてもらう

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 20:59:50.51 ID:6eQ5EQAW0
>>393
そこで出てくる単発もうざいよ

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:00:43.35 ID:3VCkqafi0
何度も発言してりゃ偉いのかっつの。静かに見させろ

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:00:48.27 ID:r9FxOAL70
〔;A;〕ブワッ

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:01:37.34 ID:FK9No0KxO
まぁ作者が書き辛くなることは止めようぜってことだな

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:02:23.53 ID:Pz6ruEhn0
今北産業。まぁ>>398は正論だと思う

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:02:26.54 ID:fm1oa/wv0
荒れるからスルーな

絶   対   だ   ぞ

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:02:41.86 ID:SJ6PINIx0
支援

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:03:03.74 ID:6eQ5EQAW0
あれ、さるさんって終わったんじゃねーの?

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:03:30.94 ID:6yRqVhZFO
>>29おっぱいktkrwwwwwwww

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:03:37.87 ID:rZwxNf570
>>397
死ね

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:04:10.92 ID:7NVQ2gHL0
ラブホktkr

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:04:20.07 ID:6yRqVhZFO
あ、スマソ…

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:04:40.60 ID:aylvxw9U0
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       なかよく
         ( ヽノ
         ノ>ノ
         レレ  


       /⌒\
   ⊂二(^ω^ )二二二⊃
       ヽ   ヽ    しようお!
        ヽノ ) 
         ヽ<ヽ 
         ヽlヽ| ≡



410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:04:57.58 ID:iIYJMUsd0
セックルシーンマダー?

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:05:13.46 ID:NEQD2mTmO
この作者ならもうひとひねりあるんじゃまいか?ただの援交ではないとおもう。
まぁwktkしながら待てってことか

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:05:19.97 ID:SJ6PINIx0
>>405
>>408

おまえwwwwwww

413 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 21:06:20.40 ID:M2Gge9g00
ーーーあの世ーーー

( ・∀・)「わかりましたよ。貴方の私怨」
( ^ω^)「……夜中にうるさいお」
( ・∀・)「ふふ」

目をこするブーン。
顔を輝かせている男。

( ・∀・)「ずばり、色恋沙汰ですね」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「あなたには好きな人がいた。でも、そんな彼女は実は別の男性と付き合っていた」

( ・∀・)「真実を知った貴方は彼女に真意を問いただそうとしていたそんな矢先、事故で死んだ。そうでしょう?」
( ^ω^)「……お」
( ・∀・)「はは、なるほどねえ」

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:06:55.48 ID:FbDavAWH0
ID:6yRqVhZFOは、和ませてくれたんだよ!!!!1111

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:07:03.18 ID:DS3lfAFS0
なんでだろう、( ・∀・)が好きだ

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:08:05.44 ID:m9n4Yd7E0
ブーン・・・。゜゜(´□`。)°゜。

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:08:07.76 ID:Fv4Ma6jm0
男は黙ってwktk

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:09:51.23 ID:8SsfI7v+0
wktk

419 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 21:10:26.46 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「見当違いですよ」
( ^ω^)「!」
( ・∀・)「彼女とその男性は、援助交際をしていたわけでも本当に付き合っていたわけでもありません」
( ^ω^)「どういう、ことだお?」
( ・∀・)「さあ」
( ^ω^)「教えてくれお!」
( ・∀・)「それを知ると貴方は」

( ・∀・)「死にたくなくなるでしょうね。それに恨むべき対象が消えるのだから、消失してしまうかもしれない」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「ほら、そう考えると知りたくなくなるでしょう?」
( ^ω^)「お……」
( ・∀・)「自分で考えてごらんなさい……ですが、一つヒントを」
( ^ω^)「?」
( ・∀・)「女が一番重要としているものは、上辺です」
( ^ω^)「……」

・・・

・・



420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:11:07.54 ID:6yRqVhZFO
wktk

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:11:09.20 ID:DS3lfAFS0
これはwktkせざるをえない

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:11:36.38 ID:8SsfI7v+0
・・・

・・



これがまたいいwww

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:11:40.11 ID:iIYJMUsd0
wkwkwkwkwkkwkwkwkwkwk

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:13:05.56 ID:NEQD2mTmO
ほらキタ!!!!コレキタ!!!!

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:14:26.56 ID:FbDavAWH0
>女が一番重要としているものは、上辺です

全然わからねえwwwwwww

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:15:44.28 ID:m9n4Yd7E0
俺がバカなのか?わっかんねぇ・・・。でもwktk

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:16:56.23 ID:6yRqVhZFO
( ・∀・)「見当違いですよ」
( ^ω^)「!」
( ・∀・)「彼女とその男性は、援助交際をしていたわけでも本当に付き合っていたわけでもありません」
( ^ω^)「どういう、ことだお?」
( ・∀・)「さあ」
( ^ω^)「教えてくれお!」
( ・∀・)「それを知ると貴方は」

( ・∀・)「死にたくなくなるでしょうね。それに恨むべき対象が消えるのだから、消失してしまうかもしれない」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「ほら、そう考えると知りたくなくなるでしょう?」
( ^ω^)「お……」
( ・∀・)「自分で考えてごらんなさい……ですが、一つヒントを」
( ^ω^)「?」
( ・∀・)「女が一番重要としているものは、おっぱいです」
( ^ω^)「……」

・・・

・・



428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:17:28.00 ID:5dr4bjAN0
>>427はスルー

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:17:33.16 ID:fm1oa/wv0
>>427
20点

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:17:35.44 ID:RLTi6rQTO
どきどきしてきた

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:17:44.68 ID:6eQ5EQAW0
>>427
( ^ω^)・・・

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:17:49.64 ID:r9FxOAL70
トンファースルー!!!!!ドゴォォ

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:18:05.61 ID:FaZFAvMz0
wktk

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/10/15(日) 21:18:16.17 ID:Iv5q6pKN0
携帯パケット定額じゃないから明日の夜まで残しといてくれ



435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:18:21.31 ID:W30230dU0
追いついた、久々面白いのキター

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:18:23.33 ID:zFBybm6d0
今北拝見

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:18:46.22 ID:Pz6ruEhn0
>>427
おもしろいと思ってるならちょっと正気じゃない

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:19:13.26 ID:6yRqVhZFO
ですよね〜

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:19:23.02 ID:FbDavAWH0
>>427
続きかと思って真剣に読んだじゃまいかwww

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:20:10.27 ID:a4FV5JhfO
>>427
死ね
氏ねじゃなくて死ね

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:21:22.01 ID:aylvxw9U0
  ( ゚д゚)   おっぱいです
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/ >>439/
     ̄ ̄ ̄



  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/ >>439/
     ̄ ̄ ̄

442 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 21:23:17.35 ID:M2Gge9g00
ーーー某ラブホテル ロビーーーー

/ ,' 3「気は済んだか?」

中年男がツンに問いかける。
ツンは黙って頷いた。

/ ,' 3「しかし、こんなこと、僕は嫌だったんだよ。ホテルの前だけでよかったんじゃない?」
ξ゚听)ξ「……だって」
/ ,' 3「この老け顔だと、絶対援助交際と間違われてるよ」
ξ゚听)ξ「……かもね」
/ ,' 3「それにしても、ここが初体験の場所ねえ……いやはや、最近の子供はませておられる」
ξ゚听)ξ「うるさい! だって、だって友達が……」

中年男の名前は荒巻。
ツンとは叔父と姪の関係にあたる。
今年で30歳。まだまだ現役である。いろいろな意味で。

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:23:35.91 ID:FbDavAWH0
>>441
おまwwwなんで俺のことが分かるんだよwwwwwwwwww

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:23:54.59 ID:j4K9yH8Q0
ちょwww荒巻wwww

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:23:58.66 ID:6yRqVhZFO
wktk

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:24:26.18 ID:fm1oa/wv0
スカルチノフ登場ww

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:24:28.47 ID:DS3lfAFS0
荒巻!?wktk

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:24:32.27 ID:fXx2kPKX0
非処女信仰の弊害だったら荒巻掘る

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:24:48.40 ID:zFBybm6d0
wktkwktkwktkwktkwktkwktkwktkwktk

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:25:00.99 ID:cyn33s5CO
ΩΩΩ<な、なんだってー!!!!11

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:25:34.63 ID:7NVQ2gHL0
荒巻キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:26:02.61 ID:H3s9SA/KO
まとめどこー

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:29:05.53 ID:zFBybm6d0
ほっsy

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:29:25.84 ID:5VIsE2Vk0
>>334
専ブラ使えwwwwwwwwwwwww

455 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 21:33:18.87 ID:M2Gge9g00
/ ,' 3「とにかく早く出よう。僕にこの雰囲気は似合わないんだよ」
ξ゚听)ξ「うん……」

ツンは実際、人に話したら笑われるか、あるいは引かれるような行動をしているのだ。

二ヶ月ほど前の話である。
ここにツンがブーンと共にやって来たのは。

結局、最後までは至らなかったが。

そもそもここに来た理由も、同学年のチョイ悪女にツンが散々煽られ、
ツンが彼女たちの言葉を真に受けてしまったから、なのだ。
当人たちの意思ではない。

ツンはクーに、月命日のことを聞かされた。
その時、彼女はそれを忘れていた自分を激しく責めた。

その日のうちに墓参りを済ませる。
だが、自分は元、ブーンの彼女だった女である。
そんな自分は、ブーンと何か特別な体験をしただろうか。
そう考えた挙句、たどりついたのがここなのだ。

一人で行くのは気恥ずかしいと、ツンは馴染みの親戚である荒巻と共にここを訪れたのだった。
今もツンは知らない。ブーンが、自分をどれほど恨んでいるか、ということを。
外に出ると、喧騒が耳を貫いた。

/ ,' 3「……ところで、僕に相談があるんだよね?」
ξ゚听)ξ「……うん」
/ ,' 3「……とにかく、繁華街を抜けよう。ここはうるさくてしょうがない」

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:37:33.90 ID:2i6N4uc9O
支援

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:37:36.06 ID:Fv4Ma6jm0
wktk

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:38:31.50 ID:h1GpsneoO
人間関係が複雑になってきたな…

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/10/15(日) 21:39:47.91 ID:Rva7rI9B0
いつもなら飛ばし読みしかしない俺が見入ってしまった。。。
>>1の文才に乾杯

460 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 21:40:04.28 ID:M2Gge9g00
ドクオの姿はすでにない。
そもそもツンたちはドクオに尾行されていたことすら知らない。


繁華街を出てできるだけ静かな方向へと足を向けた。

やがて若者の姿も少なくなり、夜闇が包む場所にたどりつく。

/ ,' 3「それで、相談って?」

住宅街の角で荒巻は立ち止まった。

ξ゚听)ξ「……最近、いたずら電話がかかってくる」
/ ,' 3「携帯に?」
ξ゚听)ξ「うん」
/ ,' 3「着信拒否は?」
ξ゚听)ξ「非通知だから……」
/ ,' 3「なるほど」
ξ゚听)ξ「たまにメールも来る」
/ ,' 3「どんなの?」
ξ゚听)ξ「殺す、とか」
/ ,' 3「……それは物騒だ」
ξ゚听)ξ「しかも、毎回違うメールアドレスで」
/ ,' 3「今の時代、やろうと思えばメールアドレスなんていくらでも取得できるからねえ……」

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:43:16.76 ID:2i6N4uc9O
>>1の作品は

意外性や複雑な人間関係や
行動には裏がある的なところがおもしろいな

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:43:44.29 ID:fXx2kPKX0
スカイハイみたいなもんだな
おもしろいぜ

463 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 21:46:05.31 ID:M2Gge9g00
ξ゚听)ξ「なんか怖い」
/ ,' 3「親とかには言ったのかい?」
ξ゚听)ξ「うちの親が能天気なの知ってるでしょ」
/ ,' 3「うーん……」

/ ,' 3「実害が出ていない以上、どうしようもないんじゃないかな。僕もあまりそのへんに詳しいわけじゃないから……」
ξ゚听)ξ「……そう」
/ ,' 3「あまりひどいようだったら、警察に相談するとかしてみればいいよ」
ξ゚听)ξ「うん、わかった」

