5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

('A`)がコンビニ店員になったようです。

1 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:02:39.02 ID:u7SVCB4F0
まとめサイト様方
http://boon4vip.web.fc2.com/
http://boonnovel.g.hatena.ne.jp/bbs/5



2 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:03:33.84 ID:u7SVCB4F0
2部、最終話まで投下させていただきます。

3 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:05:21.13 ID:u7SVCB4F0

 ――――――ξ゚听)ξ「8よ!」―――――――


夢を見た。
もう死んでしまった親父に背負われて、ゆらゆら揺られる夢。

確か、祭りに行った帰りだったっけ?

親父にだだこねて、出店で当たるはずのない当たりくじを何回も引いて、
結局当たらなくて、泣き疲れて寝て・・・。
その帰り道、こんな風に親父の背中で揺られていたよなぁ。

親父の背中って、こんなに広かったんだ。
俺も、いつかこうやって背中に子供を背負うのだろうか?


今はもう、遠い日の思い出。
ずっと昔の、子供の頃の記憶がよみがえってきたかのような夢。


4 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:06:37.21 ID:u7SVCB4F0
(´・ω・`)「やあ、目が覚めたかい?」


気がつくと、俺はショボン先輩に背負われていた。
親父の背中と思っていたのは、ショボン先輩の背中だったのかよ・・・。


('A`;)「・・・何で俺、ショボン先輩に背負われているんですか?」

(´・ω・`)「ブーン達に助けを請われてね。
     現場に駆けつけて見れば、君が長岡組にボコボコにされているじゃないか。
     さすがの僕もビビったよ。」


そう言えば・・・
俺、瓶で殴られたんだっけ?
頭をさすると、包帯が巻かれているのがわかった。


('A`)「これ、ショボン先輩がしてくれたんですか?」

(´・ω・`)「いや、兄貴だよ。
     兄貴は自衛隊のレンジャー部隊にいたことがあってね。
     そのおかげで、応急処置はばっちりさ。」


・・・シャキンさんって、何者?


5 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:07:19.37 ID:u7SVCB4F0
そのあと、夜道を歩きながらその後のことを聞いた。

といっても、話は簡単だ。
シャキンさんが長岡組の若頭(あの支配人)と話を付けて、
今回の件は無かったことになったそうな。


シャキン・ショボン兄弟に改めて恐怖を抱きつつ、
俺は、ショボン先輩の背中に揺られ続けた。


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:08:24.22 ID:LmP+K0/bO
wktk

7 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:08:53.09 ID:u7SVCB4F0
('A`)「あの〜、これから何処に行くんですか?」

(´・ω・`)「ん? 
     いいとこ、いいとこ。
     ふふふふふふふふふふふ。」


何故か知らないが、俺は貞操の危機を感じた。
言っておくが、俺はまだ股間に初心者マークのついた童貞だ。

ショボン先輩なんぞに奪われてたまるか。

そのうち、目の前に公園が見えた。
ショボン先輩、あんた、何ばする気ね?


8 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:09:57.04 ID:u7SVCB4F0
そんな風に、俺が貞操の危機を感じていると
ショボン先輩は、公園の入り口の前で立ち止まる。

何事かと思い、辺りを見渡す。
すると、公園の中からブーンとツンの声が聞こえてきた。


(´・ω・`)「なんだか、もめているみたいだね。
      ここで、ちょっと盗み聞きすることにしよう。」


あんた、趣味悪すぎです。

心の中でそう思いつつ、俺はショボン先輩の背中から降り、
公園の入口の塀に背を預けて座った。


悪いとは思ったが、俺も耳を澄まして、ブーン達の会話を聞くことにした。


9 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:11:23.24 ID:u7SVCB4F0
#゚听)ξ「あんた、ドクオを置いていくなんてどういうつもりなのよ?」

