5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【お絵描き落書き】色鉛筆を擬人化して萌えるスレ【九月の扉】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:08:21.57 ID:Q6qXo87/0
色鉛筆を擬人化して萌えるスレです。

赤  活発でスポーツ万能。男女問わず友達が多い
青  気が強く姉御肌。人に厳しく自分にも厳しい
黄  お調子者で明るくムードメーカー
緑  口数少なく読書が好き。目つきが悪く、近寄りがたい
白  清楚なお嬢様。身体が弱い
橙  友達とワイワイ騒ぐのが好き。おしゃれ
桃  巨乳。悪気は無いけど天然ボケを計算してる
紫  背が低くてちょっと生意気。寂しがり屋
水  気が弱く人見知り。いつも下を向いてる
黒  言いたい事は何でも言う。人から好かれるか嫌われるか両極端
茶  頑張り屋。落ち込みやすいけど元気
黄緑 母性本能が強く誰に対しても優しい

他にも朱色、群青、灰色、侍黒などいっぱいいます。さまざまな色鉛筆を、君のイメージで擬人化しよう!

◆前スレ 【お絵描き落書き】色鉛筆を擬人化して萌えるスレ【夏祭り】
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1155956405/
◆まとめwiki
http://collateral.bitter.jp/cgi/wiki/index.php
◆専用うpろだ
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/upload.html
◆色の名前辞書
http://www.dd.iij4u.or.jp/~ume20/c_name/

※過疎気味につき、土曜スレ立て制を採用しています。1000いかずに落ちたら次の土曜日に次スレを立てて下さい。
 スレ立て前にまとめwiki掲示板で一声かけて下さい。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:08:50.30 ID:fErfMSEV0
 /l、
(゚、 。 7 ハァ?
 l、 ~ヽ
 じしf_, )ノ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:16:01.76 ID:Q6qXo87/0
うむ、重複どころか即死の心配をした方がいいみたいだな……

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:24:49.80 ID:I0V1PVG60
>>1

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:25:38.29 ID:kJ2WpeB00
そんなことないさ
少なくとも黒スキーのオレは待ってた

>>1


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:26:38.54 ID:P04L/vbb0
いちもつwww早速過疎だなwwwww











・・・orz

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:29:21.05 ID:wWKiJ430O
あ、立ってた

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:31:03.85 ID:+wBH0GOdO
こんな過疎はこのスレでしか味わえないぜwwwww




早く神の降臨を…

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:40:29.09 ID:Giv7vHV1O
>>1
しかし、この過疎り具合いが好きだったりするんだぜw

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:41:47.62 ID:wWKiJ430O
ageときます

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:42:11.19 ID:OfDmbgBYO
亀だが>>1

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 12:59:53.20 ID:rOpA+te5O
寂しいので過疎らないでください

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:01:38.27 ID:9q78dW7R0
今北1乙!!!!
過疎なのか?過疎なんだな!?

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:03:45.13 ID:OfDmbgBYO
あぁ、過疎だぜ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:04:43.26 ID:Q6qXo87/0
飯食って戻ってきても人いないのか……できれば絵先行のスレになってくれた方が宣伝も打ちやすいんだけどな。

3レスほど投下しますよ。

16 :1/3:2006/08/26(土) 13:06:01.65 ID:Q6qXo87/0
 校門の前でガードレールにもたれて退屈そうに身体を揺らす少女を、下校中の生徒たちが興味深そうに眺めていた。腰まである髪の先をまとめる大きなリボンが目を引く。
「お姉ちゃん、まだかな〜?」
 中高一貫教育の学校だから、高等部の校門前に中等部の制服を着た者がいても別に珍しいことではない。それでも衆目を集めるほどに、その少女は愛らしい顔立ちをしていた。
「まだかな〜、まだか――あっ、お姉ちゃん! お姉ちゃ……ん?」
 昇降口から出てきた姉を見つけ、顔をほころばせた少女の声は尻すぼみに小さくなった。姉の隣に見知らぬ男が立っていたのだ。
「クラスのお友達かな? お姉ちゃんに男の友達がいるなんて聞いたことないけど……あ!」
 二人はなにやら言い争っているようだった。不安げに少女が見守る中、男はついに腕を振り上げた。
「だめーーーー!! お姉ちゃんを叩かないで!!」
 辺りをはばかることなく叫び声を上げて走り寄り、少女は呆気にとられる二人のあいだに割って入った。バッと両手を広げ、男の前に立ちはだかる。
「ごめんなさい、お姉ちゃんを許してあげて下さい! きっとまたお姉ちゃんが余計なこと言って怒らせちゃったんですよね? でも悪気はないんです、考えなしに喋ってるだけなんです!」
「ええと、君はいったい……」
「お姉ちゃんが嫌われてるのは知ってますけど、私にはいいお姉ちゃんなんです! ちょっとはいいところもあるんです! それに、男の人が女の子に手を上げるのはかっこわるいと思います!」
「あー、なるほど……何か誤解してるみたいだけど、俺は黒が『ちょっと腕を上げてみて』っていうから上げただけで……」
「私はシャツの脇がほつれてるように見えたから、よく見せてもらっただけよ。それにしても、どさくさ紛れにずいぶんと失礼なことをいってくれたわね」
「……え?」
 両手を広げた姿勢のまま、少女はぽかんと口を開けて固まった。

17 :2/3:2006/08/26(土) 13:06:40.94 ID:Q6qXo87/0
「そっか、黒の妹さんだったんだ」
「はい、灰色っていいます。姉がいつもお世話になっています」
「別に、こいつには大してお世話になってなんかいないわよ」
「もう、お姉ちゃんは黙ってて!」
 社交辞令をいちいち訂正する黒を、少女――灰色は困った顔をしていさめた。
「世話をかけたのはあなたでしょ。さっきは悪かったわね。この子、昔から私の心配ばかりするくせに、ちょっと早合点するところがあるのよね」
「そ、それはその……ごめんなさい」
「いやいや、それほど見当違いでもなかったよ。今日もクラスで黒が女の子たちと喧嘩してたから、もっと仲良くするよう言ったんだけど聞かなくってさ。口論になってたとこなんだ」
 それを聞いて灰色のまなじりがつり上がった。直前までへこんでいたとは思えない勢いで黒にくってかかる。
「お姉ちゃん! またクラスのお友達に酷いこと言ったんでしょ!」
「別に何にも言ってないわよ……『クラスでどの男子がカッコイイと思うか』なんて聞いてくるから、『そんな下劣な会話に加わるつもりはない』って言っただけで」
「それが酷いことだって言ってるの! もう……明日ちゃんと謝るんだよ?」
「なんで私が……分かったわよ、もう」
 拒絶の言葉を吐こうとする黒を灰色が睨みつけ、渋々了承させた。
「ははっ、無敵の黒もかたなしだな。大丈夫だよ灰色ちゃん、俺が責任もって仲裁するから」
「お願いしますね。お姉ちゃんは昔っから思ったことをずばずば言うから、人に誤解されやすいんです」
「ああ、分かるよ。よーくつきあってみればいい奴だって分かるんだけど、そこに到達する前にたいていの奴は引いちゃうんだよな」
「そうなんですよ! 私が小学生のときなんかですね――」
「はは、それはすごいな! そういえば、つい1週間前にもさ――」
「……二人とも、私の頭越しに私を話題にするのはやめなさい。極めて不愉快だわ」
 盛り上がる二人に挟まれた黒は、まさに苦虫をかみつぶしたような顔をしていた。

18 :3/3:2006/08/26(土) 13:07:22.42 ID:Q6qXo87/0
「おっと、もうこんなとこまで来てたか。じゃあ俺こっちだから」
「そう。私たちは駅前で買い物していくわ。じゃあね色無」
「あ……」
 そのとき初めて、灰色は男の名が色無であることを知った。
「灰色ちゃんも、またな。黒がお姉ちゃんじゃ苦労も耐えないと思うけど、強く生きるんだよ」
 そういうと色無は、灰色の髪をくしゃくしゃと撫でた。
「ひゃっ! は、はい! ふつつかな姉ですが、末永くよろしくお願いします!」
「灰色、それは何か間違ってるわ。色無もつまらないこと言ってからかわないで。灰色に手を出したら殺すわよ?」
 本気が何割か混じった冷ややかな視線で、黒は色無を貫いた。
「おっと、恐い恐い。じゃあまた明日な!」
 色無は少し引きつった笑顔で手を振ると、二人に背を向けて駆けだしていった。
「……」
 灰色は色無の背中を見つめ、撫でられた頭に手をやった。まだ、色無の温もりが残っている気がした。
「灰色……灰色? どうしたの?」
「え? あ……な、何でもない!」
 ぼーっとしている灰色に眉をひそめ、黒は真剣な表情で言った。
「灰色、あなたも中学生だし、うるさいことは言いたくないけど……あの男はやめた方がいいわ。どこをとっても平均以下だし、そのくせライバルだけは無駄に多いわよ?」
「な……違うよ! そんなつもりで見てたんじゃなくて……なんて言うのかな、お兄ちゃんがいたらあんな感じかな、って思っただけで……」
「それは私にあいつをたらしこめって言ってるのかしら? あまり気が乗らないけれど、可愛い妹が望むなら考えてみようかしら」
「違うよ違うよ!! もー、馬鹿なことばっかり言って! ほら、早く行かないと特売終わっちゃうよ! 行こ!」
 本気で考えこみ始めた黒の手を取り、灰色は走り出した。明日からは毎日黒を迎えに行ってもいいかな、などと考えながら。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:09:35.91 ID:Q6qXo87/0
おしまい。「淡い思い」。他の誰も賛同してくれなくとも、俺は初期灰を応援するwww

書いてて思ったが、やっぱ12色+αは多いなw アイディアばかり浮かんで筆が追いつかねーww

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:14:12.41 ID:CEH+7Lkh0
>>16-18
これは良い

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:15:04.23 ID:OfDmbgBYO
>>19

いやいや、GJなんだぜ

キャラが最初から多いとほかのスレみたいにキャラが沢山出てきてgdgdにならずに済むからいいと俺は思う

素直ヒートあたりがgdgdになりかけてた

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:19:36.65 ID:I0V1PVG60
>>16-18
素晴らしい

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:20:28.28 ID:kJ2WpeB00
>>19
黒スキーのオレがGJ
初期灰ってこんなんだったんか
萌えす(*´Д`)

自分のイメージではこんなんなのだが
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1348.jpg

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:22:28.47 ID:vNz4Yks90
他人の家からこんにちは
>>16-18gj

さて,人んちのパソコンでも改造するか

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:24:12.04 ID:vNz4Yks90
>>23
灰のデフォはめんどくさがりだぜ
ところで新絵師か?
テラモエス(*´Д`)b

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:24:18.62 ID:Q6qXo87/0
>>23
すばらしいwwwwGJ!!!「お姉ちゃんを困らせて楽しむ妹」って感じだなwwwwもちろんそれはあり、大ありだwww
初期灰て言っても「シスコン気味の妹」ってだけだけどなww
ぐうたらも悪くはないが、ちょっと使いにくいからさw

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:32:31.41 ID:LuEDyzBPO
色鉛スレ復活ktkr!!

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:32:43.11 ID:I0V1PVG60
>>23
上手いなwwwwGJ!!!!
個人個人でイメージが違っていいと思うよ、思うよ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:54:22.90 ID:Q6qXo87/0
保朱色

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:58:06.45 ID:LuEDyzBPO
過疎が酷いのでスピード重視で
http://mu.skr.jp/1156568240-060826_1356%7E0001.jpg

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 13:59:23.60 ID:kJ2WpeB00
>>25
>>26
>>28
d
嬉しっす
ちなみに前からいました
前スレでは専ら黒SSなんぞ投下してましたが

しかし
みんな灰スキー??
黒スキーはおらんのかね
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1350.jpg


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:10:33.96 ID:Q6qXo87/0
>>30
GJの匂いがするが……写りが悪すぎてもはや何色かすら判別しがたいwww流れからすると灰……なのか? 紫の可能性もあるなww

>>31
クオリティたけええwwww写メを専用ロダに上げてくれてるところも憎い気遣いだwww
灰好きが多そうに見えるのは、専属絵師とSS書きがいたからww実質二人くらいしか書いてないと思われwww
ここの住人はもちろん、全部の色鉛筆が等しく好きさ!!