/ ,' 3「それじゃあ、僕は帰るよ」
ξ゚听)ξ「うん、夜遅くに、ごめん」
/ ,' 3「こんな時間帯に君たちはセック……」
ξ゚听)ξ「黙れ、死ね」
/ ,' 3「……ごめんなさい」

ふざけたようにお辞儀をして、荒巻はそそくさと帰っていった。

ξ゚听)ξ「……」

ξ゚听)ξ「私も、早く帰ろう」

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:46:20.52 ID:DeTeor600
まさかの追いつきorz

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:47:27.28 ID:fm1oa/wv0
>>464
追いつくと悲しいよなww

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:48:20.40 ID:F4f3O40L0
何度追いつき追い越してきたことやら・・・・・

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:49:17.87 ID:p6usoy4b0
追いついちゃったぜorz

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:49:58.48 ID:2i6N4uc9O
荒巻わろすw

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:52:36.00 ID:Q806qW6x0
追いついちまった
風呂はいってくるかな

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:52:50.93 ID:1LlXb9ycO
そろそろ複雑でわからん

471 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 21:54:19.20 ID:M2Gge9g00
ーーー路上ーーー

ξ゚听)ξ「……」

ここからツンの家までは結構な距離がある。
早足で歩いても10分はかかってしまうだろう。

ξ゚听)ξ(あー、やっぱりこんな時間に外出するんじゃなかった)

突発的で感情的な己の行動に後悔する。

その時だ。
コツ、と。

どこかから足音が響いた。

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:54:47.55 ID:A4mHUr9LO
追い付いた









読んでないけど

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:54:55.41 ID:DS3lfAFS0
誰の足音だああああああああああwktkwktk

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:56:34.99 ID:2i6N4uc9O
>>473
あいつだぁ!!!!!!あいつしかいねぇ!!!!!!!!!!

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:56:48.60 ID:fXx2kPKX0
よばれたきがした

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:56:55.97 ID:ILcREt1w0
>>473
あいつだな

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:58:21.48 ID:2i6N4uc9O
>>476
あいつだよな d

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:58:29.48 ID:n2smNO44O
>>473
なに興奮してんだ?あいつに決まってるだろう。

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:58:55.09 ID:DS3lfAFS0
だっだだよな!あいつだよな!な!

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:58:58.50 ID:wVVipEHSO
>473
俺の口から言わずともいづれ>1が教えてくれるさ…

481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:58:59.80 ID:Um95BcuE0
ネタバレ











>>471の足音はコナン

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:59:10.65 ID:FrFoF1e2O
aitsu

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:59:25.00 ID:p6usoy4b0
あいつかwwwwwwwwやっと分かったwww

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 21:59:54.87 ID:ofnOEucD0
( ^ω^)  ('A`)

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:00:10.74 ID:jNTeZl+r0
>>481
バーローwwwwwwwwwwwww

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:00:20.76 ID:W30230dU0
ハローハローハウロウー


487 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 22:00:25.89 ID:M2Gge9g00
人間、実際の危機に出会うとその対象が自分でないことを願ってしまい、行動が鈍くなってしまう。
今のツンがそうだ。

ξ゚听)ξ(誰……)

そう思ったが、まさかそれが自分に関係するとは思わない。

コツ、コツと。
足音は次第に大きくなる。

ここでやっとツンは本当の危機感を覚え、歩調を速める。それでも足音はついてくる。

ついにツンは走り出そうとした。
だが、その時。

ゴス、という鈍い音が後頭部に響いた。

濁る意識の中、最後に聞いたのはこんな言葉だった。

???「お前を壊してやるお」

それ以上意識を保持するのは不可能だった。
ツンは、路上に昏倒した。

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:00:31.09 ID:2i6N4uc9O
>>473
IDがDS

>>483
IDが嘘

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:00:52.92 ID:O4KlwPn80
>>434
なんで申し込まない?

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:01:15.90 ID:Z3BBzJcp0
これは誰がどうみても・・・・ねぇ

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:01:25.81 ID:O4KlwPn80
>>452
オムライス

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:01:26.63 ID:m9n4Yd7E0
>>487
ちょwww

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:01:38.09 ID:ofnOEucD0
いや、ブーンではなく……(ry

494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:02:18.99 ID:2i6N4uc9O
なっwwちょwwドクオだと思ったのにぃ!!!!!!!

>>1にやられた!!!!!

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:02:20.40 ID:p6usoy4b0
>>488
やっと突っ込んでもらえました。有難うございます、



本当は分かってませんですた(^ω^)

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:02:38.60 ID:SXI1PR4PO
眠れない夜をやさしく包む恋のメロディ
抱き締めて今夜だけこのままでいて

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:02:44.59 ID:ILcREt1w0
やられたwwwwwww

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:02:47.19 ID:Pz6ruEhn0
語尾が 〜お。 だったってことは・・
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  ついに出番だお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
 


499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:03:23.58 ID:Z3BBzJcp0
おいつくとどうも暇で暇で・・・

500 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 22:03:58.34 ID:M2Gge9g00
ちょっと中断させていただきます。急用が入ったもので。
ついでにネタ考えてまいります。投下スピードが少しでも速くなるように。
1時間ぐらい待っていただければ幸いです。

読んでくださってる方、ありがとうございます。
文章が拙く説明にも乏しいゆえ、意味がわからないところとかがあるかもしれません。
疑問等、書き込んでいただければ、できるだけ答えたいと思います。
それでは、しばしお待ちください ごめんなさいorz

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:04:53.59 ID:Z3BBzJcp0
>>500
now loding・・・・・

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:05:01.68 ID:7NVQ2gHL0
いってら〜〜〜
乙!


503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:05:14.42 ID:F4f3O40L0
>>498その発想はなかった

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:05:53.25 ID:4BDZWGUg0
wktkだお

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:05:55.69 ID:m9n4Yd7E0
>>500
ものすごい勢いで待つ!!!!

506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:06:34.98 ID:zGQZo2wN0
wktkしながらまってます!

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:06:58.27 ID:Cm+Cx1lH0
>>501
×loding
○loading

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:07:05.72 ID:/jXXBhrV0
>>498
お前はすっこんでろwwwwwww

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:07:44.06 ID:DS3lfAFS0
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)
  l   l
  l   l
  l   l
 (0゚∪ ∪ +
  l   l
 と__)__) +

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:07:59.23 ID:ofnOEucD0
ブーンの真似したドクオと予想

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:08:03.41 ID:F4f3O40L0
盛り上がってきたところで中断なんて・・・・・


>>1はプロだな

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:08:07.45 ID:ILcREt1w0
>>500
待とうと思ったけど寝るわ
オムライスさんにwktk

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:08:32.02 ID:4BDZWGUg0


514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:09:36.12 ID:4BDZWGUg0


515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:09:47.87 ID:W30230dU0
wktk


516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:10:41.67 ID:2i6N4uc9O
足音がドクオだと思ったやつ挙手






517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:11:16.92 ID:4BDZWGUg0


518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:11:26.67 ID:8SsfI7v+0
>>516
俺は見知らぬだれかがレイプするんだと・・・

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:12:23.65 ID:Ba+ALizv0
保守

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:14:11.65 ID:4BDZWGUg0
pspだから一行レス保守

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:14:16.76 ID:zGQZo2wN0
ほっしゅ

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:14:35.71 ID:5VIsE2Vk0
>>500
即興で書いてんのか、すげーな

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:16:31.86 ID:iIYJMUsd0
>>516
その発想は全く無かった…

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:19:13.58 ID:FrFoF1e2O
>>518レイプされすぎだろww

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:19:35.70 ID:4BDZWGUg0
>>1wktkwktk私壊れち(ry

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:21:54.78 ID:+OuAyhhX0
wktk・・・

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:21:58.93 ID:Z3BBzJcp0
ホッシュ

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:24:35.99 ID:2i6N4uc9O
>>523
だってホテルまで尾行してたからさ(´・ω・`)

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:25:06.27 ID:GvHE67LKO
俺も追い付いちゃった。しかも1時間待ちorz。でもwktk!

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:27:31.93 ID:SoOJ7CfN0
今日は寝れねーな…

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:28:11.93 ID:zGQZo2wN0
待ってると1時間は地味に長いぜ。
wktk保守

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:29:37.31 ID:tM0a8OIDO
追い付いた保証

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:32:44.84 ID:0caorTS0O
ブレーカー作者がプロデュースした多人数参加型カードゲームなど様々なオンラインゲームが出来るから
まだ登録してない奴は、早く登録しなさい

http://gemutomo.net/?Action=friends&f=CBjtUXgMiNAfhbjE

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:33:24.24 ID:2i6N4uc9O
>>1のやつ
予想しても誰も当てらんないよなwww

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:38:27.38 ID:DS3lfAFS0
保守

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:38:58.63 ID:8SsfI7v+0
wktk

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:41:01.98 ID:0hvHWnxhO
>>534
だが銀杏がそれを可能にした

きみのことがだいすーきーだーかーらーぅぇうぇう

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:42:34.54 ID:Yg2Twjq60
>>537
ぼくはーすとおおおかあーなんかじゃないよぉぉぉおおぉ

539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:42:36.21 ID:2OTKI0XZ0
相変わらずショップが検索に引っかからないぜ・・・
頻繁に広告変えたり商品変えたりしてるのに何故なんだぜ?

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:42:38.07 ID:8SsfI7v+0
ときめきたいたらありゃしねぇ

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:43:51.41 ID:2OTKI0XZ0
うはwwwwwww誤爆wwwwwww

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:44:00.17 ID:SXI1PR4PO
スクールキル

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:47:26.29 ID:TZx3fXl5O
http://38.xmbs.jp/tagiyan/突撃だお(´ω`)

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:50:49.14 ID:zGQZo2wN0
保守

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:52:35.98 ID:/iMQpe0j0
保守

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:53:31.25 ID:2i6N4uc9O






547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:54:32.00 ID:HWueTBcKO
>>41
川 ゚ -゚)「彼はモララーの言うことに納得した……


彼はモララーの……


モララーの…



モララーはまだ一度も名前を名乗ってはいないのになぜかその名を知るクー……

・・・

・・



548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:54:41.10 ID:fm1oa/wv0




549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:55:20.00 ID:t7Bm1Mq4O
頭がパーだから頭がパーだから
誰とでもヤるんだ 誰とでも寝るんだ

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:55:33.93 ID:iIYJMUsd0
>>547
名札つけてるんだよ

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:56:41.62 ID:SCdD8mPAO
あのこはあやなみれいがすきほしゅ

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:58:16.28 ID:2i6N4uc9O
>>547
クーがエスパーって言っちゃ>>1が書きづらいじゃないか

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 22:59:15.17 ID:t7Bm1Mq4O
そろそろ1時間かな

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:01:27.85 ID:H3s9SA/KO






555 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:01:32.57 ID:M2Gge9g00
>>547
それ以前にも地の文で何度かモララーと書いちゃってます はい。
すみません。クーはエスパーです。

では再開します。

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:01:53.30 ID:zGQZo2wN0
wktkしながらトイレ逝ってくる。
保守

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:02:11.64 ID:HWueTBcKO
クーは実は死神でモララーの同僚説

558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:02:25.53 ID:FrFoF1e2O
まだじゃね?

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:02:40.02 ID:r9FxOAL70
エスパーでいいのかよ!!!!!!