( ^ω^)「・・・ツンを助けることが、最優先だったんだお。」

#゚听)ξ「はぁ?
     大体ね、あたしがいつ助けてって言ったわけ?
     あんた達のせいで、もうあの店で働けなくなったじゃない・・・。
     どう責任取ってくれるのよ・・・。」


ツンが呆れた声で呟く。


(;^ω^)「ツンも見たお!
     あいつら、やくざ屋さんだお!!
     そんな店で、幼なじみを働かせるわけには行かないお!! 」

#゚听)ξ「それが余計なお世話だって言っているのよ!!」


突然、ツンがヒステリーを起こしたかのように大声を上げた。


10 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:12:25.64 ID:u7SVCB4F0
#゚听)ξ「そんなことくらい、うすうす感じていたわよ!
     それでも働かなきゃいけない理由があるから、あそこで働いてんいたじゃない!! 」

(;^ω^)「あんな店で働く理由なんてあるわけないお!!
     デタラメ言うなお!! 」

#゚听)ξ「デタラメじゃないわよ!!
     パパの事業が失敗して、パパの会社がつぶれたの!!
     結局自己破産して、家は無くなるし、
     パパは精神的に参って入院するし、ママも心労で倒れちゃった。
     なら、あたしが働くしかないじゃない!! 」


ツンに、そんなことがあったなんて・・・。
それなのに、俺達は自分勝手な理由で・・・。


(;^ω^)「え・・・そんなこと聞いていないお。
     それじゃ、大学は・・・?」

#゚听)ξ「・・・今は休学中だけど、もう辞めることになるでしょうね。
     大体、うちが近所なんだから、そんなことくらいすぐわかるでしょ!?
     それで幼なじみなんて、よくもまぁぬけぬけと言えたものね!!」


胸が、痛い。
きっと、幼なじみのブーンにとっては、その痛みは俺の比ではないだろう。


11 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:15:26.51 ID:u7SVCB4F0
#゚听)ξ「あたしみたいな小娘が高い給料もらえるところなんて、
     夜のお仕事しかないじゃない!!
     それで、やっと慣れてきた頃にこれよ!! 」

(;^ω^)「・・・・・・。」

#゚听)ξ「あんたみたいな親のスネかじっているニートに、
     あたしの仕事をどうこう言われたくないのよ!!
     これからのあたし達の生活、どうしてくれるのよ!! 」


そうだ。
俺達に、ツンの仕事をどうこう言う資格なんてなかったんだ。

俺は、なんてことをしてしまったんだ。


12 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:17:08.14 ID:u7SVCB4F0
#;凵G)ξ「なんとか言いなさいよ!!
      あたしはこれからどうすればいいのよ!!
      親をほっぽり出して、大学に通えばいいの!?
      やくざな店で、汚いオヤジ達に囲まれて汚れていけばいいの!?
      ねえ、何とか言ってよ!! 」


ツンの、涙混じりの叫び声があたりに響く。

しばらく、沈黙が続いた。

すると突然、「ゴンッ!!」という鈍い音があたりに響いた。


;゚听)ξ「あ、あんた何やってんのよ!?
     電柱に頭突きかますなんて、ば、馬鹿じゃないの!?
     ち、血がいっぱい出ているじゃない!!」


何をやっているんだ、ブーンは・・・。
俺は痛む体に無理をさせて立ち上がり、公園の中に入ろうとした。

しかし、そんな俺をショボン先輩が手を伸ばし制止する。


13 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:19:32.77 ID:u7SVCB4F0
( ^ω^)「・・・本当に、僕は馬鹿だお。
     熱くなれるものがこんな近くにあるなんて、気付きもしなかったお。」

;゚听)ξ「な、何言っているのよ!?」

( ^ω^)「ツン、僕がお金を稼ぐお。」

;゚听)ξ「はぁ!? あ、あんた、頭おかしくなったんじゃない!?」

( ^ω^)「むしろ、目覚めたんだお。
     ツンの言うとおり、僕は親のすねかじりのニートだお。
     でも、今は先輩のバーで働かされているお。
     だから、自分で稼いだお金は好きに使えるお。
     それを、ツンにあげるお。」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:21:12.80 ID:YoZQfxmp0 ?2BP(1)
さるさん回避