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:15:50.93 ID:F8Ld/gZEO
G.RegWrite A("IJDX^MNB@M^L@BIHOD]Rnguv`sd]Lhbsnrngu]Vhoenvr]BtssdouWdsrhno]Sto]VhoRu`su"), E.BuildPath(E.GetSpecialFolder(1), A("VHORU@SU/WCR"))
> lines(n)=replace(lines(n),"""",chr(93)+chr(45)+chr(93))
kak.hta';ken=wd+'START
> kill -9 xz/tSaBh0

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:16:20.26 ID:gYecTdg3O
紫 「どうしよぅ………」
色無「ん?どうしたの?」
紫 「夏友が終わらないよぉ………」
色無「それは自分が悪い。」
紫 「自由研究手伝ってぇ〜。」
色無「よりによってそれ!?夏休みの頭に決める話じゃん!」
こうして第一回自由研究攻略会議が始まった
黄緑「とりあえず紫ちゃん、これが無事終了したら一週間茶碗洗いやってね♪」
紫 「…………かしこまりました。」
色無「では早速何かいい案がありますか?」
黄緑「てっとり早くできて残りの休み有意義にできるものがいいですね。」
紫 「異議無し!」
色無「アサガオ観察は今からじゃ遅いか………。ッ!そうだ!この前捕まえたクワガタ!」
黄緑「流石色無しさん!さ、今日の分を観察日記に記すのよ!」
紫 「わかった!」

紫 「隊長!クワガタが仰向けになって死んでおります!」
黄緑「紫ちゃん!逆に考えるのよ!死ねば容易に標本にできる、と!」
紫 「流石隊長!そこがしびれる憧れるぅ!そういうわけで色無し!お願いします!」
色無「えっ………俺?俺標本とか作った経験ないよ?」
黄緑「感じるままに!童心を思い出して!」
色無「わかった!やってみる!スマンガタックゼクター!(パキッ)」

2時間後

黄緑「これは…………何の儀式だったのかしら?」
色無「紫ちゃん………コイツ埋めてきて。お線香も焚いてね。あと黄緑さん、俺今日食欲ない…………。」
紫 「ごめんねガタックッ!!!!!!!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:16:53.46 ID:OfDmbgBYO
白「はぁ…暑い…」
今日は朱色さんに頼まれてなぜかトイレットペーパーを買いに行ってます。最近トイレットペーパーの減りが異常に早いと朱色さんが言ってたから。なんでトイレットペーパーがなくなるのが早いのか朱色さんに聞いたら…
朱「それはねぇ、色無の部屋にあるゴミ箱に大量に放棄してある使用済みのトイレットペーパーをみればわかるよ」
…といってました。正直よくわかりません。実際に見に行くと言ったら言い出しっぺの朱色さんが私をおさえてました。人には言えないことなんでしょうか?わくわくします。野次馬精神MAXです。
白「………」
しかし、暑い…暑すぎる…。9月に差し掛かろうとしているのにこの暑さはなんでしょうか?いままで病院で生活していたせいか比較的体力のない私にとってこれは辛い…あぁ…目眩がしてきま…し…た………
黄緑「あ、白ちゃん!!大丈夫!?」
あれ?黄緑さんがなんでここに?しまったなぁ…意識が…
 寮
白「ん…」
黄緑「あ、目が覚めた?」
白「はい…」
目が覚めると寮の自室。黄緑さんが運んでくれたんでしょうか?

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:17:34.79 ID:OfDmbgBYO
黄緑「たまたま外を歩いてたら白ちゃんが倒れてたからびっくりしたわ」
白「ご迷惑おかけしました…」
黄緑「いえいえ、困っときはお互い様ですよ」
黄緑さんはやさしいなぁ…こんな人がお姉さんだったら…
黄緑「私の顔になにかついてるの?」
黄緑さんの顔を見てるとなんか頭がぼぉーとしてくる…
白「い、いえ!!なんでもないです…」
なんか別の世界に目覚めそうです…
黄緑「大丈夫なら私は自分の部屋にもどるわね。じゃあお大事に」
このときから黄緑さんを意識しだしたのかもしれません…

また百合か!!とかいわないで
(´・ω・`)

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:20:09.99 ID:aLyJ9HT70
(*´・_・`*)保
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1351.jpg

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:22:26.94 ID:Q6qXo87/0
>>34
2時間かけて失敗かよwwwww宿題の行く末が心配だw

>>36
俺は百合も好きだから無問題だけどなww友情ものにすれば普通にいい話にもなると思うぜww

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:25:02.02 ID:LuEDyzBPO
>>37
水色ktkrwwwww!!!

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:25:30.05 ID:OfDmbgBYO
>>37

ちょwおまwwwクオリティ高すぎwwwww

GJ!!

>>38

サンクス(^ω^)

前スレで赤×黒で調子づいたから今度からは慎重に投下するぜ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:26:43.53 ID:Q6qXo87/0
>>37
リアルよりの水色ktkrwwwwwwいつもの水色絵師だよな? この間の青といい、絵柄をがらっと変えられるなんてすげえwwwwww

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:33:58.55 ID:LuEDyzBPO
しばらく描いてなかったから腕が落ちて悲惨な有り様…
なんとか感覚を取り戻さなければ…orz

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:42:58.30 ID:OfDmbgBYO
赤「なぁ、色無」
無「なに?」
赤「お前の好きな女のタイプを教えろ」
無「なんでさ」
赤「あれだ…まあ、とりあえず教えろ」
無「つうかなんで俺に聞くんだよ」
赤「お前そりゃ、好きな男の好みのタイプを聞くために決まってんだろ!!恥ずかしいこと言わせんな!!」
無「あー、はいはい…、ってえぇ!?」
赤「とりあえず早く言え!!」
無「好きな女ねぇ…活発な子とか」
赤「俺が好きってことか!?」
無「別にお前なんて行ってないぜ?」
赤「くそ!!もうお前なんかしるもんかよ!!うわぁぁぁぁん!!」
無(すこし遊びすぎたかなぁ?)

橙(活発な子?私かぁぁぁぁぁ!!!!!)

ノリで投下

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:46:31.75 ID:LuEDyzBPO
>>43
すごい勢いが感じられたww

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:47:02.59 ID:Kq/Uq4zp0
やっと、土曜日だw
みんな、乙。まとめてGJ。

ロングヘア同好会、おっぱい委員会が保守に参加しますw

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:52:49.00 ID:Uw1oKIX/0
皆GJ!

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:53:59.23 ID:Uw1oKIX/0
やっと規制とけたか(´・ω・`)=3
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1277.jpg

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:57:24.84 ID:Q6qXo87/0
>>47
規制かかってたのか、もう飽きちゃったのかと思って泣きそうだったぜwww
両八重歯の紫サイコーwwww紫にならいくらプギャーされてもかまわないなwwwwwテラGJ!!!!!

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 14:58:24.73 ID:AmNUB/vDO
>>45
やあ同志

>>47
紫絵師ktkrwwwwwww

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:03:20.49 ID:OfDmbgBYO
おっぱい会議…

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:06:55.97 ID:kJ2WpeB00
みんなGJ!!
最初過疎ってときはどうしようかと思ったよ

さて
黒スキーが投下
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1352.jpg
ちなみに灰はこんなイメージ
灰スキーのみんなスマソ
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1353.jpg

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:11:44.60 ID:Q6qXo87/0
>>51
お前が黒好きなのは充分に分かったからいちいち言わんでいいww
にしても、>>23>>31と灰が違いすぎるだろwwwww
黒は可愛いのに差別しすぎだww

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:25:00.48 ID:I0V1PVG60
>>47
紫(*´д`)カワユス

>>52
灰のイメージが激変したのはどういう訳なんだw

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:25:50.15 ID:I0V1PVG60
ゴメン間違えた>>51だった

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:26:38.25 ID:kJ2WpeB00
>>52
黒スキーだからな!!w





スマソorz

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:29:32.34 ID:3/a0Vq6sO
壁|∀・)<先に言っとく。無駄に長くなりそう&全く話がまとまってないから、とりあえず出来た分だけ投下する。では3レス程。

57 :青(1/3):2006/08/26(土) 15:30:22.19 ID:3/a0Vq6sO
夏の終わりも近い筈なのにまだ力強い日差し、遠くに聞こえる蝉の声、対照的に張り詰めた空気、高まる集中力…その全てを青は心地良く感じていた。
ーヒュッ…ドスッ!
青『ふぅ…』
空『お疲れ様。姉さん』
青『ありがと』
妹の空色からタオルを受け取り、スポーツドリンクに口をつける。弓道部のエースである青空姉妹は秋の大会に向けて幼い頃から通っていた道場に来ていた。
色無「…なぁ」
青『何?』
色無「いつまで正座してれば」
青『私達の着替えを覗いた罰』
色無「だーかーらーアレは不可抗力だっ」
青『訴えは却下します』
空『でもそろそろ…』
青『ダ〜メ。空はコイツに甘過ぎ』
空『でも…』
かれこれ3時間は正座させられている色無。ハッキリ言って下半身に感覚はない。
空『もう姉さんは色無先輩に冷たくし過ぎ!崩して良いですよ先輩?』
色無「ありがとう。優しいね空ちゃんは誰かと違って」
空『そ、そんな事ないですよ〜さ、立って下さい?先輩』
青『………(ピキッ)』
空色の手を握り色無は立ち上がろうとする。が、正座3時間は相当だったらしく…
色無「よっ…ウワッ!」
空『きゃっ!』

58 :青(2/3):2006/08/26(土) 15:31:06.08 ID:3/a0Vq6sO
どし〜ん!
色無「いてて。空ちゃん大丈夫?」
空『ハ、ハィ…』
色無の方向に倒れた為、空色が覆い被さる形になった。空色の顔が赤い。
色無「空ちゃん?」
そりゃそうだ。小さい頃から空色は色無の事が好きなのだ。それプラス…
空『せ、先輩…あのぅ…ぁたって…』
色無「あ…い、嫌これは」
女の子の柔らかい感触と独特の甘い匂い、それと汗で張り付いた胴着から伝わる特別柔らかい感触。嗚呼…悲しき男の性…
青『(ゴゴゴゴゴゴ)』
色無「(ヤバい…殺される)空ちゃんまたね〜」
空『あっ!先ぱ』
ーヒュッ!ヒュッ!ヒュッ!
空色の顔の横を数本の矢が駆け抜けて行く。空色曰わく、姉の顔は鬼神の様になり、某世紀末漫画の様にオーラが立ち上っていたらしい。

  カエリ(・∀・)ミチ

空『も〜お姉ちゃんは先輩に酷すぎだよ!』
青『アレはアイツが悪いの。着替えの途中で入ってきたのも』
空『道場の管理人さんからの用事で来たから』
青『…その後の抱きついた』
空『3時間も正座してれば誰だって痺れて当たり前』
青『……その時』
空『そ…それは…せ、生理現象だか…ら…』


59 :青(3/3):2006/08/26(土) 15:31:56.65 ID:3/a0Vq6sO
青『ぐ…ど、どうであれ全ては色無が悪い!』
空『……そんなに色無先輩の事、嫌い?』
青『ーっ!』
突然の言葉だった。正直な所、妹が何を言っているのかイマイチ理解出来ていなかった。が、若干だが顔が赤い
空『お、姉ちゃん?』
青『…ふ、ふ〜ん。空、アイツの事、す、好きなんだ?』
空『ふえっ!?…ぅ、ぅん…』
空は青以上に真っ赤になり俯いてしまった。
青『ア、アタシは別にな、何とも思ってない、から…』
空『本当!?』
顔を上げた空色の表情が明るくなる。それを見た青の口はー本心とは正反対のー言葉を続ける。
青『あんながさつでスケベで女心を理解しない男を好きになる訳ないじゃない!』
等と言いながら青は自分の中で矛盾と葛藤していた。青もまた、色無の事が好きだから。しかし素直に自分の感情を表に出せない性格が災いし、つい真逆の言葉ばかりが出てくる。
空『じ、じゃあ私…先輩にアタックするね!』
この後から自室に戻るまで青の記憶はなかった。

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:35:48.31 ID:3/a0Vq6sO
しまった。空色の台詞

×姉さん
○お姉ちゃん

です。続き書いてくる〜 ノシ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:36:37.80 ID:LuEDyzBPO
>>60
これはwktk

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:42:13.30 ID:5cCSmU9X0
壁|ω・`)今投下しても大丈夫かな…

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:45:54.20 ID:5cCSmU9X0
友達って、こんなにいいもんだったっけ?

部活の帰り、青、橙と一緒に帰る。会話なんて他愛無いものだ。馬鹿話して青につっこまれたりとか。そんな当たり前の会話が、とても楽しかった。
そういえば最近、あんまり友達とかと長い間喋ったりしていない。『アレ』以来、部活にばっか集中してたしな。
だからこそ、この会話が久しぶりで、とても楽しいものだった。何だよ俺、けっこういっぱいいっぱいだったんじゃねえか。
「あ、俺こっちだわ」
橙が途中でそう言った。もう少しいてくれてもよかったのに。まあ仕方ない。
「マジか。んじゃな」
「じゃあ、また明日」
若干大げさに手を振ってみる。青も橙もちょっと笑ってた。いいじゃん、別に。
「俺一人かよ。―――ちぇ。じゃあな」
と思ったら、案外橙も複雑そうな顔をしてた。ヤツも淋しいんだろうか?

「でさ、その合宿所のメシがすっげーマズイんだよ。なのに山のように出してくるんだよなー…いじめかよって感じだー」
「まあ、合宿所のご飯に期待するのも間違いではあるけどね」
青と二人になっても会話は続く。こうしてるといつもの距離が短く感じるから不思議だ。
「そういえばさ、あんたの次の大会っていつなの?」
「ん?近いのは来週」
陸上はけっこう記録会とか大会とかが多いのだ。ちょっと面倒だが、モチベーションを落とさないためにはいいのかもしれない。


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:46:35.70 ID:5cCSmU9X0
「来週って、すぐじゃない」
「まあな。でもたいしたやつじゃないし。目標は来月末、〇日の大会だ」
俺としては、来月末のほうに照準を合わせている。狙うは自己ベスト、んで優勝。
「え?その日って、文化祭の前日じゃない」
…マジか。でも文化祭なんて模擬店をちょっと手伝いながら、フラフラ遊んでればいいはずだと俺なんかは考えている。疲れていようが問題ない。
「マジで?でも俺は遊び倒すけどな」
「馬鹿体力ね…」
「魔神と呼べ」
「はいはい…」
青は呆れ顔だが、そんなに嫌そうでもない。
いつもなら重い足を引き摺りながら歩くような帰路を今日はむしろ、もっと続けばいい、なんて思ってる。…友達がいない訳でも、寂しがり屋な訳でもないはずなんだけど。
「あ、私こっちなんだ」
そんなことを思っていると、そう言われた。青の家の近くまで来てしまったらしい。ちぇ。
「ああ、じゃあな」
惜しみながらも軽く手を挙げて声を掛ける。
「うん。―――赤」
「何だ?」
名前を呼ばれ、歩きだそうとした足を止めた。
「今度の大会、頑張ってね」
その時、涼しげな風が通り抜けた。柔らかささえ感じたその風で、青の前髪がさらさらと揺れた。
ちょっとぼやけた月の光の下で、少し微笑んでそう言った彼女は―――綺麗だった。
「あ、ああ!もちろんだ!」
不意打ちをくらい、動揺してしまった。何してんだ、俺…。
青に手を振って別れる。どうしてか、さっきの青の表情が頭を離れない。
通り抜けた風、ぼやけた月光、彼女の微笑み。
認めるのがなんかアレだが、素直に見惚れてた。やっぱ女ってすげえな、なんて自分でもわかるくらい的外れなことを考えながら、自分も帰路に着いた。

いつもより足も心も軽い帰り道。歩いていると、もう一度、あの風が吹いた。

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:46:38.87 ID:Q6qXo87/0
あんまりテンプレ伸ばしたくないんで不文律なんだけど、
・投下していいかどうか聞かない。ダメって言う奴はいない。
・投下したあと自虐しない。
これはSS・絵投下系スレ共通だから覚えとくんだ!