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:03:05.13 ID:cXFSVmQR0
伊藤でいいよもう

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:03:09.14 ID:fm1oa/wv0
きたね

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:03:17.48 ID:t7Bm1Mq4O
再開キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

563 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:03:29.93 ID:M2Gge9g00
ーーーあの世ーーー

( ・∀・)「……おや?」

真夜中。
男が突然声を上げた。

( ・∀・)「……ふむ」

彼には、管轄化に存在するブーンやしぃの母親など、彷徨う魂を見分ける能力がある。
それは、仕事柄、必須のスキルなのだ。

その能力が、男に警鐘を鳴らしていた。

( ・∀・)「少年は……ここにいる」
( ^ω^)「お」
( ・∀・)「なのにどうして」

( ・∀・)「向こうの世界にも少年がいるんでしょう」

( ^ω^)「……どういうことだお?」
( ・∀・)「知りませんよ……ああもう。わけがわかりません」

( ^ω^)「……」

( ・∀・)「とにかく、会ってきます」
( ^ω^)「……」

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:07:04.00 ID:9JjhRgZgO
つ…ついに追いついてしまった…

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:07:24.70 ID:SZFt1Jx40
               l^丶            
        もさもさ   |  '゙''"'''゙ y-―,     
               ミ ´ ∀ `  ,:'     
             (丶    (丶 ミ     
          ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ
              ;:        ミ  ';´∀`';,  
              `:;       ,:'  c  c.ミ  
               U"゙'''~"^'丶)   u''゙"J


566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:07:54.21 ID:SZFt1Jx40
誤爆したorz

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/10/15(日) 23:09:10.92 ID:Iv5q6pKN0
パラレルキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!

568 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:10:10.82 ID:M2Gge9g00
J( 'ー`)し「何か、ありましたか」

彼らの言動に気付いたらしい、しぃの母親が声をかけてきた。

( ^ω^)「なんかおかしなことが起こってるらしいお」
J( 'ー`)し「……」

( ^ω^)「ところで、一つ聞きたいことがあるお」
J( 'ー`)し「?」
( ^ω^)「女が一番重要としているものは、上辺……これはどういう意味だお?」
J( 'ー`)し「……ふふ」

しぃの母親は小さく笑った。

( ^ω^)「?」
J( 'ー`)し「それは、女だけではないと思いますが。上辺さえ良く見せればあとはどうにでもなります」
( ^ω^)「……」
J( 'ー`)し「逆に言えば、一番努力すべきところは本質ではなく、上辺なのです」

淡々と説く彼女だったが、ブーンには理解しがたいことでもあった。

J( 'ー`)し「まぁ、あなたの前に現れる人はたいてい、現れるまでにそれ相応の努力をしている、ということでしょうか」
( ^ω^)「あんたもかお?」
J( 'ー`)し「私は、努力する暇がありませんでしたから」

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:12:35.79 ID:2i6N4uc9O
>>555
ちょwwいいのかよwww

でも>>1ならクーをエスパーにするくらいのスキルはあるだろうに
wktk

570 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:14:27.15 ID:M2Gge9g00
しばらく、頭の中で彼女の言葉を噛み砕いていたブーンだったが、やがて首を横に振った。

( ^ω^)「……やっぱりよくわからないお」
J( 'ー`)し「そうですか」
( ^ω^)「まぁでも、参考にはなったと思うお」
J( 'ー`)し「それはそれは」
( ^ω^)「お礼に、なんかしてやろうかお」

暗闇のおかげで、お互い相手の顔が良く見えない。

J( 'ー`)し「と、いいますと?」
( ^ω^)「殺す、とか」
J( 'ー`)し「あぁ、それ」

J( 'ー`)し「いいかもしれませんねえ……」

・・・

・・



571 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:18:55.88 ID:M2Gge9g00
ーーー某所ーーー

暗い場所。
ひたり、ひたりと水滴が落ちる音が聞こえてくる。
それ以上のことは、何もわからない。

ξ゚听)ξ「……」

ツンは目を覚ました。
頭が痛い。
手で頭を抑えようとする。
それは叶わない。

何せ、四肢が拘束されているのだ。
じゃりじゃりと、金属のこすれる音が響くのみである。

ξ゚听)ξ「なんなの……誰が私を……」

いや、わかる。
記憶が途切れる直前に聞いた声。
あれは間違いなく

ξ゚听)ξ「ブーン……?」

???「呼んだかお」

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:19:42.41 ID:JLMCCcpQ0
レイプktkr

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:19:51.21 ID:iIYJMUsd0
支援

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:20:14.03 ID:GvHE67LKO
支援!!wktkが止まらない!!

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:20:53.16 ID:O4KlwPn80
>>563
×管轄化
○管轄下

というか「かんかつか」を変換して第一候補に「管轄化」持ってくるMS-IMEがアホ

576 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:23:57.61 ID:M2Gge9g00
不気味な声だった。
しかし、声色は間違いなくブーンのものである。
暗闇のせいで、姿もおぼろげにしか見えない。

ξ゚听)ξ「ブーン、あんた、死んで……」
( ^ω^)「黙れお」
ξ゚听)ξ「!」
( ^ω^)「お前は、僕の気持ちを裏切ったお」
ξ゚听)ξ「何、なんのこと……?」
( ^ω^)「僕はお前のことが好きだったのに。お前は僕を裏切ったお!」
ξ゚听)ξ「なんのこと? わからないわよ!」
( ^ω^)「心当たりが無いとは言わせないお」
ξ゚听)ξ「え……」
( ^ω^)「僕が死んだ日。お前は別の男と歩いてたお!」

言われて、はたと思い出す。

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:24:40.03 ID:+JBMwuOyO
ほす

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:24:45.09 ID:Z3BBzJcp0
また来ましたお
wktk

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:24:57.58 ID:t7Bm1Mq4O
最後の文
はっと
かな

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:25:16.54 ID:GfTA8Mq40
ξ゚听)ξ「ロックマン・・・」

581 :男は黙ってwktk:2006/10/15(日) 23:25:39.98 ID:U64Lx1dfO


582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:25:46.49 ID:r9FxOAL70
ワイリーのAA↓

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:26:10.83 ID:EcJOJTTr0
やべぇ追いついちまった

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:26:41.02 ID:GfTA8Mq40
やっちまった・・・orz

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:29:07.63 ID:SJ6PINIx0
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧      ___/ ̄ ̄ ̄\
< ┌┐  ┌───┐ >   /  / / ̄ ̄ ̄ ̄\
< ││  │┌─┐│ >  /    ̄          \
< ││  └┘ //  >/    □            \
< ││    //    >// ̄~\ / ̄ ̄ ̄\      |
< ││     ̄     >|//\ヽ ∨〃/\   \   /\
< ││       _  >//(・) \ゞ/ /(・)  〉   |  | ∩|
< ││     //  >| \_/ノ  \_/ ノ し|:   | ∪|
< ││    / |   >l:::::::::∠~         ⌒ |   \/
< ││   //||   >|:::::::::r〜〜‐、ヽ      /   /
< ││   ̄  ||   >|:::::::::)jjjjjjjjjjjヽヽ   /   /
<   ̄       ̄    >|:::::::::|,,    || /   /
<.  ロロ┌┐┌┐┌┐  >!:::: ヽiiiiiiiii//  /   /
<   ┌┘│││││  >ヽ  ヽ〜〜"/   /
<     ̄ ̄ └┘││  > ヽ、__,,,_∠__/
< ┌┐┌┐    ││  >  _]:::::::   [_
< ││││   //   > ̄~        ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
< ││││    ̄    >               ,〜ヽ
< └┘└┘        >             〜 ノ ̄\
<   []  []         >           ’ノ⌒⌒⌒⌒〉〉
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨            {       Y∫


586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:29:20.54 ID:HV8Y7l1Y0
wktk

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:29:51.04 ID:fm1oa/wv0
>>585
ちょwwwwww遅えwwwwwwwwwwwww

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:29:54.80 ID:1bJuid/50
追いついたあああぁぁぁぁぁああぁぁぁぁぁ!!!!!!!!
wktk

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:30:21.38 ID:2fGXsP+oO
はたって普通につかわね?

590 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:32:13.19 ID:M2Gge9g00
そもそもデートというものがツンは好きではなかった。
だが、ブーンと共有する時間は好きだった。
こんなジレンマを解消するために、ツンはツンなりに努力をしていた。

本質は変えられなくとも、上辺を塗り替えるのは容易い。

ツンはデートコースというものをひそかに研究していたのだ。
それも、ブーンと楽しく過ごすために他ならない。
デートを好きになろうと思ったのだ。それができなくとも、ブーンの前では明るく振舞えるようになればいいと思っていた。
実験台は、当然の如く荒巻。

あの日も、ツンは荒巻と一緒に暗中模索を続けていた。
ブーンに用事があるからだった。

だがそんな光景を見られてしまっていたのだ。
そして釈明する暇も無く、ブーンは死んだのだ。



ξ゚听)ξ「それは誤解よ!」
( ^ω^)「今更そんなこと言っても、遅いお」

ブーンは少しトーンを落とす。

( ^ω^)「僕が持っている恨み、全部お前にぶつけてやるお!」

笑いの混じった声だった。
狂気の沙汰である。ツンは身を震わせる。

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:32:18.92 ID:U64Lx1dfO
投下遅くね?オナりながら投下してんの?

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:32:58.55 ID:DeTeor600
即興だから

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:33:33.10 ID:dCpFl0zb0
>>579
はたで合ってる。

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:33:48.64 ID:H3s9SA/KO
>>591
死ねよ携帯厨

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:35:45.93 ID:fm1oa/wv0
>>594
(゜Д゜)

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:36:52.33 ID:EcJOJTTr0
>>594
ワロタ

597 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:37:09.16 ID:M2Gge9g00
( ^ω^)「さあ、何がいいかお。包丁? ナイフ? 鉄パイプ? バールのようなもの?」
ξ゚听)ξ「やめて……」
( ^ω^)「じゃあまずは、包丁から……」

( ・∀・)「勝手に暴れてもらったら、困るんですがね」

闇の中からもう一人の声。
ツンの知らない声だった。

( ^ω^)「お前は」
( ・∀・)「……ほう。やっぱり寸分の狂いも無い、少年そのものですねえ」
( ^ω^)「何を言ってるお」
( ・∀・)「あなた」

( ・∀・)「自分が死んでること、自覚してますか?」

( ^ω^)「……勿論だお」
( ・∀・)「だったらわかるでしょう。この世にいちゃ、いけないことぐらい」
( ^ω^)「邪魔するなら、お前も殺すお」
( ・∀・)「おやおや」

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:37:12.44 ID:dCpFl0zb0
オマeゲフンゲフン

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:37:22.30 ID:Pz6ruEhn0
自殺願望のある>>594が居ると聞いて飛んできました

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:39:05.64 ID:GvHE67LKO
>>594携帯厨乙www

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:39:07.45 ID:H3s9SA/KO
ちょwwwww





y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/10/15(日) 23:42:13.12 ID:Iv5q6pKN0
( ・∀・)

こいつの仮名がほしい

603 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:45:11.29 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「あなたはどこで生まれたのです? クローン的なものと認識していいのでしょうか」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「と、すると……なるほどねえ」

男の笑い声が周囲に響いた。
どうやらここは、トンネルか、倉庫のような場所らしい。

( ・∀・)「あなた方を生かしておいてはいけない理由がやっとわかりましたよ」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「常々疑問だったんですよねえ。あの世に来る人間はみんな殺してしまうからいつも誰もいない。なぜ魂を生かしておこうという考えが生まれなかったのか」

( ・∀・)「あなたのようなものが発生するからなのですね」

( ^ω^)「うるさいお!」

叫び声と共に、何かが風を切る音が響いた。

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:48:53.36 ID:/jXXBhrV0
とりあえず>>591,>>594,>>596,>>599,>>600は死ねば良いと思う。
お前は面白いと思ってその様な発言をしてるのかと。

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:49:55.95 ID:kCD98OFM0
>>604
お前のほうが面白くないけどな

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:50:34.78 ID:EcJOJTTr0
>>604
つまんね
何様のつもりだよ

607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:51:18.30 ID:HV8Y7l1Y0
>>604釣られてんじゃねぇよカス

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:51:21.23 ID:r9FxOAL70





――――――――以下、何事もなかったかのように支援――――――――







609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:51:26.98 ID:xvTtOpl10
追いついてしまった・・・
教えてくれ>>1  俺はあと何回このスレを見ればいいんだ・・・
( ^ω^)は何も言ってくれない・・・


610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:52:07.78 ID:/jXXBhrV0
>>605-606
はい、俺はつまらなくて面白くない人間で良いです、所詮そうです
だからお前らには死んで欲しいんです、はい。

611 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:52:15.82 ID:M2Gge9g00
( ・∀・)「物騒な人だ」

闇の中で何かが起きている。
だがツンはそれをはっきりと確認することが出来ない。
ただ人影が動くのを見て取れるだけである。

( ^ω^)「殺す、殺すんだお! 裏切った女を!」
( ・∀・)「……」

このブーンはどうやら理性が働いていないらしい。
単調な言葉の繰り返し。過剰に壊れているのだ。

( ^ω^)「殺す!」

( ・∀・)「どうすればいいんでしょうねえ……。ま、とりあえず」

( ・∀・)「あなたもあの世に連れて行きましょう」

612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:52:25.56 ID:HV8Y7l1Y0
エンドレスワルツwwwwwwwwwwwwww

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:53:26.05 ID:U64Lx1dfO
>>610
つまんね

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:53:34.22 ID:fm1oa/wv0
おまえら絶対スルーしろよ

   絶 対     だ       ぞ

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:53:47.88 ID:iqmtwLkuO
>>610
惨めだな

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:53:52.37 ID:EcJOJTTr0
>>610
必死ですね

617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:54:13.64 ID:tM0a8OIDO
>>604-607
荒らし乙

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:54:51.98 ID:SJ6PINIx0
>>610
( ・∀・)「物騒な人だ」

619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:55:27.43 ID:cXFSVmQR0
全力で釣られます(><)

620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:55:30.72 ID:lhJkJsqbP
>>1-618>>620-1000
もうお前ら全員死亡でいいよ。

621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:55:40.35 ID:Q806qW6x0
何でスルーできないの?