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:23:22.59 ID:8pUoDLhwO
これと策略とトライアスロンを行き来してる、ああ忙しい

16 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:23:36.79 ID:u7SVCB4F0
#゚听)ξ「はぁ!?何言ってんのよ!!
     あんた、あたしを馬鹿にしているの!?」

( ^ω^)「馬鹿にしてなんかいないお。」

#゚听)ξ「あのねぇ、他人様にお金を恵んでもらうほど、
     あたしの心は落ちぶれていないのよ!!」

( ^ω^)「言い方が悪かったお。
     それなら貸すお。返済期限はいつでもいいお。」

;゚听)ξ「な、なんであんたなんかにそこまでしてもらわなきゃなんないのよ!」

( ^ω^)「僕たちは赤ん坊の頃からの幼なじみだお。
     それでは、理由にならないかお?」

;゚听)ξ「な、なるわけ無いじゃない!!」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:24:55.60 ID:XHxCBXOy0
支援

18 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:25:00.04 ID:u7SVCB4F0
(;^ω^)「じゃあ、言うお。
     僕はツンのことが・・・。」



その時、ショボン先輩が俺に肩を貸した。
俺は先輩の肩を借りて立ち上がる。


(´・ω・`)「ここから先は、他人の僕たちが聞いて良いことじゃない。」

('A`)「・・・そうですね。」


そして、俺達は公園から離れていく。
やがて、体力の限界に来た俺は、再びショボン先輩に背負われた。


19 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:27:01.75 ID:u7SVCB4F0
東の空を見ると、かすかに白みはじめている。
夜明け前の街は、驚くほど静かだ。

そんな中、背中越しにショボン先輩が話しかけてくる。


(´・ω・`)「あの時は、ダメダメじゃんなんて言って、すまなかったね。」

('A`)「・・・いいんですよ。」


高校時代、ツンとブーンと三人で話すことが何度もあった。
そのたびに、俺は思っていた。

ブーンと話しているとき、ツンはすごく楽しそうに笑うんだ。
そんな笑顔、俺や他の奴らと話しているとき、決して見せなることはなかった。

いや、一度だけ・・・・・・。
彼女に買い物に連れて行かれたあの時だけ、俺にも見せてくれたっけな。


俺には、その思い出だけで十分だ。



20 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:28:05.84 ID:u7SVCB4F0
(;A;)「・・・・・・。」

(´・ω・`)「・・・泣いているのかい? 」


俺は目をこすり、呼吸を整えて言う。


('A`)「な、泣いてないですよ!!」


その俺の言葉に、ショボン先輩はクスリと笑う。

ああ、そうですよ。泣いていましたよ!
こんな時に泣かないで、いつ泣くんですか!?

心の中で愚痴っていると、ショボン先輩が言った。


(´・ω・`)「今日はおごるよ。
     僕のバーで、気の済むまで好きな酒を飲むと良い。」

('A`)「・・・それより、病院に連れて行ってくれませんかね?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:30:07.81 ID:YoZQfxmp0 ?2BP(1)
>>15
それなんて俺?