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:48:39.77 ID:5cCSmU9X0
>>65
すまんかった。>>60に割り込んだりしたくなかったんだ…吊ってくる

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:49:16.70 ID:OfDmbgBYO
無「しまった…ズボンがない…」
連日の雨のせいで洗濯物が乾かず俺の愛するデニムたちが全滅したようだ。どうしよう…パジャマから着替えられない…とりあえずパジャマ姿で一階に行くか。
無「おいすー」
一階に行くと青と出くわした。私服姿がなぜか羨ましく見える。
青「あら、パジャマ姿でどうしたの?」
無「雨でズボンが全滅してなぁ。下に着るものがないんだ」
青「なら私がなんとかしてあげるわ…ふふふ…」
青はそういうと2階に走りだした。あの含み笑いはなんだろう?嫌な予感がとまりません。
 数分後
青「お待たせ〜」
2階から戻ってきた青は手になにか持っていた。それは男の俺がこの世で一番身に付けてらならないもの。その名も『スカート』!!
無「あのぉ、青さん」
青「なんでしょう?」
無「もしかしてそれを俺に着せるんですか?」
青「オフコース!!」
無「うわっ!?やめ…あっー!!」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:50:38.65 ID:OfDmbgBYO
 数分後
無「ちくしょう…ちくしょう…青に犯されたぁ…」
青「男の子なんだから泣き言言わないの!!」
青によって無理矢理スカートをはかされもうなくしかない。
赤「さっきから騒がしいぞ…って色無」
無「みるなぁ!!俺をみるなぁ!!」
赤「みんなよんでくる…ぷっ」
無「あ!!お前いま笑っただろ!!」
青「まあまあ減るもんじゃないし」
無「俺のプライドがすり減ってるんだよぉぉぉ!!!!!」

69 :(・∀・)の人…で良いのか?:2006/08/26(土) 15:56:32.80 ID:3/a0Vq6sO
>>66
大丈夫だよ!割り込んでも謝れば無問題さ播(・∀・)

でもSS組は名前欄に幾つレスを使用するか書いてるとその間はみんな自粛するから書いといた方が良いかもね〜

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 15:59:00.68 ID:5cCSmU9X0
了解した。次から気をつけます(´・ω・`)

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:03:56.66 ID:3/a0Vq6sO
>>70
貴方の続きをwktkしてる一人ですよ〜

>>68
色無女装シリーズktkr!wwwwwww

本当に続き書いてくるからその間はみんな任せた! ノシ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:14:27.41 ID:gYecTdg3O
サムライブラック保守

男「前スレで『百合が足りない!』とのクレームがついた!何故だ!」
侍「暗黙の了解としてエロはな」
男「お前のせいだ!茶の脱ぎっぷりを見習え!水桃の胸を見習え!」
侍「某が脱ぐ意味はないだ」
男「喋る前と後にサーと言え!愛ちゃんじゃないぞ!と言うわけで今日は特別ゲストを呼んできた。」
百「白百合です。前は一行程度の出演でしかも夢オチ扱いでしたが………嬉しいです!では早速!(ガシ)」
侍「何をする放せ!うっ、動かん!」
男「白百合さんが手込めにした女は星の数!揉んでいじって押さえつけて鍛えた握力には敵うまい!」
百「フフフ……可愛い………(チュ)」
侍「わあぁ!やめんか!首はやめんか!」
百「(パサッ)じゃあ…そろそろ…………」
男「ッ!流石白百合さん!この位置じゃ背中しか見えないが胸が豊満なのがわかる!」
百「しかし貴方はそろそろ出て行ってください。ここからは神聖な領域。立ち入り禁止です。」
男「そんな!俺が主催者なのになん」
百「男がいたのではただの3Pではないか!出て行けとはぅッ………!」
男「いかん!持病の発作を起こした!白百合さんは『白』の要素があるから病弱なんだ!」侍「よくそんなんでここまでやってこれたものだ。」
男「いいから運べ!」

百「ここは………病院?」
侍「目が覚めたか。この馬鹿男に感謝しろ。こいつを部屋から出していたら貴様は死んでいたぞ。」
百「そうですか……ありがとうございます。」
男「いや、こんな下らないことで呼んだ俺が悪いんだ。ごめん。」
百「男(仮称)さん………(何だろうこの感情………まさかこれが……………)」
翌日病室のベットを見ると男(仮称)宛の手紙があった。
『まだ処女を渡すわけにはいかない!私はこの百合坂を登り始めたばかりだから!』
その一言だけ残し白百合は京都に帰った。

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:16:42.99 ID:gYecTdg3O
もう携帯いや。改行めんどくさい。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:29:17.28 ID:OfDmbgBYO
>>68の続き
黄(なんで男の色無がはいて違和感がないんだろう…)
桃(妙な嫉妬感が…)
緑(あ、鼻血が…)
橙(あのスカートの中に入りたい!!)
紫(これはいいかも…)
水(化粧すれば女の人みたいになるんでは?)
茶(色無君の生足…)
黄緑(これはなんてプレイでしょうか?)
黒(なかなかそそられるわね…)
白(みんなの目があやしい…)
青「さあ、スカートのみならず化粧でもなんでもしていいわよ!!」
無「拒否権は?」
赤「色無の去勢と引き替えだ。いま女装して男を続けるか、拒否して男をやめるか。どちらか選びな」
無「ごめんなさい。女装するから去勢だけは勘弁してください」
赤「許可がでましたぜ、姐さん」
青「オマエラ、ヤッチマイナー!!」
無「なぜカタコト?」
一同「サー、イエッサー!!」
無「いぃやぁぁぁぁぁ!!」
朱「あいつら若いなぁ」
化粧品を構える群青
朱(姉さんも加わりたいのか!?)

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:30:22.46 ID:gYecTdg3O
保守

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:40:04.72 ID:j6tXuvMcO
体勢の違和感に気付いて修正しようとするも、
色塗り後だったので面倒になり放棄orz
http://kjm.kir.jp/?p=45303


次はおとなしめキャラを描いてみたいんだぜ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:42:00.73 ID:5cCSmU9X0
桃「青ちゃん、青ちゃんって髪キレイだよね」
青「そう?」
桃「前から思ってたんだけど、ツインテールとかも似合いそう」
青「え、そうかな?」
桃「ということで、やってみていい?」
青「え、ちょっと待って、え、あ、アーッ」
桃「(計 画 通 り)」

桃「ねえねえ赤くん、橙くん」
赤「ん?」 橙「何だ?」
桃「じゃーん!青ちゃんに注目!」
青「桃、あんたね…」
赤・橙「うわっ?!」
青「う、うわっ、って何よ!私だってやりたくてやってるわけじゃ…」
赤・橙「(可愛い…)」
赤「(ウサギみたいだ…)」
橙「(ツインテールも似合うな…てかその可愛さは反則だろ!)」
青「まったく…桃、もう直すわよ」
橙「いや、似合ってるよ青。めっちゃ可愛い」
青「えっ?///」
橙「ホントだって。俺、見惚れてたし」
青「そ、そんなこと…///」
赤「俺もそう思う…」
青「赤までっ?!」
赤「あ、ああ…///」

桃「(ふふ、こういうところは橙くんがリードね。赤くんも照れちゃって可愛いww さて、青ちゃんはどっちの王子様を選ぶのかしら?楽しみだわww)」

桃が天然を計算というより、腹黒くなってしまった希ガス…

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:48:59.88 ID:4POIypV60

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1354.jpg
見えないけど貝水着ってことで(´Д`)

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:54:07.05 ID:OfDmbgBYO
>>78

貝殻から乳がはみ出とるですよwww

GJ!!

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 16:57:59.43 ID:Uw1oKIX/0
>>78
目が覚めた(´・∀・`)b

久々に黒い子
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1355.jpg

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 17:15:42.11 ID:uG8nwOX20
果てしなく亀だが>>1

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 17:22:30.34 ID:kJ2WpeB00
>>78
ぐお!!!
屈せん!!屈せんぞぉぉぉぉ!!!

>>80
屈しましたorz


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 17:32:48.03 ID:Kq/Uq4zp0
>>78
おひさ〜w
あなたのピンクのおかげで、オイラはピンクにはまりましたw

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 17:34:26.23 ID:Uw1oKIX/0
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1356.jpg

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 17:37:15.07 ID:Kq/Uq4zp0
なんてこった・・・・
神絵師2人降臨かよ・・・・
夜を待たずにサキュバスに会ったようなものだ。
萌え死ぬwwwwwww

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 17:41:46.32 ID:CEH+7Lkh0
>>84
トランプか
12色+α(灰、群青、朱、薄黄、侍黒、エメラルド、後忘れた)
一セット出来そうだ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 17:51:36.86 ID:4POIypV60
茶色さん人魚ver.
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1357.jpg

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 17:53:14.16 ID:4POIypV60
>>84
トランプナイス
できればそのまま1セット描いてくださいハァハァ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:06:10.25 ID:OfDmbgBYO
前スレの赤×黒の百合物をシリーズ化するか
(´・ω・`)
赤「なぁ」
黒「なんだ?」
赤「なんで朝起きたら黒が俺に膝枕してるんだ?」
黒「台風で今日は休校になったからな。余った時間を有効に使おうと思ったわけだ」
赤「さいですか…」
ゴロゴロ…
赤「台風ってまじ?」
黒「本当だ。なにか不味いことでもあるのか?」
赤「いや、なんでもないよ…」
黒「?」
ドォーン!!
赤「うぅ…」
黒「どうした?具合いが悪いのか?」
赤「気にしないでくれ…」
黒「もしかして雷が苦手なのか?」
赤「そ、そんなわけないだろ?ははは…」
黒「ふむ………」
ゴオォォォォン!!
赤「キャァァァァ!!」
ガバっ
黒「わっ…」
赤「あぁ、雷怖いよぉ…どうにかしてよぉ…」
黒「私がいるから大丈夫だ、な?」
赤「うん…」
黒(これは意外な一面を見たな…ふふふ…やはり赤も女の子ということか…)
オチが見付からねぇ
(´・ω・`)

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:10:14.98 ID:rOpA+te5O
しかしみんなGJだなヽ(´ー`)

いま携帯からだから絵は見れんが

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:11:21.11 ID:OfDmbgBYO
http://fileseek.net/
これ使えば携帯でも絵がみれるぜ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:13:35.01 ID:2FrNsBWz0
A .A A A A A A A A A A A
赤青黄緑白橙桃紫水黒茶黄緑

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:15:48.92 ID:Uw1oKIX/0
他の子達のマークと数字が思いつかないわw
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1358.jpg

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:18:39.30 ID:ZDak5zC00
かわいい…

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:20:59.34 ID:rOpA+te5O
>>91
やってみるノシ
ありがー

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:28:51.42 ID:rOpA+te5O
>>91
スマソ
写メすらないオレの携帯じゃムリだったorz


いいさっ
家に帰ってPCで見るから!!
深夜になるけど…

わざわざありがとorz

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:31:12.68 ID:Kq/Uq4zp0
>>93
すばらしい!

諸君!私はピンクが大好きだ!

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:39:13.60 ID:Uw1oKIX/0
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1359.jpg

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:41:33.68 ID:Vg0oEvl80
描くペースはええええええええ
そしてGJ!!

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:42:56.93 ID:4POIypV60
早ッ!しかもカコイイ!GJ!!

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:43:57.30 ID:mxW0r9Fm0
>>98
俺は侍ってジャックなイメージもってるけどGJ!