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:55:50.25 ID:r9FxOAL70
お前ら、こんな空気にして・・・投下してる作者の身にもなってみろ!!!!!!








――――――――以下、何事もなかったかのように支援――――――――








623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:56:03.35 ID:EcJOJTTr0
>>620
プギャー

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:56:03.89 ID:SJ6PINIx0
>>620
死亡wwwwwww

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:56:13.71 ID:H3s9SA/KO
黙って投下待とうぜ
俺が悪かったでいいからさ

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:56:16.65 ID:dCpFl0zb0
wktk

627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:56:59.05 ID:+OuAyhhX0
黙って支援。

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:57:09.91 ID:lhJkJsqbP
もうだめさねこのスレ
馴れ合いをすればスレが滅びる。

何度も言ってんだろカス共。
>>619以外全員くたばれ。

629 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/15(日) 23:57:22.27 ID:M2Gge9g00
ξ゚听)ξ「……」

ツンは困惑したまま彼らの言葉を聞いていた。
あの世、魂……知らない言葉の連続。
そしてそもそも、ブーンは死んでいるはずなのに。

今目の前で、吐血しそうな勢いで叫び狂っている男は本当にブーンなのか。

混乱と恐怖のせいか。
ツンの目から涙が溢れた。




勝負はいとも簡単に決した。

単調な攻撃はそのパターンさえ読めば制することが出来る。
モララーがブーンを刺し貫くまでに、それほど時間はかからなかった。

630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:57:24.75 ID:/jXXBhrV0
>>620
       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |   ノ__  | .| | |
  |     | |  |     |〈 ̄   `-Lλ_レレ
  |     | |  |     |  ̄`ー‐---‐‐´
  \      `ー'´     /

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:57:25.08 ID:tM0a8OIDO
支援

632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:58:35.94 ID:EcJOJTTr0
寝られないジャマイカ

633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:59:03.19 ID:GvHE67LKO
支援支援!!

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:59:22.44 ID:fm1oa/wv0
ただひたすら支援!!

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/15(日) 23:59:53.15 ID:vl7YJGaV0
支援

636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:08.22 ID:pQDr9FZK0
idにm9が入ってる俺がプギャーしに来ましたよ。

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:34.53 ID:dbrAWr4d0
支援

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:37.96 ID:pQDr9FZK0
みんな、ゴメン。俺にプギャーしてくれorz

639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:39.70 ID:KNmLBOqA0
>>636
ID変わってるよw

640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:43.34 ID:Ox/0PDlW0
日付変更Idテスト

641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:45.66 ID:T7cUOXvr0
>>636
ちょwwww

642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:47.51 ID:fYGXx/hUP
自分等の所為で荒れたにも関わらず謝罪もせず
必死に支援と言いながら作者に無理やり働かせようとしている馬鹿共の必死さが目に入るわ。

非常に痛々しい。

643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:49.95 ID:SO85tuwx0
>>636
m9

644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:00:55.15 ID:4UaC7kfN0
pugya-


645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:01:03.09 ID:o80tnteC0
>>636
       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |   ノ__  | .| | |
  |     | |  |     |〈 ̄   `-Lλ_レレ
  |     | |  |     |  ̄`ー‐---‐‐´
  \      `ー'´     /

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:01:10.07 ID:Gw3cGxZ+0
>>628>>1もくたばれと申しております

647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:01:20.39 ID:ze7220kQ0
>>636
ID変わったんだぜ?

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:01:24.47 ID:qDT/B0Sn0
月曜日か

649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:02:10.95 ID:Ox/0PDlW0
わざわざ>>642みたいな事言うより支援してたほうがいいだろ

650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:02:23.95 ID:fYGXx/hUP
>>646
荒れたときに制しない作者も悪い。

馴れ合い厨と予想厨はは作者が何か注意しない限り何をやっても良いと思うから
タチが悪い。


651 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:02:26.43 ID:IUUzAZMB0
( ・∀・)「……ふう」

言葉も無く崩れ落ちたブーン。
男はただ、嘆息した。

ξ゚听)ξ「あ、あの」
( ・∀・)「……おやおや、これは見事な拘束プレイですねえ」
ξ゚听)ξ「あなたは……誰?」
( ・∀・)「知る必要はありませんよ」
ξ゚听)ξ「じゃ、じゃあ。ブーンは……」
( ・∀・)「あぁ、この少年ですか」

( ・∀・)「忘れなさい。貴方の記憶においても、この少年は死んでいたはずだ」
ξ゚听)ξ「……そんなこと、簡単には出来ない」
( ・∀・)「ま、できるできないは知ったことではありませんがね。忘れた方が楽だ、という一種の忠告ですよ」

652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:02:42.26 ID:eLVF9DV30
>>649
スルーだろ?

653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:02:44.39 ID:o80tnteC0
>>642のIDがUP

654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:03:01.17 ID:ZmRGrjC1O
>>642
^^^^^^^^^^^^^

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:03:28.14 ID:T7cUOXvr0
wktk

656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:03:35.05 ID:Y2TpwT8EO
支援支援

657 :636:2006/10/16(月) 00:03:44.54 ID:pQDr9FZK0
プギャーしてくれてありがとう。
これで俺もまともに生活できるかな?

658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:04:10.52 ID:pP8qXWrZO
IDちぇく

659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:04:38.54 ID:Ox/0PDlW0
>>642のIDに0が見えないのは俺だけ?

660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:04:56.13 ID:SonKFgYGO
wktk

661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:05:02.66 ID:o80tnteC0
>>657
出来ないから、だからパンツ一丁で大通り走って来い

662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:05:19.36 ID:mOlfIZvQO
アッー

663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:05:49.98 ID:qDT/B0Sn0
>>659
ウィルコムとかそういうのなんじゃね?
おかげでID変わってもバレバレ

664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:06:44.68 ID:fYGXx/hUP
>>663
無知晒し乙。
生憎ネットの出来る携帯は持ってないんでね。

いやぁ、ポップアップの中のポップアップがいくらでも出来るなんて非常に便利だ。

665 :636:2006/10/16(月) 00:06:45.97 ID:pQDr9FZK0
>>657
分かった。網戸掃除するよ。

666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:06:54.03 ID:Dk00+e+70
追いついてしまったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
即興で書いてるようだが流れは決まってるのかな?
このスレだけで終わるのかどうか気になる…

667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:07:15.89 ID:LyTOPyYHO
>>649 スルーなんだぜ?

668 :636:2006/10/16(月) 00:07:33.47 ID:pQDr9FZK0
さらにプギャーされそうだな。
安価ミス。>>661だったorz

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:07:39.13 ID:Ox/0PDlW0
華麗にスルー

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:07:51.43 ID:UtemtX3R0
PSPだっけ

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:08:27.02 ID:o80tnteC0
今のVIPの住人に希望を持った俺が馬鹿だった。

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:09:18.58 ID:dbrAWr4d0
>>671
激しく同意

673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:09:29.56 ID:mOlfIZvQO
おちんちんびろろ〜ん

674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:09:47.87 ID:fYGXx/hUP
まぁ今のVIPにセンスの有る奴なんて俺一人しか居ませんから。

675 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:09:50.63 ID:IUUzAZMB0
( ・∀・)「さて、私はいかなければなりませんので」
ξ゚听)ξ「あ、ちょっと。た、助けて……」
( ・∀・)「私にそんな頑丈な拘束具がはずせると思いますか?」
ξ゚听)ξ「え……」
( ・∀・)「明日にでもなれば誰かが見つけてくれますよ。たぶん」

無責任丸出しの男は、そういい残してさっさと消えてしまった。

後に残されたのはツンただひとり。

ξ゚听)ξ「……」

ξ゚听)ξ「ブーン……あいつ、なんで……」

混乱しすぎて現状が把握できない。
男がブーンを刺したという事実さえ飲み込めそうにも無かった。

そしてこの状況のまま
ツンは朝を迎えることとなる。

・・・

・・



676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:10:26.73 ID:o80tnteC0
つまりお漏らしをするって訳か。

677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:10:29.09 ID:Ox/0PDlW0
wktk

678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:11:18.40 ID:fWdN5BIl0
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

これNGにすれば最強

679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:12:11.51 ID:o80tnteC0
>>678
いやいや、◆xh7i0CWaMoと以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしますをNGワードにした状態で書き込めば
非常にCHAOSになる。

680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:12:49.21 ID:l3nJ14KCO
>>678
おまい頭いいな

681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:13:07.09 ID:fYGXx/hUP
どうだ作者
今のお前の作ったスレの醜い惨状は。

何かしら言葉をかけた方が良いんじゃないかなぁ?

682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:13:21.79 ID:dbrAWr4d0
>>678
別にそれでもかまわないとオモ

683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:13:23.37 ID:Ox/0PDlW0
支援

684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:15:13.31 ID:Dk00+e+70
>>681
作者に関わろうとすんな

685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:15:29.33 ID:JaC4y+bE0
>>676
12時間くらいなら小便我慢できないか?

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:15:43.56 ID:Ox/0PDlW0
>>684
スルーしろ馬鹿

687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:16:20.85 ID:SO85tuwx0
>>685
おにゃのこは近いとよく聞くが、どうなんだろう・・・

688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:16:53.89 ID:SonKFgYGO
>>685
俺なら確実に漏らす

689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:17:11.69 ID:fYGXx/hUP
>>684
お前如きに人に指図する権限は無いよ。
身の程知れ、荒らしが。

690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:17:28.47 ID:JaC4y+bE0
>>687
そういやそうだな
男の場合で考えてた

691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:17:44.68 ID:CHPSy0LSO
もう流れを乱す輩は低温でじっくり揚げてやろうか

692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:18:23.05 ID:SonKFgYGO
wktk

693 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:19:46.53 ID:IUUzAZMB0
そろそろ混濁しそうなので。

最初から登場していたブーン→( ^ω^)
途中から登場した狂い気味のブーン→( ゜ω゜)
とさせていただきます。



えーっと。

作者は読者に物言う立場ではないと思っている人間なのですが、少しだけ。

罵声等に関しては基本的にスルーでお願いします。
なんかVIPで言うべき台詞ではないような気がしますが。

別に強制するつもりはありません。
スレがおかしな方向に進んだとしてもそれは私の責任ですし。
ですので、一応、作者の意見として受け取っていただければ幸いです。

私見申し訳ありませんでした。
それでは投下再開します。

694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:20:25.36 ID:yzNeMH580
大人だな

695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:20:40.55 ID:Ox/0PDlW0
>>693
把握


696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:21:01.47 ID:o80tnteC0
>>693
そんで? 今日はもうお終いかね?