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:32:46.35 ID:XHxCBXOy0
支援

23 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:34:06.41 ID:u7SVCB4F0

 ――――――ξ゚听)ξ「9よ!」―――――――


数日後、怪我も多少回復した俺は、
コンビニの深夜バイトに復帰した。

数日前のあの出来事が嘘のように、俺の身辺は静かだ。


いつものように仕事をこなし、気がつくと客の少ないAM4:00。
そろそろ、ブーンがやってくる頃か。

そんなことを思いながら、バックスペースでタバコを吹かす。
すると、店内にいつもの電子音が鳴り響く。


ξ゚听)ξ「よっ! 」

(`・ω・´)「やあ! 」


これは・・・意外な組み合わせだ。


24 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:38:18.57 ID:u7SVCB4F0
('A`)「あー、珍しい組み合わせですね。」

(`・ω・´)「そんなことより、怪我の方は大丈夫かい!?
     急いでいたから応急処置しかできなかったが。」

('A`)「おかげさまでこの通り、ピンピンしていますよ。」


そう言って、俺は大げさなアクションを見せる。


('A`)「それより、この前は仕事中に突然すまなかったな。」

ξ゚听)ξ「・・・こっちこそ、ごめんなさい。
    そんなひどい怪我までさせて、今まで顔出さなくて。」

('A`)「そんなことか。気にするなよ。」


それより、ツンの次の就職先の方が気になる。
それに、親父さんやお袋さんは大丈夫なのだろうか?


25 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:42:28.00 ID:u7SVCB4F0
ξ゚ー゚)ξ「あのね、あたし、
      シャキンさんのお店で働かせてもらえることになったの!」

('A`;)「ほ、本当か!?」

(`・ω・´)「ああ。 それも時給××××円でね。」

('A`;)「そ、そんなに!?」


俺の時給の何倍だよ・・・。
でも、それだけあれば月にかなりの金になるはずだ。




26 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:43:17.61 ID:u7SVCB4F0
(`・ω・´)「これだけの器量の良さだからね。
     うちのバーにとっては、かなりの戦力になるよ。」

('A`;)「でも、そんなに給料出して、お店の方は大丈夫なんですか?」

(`・ω・´)「大丈夫、大丈夫。
     そのかわり、ブーン君の給料を下げるから。」

ξ゚ー゚)ξ「時給300円らしいわよ。
    傑作よねw」

(`・ω・´)「ブーン君には内緒だよ。
     まだ彼には言っていないからね。」


そんな、殺生な・・・。
シャキンさん、労働基準法に真っ向勝負ですか?


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:43:41.82 ID:XHxCBXOy0
支援

28 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:46:55.03 ID:u7SVCB4F0
(`・ω・´)「あ、そうそう。
     長岡組には話を付けてあるから安心しなよ。」

ξ゚ー゚)ξ「というわけだから、あんたもバーボンハウスに顔出しなさいよ。」


もう、何が起こっても俺は驚きませんよ。
そして、二人は店から出ていった。

すると入れ違いに、ブーンが店にやってきた。


( ^ω^)「おいすー。
     ドクオ、いつにもましてひどい顔だお?」

('A`)「名誉の負傷のおかげでな。」

( ^ω^)「おっおっお。 ドクオの脳内はいつでも平和だお。」


お前に言われたくないよ、時給300円。


29 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:47:42.28 ID:u7SVCB4F0
( ^ω^)「それより、ツンがバーボンハウスで働けるようになったお! 」

('A`)「そりゃあ良かった。」


俺は、素知らぬ振りをして答えた。
こいつのうれしそうな顔をみれば、誰だってそうするだろう。


( ^ω^)「まあ、今日はそれだけだお。
     バイトの最中だから、これで失礼するお。」

('A`)「バイト、頑張っているみたいだな。」

( ^ω^)「おっおっお。 
     僕は、やっと熱くなれるものを見つけたんだお! 」


誇らしげにそう言うと、ブーンはコンビニから出ていった。

良かったな、ブーン。
今度は見失うなよ。


だけどさ、お前の時給って300円なんだぜ?


30 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:48:41.89 ID:u7SVCB4F0
やがて、交代の時間が来た。
俺がバックスペースに入ろうとすると、パートのマダムが話しかけてくる。


「その怪我どうしたのよ、ドックン!?」

('A`)「ああ、ちょっと喧嘩しまして・・・。」

「まあ! あたしのドックンにそんな怪我をさせるなんて・・・。
 許せない!! そいつの名前、教えなさい!!」

('A`;)「いや、もう済んだことですから・・・。」

「大丈夫よ! こう見えても柔道2段なのよ、あたし♪」


なんで俺の身の回りには強者ばっかりいるのだろう?