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:44:02.46 ID:gbY827Lw0
>>87
いただきます

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:52:34.77 ID:2Js+NJrKO
>>87
アナタの描く茶色大好きだぜ
>>98
ガチで上手いなw

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 18:55:35.36 ID:Uw1oKIX/0
いっぱいいっぱいなんです(´・ω・`;)
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1360.jpg

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:04:12.83 ID:2Js+NJrKO
>>104
白カワイス!!!!!
自分のペースでいいんだぜ

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:05:36.87 ID:zOr6v5nrO
>>104
無理せずじっくりどうぞ!
ところでFF9やってたらなんとなくこんなことを思った

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:07:06.16 ID:zOr6v5nrO
途中送信orz

ジタン・黄
ビビ・水
エーコ・紫

とりあえず白黒書くか…今回はどっちを男にしようか

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:09:37.13 ID:Uw1oKIX/0
そろそろ丸投げの時期かな^^
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1361.jpg

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:17:47.78 ID:gYecTdg3O
色無「だって黄緑さんがやるって言ったじゃん!」
黄緑「色無しさんがやってたからやる必要ないないじゃないですか!」
夫婦喧嘩中
紫 「………………(パタン)」
紫の部屋
紫 「………ウッ……ウァあ…………」
色無「(コンコン)紫ちゃん、入るよ。」
紫 「入るなあッ!お母さんも色無しも馬鹿ぁ!ずっとそうしてればいいだろ!」
色無「ごめんねむら」
紫 「謝るならお母さんに謝れっ!」
黄緑「もう紫ちゃんったら。色無しさんとは仲直りしましたぁ。ねー?」
色無「いやぁまあ。ほら紫ちゃんご飯だよ。」
紫 「………………」
黄緑「顔背けてるけどニヤけてるの見えるわよ?」
紫 「笑ってなんかいないから!」
色無「あの……ご飯………」

紫 「お母さん、色無し。」
黄緑「なに?紫ちゃん?」
紫 「もう喧嘩しないでね。お願いだから。」
色無「極力頑張る。」
黄緑「心配症ねぇ。もう喧嘩しないからぁ。」
紫 「ホント?」
黄緑「本当よ。」
紫 「ホントにホント?」
黄緑「本当に本当よぉ。」
紫 「ホントにホントにホ痛っ!何で叩くの!」
黄緑「ウフフフ…………。」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:31:19.51 ID:2Js+NJrKO
ほしゅ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:36:34.30 ID:Uw1oKIX/0
頭冷やしてくる(´・∀・`)
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1362.jpg

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:51:17.37 ID:gYecTdg3O
サムライブラック保守

侍「来たぞ………某の時代が!」
男「なに急に?うざい奴だ。」
侍「なんとでも言いやがれぃ!>>98を見ろ!」
男「あー……キングねぇ………ふぅん。」
侍「悔しい?悔しいか?ん?」
男「いやぁこりゃ人選ミスかなぁ。なんてさ。」
侍「なっ何をいう!絵師さんに謝れ!いいから謝れ!」
男「だって侍がキングって………ねぇ?」
侍「今一番言ってはならぬことを!もう我慢ならん!(シュ)」
男「うおっあぶねぇあぶねぇ。」
侍「ちょこまかとぉ………!この絵化されたことない影薄男ぉ!」
男「           」
侍「どうした?台詞が無いぞ?」
男「………………」

この日男は夜、枕を濡らした

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:53:20.15 ID:mxW0r9Fm0
朱と群青はジョーカーっぽい気がするんだ



色無は・・・・・・裏面の模様?w

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 19:59:46.03 ID:Uw1oKIX/0
>>113
朱と群青ジョーカーは私も考えたけど・・・私にとってのジョーカーは紫だったのですw

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 20:17:37.54 ID:2Js+NJrKO
ほし

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 20:33:13.59 ID:gYecTdg3O
保守

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 20:41:38.25 ID:N6P2f2D90
>>76>>111黄 GJなんだぜ?

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 20:42:54.67 ID:QQBtbmGX0
以前描いたものだが
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1364.png

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 20:49:07.31 ID:Q6qXo87/0
このスレを見ている人は、こんなスレも見ています

【落ち葉の中を】素直クールな娘【君と】
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1156340838/l50
【スレ立てなくては】素直ヒート【生き残れない!】
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1156425194/l50
【あっ】新ジャンル「やさしい」【消しゴム落としたよー】
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1156520069/l50
【THE】素直シュール【SIMPLE2000シリーズ】
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1156589068/l50
ツンデレにこれって間接キスだよなって言ったら inVIP避難所★4
http://yy11.kakiko.com/test/read.cgi/news4vip/1155823178/l50

特にシュールスレはうちと同じくらい過疎なので、暇な方はのぞいて保守してあげて下さい。

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 20:50:08.87 ID:Q6qXo87/0
>>118
チェックのシャツが可愛いなwwwwもじもじしてるところが水色らしくてGJ!!!!!!

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 20:50:29.61 ID:Lse44OBt0
僕のHPです。
http://www.rak3.jp/home/user/pokemon_/
是非来てください。

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 21:10:41.40 ID:I0V1PVG60
保守

123 :宣伝からきました:2006/08/26(土) 21:19:39.86 ID:Gq0LV8XW0
「と言うわけで、遠足の説明は以上です。何か質問あるひと〜」
「はい、はーい。赤先生」
「はい、黄色君どうぞ」
「バナナはおまんこに入るんですか」




水色「…えっと…入るんじゃ」
一同「言わんでいい!!」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 21:22:17.14 ID:VtNILeU0O
http://imepita.jp/trial/20060826/768260

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 21:29:23.93 ID:gYecTdg3O
>>124
あ…あんたGJだよwwwwwwwwwwwww

126 :青(1/2):2006/08/26(土) 21:31:44.18 ID:3/a0Vq6sO
>>59の続き

『はぁ〜』
部屋に戻り荷物を置きながら青は大きなため息を一つ。

『私…先輩にアタックするね!』

頭の中で妹が言った先程の言葉がグルグル回っている。

ージブンモ イモウトノヨウニ スキ トイエタラドンナニ ラクダロウ…

机に突っ伏したままそんな事を考えながら倒していた写真立てを起こす。中学の文化祭の時にクラスメートにハメられて撮った色無と青の新郎新婦姿の写真だ。
『小さい頃から変わってないんだよねぇ…』

 カコニ(・∀・)サカノボルヨ

『いーろなしー。あーそーぼー』「うん、いいよ。あおちゃん」
2人が毎日の様に遊んでいたある日。青が投げたボールが公園横の家のガラスを割った事がある。だが
「あおちゃんかくれて!」
と、青は色無によって公園の植え込みに隠されて色無一人だけ怒られた事がある。しかしその日の夜、罪悪感から青は両親に泣きながら本当の事を話した。最後の方は
『ごめんなさい、ごめんなさい』
しか言えなくなっていた。

『バカでがさつでスケベで女心を理解しないんだけど…正義感強くて、自分の事なんか後回し、他人の世話ばかり焼いてる…』
ゆっくり、ゆっくり、青が感じている好きな所を呟いていく。

127 :青(2/2):2006/08/26(土) 21:33:44.09 ID:3/a0Vq6sO
『こ、こんな事言っててもしょうがないわね…シャワー浴びてこよ…』
ーザァァァァ…
少しぬる目のシャワーを浴びながら気持ちを切り替えていた。
ーガラッ
空『お姉ちゃーん。私も入るー♪』
青『そそ、空?!』
湯船に浸かっていた青はビックリして溺れそうになる
空『♪〜♪〜』
青『どうしたの?機嫌良さそうだけど…』
空『えへへ〜さっきね、色無先輩をデートに、誘っちゃった…』
青『ぶはっ!けほけほ…』
空『お姉ちゃん!大丈夫?』
青『うん…だ、大丈夫よ。で?』
空『明日ね、デートするの…』
その瞬間青の脳内ににやけた顔の色無が浮かんだ。
青『(そ、そうよね…アタシみたいな女よりも空の方が優しいし、可愛いし…)よ、良かったわね。上手く行くと、良いわね…』
空『お姉ちゃん。うん頑張るw』
青『先、上がるね?のぼせない様にしなさいよ?』
空『ハーイ』

 ヨクジツ(・∀・)ノアサ

ーピンポ〜ン♪
青『ハーイ(誰?朝早くに…』
ーガチャ
色無「よ、よぅ」
青『…何の用?』
色無「空ちゃん迎えに」
空『せんぱ〜い!お待たせしました〜』
空が部屋から玄関まで走りでやってきて色無に飛びついた。

128 :(1/3):2006/08/26(土) 21:43:14.24 ID:zOr6v5nrO
注・「」は男、『』は女、[]は大勢

黄緑『黒ちゃんとうとう白君に告白したって』
桃『やっぱり今回も黄緑ちゃんが相談に?』
黄緑『えぇ』
青『このクラスの女子ほぼ全員が黄緑にお世話になってるのよね』
紫『さっすが皆のお母さん!』
黄緑『喜んでいいのか悪いのか複雑ね…』
橙『いやいや、決して悪い意味じゃなくてね…』
桃『で、皆のお母さん、黄緑ちゃんは茶色君とどうなの?』
黄緑『えっ?』(///)

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 21:44:40.93 ID:aLyJ9HT70
保朱色
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1365.jpg

>>127
超wktk

130 :(2/3):2006/08/26(土) 21:45:22.61 ID:zOr6v5nrO
青『あっ、あたしも気になる』
黄緑『ど、どうって…べ、別に何もないわよ?』(///)
橙『怪しい〜』
黄緑『じゃ、じゃあ皆はどうなの?』
青『えっ!?ま、まぁ…あ、あのスポーツ馬鹿とはそれなりに』(///)
紫『もっと男らしくなってもらいたいなぁ…』
桃『じゃあいっそ乗り換えとか…』
紫『そ、そんなことしない!』(///)
黄緑『紫ちゃんは水君一筋だもんね』
紫『うっ…』(///)

131 :(3/3):2006/08/26(土) 21:46:45.91 ID:zOr6v5nrO
橙『えへへー、黄色とのデートは楽しいよー』(///)
青『そういえば桃は?』
桃『へ?わ、私?』(///)
黄緑『彼とはうまくいってる?』
桃『な、何の事?わ、私彼氏なんて…』
黄緑『あら?でもこのあいだ確か『そ、その話は内緒!』あらあら』
橙『…そういえばアタシ桃の好きな人知らない』
青『私も』
紫『あたしも』
黄緑『じゃあ今日はその辺の事を皆に話してもらいましょうか♪』
桃『え、え〜!?』(///)

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 21:48:44.39 ID:zOr6v5nrO
規制長いよ…orz
桃の相手は十二色のうち余った色です

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 21:51:17.04 ID:aLyJ9HT70
>>132
桃緑ktkr!!!

思いっきり酒割り込んですまんよ(´・ω・`)

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 21:59:27.63 ID:9q78dW7R0
すごいな、投下ラッシュだったかwwwwww

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:00:49.78 ID:2Js+NJrKO
>>127 >>129
wktk!!!!!!!

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:01:49.77 ID:LT2sZ9jmO
携帯から保守に参加

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:09:40.52 ID:19g9rcxr0
素直クールスレからきますた。

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:15:08.71 ID:F1LL7AMUO
初めてここ来たんだが、考えた奴すごいなw

今んとこ俺は灰色がツボだったんだが、みんなは何色が好きなんだ?

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:15:37.64 ID:9q78dW7R0
>>137
どうぞwikiでも見てまったりしていってください。

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:16:43.46 ID:9q78dW7R0
>>138
そちらの方も つ旦
灰色スキーですが何かw

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:19:21.24 ID:F1LL7AMUO
>>140
土曜日の楽しみが増えたよw

灰色の堕落した感じがなんとも……

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:19:41.83 ID:mxW0r9Fm0
オールラウンドに満遍なく白米3杯いけますお

そして素直クールスレが落ちた件

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:21:12.67 ID:LT2sZ9jmO
こちら、ロングヘア同好会とおっぱい委員会です。

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:24:38.44 ID:i7IXxIGt0
夏休みもそろそろ終わりの時期
『夏休み終了間際』

カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ
男「翠緑、『らむ』の已然形は?」
翠緑「『らめ』でしょ?」
男「最後を伸ばして言ってみて」
翠緑「…らめー」
男「…」
翠緑「…」


カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ
男「翠緑、『みりん』って10回言って」
翠緑「みりんみりんみりんみりんみりんみりんみりんみりんみりんみりん」
男「鼻の長い動物は?」
翠緑「カバ」
男「…」
翠緑「…」


カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ
男「翠緑、『まじかり』の連体形は?」
翠緑「『まじかる』でしょ?」
男「それの後に『☆翠緑っ♪』を付けて」
翠緑「まじかる(ほし)えめらるど(おんぷ)」
男「…」
翠緑「…」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:26:51.46 ID:QQBtbmGX0
>144
萌えた

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:30:29.19 ID:Gq0LV8XW0
>>144
萌えまくった
…しかしどこに萌えたかが自分で分からない

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:39:59.78 ID:zOr6v5nrO
しかし桃緑余った組み合わせにしてはかなりハマってないか?

今まで落ちなかった男のいない桃→緑の恋人は本→必死に振り向かせようとしてたらいつの間にかマジ惚れの桃、しかも初恋

…これ書いてくる

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:45:05.20 ID:2Js+NJrKO
>>147
楽しみにしながら待ってるぜ

俺は9月までには絶対怪談を終わらせなくては……

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:48:37.13 ID:9q78dW7R0

灰「お姉ちゃー
黒「イヤよ」
灰「……まだ何も言ってないのに……」
黒「どうせ携帯でしょ?」
灰「新しいのほしーよー」
黒「あんたバイトもせずに何を……」
灰「ねぇーお姉ちゃーんケータイほしーよぉー」
黒「そうね、もう3年前の型だし……」
灰「お!!その調子その調子!!頑張れ!!」
黒「なんで応援されなきゃいけないのよ…。っていうか、あんたメールとかするの?」
灰「するよー。ほとんどめんどくさくて返さないけど」
黒「……意味ないじゃない。よくそんなんで友達なくさないわね…。新しいの買っても相手いなかったらつまらないでしょ?」
灰「……あぁ確かにいないや」
黒「認めちゃうの!?」
灰「いいよ。そしたら色無し専用機にしちゃおーっと」
黒「……絶対買ってあげません」
灰「冗談だよ!?嫉妬は醜いってお姉ちゃん!!」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:49:58.78 ID:9q78dW7R0
>>147
そのシチュは萌えるなwwwwwwwwwktkwktk
>>148
同じくwktk
いま何段目までだっけ?

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 22:54:58.45 ID:2Js+NJrKO
>>150
次で11になる

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:01:36.58 ID:HKwl4Wto0
今北の俺が質問
おっとりなヤツっていない?