697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:21:15.80 ID:fAKUhi7t0
キタ;ア


698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:21:35.42 ID:dbrAWr4d0
>>693
ガンガレ超ガンガレ

699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:21:37.56 ID:o80tnteC0
>>696
うげぇ、文章の最後読んでなかった
まだ終わりじゃないのね

700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:22:03.56 ID:ZmRGrjC1O
変なのが張り付いてる

701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:23:02.20 ID:Ox/0PDlW0
PをNG指定した

702 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:23:09.65 ID:KNmLBOqA0
スレの流れがポケモンに似ている

703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:23:57.75 ID:o80tnteC0
まったくもって溜息が出る

704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:24:41.70 ID:SonKFgYGO
>>701
お前のID・・・

705 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:24:43.77 ID:IUUzAZMB0
ーーーあの世ーーー

( ゜ω゜)「お前は……」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「滑稽な光景ですねえ」

姿かたちはそっくりそのまま。
ただ違うのは、目の色や表情。
それ以外は何も変わらない。

( ・∀・)「合体とか、できないもんですかね」

冗談めいた男の言葉に、二人とも反応を見せない。

( ・∀・)「……あれ、女の方はどこに?」
( ^ω^)「僕が殺してあげたお」
( ・∀・)「また余計なことを……」

しかし、仕事はこなさなければならない

( ・∀・)「二人とも、殺しあったりしないでくださいよ」

そして、モララーはまた、あの世を去った。

706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:24:47.23 ID:l3nJ14KCO
>>701
正しい判断だなww

707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:25:32.71 ID:o80tnteC0
>>701
わざわざNG指定にしたとか言わんでもよろしい。

708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:27:23.06 ID:fYGXx/hUP
>>693
分かった、叫び散らすアホはスルーしてお前さんの作品を楽しむことにします。

709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:27:26.67 ID:N+XmJgsC0
フュージョンしようZE!

710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:28:23.92 ID:Y2TpwT8EO
さあ馴れ合いはやめて支援していこうぜ

支援

711 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:28:44.28 ID:IUUzAZMB0
( ^ω^)「お前は、誰だお」
( ゜ω゜)「僕はブーンだお」
( ^ω^)「僕もブーンだお」
( ゜ω゜)「僕は、ツンを殺さなければならないんだお」
( ^ω^)「……」

( ゜ω゜)「あいつは、僕を裏切ったばかりは、言い逃れまでしようとしたんだお」
( ^ω^)「言い逃れ?」
( ゜ω゜)「勘違いだって。そんな言葉にだまされるバカはいないお」
( ^ω^)「……」

( ^ω^)(こいつ……僕の持ってないものを全部持ってるみたいだお。でも)

( ^ω^)(僕の持っているものを、こいつは何一つ持っていない気がするお……)

共通するのは、狂気。しかしそれも別種のものだ。

712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:28:51.59 ID:Ox/0PDlW0
([[[[[)< ひょおおおおおおお!!カカロットオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!

713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:29:31.92 ID:o80tnteC0
もういい、お前ら黙ってwktkしてろ
もううんざりだ。

714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:29:44.54 ID:N+XmJgsC0
wktk

715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:29:51.37 ID:njt+utVFO
追い付いてしまった…

716 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:33:30.85 ID:Y2TpwT8EO
wktk

717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:33:59.86 ID:I2P3BFhk0
俺も追いついてしまった・・・。面白くて離れられない

718 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:34:51.09 ID:IUUzAZMB0
( ゜ω゜)「僕を殺してくれお」
( ^ω^)「……そうして、どうするんだお?」
( ゜ω゜)「ツンを殺しにいくんだお」
( ^ω^)「あの男に連れ戻されるお」
( ゜ω゜)「そうしたら、もう一度行くお」
( ^ω^)「お前、破滅願望でもあるのかお?」
( ゜ω゜)「……」
( ^ω^)「ツンを殺したら、僕らは自動的に消失するお」
( ゜ω゜)「……破滅願望とか、そういうのはよくわからないお。でも、僕はツンを殺すんだお」
( ^ω^)「……」


( ^ω^)「僕はお前を殺さないお」
( ゜ω゜)「どうしてだお?」
( ^ω^)「僕は友達に約束してもらったお。ツンを殺してもらうって」
( ゜ω゜)「……おまえ、狂ってるお」
( ^ω^)「お前に言われたくないお」

・・・

・・



719 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:34:54.51 ID:LK/IIFsn0
ああ、オレは寝る!!!
まとめにデテキマスヨウニ
まとめにデテキマスヨウニ
まとめにデテキマスヨウニ
まとめにデテキマスヨウニ

720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:34:56.53 ID:N+XmJgsC0
今寝たら、明日には落ちてるかな・・・心配で寝れない・・・
何時くらいまで投下あるかな?

721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:35:22.11 ID:kfx5gCBGO
明日寝不足確定ですねこいつぁ。
寝る気にもならん。
支援!

722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:36:59.97 ID:fAKUhi7t0
>>719
http://vip.main.jp/46-top.html

723 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:38:04.04 ID:dbrAWr4d0
>>722
まとめあるじゃん GJ

724 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:39:19.41 ID:IUUzAZMB0
ーーードクオの家ーーー

('A`)「あー、よく寝た」

起床時間は午前11時。
休日においては、比較的早い方である。

枕もとの携帯を見る。
メールを受信したとのメッセージが映し出されていた。

('A`)「誰だ……って、しょぼんか」

受信時刻は午前7時22分。
休日も、平日と生活ペースは変わらないらしい。

('A`)「内容は……っと」

『ニュース見た?』

('A`)「ニュース……?」

725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:40:08.91 ID:N+XmJgsC0
一時了解!
wktkwktk(*´Д`*)

726 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:40:31.70 ID:o80tnteC0
すっげぇやな予感。

727 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:42:46.80 ID:Ox/0PDlW0
wktk

728 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:44:48.30 ID:IUUzAZMB0
小型ブラウン管テレビの電源を入れる。
ニュース番組に切り替えるが、映し出されているのは政治家や評論家の顔ばかりだった。

('A`)「おれに政治討論でも見ろってのか?」

そんなことを思いつつ、適当にチャンネルを変えていると。
ローカルのニュース番組を見つけた。

『では、次のニュースです』

『今朝、午前3時半ごろ、市内を流れる御手洗川の河口付近で、若い女性の溺死体が発見されました』

729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:45:37.83 ID:UtemtX3R0
うわあああああああああああああああああああ



どっちだ?

730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:46:00.51 ID:N+XmJgsC0
あっちだろ

731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:46:27.59 ID:dbrAWr4d0
>>728
おいまさか・・・

732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:46:37.65 ID:Dk00+e+70
電話じゃなくメールなのか…

733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:47:02.46 ID:o80tnteC0
やっぱり

734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:48:39.54 ID:ikZ1/bam0
>>327
お前のカーチャン何色だー!!!!!!!!?????

735 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:49:08.30 ID:SonKFgYGO
あいつなら許すがあいつなら許さん

736 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:49:49.35 ID:IUUzAZMB0
('A`)「……」

キャスターの顔から、現場の映像に移り変わる。
そこはよく見たことのある、付近の川だった。

『発見されたのは、持ち物などから市内に住むしぃさん(17)である可能性が高く……』

('A`)「なんだって……」

絶句するほか無い。

『警察では、事故と事件、二つの可能性を視野に入れて……』

しぃが死んだ。
昨日彼女を踏みとどまらせることには成功したのに。
結局、死なせた。
事件や事故、そんなものではない。
ただの自殺だ。

それがわかっている自分が、妙に腹立たしい。

すぐさま、ドクオはしょぼんに電話をかけた。

737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:49:59.78 ID:vnnYwKWsO
落ち着いた所でwktk

738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:50:30.89 ID:o80tnteC0
ツンじゃなくて良かった…。

739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:50:38.65 ID:UtemtX3R0
( ´ω`)・・・

740 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:51:25.96 ID:ikZ1/bam0
>>734
誤爆した…orz

741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:52:17.72 ID:N+XmJgsC0
(つд`)

742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:52:29.06 ID:pXRzIh8G0
恐ろしく誤爆の多いスレだなwwwwww
支援

743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:52:41.13 ID:dbrAWr4d0
ウワァァァァン
しぃが死んだ

744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:52:51.38 ID:oZEMv8PB0
ドクオは特にしぃに関して何もしてなかったような気もするが

745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:53:34.65 ID:SonKFgYGO
しいの母親なら良かったのに・・・。

746 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:54:23.58 ID:Dk00+e+70
あーんしぃ様が死んだ

747 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:54:55.53 ID:IUUzAZMB0
(´・ω・`)「……起きたのか」

電話の向こうのしょぼんは、明らかに沈んでいる。

('A`)「どういうことだよ、これ」
(´・ω・`)「……」
('A`)「警察が、俺たちに任せろって言ったんじゃねえか! 何が事件とか事故だよ、ふざけんな!」
(´・ω・`)「八つ当たりしても、事実は変わらないよ」
('A`)「でもよ」
(´・ω・`)「僕らが力不足だった。そういうことだね」
('A`)「……」

('A`)「ギコ、大丈夫かな」
(´・ω・`)「芯が強いから大丈夫だと思うけど……」
('A`)「俺、電話してみる」
(´・ω・`)「うん……よろしく」

一度電話を切り、再びせわしなく番号をプッシュする。

748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 00:55:15.89 ID:dbrAWr4d0
いつのまにかドクオメイン?

749 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 00:59:18.71 ID:IUUzAZMB0
('A`)「……でないな」

呼び出し音が何度も流れる。
だが、一向に出る気配は無い。

まぁ、当然といえば当然かもしれないが。

('A`)「……あーあ。台無しかよ」

ドクオは電話を切る。

('A`)「どうにもならなかったのかねえ……」

・・・

・・



750 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 01:01:01.05 ID:IUUzAZMB0
投下終了です。
読んでくれた人、ありがとうございました。

明日(と、いうか今日)は投下できるのは午後6時ごろからになりそうです。
スレは、落ちていたら私が立てますので。

それでは、また。

751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:01:25.77 ID:KNmLBOqA0


752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:01:57.70 ID:pXRzIh8G0
乙!!

753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:02:17.67 ID:ze7220kQ0
乙!!!

754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:02:29.44 ID:isVH2z/4O
>>750
作者乙!
明日もwktkだぜ

しかし区切りのいいとこで終わったからすっきり寝れそうだよ(´・ω・`)

755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:02:31.68 ID:dbrAWr4d0

学校でwktkして待ってる

756 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:02:49.67 ID:oZEMv8PB0


だが、作者が読者に物言いできる立場ではないという考えは改めた方がいい
あと、このスレはほとんどROMっていたが、流れを不快に思ったと思う
すまなかった

757 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:03:28.65 ID:Zht6hcIj0
乙!
しかしwktkのあまりねむれないぜ。

758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:04:17.75 ID:cjKZW4qSO


759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:04:30.11 ID:o80tnteC0
>>756
その考えを持たないアホが群がってるのが今のお子さんの現状。
何かしら注意しなければ何をやっても良いと思ってるみたいだしね。

760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:05:57.58 ID:SonKFgYGO
途中Pの奴ウザかったよな。スルーした奴らよく頑張った

761 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:06:06.17 ID:JWxSy9Dd0


762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:06:39.06 ID:nSpVzAco0

ってかお前らも煽り耐性つけとけよ

763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:07:17.85 ID:seDG4Whz0
乙かれちゃーん

764 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:07:50.42 ID:N+XmJgsC0
乙!
明日も楽しみにしてる!

765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:08:58.56 ID:SonKFgYGO
>>762
たいていの奴らはスルーしてるのにVIPは人数多いからスルーできない数人が目立ってしまう

766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:10:46.20 ID:o80tnteC0
俺から見ればお前ら皆同類に見えちゃう。

767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:10:51.45 ID:LyTOPyYHO
作者乙!!明日に期待!!