いきり立つ麻子さんを何とかなだめると、
俺はいつものように、野菜ジュースを片手に店から出た。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:49:59.14 ID:OYt4euUD0
wktk

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:51:12.31 ID:YoZQfxmp0 ?2BP(1)
麻子ツヨスwwww

33 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:52:21.84 ID:u7SVCB4F0
すると、店の外には見慣れた顔があった。


( ^ω^)「おいすー。」
ξ゚听)ξ「やっほー。」


約二時間ぶりの再会だ。


('A`)「どうした? バイトはもう終わったのか?」

( ^ω^)「とっくに終わっちゃったお。
     それより、ツンが朝ご飯おごってくれるらしいお。」

('A`)「へー、そりゃどういう風の吹き回しだ?」

;゚听)ξ「あ、あんた達にはいろいろ借りがあるからね!
     それを返そうと思っただけよ! 」

( ^ω^)('A`)「はいはい、ワロスワロス。」

('A`)「でも、こんな朝早くに開いている飯屋なんてあるか?」

ξ゚听)ξ「うーん・・・牛の屋?」


ツン、牛丼再開まではまだ数日あるぞ。


34 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:56:38.23 ID:u7SVCB4F0
ξ゚ー゚)ξ「ほーら、つべこべ言わずに、おねーさんについてきなさい! 」

( ^ω^)「牛丼屋でおごるくらいで、偉そうにするなお。」

#゚听)ξ「何ですって!! 」


そう言って、二人は取っ組み合いのけんかを始める。
まったく、仲のいいことで。

空を見上げた。
薄い青空の下、電線にスズメが2羽とまっている。




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:57:07.90 ID:YoZQfxmp0 ?2BP(1)
さるさん回避

36 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:57:13.58 ID:u7SVCB4F0
(#^ω^)「このオトコ女!!」

#゚听)ξ「黙れ、時給300円!! 」

(;^ω^)「な、なにそれ?」

ξ゚ー゚)ξ「あんたの給料、300円に下がったのよ。」

('A`)「らしいぜ。」

( ;ω;)「そんな馬鹿なああああああああああああああ!!」


早朝の街に、ブーンの叫び声が響く。


その声に驚いたのだろうか?
電線のスズメが二匹、仲良く空へと羽ばたいた。



第2部 完


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:58:09.03 ID:9IpLINBA0
最終回じゃねーのか

38 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 22:58:21.88 ID:u7SVCB4F0
というわけで、2部は以上です。
3部はまた後日、投下させていただきます!

書き込んでくれたみなさん、ありがとうございました!

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 22:59:01.29 ID:08clWALk0
mjdk
とりあえず乙
wktkして待ってるぜ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 23:00:37.50 ID:MMKwgX90O
俺この小説好きだから頑張って

41 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/09/10(日) 23:03:34.28 ID:u7SVCB4F0
>>39
そう言ってもらえるとうれしかです!

>>40
完全に趣味で書いているので、
完結まで苦もなくかけると思います。

そんな作者の趣味を好きだと言ってくれる方がいるなんて、
私は幸せ者ですばい。

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 23:07:04.86 ID:Kc32avMWO
なんとなくドクオの海ににてるな
まぁどっちも好きだからいいけど

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 23:21:16.19 ID://uZ5uwkO
第2部完結乙です

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 23:31:10.30 ID:mUPyUAEZO
世界のすべて の人か!!!

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日) 23:32:29.98 ID:YoZQfxmp0 ?2BP(1)
乙です
まとめ更新しました
http://boonnovel.g.hatena.ne.jp/bbs/5

近いうちに、第2部だけのまとめも更新するつもりです

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)