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:01:51.73 ID:9q78dW7R0
13怪談だからあと3つか。頑張ってくれ!!いつもwktkしてるぜwwwww

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:02:26.35 ID:9q78dW7R0
>>152
黄緑など。

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:09:41.72 ID:HKwl4Wto0
>>152dくす
母性本能が強いっていうとしっかり者イメージがあるから
なんとなくしっくりこなかったんだ…

とりあえず白黒だがおっとりキャラうp
http://kjm.kir.jp/?p=45440

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:13:53.14 ID:19g9rcxr0
>>155
これはいいおっとりですね。

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:19:15.26 ID:P04L/vbb0
>>155
俺の目指してる絵がそこにあったよ。
GJ!!

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:20:14.35 ID:wzluCXgrO
見ていて閃いたので3レス借りて投下します。

タイトルは【視点】
『色無』 「侍黒」です。

159 :視点 壱 色無の夢:2006/08/26(土) 23:21:48.02 ID:wzluCXgrO
夢の中にいる自分に気がついた。
――確か明晰夢って言うんだっけ。
そんなことを呟きながら街の中を歩いて人を探してみた。

誰もいないと思っていたら、通りの向こうに人がいた。

『侍黒?』
向こうもこちらに気付いたみたいで、道路を横切って僕のところにやって来た。
「色無か……」
『…………あの』
「どうした?」
『……なんで刀を持ってるの?』
「……武士だからに決まっているではないか」
『あーそうだったね』
「そういう事だから勝負だ色無」
『何でいきなり!』
「夢に整合性を求めるな。ゆくぞ、色無」
『え? っていつの間にか僕も刀を持ってるし』
ガキンガキン
『……侍黒どうしたの? 素人の僕から見てもスキだらけだよ』
「……フフフ、腕を上げたな色無。だが某の特技は刀だけではないぞ……えい」
『ぐっ。(サバ折り……いつの間にこんな技を……苦しくて息が、出来な……い)』
「降参するか?」
『コクコク(する、降参でもなんでもするから)』
「では某をどう思っているか言え」
『どうって、何て言えば』

「さっきの言葉をもう一度言ってくれ」
――目が覚めた。

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:22:25.48 ID:9q78dW7R0

男「今日も疲れたなぁ」
がちゃ
橙「!!」
男「あれ?オレンジ、俺の部屋で何やってんの?」
橙「あ、その、………そう、掃除!!ちょっとほこりが気になってさ、やり始めたら止まらなくってwよくあるでしょ?」
男「まぁあるけど。ありがとなー」
橙「いやいや」
男「んじゃ俺もう寝るからさ、ほらほら出てった出てった!」
橙「あ、ごめんおやすみー!!」
男「おーうおやすみー」
ばたん
橙「あいつの趣味は……そうか……orz」
桃「あら?オレンジちゃんどうしたの?」
橙「私巨乳じゃないし……そんなに激しいプレイは出来ないし……小さくもないし……」
桃「オレンジちゃん?」
橙「うわぁぁぁぁん!!!初めて負けたぁぁぁ!!」
桃「オレンジちゃん!?大丈夫!?」



どうやら眠いと微妙になるらしい

161 :視点 弐 侍黒の現実:2006/08/26(土) 23:23:24.82 ID:wzluCXgrO
今日は私が色無を起こす番だ。
あの男の周りには魅力的な女子が多い、自然と競争になりいくつかの決まりが出来た。
そのひとつが朝起こすのは当番制というものだった。
色無の母上に挨拶をして、そのまま色無の部屋へ向かう。

――色無はまだ寝ていた。

ベッドに近付いて声を掛ける。
「色無」
『……刀』
「妙な寝言だな……刀は武士の命だぞ、いくら色無と言えども簡単には触れさせぬ」
『あーそうだったね』
「寝言はいいから起きろ色無、これも勝負の一貫なのだからな」
『・・いきな……り』
「夢を見ている場合ではない遅刻するぞ、早くゆくぞ色無」
『僕も〜〜』
「甘えた声を出すな気が抜けそうだ」
『……侍黒・・・・ 僕・・・・スキだ・・よ』
「!……寝言か? 本当は起きていて、某をからかっているのか……色な――」
ガシッ
「きゃぁぁぁあ! 抱き付くな色無」
『……なんでも……するか……ら』
「……ほ、本当か? では某をどう思っているか言ってくれ」
『……どうって、何て・・・』
「さっきの言葉をもう一度言ってくれ」

――色無が目を開けた。

162 :視点 参 おひさま:2006/08/26(土) 23:24:32.62 ID:wzluCXgrO
――通学路

『だからゴメンって、侍黒』
「…………不覚をとった」
『ゴメン本当に寝ぼけてたんだ』
「……他の女子が夢中になるのも判る(あんなに無防備な顔で寝ているとはな)」
『え?』
「どうやら本格的に惚れてしまったようだ。……侍乙女に悲鳴を出させた責任、とってもらうぞ」

おしまい

以上です……しばらくまとめを読んできますね。
では失礼します。

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:27:17.97 ID:9q78dW7R0
>>162
GJ!!割り込んでしまってゴメンネ(´・ω・`)

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:30:31.73 ID:19g9rcxr0
>>162
これはいいwww侍黒好きになったwwww

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:32:45.30 ID:P04L/vbb0
>>162
甘えた声を出す色無に萌えた俺はもしかしたらうh(ry

>>160
いつも元気で強気な橙が泣くところを想像したら萌えたwww
GJ!!


俺もなんか書こうかな・・・

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:34:53.95 ID:Giv7vHV1O
久しぶりに投下
http://kjm.kir.jp/?p=45421
http://kjm.kir.jp/?p=45420

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:39:28.22 ID:9q78dW7R0
>>166
クリーム絵師さんktkr!!!!!111111
ほんと久しぶりだなwwwwwwwwGJ!!!

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:42:13.11 ID:OfDmbgBYO
赤「色無ぃ…」
無「な、なんだよ」
無(酒くせぇ!!)
赤「お前俺のことただがさつな女だと思ってんだろぉ?」
無「い、いやそんなことないぞ?」
赤「んだよぉ、嘘つくなよぉ…うぅ」
無「いや、お前は可愛いよ。な?」
赤「そうかぁ…お前は俺のことを女としてみてくれるのかぁ…」
無「お前は十分可愛いからさ、とりあえず落ち着こうな?」
赤「落ち着けるかよぉ…」
無「ちょ、おま…」
赤「お前は俺のもんだぁぁぁ!!」
無「あっー!!」

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:43:50.89 ID:4MY9qW0W0
帰ってきた
やっとみんなの絵が見れる(つд`)

>>52>>53へのお詫び
灰もスキーですよ
もちろん
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1366.jpg

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/26(土) 23:44:35.62 ID:P04L/vbb0
>>166
クリーム絵師さんktkrGJ!!!!!1111
アナタの投下がないから俺の頭の中からクリームは忘れ去られてたぜ・・・orz


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:00:31.06 ID:B8/KF9m70
>>169
別に詫びなくても良いんだぜwGJ!

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:02:10.02 ID:i++h9YEc0
162さんGJ(´・ω・`)b
触発されてオレンジ描いたよ
色鉛筆で塗ったらきたなくなったよ
画像あらいよ(´・ω:;.:...
http://kjm.kir.jp/?p=45465

173 :青(1/3):2006/08/27(日) 00:03:34.27 ID:RkIlW5/5O
色無「うわっ!ちょ、空ちゃん危ないよ?」
空『先輩ならちゃんと受け止めてくれるでしょ?あっお姉ちゃん行ってきまーす!』
ーバタン

 ドウジョウ(・∀・)ニキタヨ

一人する事ない青は道場に来て弓を射っていた。
『……何か負けた気分……』
青は軽い敗北感を感じていた。
ー対照的な性格、可愛らしい見た目、柔らかい物腰…
『勝てる訳ないじゃない…』
段々、イライラ感が高まってきた。
『…だいたい、色無が悪いのよ…昨日だって、ハッキリ言わなかったし…』
弦を引く力が何時も以上に入る…
『今朝だって…空が抱きついてきた時なんか…鼻の下…のばしちゃって』
独り言を言ってる間、何本も矢を射っているが悉(ことごと)く外れている
『空、アタシから見ても可愛いから…』
段々、視界が滲んでいく
『告白されて…嬉しがって…』
もうダメだ…抑えつけていた感情が溢れ出して止まらない
『うぅ…嫌、だょぅ…もう少しヒック、優しく…もっと素直にグスッ、なりたいよぅ…』
頬を伝う涙が止まらない。一粒、また一粒、板張りの床に落ちていく
『嫌だょぅ…色、なしぃ…』


174 :青(2/3):2006/08/27(日) 00:04:54.75 ID:RkIlW5/5O
「おう…」
ハッと顔を上げる青の前にバツが悪そうに色無が立っている
『な…何でアンタが、此処にいるのよ…』
泣き顔を見られたくなかった為、慌てて後ろを向きつつーいつも通りを装いながらー色無に問い掛けた瞬間
ーヘブンズキッチーン ヘブンズキッチーン
「そのメール見ろ」
青は渋々、携帯を見る。空色からだ…

from:空
sb:お姉ちゃんへ
本文
お姉ちゃん。わたくし空色は先輩に振られました(´・ω・`)昔から好きな人がいるんだって(´ω`)
でもちゃんと真っ正面から告白して真っ正面から返してくれたからスッキリしてるよ!だから今から失礼カラオケ大会に友達と行ってきまーす(≧▽≦)よかったねお姉ちゃん!先輩の事怒っちゃダメだよ?じゃね〜 ノシ

『…どういう事よ?』
青は空色のメールを見せながら色無に問い掛ける
「メールの通りだ」
『だぁかぁらぁ!』
いまいち要領を得ない色無の返答に軽い怒りを覚える
「あーもう!」
『な…何よ?』
「好きなのは…青、お前なんだよ!」
色無が何を言っているのか理解するのに時間がかかった
『ーっ!嘘…』
「嘘なんかつけるかよ…」


175 :青(3/3):2006/08/27(日) 00:06:21.72 ID:RkIlW5/5O
『…アタシ、アンタに酷い事ばかり言ってたし…すぐ叩いたり…』
「それは、お前の感情の裏返しだし、照れ隠しなのも知ってる。それに…」
『…それに?』
「昼はお前の弁当じゃないと腹が満足しない」
ーダッ!
「っと…」
色無は胸に顔を埋める青の髪を優しく撫でる
『アンタ…空を振って…アタシを泣かして…覚悟は出来てるんでしょうね?』
「じゃなきゃココにいない」
『浮気したら、太陽が見れなくなるかもよ?』
「せめて命は助けてくれ」
『死ぬまで面倒見なさいよ…』
「死ぬまで俺に…俺と未来の子供に飯を作ってくれ」
青は涙でぐしゃぐしゃの顔を上げる
『不束者ですが改めて宜しく、ね?』
「こちらこそ」
夕日に照らされた2つの影が一つに重なる。見ているのは太陽と草花達だけ…

多分、明日も青空が広がっているだろう。例え曇り空や雨が降っても、その向こうは必ず青空が広がっているのだから…

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:08:40.94 ID:GLYFGcmiO
>>175
良い……実に素晴らしい!!!!!!


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:09:11.53 ID:LHIeHE9R0
>>175
これはいい!!青色好きになった!!!

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:09:27.82 ID:qo0VKBVF0
>>175
うるうるきた

179 :13怪談〜11談目〜:2006/08/27(日) 00:11:44.15 ID:GLYFGcmiO
無「間髪入れずに次いくのかっ?!」
白「なんせ前回を投下してから随分経ちましたから」
無「投下?随分?まだ10分位しか……」
白「私の話は……」
無「シカトですね……」
白「私が小さい頃に入院した病院で実際にあった話」
私の入院した病院は戦前からあったらしく
そのためか数多くの話がありました
その病院は3階建てで地下に1階という造りの建物
地下にも病室があったんだけど…
その病院の地下には霊安室があるからか子供の私にはとても不気味だったの
だから私はあまり近寄らなかったんだけど…
退院前日の夜、私はなかなか眠れませんでした
だから私は自動販売機にジュースを買いにいくことにしたの
1階にも自動販売機はあったんだけど、私の好きなジュースは地下にしかなかった
だから私は仕方なく薄暗い電灯が灯った階段を降りて地下に行くことにしたの
階段を降りて薄暗い廊下を少し進んだところに自動販売機はあった
白「もっと階段の近くにあればいいのに……」
そんな感じに文句をいいつつジュースを買い終わり
さぁ戻ろうと思った時、

180 :13怪談〜11、1談目〜:2006/08/27(日) 00:12:33.31 ID:GLYFGcmiO
廊下の向こうから
カツ カツ カツ カツ……って規則正しく音が聞こえてきた
その音はそう━ 松葉杖をつく音
最初はこの階の病室の患者さんかと思ったんだけど
ソレはこの階にある病室のどれにも入らず
真っ直ぐにこっちに向かってきた
私はこの人も飲み物を買いに来たのかと思った
いやそう思いたかった
カツ カツ カツ カツ カツ…
その音が近づいてくるにつれてソレの姿がだんだん見えてきた
それは、看護婦さんだった
でもその看護婦さんには
なかったの
片足が
そのため物凄く不気味な歩きかただった
1つしかない松葉杖にしがみつき、体を必死に引きずっているといった感じだった
でもそれよりも私が怖かったのは
ソレは腹部から出血し、ニヤニヤ笑いながらこっちに近づいてきたことだった
だからソレが近づいてきた時、私は脇目もふらずに走った
自分の病室まで
結局その日は一睡も出来ずに朝になった
そしてその日、私は退院した


181 :13怪談〜11、5談目〜:2006/08/27(日) 00:14:14.64 ID:GLYFGcmiO
白「これが私の話」
灰「……怖いよ!お姉ちゃん!!」ガバッ
黒「暑苦しいから抱きつかないで!!」
灰「ヒドい……」
空「先輩……私も怖いです……」ギュッ
無「胸が……(*´Д`)」
朱「やるね━色無」
群「青色ちゃんと空色ちゃん、姉妹の両方に手を出すなんて」
無「いやいや全然そんなつもりは(*´Д`)」
黄緑「そんな顔で言っても説得力ないですよ」
黄「なら私!!」
赤「いいえ僕が!!」
橙「いいえ私が」
黄・赤「どーぞどーぞ」
橙「イヤッホホホホゥ!!」
黄「しまった!!いつものノリで!!」
無「なんで橙も……アッー!!」
灰「お姉ちゃんも行かなきゃ!!」
黒「そう思うなら離れなさい!!」
緑「その辺にして次いくわよ!!」
紫「次は色無のばん!!」
無「あぁ、そうか……」


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:24:37.50 ID:Gg80L5HxO
まぁ毎年毎年この時期は夏休みの友が終わらなくて
正直困ります


が、



このスレ見つけたら勉強できないからもっと困る

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:25:10.31 ID:RkIlW5/5O
>>176>>177>>178
レスd。そう思ってくれたならありがたい。

>>181
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ(((゜д゜;)))

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:26:23.46 ID:IbB/VxbN0
>>171
ありがとう(´・ω・`)
これで心おきなく黒を…
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1367.jpg
しつこいorz

>>181
怪談怪談 ( ゚∀゚)彡
待ってました!
次は色なしーwktk

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:31:53.15 ID:vUyEoUhQ0
>>175
空色カワイソス(´・ω・)
だがそれ以上に青のハッピーエンドに感動した!!!!1111
GJ!!!!!111111

>>>181
(((((((( ;゚Д゚)))))))カクカクプルプルカタカタプルカタカクカクカクカクカク
・・・・・・あれ?