768 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:17:49.17 ID:o80tnteC0
まぁ作者乙。

769 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:18:04.75 ID:UcvGCkPgO
実は私もずっと見させて頂いてたよ。作者の方は才に満ち溢れているようだ。是非今度のパーティーに出席してほしいね。

770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:20:00.04 ID:fWdN5BIl0
おっつん。
おもすれー。こんな話書きたいわな

771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:22:38.19 ID:Qcf78XUBO


面白いな
wktkがとまらない

772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:25:35.45 ID:hxX/ALpH0
乙!!!

773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:26:34.62 ID:T7Z85Ej80
今追いついた!>>1乙!

774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:38:54.10 ID:SogfEJYyO


775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:43:26.89 ID:jRWndmie0
うっかり寝てしまったorz
乙!

776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 01:55:00.55 ID:lIb+EEvJ0
ホァアアッ!

777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 02:13:40.92 ID:GmCG2937O
ほっー!

778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 02:13:41.48 ID:CqwkZB5L0


779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 02:19:45.03 ID:jLTW5QHf0
追いついた
明日六時ね
寝る

780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 02:24:25.34 ID:yddQctox0
hosyu

781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 02:28:07.81 ID:NxbdY0NHO
この狂気の世界観ってのも、グロ描写があんまりなけりゃ面白いものですね
保守

782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 02:52:03.24 ID:ZRenEhCu0
上手いな
保守

783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 03:15:12.13 ID:/HhtFL7n0
あぶないあぶない

784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 03:21:07.73 ID:OXIpCf+80
こんな時間から乙

785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 03:47:13.43 ID:8wqZjIrRO


786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 04:08:46.10 ID:H+US/5Je0
ID:fYGXx/hUPが一番荒らしてる件
油注ぐんじゃねーよ、小説スレの煽り屋ほどいらねーもんはない。予想も馴れ合いもスルーで済むからな
つーかお前こそ作者に一言詫びとけよ、何様だ

787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 04:11:42.24 ID:/HhtFL7n0
ヒント
ID:IUUzAZMB0
ID:M2Gge9g00
でレス抽出

788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 04:15:12.01 ID:K+KZVcnI0
>>786
言ってもどうせ屁理屈並べて反論するだけだし、スルーするのがいいよ

789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 04:30:35.12 ID:4tDlYtAp0
ほす

790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 04:49:59.68 ID:D9y/40M30
何が何でも荒らしはスルー

791 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 05:16:25.76 ID:4tDlYtAp0


792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 05:57:20.21 ID:mNrqHrsJ0
ほしゅ

793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 06:15:03.01 ID:O/NLlY/qO
遂に追い付いてしまったorz




wktkしながら保守してイインダヨー?

794 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 06:29:36.16 ID:tnkCSDfmO
グリィィィィィィィィィィンダヨ!!!!!!!!!!

795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:10:48.66 ID:O/NLlY/qO
保守するお

796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:10:50.97 ID:CHPSy0LSO
ボッシュボッシュ

797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:24:32.01 ID:/HhtFL7n0
さあて今日も徹夜でwktkしようか・・・・・

798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:25:45.20 ID:wgYL9niS0
>>793グリーンダヨー!!

799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:26:45.76 ID:9AR6ccUXO
まだ残ってて良かった。
作者、みんな、乙!

800 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:27:04.04 ID:wLZuEbCYO
ホッシュだ

801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:32:07.46 ID:+gaKO7rQ0
wktk

802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:36:37.16 ID:BzfPAABR0
このmixi日記はヤバスwwwwwwwwwww
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1623809
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1122543
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=802383
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5072372
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5068008
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5712097
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4993820
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3935546
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5714675
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1921554
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=349319
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=626632
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3245437
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4888290
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6154846


803 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:42:41.36 ID:J2MlrXjdO
ほしゅとかイッてるやつなんなの?
落として6時頃に誰かが建てればよくない?


804 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:43:21.28 ID:J2MlrXjdO
ごめんなさい。なんでもないです。

805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:45:58.64 ID:K+KZVcnI0
40秒の間に何が……?

806 :わろすまん:2006/10/16(月) 07:46:59.68 ID:HAwqDTwBO
わろすまん
わろすまん
わろすまん
世界一の釣り名人

807 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 07:49:05.67 ID:/HhtFL7n0
>>805
>>750を読んで気づいたんだろ

808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 08:14:18.74 ID:LH/Bz2LZ0
>>786
だがスルーして黙っていれば厨共が「馴れ合っても良い」と勝手に思って
余計悪化するジレンマ。

809 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 08:47:21.69 ID:Y2TpwT8EO
>>808
そして注意してる厨もいずれ喧嘩になって荒らしと化す

810 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 08:48:33.51 ID:y3YdYJUb0
ちくしょう今追いついたのにおわっとる

811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 08:49:05.09 ID:LH/Bz2LZ0
>>809
ま、黙ってwktkできない馴れ合い厨や予想厨はは皆死ねば解決だけどね。
投下中に支援代わりって事で感想を言うのは俺にとって別に構わないが。

812 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 08:55:09.92 ID:ZsKqDCXjO
>>500

813 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 09:42:19.47 ID:RqGr31vmO


814 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 09:43:04.58 ID:O/NLlY/qO
( ゚ω゚)保守するお

815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 10:37:15.38 ID:18BtjCjCO
ほしゅ

816 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 10:39:41.19 ID:BzfPAABR0
このmixi日記はヤバスwwwwwwwwwww
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3838546
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=453262
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6416290
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3819702
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6341506
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1983
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3824661
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4249160
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=136871
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3720520
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2785430
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2724334
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=15670
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2544815
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5815841


817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 11:02:00.17 ID:loyAQaaV0
ほっしゅ

818 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 11:10:52.62 ID:7OrGygxk0
これ殺されるときって痛くないの?ブーンとか一回死んだ人とか

819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 11:50:46.60 ID:KNmLBOqA0


820 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 11:51:12.73 ID:ZRenEhCu0
>>816
どんどん増えてるな

821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 11:54:23.45 ID:ObeWR3TK0
【桃尻】ケツ毛バーガーファンスレ【開万】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/1149074304/

822 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 11:59:47.99 ID:zmzNHQiY0
保守

823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 12:01:48.25 ID:edZ4SCZm0
>>818
どっかに痛みをともなう死を繰り返すことにって書いてあったような

824 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 12:20:07.11 ID:/HhtFL7n0
干す

825 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 13:05:29.96 ID:+w/5NyuEO
ほし

826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 13:33:48.86 ID:Qcf78XUBO


827 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 13:44:27.73 ID:H+US/5Je0
>>808
そんなのIDごとあぼーんしとけばよくね?

828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 13:50:22.06 ID:y3YdYJUb0
何度も死ぬといえば



(;^ω^)「つ…次はどこから?いつ『襲って』来るんだ?」
     「俺のそばに近寄るなぁーーーーーッ!!!!!」

829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 14:01:50.78 ID:LyTOPyYHO
ディアボロ乙

830 :(´・ω・`) スタンプラリー ◆y9u6lUaPFA :2006/10/16(月) 14:02:10.08 ID:eLVF9DV30
             [y]
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1160959988/


831 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 14:02:31.31 ID:K+KZVcnI0
>>828
( 'A`)「終わりがないのが『終わり』。それが『ゴールド・E・レクイエム』」

832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 14:05:36.71 ID:0JPF9Zml0
ハンブルクの殺人鬼

833 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 14:27:04.65 ID:YozPY2ro0
ほほ

834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 14:41:48.47 ID:pExxTzeUO
ほし

835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 15:04:42.82 ID:HPEmQRs/0
ほしゅ

836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 15:10:34.32 ID:oRoUZAN7O
ほしゅ




837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 15:22:50.33 ID:Llm8sx0dO
>>818
たぶん痛いんだろうが死にたい気持ちが強いから痛みを感じないんだと思う

例えば悔しいときに壁を殴るシーンとかあるが痛くないのと同じでさ



意味不スマソ('A`)
だが解る人には解る

838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 15:26:17.13 ID:y3YdYJUb0
確かにそうだが何回も体験したから慣れた、というか恐怖を感じなくなったんだろうな…
壊れてるし…

839 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 15:40:43.33 ID:HPEmQRs/0
h

840 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 15:59:42.50 ID:/HhtFL7n0
さあてあと2時間ですよ

841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 16:00:24.19 ID:dA2APXYB0


842 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 16:20:12.09 ID:WF0BUAmbO
なぜまだ読めるのか不思議だったのだが、投下終わって保守してたのか
もつかな〜

843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 16:36:30.74 ID:XH5WVyzB0
昨日の九時に寝たのに、まだ残ってるとは・・・
wktkしながら待つか

844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 16:38:10.13 ID:CBPthpUJ0
hoshu

845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 16:38:38.33 ID:cU19ePwN0
ほしゅ

846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 16:51:15.31 ID:HPEmQRs/0
ほしゅ

847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:04:55.21 ID:jRWndmie0
wktk保守

848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:13:45.13 ID:CBPthpUJ0


849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:19:12.10 ID:zRWdgUyl0


850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:34:02.17 ID:HPEmQRs/0


851 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:44:03.65 ID:V3RqXhRgO
ほしゅ

852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:45:20.14 ID:V3RqXhRgO
ほしゅ

853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:48:25.15 ID:SogfEJYy0
スレ残ってた

保守

854 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:49:20.18 ID:V3RqXhRgO


855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 17:53:30.03 ID:jRWndmie0
保守

856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:01:17.24 ID:gGpodKYdO
そろそろか?

ほしゅ

857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:02:33.66 ID:wkjNIpAEO
(´・ω・')保守だよ?

858 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:03:38.32 ID:AZIloDv9O
ほす

859 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:03:59.17 ID:/HhtFL7n0
光臨マダー?

860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:07:09.43 ID:m8zSOwAhO
追い付いた

861 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:12:41.60 ID:lIb+EEvJ0
んもー

862 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:14:20.12 ID:/HhtFL7n0
今朝の3時からwktkしてる俺のみにもなってみろ

863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:18:28.22 ID:XH5WVyzB0
/(^o^)\

864 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:22:25.91 ID:ze7220kQ0
今北ほす

865 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 18:29:05.87 ID:IUUzAZMB0
遅れました。

というか申し訳ないです、保守してくれてありがとうございました。

重ね重ね申し訳ないのですが、あと15分ほど待っていただければ幸いです
すみません。

866 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:29:55.25 ID:dbrAWr4d0
キタワァ

867 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:30:00.56 ID:ze7220kQ0
きた!!!!1111

868 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:30:00.72 ID:SogfEJYy0
k t k r

869 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:30:05.59 ID:SO85tuwx0
>>865
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
ゆっくり準備どぞー

わくわくてかてか


870 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:30:15.66 ID:/HhtFL7n0
ほいきた

871 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:31:06.38 ID:zRWdgUyl0
キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

わくていかわくていか

872 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:31:35.79 ID:2zqr3YmXO
wktk

873 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:31:46.85 ID:XH5WVyzB0
\(^o^)/ハジマタ

874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:33:44.72 ID:HPEmQRs/0
キタ━━━━━━;y=ー( ゚д゚)・∵. ━━━━━━ン!!

875 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:36:16.07 ID:HWzSlGjY0
追いついたと同時に再開ktkr

876 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:36:36.25 ID:eJrS6dn60
wktk

877 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:38:16.84 ID:jRWndmie0
ご飯食べ終わってみてみたら
キタ――(゚∀゚)―――!!

878 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:38:41.58 ID:O/NLlY/qO
リアル遭遇ktkr 記念眞紀子

879 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:43:18.13 ID:lIb+EEvJ0
kた

880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:43:51.53 ID:UcvGCkPgO
ここは私もカクカクテキテキの一手だ。

881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:50:23.74 ID:yvVjQRpVO
ようやく追い付いたと思ったら,来てた!
保守の人たちありがとう。
作者さんがんがれ。

882 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 18:51:35.10 ID:IUUzAZMB0
ーーー路上ーーー

先ほどからポケットが震えている。
携帯のバイブだろう。だが、取る気になれない。

( ,,゚Д゚)「……」

ギコは一人、炎天下を歩いていた。
目的地など無い。帰宅予定もない。

彼は最も、自分自身を責めていた。

883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:52:03.73 ID:/HhtFL7n0
うほっ始った!!

