5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後輩が・・・

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:05:28.31 ID:fcUiOZ7Y0
私は部活だったので、帰りは遅くなりました。
遅くなって、だいぶ日が沈んできました。
帰り道を歩いていると、後ろから誰か付けてきたんです。
振り向くと、部活の後輩(男)でした。
「○○先輩、一緒に帰りませんかぁ?」
私はこの後輩があまり好きでなかったので、
「ごめん、急いでるの」と言って、先に帰ろうとしました。
すると、その後輩は後ろからつけてきたんです。
帰り道が同じだから、あまり気にしませんでしたが、
私と同じスピードでつけてくるんです。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:05:46.67 ID:/6L6rm2d0
私まで読んだ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:06:21.17 ID:2qcnRTSB0
それキングボンビーじゃん

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:07:02.86 ID:/OWYgub90
スタンドじゃん

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:07:12.70 ID:NqnIoI9N0
<●> <●>

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:07:37.91 ID:Cug5uMUD0
わっふる わっふる

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:07:52.85 ID:HF3KQiGY0
赤ペン先生より

う〜ん >>1君の発想力には毎回先生も驚かされるね!
だけどここはvipだからもっと「ひねり」が必要かな
でも>>1君のセンスなら少し努力すればすぐに立派な
スレッドが立てられるようになるよ!頑張れ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:08:01.14 ID:joqM1jSj0
くけけけけけけけけけけけけけけけけけけ
けけけけけけけけけけけけけけけけけけけ
けけけけけけけけけけけけけけけけけけけ
けけけけけけけけけけけけけけけけけけけ
けけけけけけけけけけけけけけけけけけけ
けけけけけけけけけけけけけけけけけけけ


        -=・=-    -=・=-




このスレは祟られました
祟りを解くには事件を解決してください
それだけが私の望みです

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:08:12.15 ID:erfZ6HUg0
後輩が東京湾に沈みました。
まで読んだ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:08:21.58 ID:fcUiOZ7Y0
私は必死に振り切ろうと、エンジンを全開にしました。
ですが、後輩もピッタリくっついてきます。
「くそっ!!」
私はコーナーにさしかかりました。
キキキキキキキッッッ!!!!
私には何がおきたのかわかりませんでした。
ふと後ろを見ると、後輩の車が横転していたのです!
「大丈夫!?○○くん!!」
私は必死に後輩の意識を確認しました。
「だ・・・大丈夫です・・・○○先輩」
「ちょっとまってて、今すぐ霊柩車呼ぶからね!」
私は急いで電話をしました。
「○○・・・先・・・輩・・・最後に見れたのが、あなたの顔で、良かったです・・・」
「何言ってるの!貴方にはまだまだ楽しい未来があるのよ!」
私は、後輩の意識が途絶えないように必死で話しかけた。
しかし、霊柩車がつくまでに彼は・・・・・・・・・・


            / ̄ ̄ ヽ,
           /        ',
        _ {0}  /¨`ヽ {0}
       /´    l   ヽ._.ノ   i
     /'     |.   `ー'′  |      続きは?
    ,゙  / )  ノ         '、
     |/_/             ヽ
    // 二二二7      __     ヽ
   /'´r -―一ァ"i   '"´    .-‐  \
   / //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:08:40.21 ID:XivvFLnZ0
私は部活だったので、帰りは遅くなりました。
遅くなって、だいぶ日が沈んできました。
帰り道を歩いていると、後ろから誰か付けてきたんです。
振り向くと、部活の後輩(男)でした。
「○○先輩、一緒に帰りませんかぁ?」
私はこの後輩があまり好きでなかったので、
「ごめん、急いでるの」と言って、先に帰ろうとしました。
すると、その後輩は後ろからつけてきたんです。
帰り道が同じだから、あまり気にしませんでしたが、
私と同じスピードでつけてくるんです。
私は必死に振り切ろうと、エンジンを全開にしました。
ですが、後輩もピッタリくっついてきます。
「くそっ!!」
私はコーナーにさしかかりました。
キキキキキキキッッッ!!!!
私には何がおきたのかわかりませんでした。
ふと後ろを見ると、後輩の車が横転していたのです!
「大丈夫!?○○くん!!」
私は必死に後輩の意識を確認しました。
「だ・・・大丈夫です・・・○○先輩」
「ちょっとまってて、今すぐ霊柩車呼ぶからね!」
私は急いで電話をしました。
「○○・・・先・・・輩・・・最後に見れたのが、あなたの顔で、良かったです・・・」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:09:39.63 ID:wVLLN6AR0
霊柩車?w
普通死んでても呼ぶのは救急車だろがwwwwwwwww

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:13:59.47 ID:fcUiOZ7Y0
>>12
>>12
>>12
>>12
>>12
>>12
>>12


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:14:35.34 ID:FwdsVYqgO
はいはいマジレス厨マジレス厨

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/08(金) 19:19:05.00 ID:y9iKKxJc0
>>14
>>14
>>14
>>14
>>14
>>14
>>14
>>14
>>14

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)