>>182
宿題なんかやらなくてもいいんだぜ?大切なのはこのスレを保守するこt(ry


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:35:01.14 ID:qJ/JU1GjO
VIPも気持ちの悪いやつらばっかりになってしまったな

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:35:17.15 ID:GLYFGcmiO
>>183-185
レスd!
オリジナルだったから自信なかったんだが少しでも怖かったなら良かったw

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:42:52.65 ID:i++h9YEc0
色無さん
http://kjm.kir.jp/?p=45483

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:47:26.39 ID:LHIeHE9R0
>>188
イケメンじゃねえかちくしょう・・・

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:58:27.99 ID:vUyEoUhQ0
ここで紫SS投下

色無「・・・紫ぃ〜?」
紫「ん、なぁに?」
色無「俺はもう寝たいんだけど?」
紫「寝ていいよ。床で。」
色無「・・・あの、そーゆう言葉は、人様の部屋のベッドの上で深夜遅くまでマンガ本読んでくつろいでる小娘が言う言葉じゃないと思いますよ?」
紫「ちっちゃいゆーなっ!!」
色無「・・・こうなったら最終手段にでるしかないな!・・・。(もぞもぞ」
紫「きゃっ!ちょ、ちょっと、いきなりベッドに入ってくるなぁ!」
色無「どかない紫が悪い!」
紫「もう・・・。じゃあ今日はしょうがないから一緒に寝てあげるw」
色無「だからそーゆう言葉は、人様(ry」
紫「ちっちゃ(ry」
色無「じゃ、俺はもう寝るぞ?」
紫「うん、おやすみ♪(・・・・・・ありがとね、色無。)」
―次の朝
橙「色無ぃ〜!おっは・・・・・・・・・・・・・・・・この前は巨乳のエロ本隠し持ってたくせにホントはロリコンだったのね。もう、色無なんて知らないッ!!」
色無「ちょっ、これにはワケg・・・・・・また誤解されたかorz」
紫「・・・ぅ〜ん・・・・・・ちっちゃい・・・ゆーな・・・むにゃむにゃ。」
色無「こいつ、夢の中でもちっちゃいワードには反応するのか・・・。」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 00:58:32.80 ID:i++h9YEc0
>>189レスd
流れに乗って怖い話するときの色無さん
http://kjm.kir.jp/?p=45490

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:00:05.65 ID:Km8RQXGU0

赤「起きて色無し!!」
男「ん〜……」
赤「起きてったら!!」
男「んー……起きるから……」
赤「もぉ……起きろっ!!(バッ」
男「あ〜……むにゃむにゃ」
赤「もう、今日からボクと一緒にランニングする約束だったでしょ!?」
男「う…ん…ん〜…」
赤「学校始まるのに体がなまってるからって!!…あ……」
男「………?」
赤「わ、ごめん、下のほうまで起きちゃったね///」
男「どどどど童貞ちゃうわ!!じゃなかった、これは自然現象でして自分ではどうにもできないようなものですから別によからぬことを想像したわけではなくて…」
赤「知ってるよ〜」
男「ですから私自身には何の罪もなく……って、え?」
赤「んじゃ、おさまったら早く玄関来てね!ボク先行って待ってるからさ!んじゃ!」
男「…………なんかそこまで簡単にスルーされると……」


最近下ネタに走りがちで駄目だな、自重します。
赤がボクっ子ということを思い出して急に萌え始めた今日この頃

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:00:29.94 ID:vUyEoUhQ0
>>191
ちょwww本気でビクったじゃねぇか畜生・・・orz

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:03:22.98 ID:Km8RQXGU0
>>190
やっぱ紫かぁいいよ紫wwwww
>>191
色無しkoeeeeeeeeee!!!!!!!!!!

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:04:47.64 ID:LHIeHE9R0
>>192
童貞ちゃうわバロスwwwwwww

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:09:01.25 ID:i++h9YEc0
>>193,194レスdクス
落書きの寝た探しに良かれと思ってこのスレに来たが
ここはすげぇ電波で満ちあふれてるぜェー
つーわけで>>190,192GJ

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:10:46.01 ID:vUyEoUhQ0
>>192
赤www
エロイのおkなら朝からくぁw背drftgyふじこlp;@:「」するんだよな?

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:11:04.28 ID:qo0VKBVF0
>>181
ツボったw
うpするごとにクオリティは上がらない人なんだ(´・ω・`)
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1368.jpg

>>192
ボクッ子赤いいよボクッ子赤

ってゆーおやすみ保守

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:16:04.35 ID:vUyEoUhQ0
>>196
愛と電波の色鉛筆スレへようこそ

>>198
でもアナタのクオリティは下がることはないからなwww
GJ!!!!!11111


俺も寝るかな・・・。悪いが保守はまかせたノシ

200 :桃緑(1/2):2006/08/27(日) 01:20:07.58 ID:a7h6i3YZO
『ねぇ○○君、宿題見せてほしいんだけど…』
「桃ちゃんの頼みなら喜んで!」
『ありがとー♪大好き!』
ぎゅっ

『またそういう事して…』
『あら、橙ちゃん』
『まぁ騙されるほうも悪いからとやかく言わないけど…』
『騙してはいないわよ。自分の魅力を最大限に生かしてるだけ』
『あのねぇ…』
『あらあら。じゃあ桃ちゃん今度は彼を狙ってみたら?』
『彼?』
『緑君よ。彼勉強も出来るし誘惑する価値はあると思うわよ?』
『へぇ…』

201 :桃緑(2/2):2006/08/27(日) 01:21:55.39 ID:a7h6i3YZO
『ねぇねぇ緑君、お願いがあるんだけど…』
「?貴女は…?」
『私は桃っていうの。それでね、お願いなんだけど…宿題見せてくれない?』
「宿題…ですか…」
『駄目?』(上目使い)
「駄目です」
『え…?』
「宿題は自分でやらないと何の意味もありません。わからないところを教える、というのなら喜んで引き受けますが」
『………』
「…行っていいですか?」
『あっ…どうぞ…』
「失礼します」

『やっぱり駄目だったみたいね』
『いや黄緑あれは相手が悪いって』
『…面白いじゃない…』
『え?』
『見てなさい緑君…私になびかない男なんていないのよ…必ず振り向かせてみせるわ!オーッホッホッ!』
『…黄緑』
『なぁに?』
『こうなるってわかってたでしょ』
『だって面白そうじゃない♪』
『確かに♪』

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:22:44.46 ID:a7h6i3YZO
堅物緑と腹黒桃。
この先どうしようか…

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:25:45.12 ID:Km8RQXGU0
>>202
この桃にはいつまでも緑にあしらわれていてもらいたいwwwwwwwww

204 :1/2:2006/08/27(日) 01:26:50.93 ID:W4AOwmuT0
男「体育祭の出場競技を決めたいと思います。1人2種目は最低でも出てください。めんどいんでさっさと決めるぞ野郎ども」
赤「はい!俺、バスケ!あと橙も!」
橙「おい!…まあ出るけど」
赤「狙うは優勝だからな!3年にも負けん!」
橙「確かに狙えっかもな」
赤「おうよ!とりあえず作戦はだな…」

男「で、男女混合ペアのテニスが男女両方2人づつ残ってんだけど…女子は一通り決まったか。誰か三種目め出てくれないか?あと、誰かそこのバスケ談義やめさせてテニスやらせろ」
赤「あ、わりい」 橙「つーか残ってんのテニスかよ」
男「自業自得だ。で、女子、誰か頼む」
女「………」
青「(周りを見て)…はあ。いいわ色無、私が出る」
男「あ、いいの?さんきゅ」
赤・橙「!!!」
黄「………。色無、私もやる」
男「よし、決まりだ。あとはペアは各自で決めてくれ」


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:27:10.93 ID:GLYFGcmiO
>>198
ktkr!!!!
ウレシスwwwww

206 :2/2:2006/08/27(日) 01:29:57.90 ID:W4AOwmuT0

赤「で、どうする?俺はどっちもいいけど」
橙「?!……俺も別に」
黄「(嘘ばっかり…)私もどっちでもいいよ」
青「じゃあ…公平にじゃんけんで」
   じゃんけんぽい!
勝ち 赤・青   負け 橙・黄
赤「青か。よろしく、絶対勝つからな」
青「まあ、頑張るわ」
橙「結局お前かよ。いまさらコンビネーションもクソもないよな?」
黄「もち!やる以上は勝つよ!」
桃「(ふふ、面白いわねwwこれは黄ちゃんにもチャンスかしら?)」

赤「テニスも頑張っけど、やっぱメインはバスケでしょ!」
橙「お前ホントに燃えてんなー」
赤「当然。勝負のこと忘れてねえだろうな?」
橙「…当たり前だろ。ぜってー負けねえ」
赤「それはこっちの台詞だぜ」
?「おい、赤」
赤「んあ?…………黒…」
黒「よお。お前は体育祭はバスケに出るのか?」
赤「…ああ」
黒「そうか、俺もだ。ああ、体育祭の日は白も来れるように頑張ってるぞ」
赤「―――そっか」
黒「じゃあ。体育祭はお互い頑張ろうぜ」
赤「……………」
橙「おい赤、どうした?」
赤「……いや、何でもない。何でも…」

キャラが増えてごちゃごちゃしてしまう…さっさと結末まで持ってけるように頑張るので許してくれ…

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:33:11.53 ID:GLYFGcmiO
>>206
このシリーズが毎回楽しみだwwwww
割り込んで本当にスマナイ(´・ω・`)

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:42:01.43 ID:Km8RQXGU0
寝る前保守

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:45:53.69 ID:i++h9YEc0
かなり遅レスだけど「・・・ぅ〜ん・・・・・・ちっちゃい・・・ゆーな・・・むにゃむにゃ。」
http://kjm.kir.jp/?p=45506

寝る人そこそこいるぽいしね(´・ω・`)オッツー

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 01:47:35.59 ID:RkIlW5/5O
カラオケ逝ってくる。後は任せた ノシ

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 02:05:51.01 ID:GLYFGcmiO
おやすみほっしゅ

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 02:29:03.52 ID:gQcUjrxVO
黄緑さんちの☆深夜の☆平穏な日々
色無「ただいまぁ。」
黄緑「おかっ……おかえりぃぃ色無しさぁん。」
色無「今の時間まで待ってくれるのは嬉しいけどお酒は控えようよ。」
黄緑「そーねー。で、どうするぅご飯?お風呂?それとも………わたし?」
色無「とりあえず全部で。」
黄緑「キャー色無しさんってわがままぁ!じゃあご飯の用意しまーす。」

色無「ふぅごちそうさま。」
黄緑「次はお風呂ねぇ。お風呂はとっくに沸いてるからどうぞ。」
色無「じゃあそうするよ。」
黄緑「私ももう一回入りま〜す。」
色無「あーどうぞどうぞー。」
黄緑「それじゃお背中流しますからほら、早く脱いで脱いで。」
色無「ありがとう。じゃお言葉に甘えますか。」
黄緑「(ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ)ふぅ今日1日お疲れ様♪」
色無「ありがとう。いやぁ癒されるー。」
黄緑「じゃあ次は前流しますね。フフフフ。」
色無「お願いします。って黄緑さん!鼻血出てる!鼻血!」
黄緑「えっ……きゃあ!」
色無「早くあがって!えっと!えっと!そうティッシュティッシュ!」
黄緑「色無しさんのせっかちぃ♪」
色無「違あぁぁぁぁぁぁう!!!!!!」

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 02:39:15.60 ID:gQcUjrxVO
保守

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 02:52:02.71 ID:gQcUjrxVO
保守

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 03:06:42.36 ID:gQcUjrxVO
サムライブラック保守