884 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:52:07.58 ID:AZIloDv9O
キタ━━(゚∀゚)━━!!!!

885 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:52:42.25 ID:A3HQ38r0O
時間にルーズな人は嫌いです

886 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:53:19.44 ID:7ndW+Vw0O
ttp://5hp.jp/?id=crazyapple&ak=&sm=usually

887 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:53:47.13 ID:O/NLlY/qO
wktk

888 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:56:42.51 ID:Llm8sx0dO
>>1なら遅くても待つ

ってか即興って考えるとやっぱ早いよなw

889 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:57:09.08 ID:8I1KtKjLO
キタ!!

890 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 18:59:09.57 ID:LyTOPyYHO
支援

891 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 18:59:09.10 ID:IUUzAZMB0
あの時、警察の言葉を拒んででもしぃをつれて帰ればよかったのだろうか。
しかしそうしたところで、自分に何かが出来たのか。
答えは明確だ。何も出来ない。

それでも、責めずにはいられない。

( ,,゚Д゚)「……」

止め処なく溢れる喪失感、虚脱感。
自分を護る壁が崩れてしまったような感覚。

( ,,゚Д゚)「しぃは……あの世に行ったのか……? それとも、天国に行ったのか……?」

それは、ギコにはわかるわけのない疑問である。

と、歩いていたギコの前に、喧騒が現れた。

( ,,゚Д゚)「なんだ……?」

人だかりが出来ている。
赤く明滅する灯りも見える。

( ,,゚Д゚)「事件、か?」

何の気もなしに、そんなことを呟いた。

892 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:00:19.95 ID:SogfEJYy0
wktk wktk wktk

893 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:01:19.68 ID:18BtjCjCO
遭遇ktkr
wktkgtmrni

894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:06:49.77 ID:HJXQ2VG5O
wktk

895 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 19:08:05.75 ID:IUUzAZMB0
そこは街の南にある工業地帯。
住宅地と隣り合わせになっていたために、昔は随分トラブルの原因となったらしい。

現在は、不景気の煽りか廃業する工場が増え、廃れたまま放置されている倉庫や工場も少なくなかった。

いつの間にかこんなところにまできていたようだ。

わずかに残っている好奇心がギコを人だかりの方へと連れて行く。

そんな時。
救急車が、けたたましいサイレン音を響かせながら、走り去っていくのが見えた。

( ,,゚Д゚)「何が起きたんだか」

ため息のように吐き出して、それでもギコは前進する。
そこで。
ギコは見慣れていた姿を目撃した。

( ,,゚Д゚)「お前……」

( ^ω^)「……」

そこには確かにブーンがいた。見知らぬ男と一緒に。

( ・∀・)「どうやら、生き延びたみたいですよ、彼女」
( ^ω^)「残念だお」
( ・∀・)「本当ですか? 彼女が死ねばあなたは消える」

( ,,゚Д゚)「ブーン!」
( ^ω^)「!」

896 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:08:25.03 ID:CBPthpUJ0















897 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:13:30.64 ID:SogfEJYy0
生き延び・・・え?ブーン?





wktk

898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:14:01.31 ID:ZzBk4IN+0
え・・・・え?

899 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 19:20:15.83 ID:IUUzAZMB0
( ・∀・)「知り合いですか?」
( ^ω^)「お……」
( ・∀・)「ふむ……ほう」

男がギコを見つめる。
わずかにギコはたじろぐが、反射的に男を睨みつけた。

( ・∀・)「なるほどね……驚きが少ないということは、色々知っているということですか」
( ,,゚Д゚)「……」
( ・∀・)「厄介ですねえ。私の知らない間に情報が拡散してしまっているようで」

( ,,゚Д゚)「ブーン、お前はどうしてここにいる?」
( ^ω^)「ツンが死ぬところを見届けたかったお」
( ・∀・)「そうすれば恨みも晴らされ、少年も消えてくれるのでいいと思ったのですが、どうやら生き延びたようで」
( ^ω^)「この手で殺してやってもよかったお……」
( ,,゚Д゚)「……」

無表情でそんなことを口走るブーンが信じられなかった。

( ,,゚Д゚)「……ツンがどうかしたのか」
( ^ω^)「もう一人の僕が殺そうとしていたお」
( ,,゚Д゚)「もう一人……?」
( ・∀・)「さあさあ、話は終わりですよ」

ギコが更に疑問をふっかけようとするが、男がそれを制した。

900 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:22:25.25 ID:CHPSy0LSO
wktk

901 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:24:08.20 ID:SogfEJYy0
これはwktkせざるをえない

902 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:24:45.63 ID:Y/2yuGSs0
wktkが止まらない

903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:30:44.11 ID:+sQLyhfqO
支援

904 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 19:32:07.08 ID:IUUzAZMB0
( ・∀・)「貴方にも、他の知っている人にも言いたいんですけどね」
( ,,゚Д゚)「?」
( ・∀・)「全て、忘れてもらえませんか? 何もかも全て、この少年のことも」
( ,,゚Д゚)「……」
( ・∀・)「貴方にとっても心苦しいでしょうし、私としても面倒なことになりかねない」
( ,,゚Д゚)「今更、無茶言ってんじゃねえよ」
( ・∀・)「ほう。と、いいますと?」
( ,,゚Д゚)「しぃが死んだ」
( ^ω^)「しぃが……」
( ・∀・)「……あぁ。あの女性の娘さんですね」

ギコの言葉に対する二人の反応はまちまちだった。
ブーンは、やや悲しむような声。
男は、どうでもいい、というような声。

( ,,゚Д゚)「俺がブーンのことを知ったのもしぃが原因だ。あいつが死んで、忘れられるわけねーだろ」
( ・∀・)「……理由は、それだけではないようですね」
( ,,゚Д゚)「……」
( ・∀・)「ま、いいでしょう。あんしんしなさい」

( ・∀・)「しぃは天国に行きました。私が知らないのですから、確かです」
( ,,゚Д゚)「天国……」
( ・∀・)「今頃のびのびと遊んでいると思われますよ」
( ,,゚Д゚)「……」

わからない
喜ぶべきか悲しむべきかわからない。
天国、そこは極楽のはずだ。
だがそれはつまり、ブーンのようにこの世で会うことはできないということである。
悲しまざるを得なかった。

905 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:34:55.63 ID:SogfEJYy0
( ・∀・)が恨みを持つ死者みんな把握してるのが何だかかっこいいと思ってしまった

906 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:36:42.29 ID:CHPSy0LSO
やべえwwwwwwww

下手なカスドラマの18倍おもしれえwwwwwwww

907 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:38:37.24 ID:LyTOPyYHO
wktk支援!!

908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:40:02.71 ID:+UBe7gHgO
すごくwktk

909 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 19:41:41.46 ID:IUUzAZMB0
悲しんでいる自分を殴り殺したい。
そんな衝動を、ギコはなんとかして押しとどめた。

( ・∀・)「もう、いいですかね?」
( ,,゚Д゚)「……」
( ・∀・)「行きましょうか、少年」
( ^ω^)「……お」

男に連れられ、ブーンは殺されるために去っていく。

( ,,゚Д゚)「……」

いつのまにか、野次馬も散らばってしまっていた。

ぽつん、とギコだけがその場に残る。

( ,,゚Д゚)「……よかった。しぃは天国にいったんだな」

( ,,゚Д゚)「よかった、よかったんだ……」

何度も何度も、ギコは自分に言い聞かせた。

・・・

・・



910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:42:44.59 ID:XH5WVyzB0
(´・ω・`)テラカナシス

911 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:42:46.41 ID:SO85tuwx0
ギコ・・・(´;ω;`)

912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:44:50.55 ID:OTrVwgPp0
BGMを電波ソングにしてるので
イマイチ緊張感が出ないな。チンポチンポうっせー。

913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:46:39.36 ID:O/NLlY/qO
wktkが止まらない

914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:46:55.50 ID:/HhtFL7n0
ごめん今俺まじでVIPSTAR聞いてる

915 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 19:47:01.73 ID:IUUzAZMB0
ーーーあの世ーーー

( ^ω^)「お前は、天国を知ってるのかお?」
( ・∀・)「いいえ」
( ^ω^)「お?」
( ・∀・)「だってあの場合、ああでも言わないとあの少年は納得しなかったでしょう。ここに来ていないのは事実ですし」
( ^ω^)「……」
( ・∀・)「理想郷かもしれませんし、人がたくさんいる分、もしかしたら……地獄かもしれません」

J( 'ー`)し「なんの話ですか?」
( ・∀・)「貴方の娘さんの話ですよ」
J( 'ー`)し「しぃの……」
( ・∀・)「死んだそうです。天国に行ったようですよ」
J( 'ー`)し「天国に……そうですか」

しぃの母親はわずかに笑った。
しかしその笑顔は、望みが断ち切れたかのような、複雑なものだった。

( ・∀・)「嫌そうですね」
J( 'ー`)し「もう一度、会いたかったんですよ」
( ・∀・)「ほう……でも、貴方」

( ・∀・)「もうすぐ、消えますよ」

916 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:47:23.22 ID:+UBe7gHgO
チンポ

917 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:48:52.88 ID:SogfEJYy0
しぃ母の恨みが消える・・・!?

918 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:50:00.56 ID:CHPSy0LSO
どうなるんだぁッッッ

919 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:51:05.88 ID:b6kRssewO
次スレは必要なのか?
そろそろ終わるのか?

必要ならレス番で決める?

920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:51:36.28 ID:PFsO+1gx0
900超えたんだから黙って読んでてくれないか
保守代わりと考えているなら10分感覚くらいで良いから

921 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:52:03.10 ID:WOSjxP/60
>>920
さる

922 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:53:23.57 ID:Gw3cGxZ+0
みんな!>>920の意見に禿同しようぜ!!

923 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:55:00.30 ID:wPjzqh0x0
>>920
じゃあ禿同!

924 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 19:55:31.07 ID:I82am2C80
騒ぎながら読んだほうが面白く感じるのは俺だけか
俺は騒いでないけど。

925 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 19:59:22.05 ID:IUUzAZMB0
J( 'ー`)し「まさか」
( ・∀・)「ま、ありがちなお話ですが、母親というものは子を第一に想うものです」
J( 'ー`)し「……私は、私を孕ませた男を恨んでいます」
( ・∀・)「それは、根本的な要因ではないようです」
J( 'ー`)し「……」
( ・∀・)「その結果として誕生したしぃを、貴方は捨てることもなく懸命に育てた。勿論、娘が可愛かったから」
J( 'ー`)し「ですが、私はここにいます。ここにいる理由は、何かを恨んでいるから、でしょう?」
( ・∀・)「貴方をレイプした男たちへの恨みが、貴方をここにつれてきたわけではないようです」

( ・∀・)「貴方が恨んでいるのはあなた自身。娘を育てきることなく、一時の突発的な感情で自殺してしまった自分自身を恨んでいたのですよ」
J( 'ー`)し「……」
( ・∀・)「勿論、推測でしかありません。しかしあなたの存在がここから消えかかっているのは事実です」
J( 'ー`)し「そんなことは……」
( ・∀・)「証拠もありますよ。あなたは遺書にこう書き残した。娘に対し、『貴方も早く来てね』と」
J( 'ー`)し「……」
( ・∀・)「あなた、自殺してもなお、娘が成長する姿を見たかったんでしょう?」
J( 'ー`)し「たとえ、そうだとしても」

J( 'ー`)し「娘が死ぬことで恨みが晴れる私は……歪みきっていますね」
( ・∀・)「むしろ壊れていますよ。それは否定しません」

926 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:00:21.49 ID:Xb0wCLJiO
すぐに次スレが必要になるのになんで保守なんかしてたのかと

927 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:02:36.20 ID:OTrVwgPp0
次スレ用意すればいいだけだろ。立ちづらい板でもねーし。
920は馬鹿か

928 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:04:12.13 ID:OqNp+05HO
ってかスレ埋まるよりさるさんなるほうが駄目じゃん

929 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:05:15.94 ID:Kh5FYSc90
さるさる言ってるけどそれにしたってお前等無駄に喋り過ぎだろ

930 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:05:40.48 ID:o8mVM2o/0
「どんな人が、なぜ、どこで、どうやって自殺したか」 1000人実態調査
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160979384/l50

931 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:09:07.60 ID:ztYso8Cy0
>>927
なるべく1スレ内に収まったほうが良いだろ
馬鹿はお前だ。

もう手遅れだけど。

932 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 20:10:26.31 ID:IUUzAZMB0
J( 'ー`)し「もう一つ質問を」
( ・∀・)「はい、なんでしょう? もうあまり時間もなさそうですが」
J( 'ー`)し「私は消えるとどうなるんですか?」
( ・∀・)「……どうにもなりませんよ。眠り続ける感じですね、たぶん」
J( 'ー`)し「そう、ですか」
( ・∀・)「天国にいけることを期待しましたか?」
J( 'ー`)し「少しは」
( ・∀・)「それは残念です。あなたの魂はすり潰される。それで終わりです」
J( 'ー`)し「……」

J( 'ー`)し「それにしても、私程度の恨みを持つ人物など数多と存在しそうなものです」
( ・∀・)「……」
J( 'ー`)し「私と、あの少年だけというのは、いささか納得できません」
( ・∀・)「そう、ですね」
J( 'ー`)し「もしかして、何か」


途切れた。
テレビの電源を切ったときのように、突然。
男の前に今の今まで存在していたしぃの母親は、一瞬のうちに消失した。

( ・∀・)「……」

( ・∀・)「殺す手間も省けるんですねえ」

933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:11:17.91 ID:LyTOPyYHO
どっちでもいいからみんなでwktkしようぜ!?