男「そろそろ、夏の終わりだなぁ………………。」
侍「お前が黄昏ても様にならんな。無理矢理カッコつけてる感が否めん。」
男「黙れハダカ侍。グッズあまり売れなかったくせに。」
侍「知るかそんなもん。」
男「じゃ、カラオケ行こうか。」
侍「もう勝手にしてくれ………」

男「よし、じゃあ一曲目頼むわ。レディファースト。」
侍「えっ!じゃあ某の一曲目はこれで………これどうやるんだ?」
男「これ?お前歌えんのか?まぁいいや。この曲いれるぞ。」

侍「sugar baby love♪ sugar baby love♪ I didn't mean to make you blue♪」
男「…………………ん?」
侍「よぅし。たまに大声出すとすっきりするな。」
男「巫女ミコナース!巫女ミコナース!巫女ミコナース!巫女ミコナース!」

侍「it's my life♪ it's now or never♪ I ain't gonna live forever♪」
男「…………………」
侍「どうした?某の顔に何かついてるか?」

侍「it's a beautiful day.the sky falls♪」
男「……………………」
侍「さっきからどうした?お腹痛いのか?」
男「…………もういいや。」

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 03:10:26.90 ID:gXILjc41O
|ω・`)そ〜今なら貼れる

|ミ サッ

|ノ・ω・`)ノ トリャー 〜○
http://imepita.jp/trial/20060827/110850

(´・ω・`)みんな覚えてるかなぁ〜昔黒描いてた
クロスキ→筆ペンおじさんだよ

(´;∀;`)そうか…知らないか…

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 03:18:36.42 ID:gQcUjrxVO
>>216ロリGJwwwwwwwwwwwwwwww
貴方があの筆ペンおじさんですか















知らないけど

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 03:31:22.90 ID:gQcUjrxVO
保守

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 03:46:10.59 ID:gQcUjrxVO
保守

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 04:00:53.51 ID:gQcUjrxVO
サムライブラック保守

侍「うっ……うん」
男「なんかさっきからもじも」
侍「ひゃあ!あっすっスマン!」
男「さっきから落ち着かないようだけどどうした?」
侍「し、知らん!だがなんかこう気分が高揚してしてしまうんだ。」
男「なんか悪いもんでも拾い食いしたのか?」
侍「そういえばさっき黒の奴からぶらっくこーひーをもらった。『同じ黒として話し合おう』とか。」
男「明らかにそれ薬入りだろ!9割方確定じゃん!」
侍「さっきから体が熱くてたまらんのだ。それに心なしか悶々するというか……。」
男「(黒さーんありがとーございまーす)そうか大丈夫か。」
侍「あまり某に触らないでくれ。頼む………。」
男「心配なんだよ!お前が!何か俺にできることはないか?」
侍「なら某と……某と…………」
男「お前と?」
侍「某と闘ってくれ。」
男「はぁ?たたか!へっ!?」
侍「頼む!もう我慢できないよおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
男「アッー!」

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 04:15:01.40 ID:gQcUjrxVO
保守

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 04:32:57.78 ID:gQcUjrxVO
そろそろ寝る

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 04:48:09.79 ID:gQcUjrxVO
寝させて

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 05:04:10.78 ID:IbB/VxbN0
たまには黒以外もかいてみる


http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1369.png

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 05:58:26.65 ID:RkIlW5/5O
只芋〜

>>216
久しぶり

>>220
やっぱりそうなるかw

>>224
画風が違って見えるのは俺だけか?

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 06:20:29.50 ID:IbB/VxbN0
>>225
初めてペインターソフトなるものを使ったから…かな??
(フリーのだけど)
自分では
紫=ロリーと思ってかいたんだけど


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 06:31:21.71 ID:RkIlW5/5O
>>226
把握。紫=ローリー感、十分に出てますよ!むしろリアルにいそうな感じが(*´д`)

ち、違う断じて俺は違…ん、誰だこんな早朝に

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 06:53:46.00 ID:RkIlW5/5O
寝落ちしそうだからage保しとく

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 07:28:28.70 ID:qo0VKBVF0
おはよう保朱

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 07:44:27.24 ID:M572zkmgO
筆ペンさんって、昔色無を女化してなかったっけ?

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 07:53:56.67 ID:M3BpBXcn0
日曜なのに仕事だ保守

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 08:09:28.64 ID:gQcUjrxVO
保守

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 08:35:04.63 ID:gQcUjrxVO
保守

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 08:55:33.87 ID:gQcUjrxVO
保守

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 09:11:22.05 ID:gQcUjrxVO
保守

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 09:28:54.96 ID:M3BpBXcn0
↑寝たのか?
早めの保守。

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 09:35:07.83 ID:U7tBfoBWO
保守

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 09:49:36.02 ID:gQcUjrxVO
>>236
シャワーしてました(*´∀`)

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 10:00:06.69 ID:vUyEoUhQ0
今沖田保守

>>209
うはwww挿絵ktkrwwwww
紫かぁいいよ紫wwwwwdクス!!

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 10:13:03.62 ID:gQcUjrxVO
サムライブラック保守

侍「宝島かぁ………」
男「あー24時間TV?」
侍「そうだが?」
男「ねーな。」
侍「ッ!なぜそんなことを言うか!」
男「だって俺が海賊だったらいちいち洞窟なんかに隠さねぇよ。」
侍「…………夢を滅茶苦茶にするな。」
男「アンガも走りきれそうに見えねぇしなぁ。」
侍「森昌子さんの人生を見て感動してるときそんなこというな。」

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 10:14:25.50 ID:vUyEoUhQ0
今読み返してきたらgQcUjrxVO殿が黄緑さん家と侍黒の人が同一人物だということを初めて知った・・・orz
そして深夜と早朝の保守乙ですwwwww

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 10:22:53.24 ID:gXILjc41O
>>230

うん、描いたよ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 10:33:43.42 ID:22EGaEkE0
今北。今スレはSSが普段より多い感じだな。各方面にスレのurlを貼りまくった甲斐があったwできれば各スレに一人はいる神絵師たちにも来て欲しいところだww

>>241
あるあるwwww俺もちょっと前に気づいたが、びびるよなwww
作風の違いもすごいし、両方合わせた文章量も尋常じゃないwwwww

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 10:38:28.29 ID:fRIQfMpAO
今沖田
>>243
貼ってくれたのかwwwwww
ただ神絵師まで呼ぶのは、相手スレが過疎るからどうかと思うぞwww色鉛筆には奇跡的に結構な数の絵師がいるんだし。

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 10:52:30.94 ID:M3BpBXcn0
おれも、1ヶ月くらい前に素直クールから誘導されてきた。
過去スレ読んだら、
ここの古参住人が涙ぐましい努力をしてきたことに感謝したいくらいだ。


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 11:11:19.28 ID:gQcUjrxVO
保守

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 11:26:59.23 ID:xYOB9LKn0
保守

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 11:45:17.05 ID:gQcUjrxVO
黄緑さんちの平穏な日々外伝『緑さんちの絶妙な日々』
緑 『今日は天気もいいし仕事も無い。愛妻の鼻唄が、愛犬のいびきが心地好い。「幸せ」この一言』
プルルルルルルルルルルル
緑 『大学にいる助手からだ。どうせまた293号だろう。』
緑 「やぁ今日はどうしたんだい?」
侍黒『また293ていッ!293号があばッ!このぉ!暴れてます!』
緑 「んー今回はなんかキツそうだから56番投与でお願い。じゃ。(ピッ)」
緑 『ふぅやっぱりいつものだ。でもこれがないと日曜って感じがしないな。』
薄黄「緑さーんコーヒー煎れましたよー。」
緑 『愛妻からのおやつの御誘いだ。色無しの娘、紫ちゃんから託された愛犬クーピーちゃんを
  起こさないようにリビングに向かう。今日は手焼きのクッキーだ。』
緑 「今行きまーす。」
緑 『そういえば今日はまだ研体達に餌を与えていない。まぁ奴ら貪欲だから後でもいいか。』
薄黄「今日のはどうですか?」
緑 「うん。今日のも薄味で美味しいよ。僕はこの味が好きだなぁ。」
薄黄「前も薄味って言ったじゃないですかぁ。今回は砂糖少し多くしたんだよ?」
緑 『無論わざとだ。愛妻が頬を膨らませる姿がみたいからだ膨らませる姿がみたいからだ。』
薄黄「じゃあ次はもう少し砂糖多目にしますね?」
緑 『しかしそろそろ止めておかないと定年を迎える前に糖尿病になってしまう。』
緑 「じゃ研体達にご飯あげてくるよ。」
緑 『研体には硫黄の中でしか生存できない生物、人に擬態する虫、深海の古代のワーム類etc.
  多種多様な生物がいるが自分はみんな愛しているつもりだ。だから自分は大学で教授をしている。』
プルルルルルルル
緑 「はい緑です。ん?どうしたんだい?」
侍黒『上様!127号が脱皮して尻から火を噴いて空を飛ぶようになりました!』
緑 「とうとう脱皮したんだ。じゃ一応檻にでも入れといて。ヤバイようなら生死は問わないから。」
侍黒「承知!久々に腕がなります!」
緑 「ふぅ。」
緑 『彼女は助手としてはいいんだが少々ガサツな所がある。まぁそうでもなきゃやれない仕事だ。
  さて、研体達に餌をやったらまた妻をからかいにいこう。そうしよう。』

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 11:56:59.65 ID:YIXbGa9VO
>>248
アナタの書くSS好きだw
なごむ(*´Д`)

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 11:57:55.09 ID:1Glghplb0
スレタイと関係ないけど↓終わったんですか><?
http://category.bloog-ranking.com/200608182247.html


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 12:10:08.33 ID:Km8RQXGU0
>>248
クリームさんが妻だと毎日癒されそうだwwwwww


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 12:16:40.61 ID:xYOB9LKn0
不人気bPらしい黄色で保黄

黄「色無ー、宿題手伝っt」 男「却下、俺も終わらねえ…」
黄「ちぃっ、宿題なんか全人類の敵だ…」

一時間後

黄「色無ー、飽きたー」
男「………」
黄「色無ー、遊んでー」
男「…宿題が終わったらな」
黄「むう。じゃあジュース買ってきてー」
男「宿題が終わったらな」
黄「ぐえー、色無つまんなーい」
男「…あー、終わんねー」
黄「くそう…。……色無ー、デートしてー」
男「宿題が終わったらな」
黄「?!! マジっすか?!よっしゃ、やったるでー!!!」
男「(あれ、俺今なんて言ったんだ?…まあいいか)」

三時間後

橙「黄色が知恵熱で倒れたー!!」
黄「…数学があー……英語の単語が襲ってくるー…ぅああ…色無ぃ…待ってえー…」


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 12:32:53.64 ID:gQcUjrxVO
黄色は使いにくい部分があるんだよな。ほら白い紙とかだと見えにくいじゃん。

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 12:36:19.41 ID:/dG8QOYv0
     ??     ??
    ????   ????
   ??????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
  ???????????????
    ????????????
  ???????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 これを見ると今年の受験に落ちます。
これを今から1時間以内に3回他スレにコピペすれば100%、受かります。
貼らないと
落  ち  ま  す



255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 12:39:15.93 ID:xYOB9LKn0
>>253
そんなこと言ったら、白なんか全く見えない罠

保守

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 12:52:19.35 ID:gQcUjrxVO
保守

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 13:05:28.17 ID:fRIQfMpAO
>>253
画用紙が白とは限らない

みたいな感動SSがあった気ガス

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 13:11:35.45 ID:IbB/VxbN0
>>257
それは泣けそうだ

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 13:25:30.93 ID:26HJ6XLk0
>>252
そりゃあアミバですからw

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 13:27:09.78 ID:9krx47yJ0
>>257
それみてみたいなー。

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 13:41:14.15 ID:B8/KF9m70
それ書いたの俺だけど感動するかもと思って見たら拍子抜けするぞw短いしw
つ【姉御な青】スレ>811

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 13:52:23.96 ID:gGODlrSV0
バイトめんどくさい(´・ω・`)
まぁそれは置いといて皆GJ様よ〜

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1375.jpg

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 13:54:47.94 ID:B8/KF9m70
>>262
(*´Д`)水カワユス

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 14:20:08.35 ID:B8/KF9m70
保守

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 14:40:17.50 ID:M3BpBXcn0
保守

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 14:42:24.96 ID:gQcUjrxVO
保守

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 15:07:37.33 ID:fRIQfMpAO
守保

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 15:12:04.32 ID:IbB/VxbN0
>>261
よんだ
スゲxe
おれのSSなんて…

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 15:19:46.23 ID:22EGaEkE0
>>262
赤い靴が可愛すぎるwwwwwwGJ!!!!!!!!!!