934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:11:59.84 ID:ZzBk4IN+0
うっひょおおおおおおおおおおおおおおおお
消えちゃったよ

935 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:12:06.36 ID:O/NLlY/qO
>>933 禿同 wktkwktk

936 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:12:21.93 ID:dbrAWr4d0
なんかすごいwktk

937 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:12:46.06 ID:I2P3BFhk0
読者あってこその小説なんだぜ。

938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:12:53.29 ID:tiREHK5Z0
wkwkするぜwwwwwwwww

939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:13:06.80 ID:HPEmQRs/0
文章力ある人っていいなぁ・・・wktk

940 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:15:06.92 ID:+HOcVq3P0
一般以下の文章力だと思うけどな…

941 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:15:40.54 ID:OqNp+05HO
>>933
それだと無駄レス禁止派が怒るんじゃね?w
俺はwktk派だからいいけどw

942 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:15:57.39 ID:OTrVwgPp0
>>931
単発ID乙

943 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:17:05.85 ID:RqGr31vmO
文章力よりも、構成力だと思うんだ
内容が面白ければ、文章力が並以下だとしても面白いよ

944 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:17:37.68 ID:hXf3DQ/I0
面白い!
続き待ってるお( ^ω^)

945 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:18:09.34 ID:ztYso8Cy0
>>942
お前らより多く発言してなきゃ発言しちゃいけないのかよ?
姿慎めよ

946 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:18:45.39 ID:vRCVGzae0
やっと追いついた( ^ω^)

947 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 20:19:10.51 ID:IUUzAZMB0
( ・∀・)「さて、あとは貴方たちが消えてくれれば私の仕事は、とりあえず終了するのですが」
( ^ω^)「……」
( ゜ω゜)「ツンを殺せばいいお」
( ・∀・)「さて、そうなのですがね」

一つの問題が頭に残っている。
しぃの母親の最期の言葉。
なぜブーンと、しぃの母親だけがここにきたのか。
恨みといっても、世間的に考えればそれほど強いものではないはずだ。

( ・∀・)(そろそろ終盤と言いたいところなんですがねえ……)

・・・

・・



948 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:21:10.32 ID:O/NLlY/qO
モララー=作者?

949 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:21:11.20 ID:SogfEJYy0
>・・・

>・・

>・

これが何故か魅力的ッ

wktk

950 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:23:47.54 ID:3Diiflu/0
追いついてしまった・・・orz
だがwktk

951 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:24:41.56 ID:yvVjQRpVO
>>941
wktkするのははいいんだけど、予想とか無駄な雑談は、荒れる原因だとおも。
基本投下中は支援かwktkにとどめるべきかと

952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:24:47.21 ID:YozPY2ro0
>>949
エロゲでも使われる表現だろ

953 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:25:17.08 ID:I82am2C80
エロゲ!エロゲエロゲ!

954 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:27:12.49 ID:BFBFqxdB0
正直次スレ立ててわいわいしたほうがいいと思う俺

もうすぐ終わりそうだけどwwwwwwwwwww

955 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:27:30.85 ID:OTrVwgPp0
作者が神

956 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:28:29.56 ID:eLVF9DV30
そんなのはいいからwktkしようぜ

957 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 20:28:49.87 ID:IUUzAZMB0
御手洗川上流にて靴と、それに挟まれた紙切れが見つかったのは
数時間も経たない頃だった。

その紙切れには一言「ありがとう」と書かれていたらしい。

もっとも、その事実を知っているのは発見者と、警察のみ。
ニュースでも流れなかった些細な出来事を、ギコたちが知れるはずもなかった。

・・・

・・



958 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:31:31.56 ID:OqNp+05HO
>>951
把握
そしてwktk

959 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:32:06.66 ID:ztYso8Cy0
栗より瓜くれ

960 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:34:59.88 ID:eLVF9DV30
ワァクティカ

961 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 20:36:03.56 ID:IUUzAZMB0
ーーー病院ーーー

昼下がり。
バタン、と扉の閉じる音がして、刑事たちが外に出て行った。

ξ゚听)ξ「……あの世の人にやられたーなんてこと、説明できるわけないじゃない」

質問攻めを受けたツンは、ただただ深く息を吐いた。


男の言葉通り、ツンは無事に発見され、救急車で病院に運ばれる次第となった。
そして今、彼女はベッドに横たわっている。
家族も、もうすぐやってくるらしい。

まだ、腕や脚に痛みが残る。

ξ゚听)ξ「……ブーン」

ツンが思い出すのは、ブーンの殺気立った言葉の数々。
殺す、と。確かに彼はそう言った。
死んでもなお、殺そうとしているのだ。

ξ゚听)ξ「勘違い、勘違いなのに……」

ツンがそう呟いたところで、誰かが聞いてくれるわけでもない。

962 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:37:43.95 ID:LyTOPyYHO
支援

963 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:38:44.72 ID:yX6wcEsi0
どうせこれ終わったら次スレ立てるやつ必ずいるだろうし
そこまで神経質になる必要ないと思うんだ

964 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:39:14.64 ID:l3nJ14KCO
また案内所の作家気取りが暴れてるのか…

>>1の話は面白いんだから黙って読んでればいいものを。

965 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:39:31.20 ID:Zht6hcIj0
!追いついてしまった・・・

だが支援

966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:41:45.43 ID:lIb+EEvJ0
アニメ化決定

967 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:42:13.39 ID:inwCd7EP0
ドラマ化決定

968 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:42:32.46 ID:ZzBk4IN+0
映画化決定

969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:43:06.48 ID:ztYso8Cy0
>>964
その発言が荒れる切欠になるって事を何故分からない?

970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:43:08.51 ID:I82am2C80
なにか決定

971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:43:47.45 ID:I82am2C80
>>969
ただ荒らしたいだけで書き込んでるという事を何故分からない?

972 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:44:10.76 ID:Xb0wCLJiO
わかったわかった

973 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:44:42.59 ID:inwCd7EP0
よかったよかった

974 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 20:44:52.21 ID:IUUzAZMB0
ーーー公園ーーー

('A`)「で、俺らはどうすればいいんだろうな」
(´・ω・`)「……さて、ね」

二人がいるのはいつかの公園。

ツンの事件を二人は知らない。
事件自体は報道されたものの、被害者の名前までは公開されなかったのだ。

('A`)「なんつーか、これでよかったのかな、とか思うのよ」
(´・ω・`)「それはどうして?」
('A`)「しぃは死にたかったんだろ? それが叶ったんだから」
(´・ω・`)「……僕は、一時の気の迷いだったんだと思う。彼女は病気だったんだよ」
('A`)「病気ねえ……お」

('A`)「ギコじゃねえか!」
( ,,゚Д゚)「……」

口を半分、だらしなく開いたまま歩いていたギコはドクオの大声に、わずかに首を傾けた。

975 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:45:02.92 ID:lIb+EEvJ0
エロゲ化(ry

976 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:45:03.99 ID:ZzBk4IN+0
wktkwktk

977 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:45:17.75 ID:OTrVwgPp0
ID:ztYso8Cy0は厨2病。NGにしてwktkしとくのがいい

978 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:45:46.42 ID:K+KZVcnI0
ストップ! 罵り合いは作者の負担! 各々方思うところはあるでしょうが、ここはグッと堪えて

979 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:46:58.97 ID:OqNp+05HO
作者がどうしてほしいか言ってくれると意外に落ち着いたりする

980 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:47:09.76 ID:pQDr9FZK0
よし追いついたorz wktk置いておきますよ。

981 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:47:11.30 ID:LyTOPyYHO
>>978 禿同

982 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:47:36.16 ID:ztYso8Cy0
>>971
オウム返しでしか発言できないのか手前は。

983 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:47:44.82 ID:/HhtFL7n0
このスレ1000逝ったら寝る

984 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:48:40.56 ID:ztYso8Cy0
>>978
すまない、ついついアホを弄くりたくなる性癖を持ってるもんで。
これからは放置しときます。

985 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:49:04.78 ID:I82am2C80
>>982
そうか、お前のID抽出してみたらお前も同志か
もっと荒らそうぜ

986 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:49:08.96 ID:ZzBk4IN+0
勝手に絵かいちゃうもんねー
いやwktk

987 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:49:23.92 ID:nvhXnDByO
携帯の俺が華麗に1000ゲット

988 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:50:17.11 ID:CBPthpUJ0
↑リロードしまくってんじゃねえよ

989 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:50:37.77 ID:ze7220kQ0
>>987
早漏乙

990 : ◆xh7i0CWaMo :2006/10/16(月) 20:50:47.33 ID:IUUzAZMB0
( ,,゚Д゚)「……」
('A`)「心配したぞ、電話にもでないから」
( ,,゚Д゚)「……あぁ、うん」
(´・ω・`)「しぃのことは……」
( ,,゚Д゚)「いや、もういいんだ」

晴れやかな顔をつくり、ギコは首を振った。

( ,,゚Д゚)「あいつは、天国に行ったらしい」
('A`)「天国……」
( ,,゚Д゚)「ブーンと一緒にいた奴が言ってたよ」
(´・ω・`)「……ブーンと、会ったのか」

( ,,゚Д゚)「まあな」

ギコが事の顛末を話す。

991 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:52:13.64 ID:YJoxBAXcO
初めて追い付いたから1000取るわ

992 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:53:09.64 ID:pQDr9FZK0
>>991
がんばれ

993 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:53:36.43 ID:wPjzqh0x0
次スレが必要かと

994 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:54:10.02 ID:/HhtFL7n0
誰か立てるでしょ

995 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:54:23.80 ID:2zqr3YmXO
せん

996 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:54:25.91 ID:aZkZenap0
1000なら次スレは>>1が立てる

997 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:54:28.54 ID:18BtjCjCO
作者か誰かか?

998 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:54:32.71 ID:ztYso8Cy0
       ____
     /_ノ  ヽ、_\      >>999
   o゚((●)) ((●))゚o        wwwwwwwwwwwwwwwwww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |   ノ__  | .| | |
  |     | |  |     |〈 ̄   `-Lλ_レレ
  |     | |  |     |  ̄`ー‐---‐‐´
  \      `ー'´     /

999 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:54:34.99 ID:pXRzIh8G0
1000

1000 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/16(月) 20:54:35.91 ID:I82am2C80
>>1000だったらID:ztYso8Cy0は次スレでNG登録推奨

1001 :1001:Over 1000 Thread
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +        このスレッドは1000を超えました。
     〈_} )   |                                次スレも…VIPクオリティ!!
        /    ! +    。     +    +     *         http://ex16.2ch.net/news4vip/
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――  


248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)