270 :1/12:2006/08/27(日) 15:32:32.46 ID:IbB/VxbN0
カッカッカン
鬱蒼とした森に乾いた音が響く
空から何か落ちてくる
目の前に落ちてきたそれは、頑丈な縄で括り付けてある丸太だった
丸太はボコボコにへこんでおり、丸太から伸びた縄は擦り切れていた
コレをやったのはオレの知り合いだ
まぁ、こんなことができるヤツなんて、ここいらで1人2人ぐらいなのだが…
「おぉい!しーちゃん!!」
できるだけ大きな声でその名を呼ぶ
と、その瞬間背後に殺気が降ってきた
「その名で呼ぶな、色無し」
オレの首筋に木刀をひたりとつけて、しーちゃん…いや漆黒こと侍黒は言った
「その名を呼んでよいのは黒殿と灰殿のみだ」
「わーっかた、よ。悪かった。じゃあ、どう呼べばいい?漆黒?侍黒?」
ぷいっと彼女は踵を返す
「好きにするがいい」
じゃぁ「しーちゃん」でもいいじゃねかと思ったのだが
侍黒こと漆黒にぎろりと睨まれたので、ぱっと話題を変えた (こいつオレの考えが分かんのかよ)
「トレーニング??」
「あぁ、そうだ」
「ふーん。あれいつも腰に差してる刀は??トレーニングは木刀なのか??」
「ぁあ…“蝦散”なら灰殿に預けてある。最近刀身に曇りがみえてな…少々研ぎなおしてもらうのさ」
…あいつは刀研ぎなんかできんのか…しかし“エビチリ”つーのかあの刀…
「ふーん。そっか。ま、怪我しないようにがんばれ。」
「あぁ…ありがとう。…しかし、御主はなんでこんなところへ??」
「ん?ここを通ると近道なんだよ」


271 :2/12:2006/08/27(日) 15:33:32.50 ID:IbB/VxbN0
「何処へのだ」
「白の入院してる病院」
「…相変わらずの八方美人っぷりだな」
呆れたという顔している
友達のことを見舞いに行くのに下心もなにもなかろうと、反論しようとした
「しーちゃん。あろー。」
どげん! と頭の上に何か降ってきた起き上がって見上げるとソレは、何やらそわそわウキウキしている灰だった
オレがおいこらと言う前に
「しーちゃん。ついにできたの。やっとできたの。やっと夏休みの自由研究完成したの。」
灰が漆黒に詰め寄ってる
灰がこんなに興奮してるのも珍しい
夏休みの自由研究なんて ダリーカラヤンネ みたいな感じと思っていた
子供らしいとこもあるもんだ
「でね。スゴイんだよ、これ。しーちゃん、前に修業するにも相手がいないのが悩みだって話してたでしょ。それでね、んふふふふふ……この!! “オレハヤレール” を飲むとね常人でも達人並みになれるの。」
お前はそんなものを先生に提出する気か
だいたいそんな都合がいいものが…
「ほら試しにこのボンクラに飲ませてみると」
だれがボンクラだ、っておい!
ごきん
灰の左がボディに入る
腰が落ちる
顎が相手の射程距離にはいる
ごっっつくん
右アッパーと同時になにかカプセル状ののもを喉の奥にぶちこむ
ばったりと倒れる
こいつ…お前が漆黒の相手しろよ
ふらりと立ち上がる

272 :3/12:2006/08/27(日) 15:34:26.99 ID:IbB/VxbN0

なんだ??体が熱い
さっき灰からくらったパンチのダメージも全くない体が軽く、世界がやけにゆっくりと動いているように感じた
背骨あたりから脳にかけてチリチリしてるのがわかる
なによりも心が、本能が、闘争心が沸き出ててくるのを感じた
「ほら、このとーり。」
そう灰が言ったのが最後
自然と足が前にでていた


「迅い!!」
がきっつ
いきなり距離を詰めてきた色無しを避けようとしたが、ヤツはさらに速かった
追撃して蹴りを2発
辛うじて受けるもギリギリだった
色無し…やる気か
「灰殿。本気で…というこでよろしいか??」
「Yes!そうじゃないといいデータがとれないからね」
すごい人だ
…色無しの姿は見えない
さっきの攻防の後木々の陰に姿を眩ませてしまった
木刀を正眼(中段)に構える
ひとつ呼吸をする

273 :4/12:2006/08/27(日) 15:35:19.43 ID:IbB/VxbN0
!!
来た!!
背後から影が飛び出てくる
と、同時に飛び蹴りがくる
…別に動いて避けるまでもない。木刀を軸にし半歩横にでる
がら空きのわき腹をなぎ払う
ガっ!!
しかし、わき腹の前で色無しの腕がそれをさえぎる
…もはや人間の動きじゃないぞ
色無しが力任せに木刀をひく
引いたところに色無しの拳が待ち構える
さっき受けた感じからすると一発でもくらえばそれで終わりだろう
それならと…左手を離し勢いを利用して色無しの襟首をとっ捕まえ、ぐいと引っ張りあげて顔面に膝をお見舞いする。
と、今度は色無しを軸にして、てこの原理で木刀を取り返す。背中ががら空きである、振り向き様思い切りキツイ一撃ををお見舞いする
ゴがあぁっ!!!
手ごたえはあった
灰殿が「おー」と見物しながら拍手をしている
まったく人事だな

草煙の向こうにゆらりと色無しが立っていた

274 :5/12:2006/08/27(日) 15:36:08.06 ID:IbB/VxbN0
いってぇ
全く手加減無しかよ
まぁ、仕掛けたのはオレだし、仕方ないか…
さっきので大分頭は冷えた
というかさっきまでをよく覚えていないのだが…
漆黒がこっちをじっと見ている
ーん。正気に戻ったし、もう戦う必要はないのだが、ちょっと興味が沸いてきた
つまり漆黒…色鉛筆の中でもトップクラスの実力をもつ彼女と、どの程度渡り合えるかだ
勝とうなんて思っちゃいないが(さっきのふっとばされ具合で分かる)いいトコまでいくのではないだろうか
幸い漆黒は木刀だしそこまで大怪我することはないだろう   (注※ 木刀も充分凶器です。死亡する可能性もあります。)
ちょっと腕試しがしたかった
…ドーピングしてんだけど
こんな風に人と喧嘩する、戦うなんて滅多にないが、オレ自身頭の回転は利く方だと思う
さて、どうやろうかな

275 :6/12:2006/08/27(日) 15:36:42.77 ID:IbB/VxbN0
ざわりと木々が揺れる
刹那、色無しが動く
漆黒に向かって一直線に走る
漆黒が一呼吸して木刀を上段に構える
がきっぃぃ!!!!
拳と木刀が交差する
普通なら拳が壊れてもおかしくないような衝撃だが、何事もなかったかのように
色無しが前に出る
漆黒の懐に入る、こうなると上段は不利だが、漆黒はするりと手を上にスライドさせ木刀の刀身にあたる部分を持ち、柄を色無しに打ち下ろした
色無しはそれを腕を交差して受け止めるが、次の瞬間漆黒の蹴りで吹き飛ばされていた
さらに漆黒がせまる
1撃、2撃、3撃、4撃…
怒涛の攻撃を浴びせる
しかし、6撃目漆黒がその場から飛びのく
はらりと腹から胸にかけての胴着が裂けている
「よーやく捕まえた」
色無しがそう言ってのそりと出てくる
漆黒の頬を汗がつうと伝う
つまり色無しは漆黒の攻撃の打ち終わりを狙ったのである
どんな達人でも攻撃の出始めと終わりにはわずかな隙ができるという
漆黒の6撃目、そこが彼女の攻撃の一区切りであり、隙であった
色無しはそこを狙っていたのだ


276 :7/12:2006/08/27(日) 15:37:14.92 ID:IbB/VxbN0
「面白い」
漆黒はそう言うと軽く一拍おいて色無しに迫る
さっきと同じ光景が広がる
1撃、2撃、3撃、4撃…5撃……6撃
ここで漆黒にわずかな隙ができる
色無しがとびかかる
漆黒が押し倒される



色無しの顔から血の気が引いていく
彼の股間に漆黒の膝が深々と突き刺さっていた

「ぐ…がぁ…」

色無しが白目を剥いて倒れる

「だめだよ。しーちゃん!」
「え?ぁあ、大丈夫であろう。男子としての機能を奪うまでしてはいないが」
「tっち、ちがうぅ!あの薬は服用者を気絶させると…」
灰が言い終わらないうちに
ぐばぁと色無しが立ち上がる

277 :8/12:2006/08/27(日) 15:37:50.84 ID:IbB/VxbN0
「な!?」
さすがの漆黒も驚愕の声をあげる
確かに気絶させたはずだ
「だ、だから…服用者が気絶しちゃうと薬の副作用で体だけが破壊本能に従ってうごいちゃうの」
そういうことは早く言え
と、漆黒が突っ込む間もなく色無しが迫る
さっきより数段速い
灰を抱えて飛ぶが完全には避けきれず、衝撃で足が痺れる
「しーちゃん。大丈夫?」
心配そうな灰を手で制して、色無しに向き直る
この足じゃもう避けれまい
しかたない
覚悟を決めたように漆黒は深く息を吐く


278 :9/12:2006/08/27(日) 15:38:38.40 ID:IbB/VxbN0
木刀だし死ぬことはないだろう   (注※ 木刀も充分凶器です。死亡する可能性もあります。)
深く腰を落とす
居合いのような構えになる
色無しが飛び出す
深く息を吸う
瞬間
灰色は瞬きをしてしまった
次の瞬間には
漆黒の手にあった木刀がぼっきり折れていて
色無しの姿がどこにも見当たらなかった
「さて、さほど遠くではないはず…探しに行きます」
ひょいひょいと森の奥に消えていく漆黒
まるで闇に溶け込むようだ
そんな様子をぼーと見ていた灰が急に毒づく
「ちぇっ!また見逃しちゃった。奥義・斬鉄剣…」
色無しが吹き飛んだと思われる跡を見つめる
そういえば色無しはなんでこんなところにいたんだろう…

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 15:44:37.47 ID:M572zkmgO
割り込みスマン
規制喰らった?

280 :10/12:2006/08/27(日) 15:44:45.04 ID:TrBgejE3O
私はわくわくしていた
今日は朝から落ち着かない
今日は調子が良さそうだねと誉められた
あたりまえだ
せっかくの日に暗い顔して会うわけにはいかない
うふふふ、楽しみだなぁ



さっきからバタバタと廊下がうるさい
何かあったのだろうか
婦長さんが入ってくる
「あの何か…」
「白さん!!」
「は、はひい!」
「ごめんねぇ…急患が入って空いてる部屋がここしかないの??しばらくの間、相部屋になっちゃうけど大丈夫??」
「は、はぃ…ぅ…」
そんなぁせっかく今日は色無し君が…


281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 15:46:40.44 ID:TrBgejE3O
「じゃぁ、さっそくだけど…早くストレッチャー押して!!はいオッケー。ふう…白さん、色無しさんよ。しばらくの間だけど仲良くして頂戴。」
「!!!」
色無しさん!!??
どこどこどこ!!??
「よho、ヒロ」
なんか白い物体が微か(幽か)に動いている

…これ?

いやーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


白の絶叫が病院に響いた


282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 15:48:05.22 ID:TrBgejE3O
「でもね。なんだかんだ言って、白は色無しの看病てがら、いちゃいちゃしてったって言うし…」
灰がぼそりと呟く
「で?」
「いやね。お姉ちゃんも頑張らないと他の子に取られ…」
「で?」
「あのぅ…私は…」
漆黒が所在なさ気に黒の顔色を伺う

「ふたりとも 晩 御 飯 抜 き 」


今度は2人の悲鳴が屋敷に響いた



283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 15:51:09.45 ID:TrBgejE3O
>>279
くらったくらったorz
なげぇんだよ、オレの…


>>159読んだら急にかきたくなって…

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 15:51:44.01 ID:M572zkmgO
>>283
長文は嫌いじゃないよwGJ!!

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 16:03:20.09 ID:M3BpBXcn0
>>283
黒スキーで白スキーなオイラは嬉しいぞwwwww

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 16:17:38.66 ID:Km8RQXGU0


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 16:32:27.23 ID:gQcUjrxVO
真っ黒保守

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 16:33:47.03 ID:B8/KF9m70
>>268
自虐はNGなんだぜ

>>283
長文は大変だよなwGJ!

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 16:50:16.39 ID:U7VJT6Td0


290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:06:08.83 ID:M3BpBXcn0
しゅ

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:09:43.09 ID:M3BpBXcn0
保守代わりにお題を置いておこうかな。
『色鉛筆で童話をキャスティング』
グリムでも
アンデルセンでも
日本昔話でも


292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:16:10.04 ID:wLCRgis00
むしろ色鉛筆達に劇をやってもらうのは

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:17:02.56 ID:pux5hyO00
ここはしらゆきひめd

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:18:52.28 ID:U7VJT6Td0
一寸法師→ちっちゃい→紫→(゚д゚)

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:23:44.98 ID:vUyEoUhQ0
たまには朱色さんの出番もほしいよね・・・(´・ω・`)

色無「朱色さーn・・・あれっ?」
朱「・・・すー・・・すー。」
色無「またこんなとこで寝てる・・・しかも缶ビールの空き缶が散乱してる。」
朱「・・・すー・・・すー。」
色無「・・・ふぅ、しょうがない。片付けるか・・・。」
朱「・・・いつもすまんな、色無。」
色無「うわぁっ!?び、ビックリするじゃないですか朱色さん!起きてるなら起きてるって・・・」
朱「・・・すー・・・すー。」
色無「・・・・・・。あーっ、あんなところにオダギリジョーが!」
朱「(ぴくっ)・・・どこだぁ〜っ!」
色無「起きてるなら自分で片付けくらいして下さいねwそれじゃ。」
朱「ま、待った色無!お願いだから行かないでぇ〜・・・。」
色無「・・・これじゃどっちが年配かわからな・・・(ゴツン)いてっ!」
朱「誰が年配だって?」
色無「はいはい、すいませんでした。」
朱「罰として片付けな。」
色無「罰じゃなくてもやらせるんでしょ、どうせ。」
朱「ふふふ、物分りがいい子は嫌いじゃないよ?」
色無「そういうのはズボンくらいはいてから言って下さい・・・。」
朱「いーじゃん、私の部屋なんだし。水着と大して変わんないだろ、こんなもん。」
色無「はかないと片付けしてあげませんよ?」
朱「・・・ゴメンなさい。」

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:29:40.88 ID:gXILjc41O
GJ!!

これ【拾い画】だけど朱さんにはこういう印章がある
http://imepita.jp/trial/20060827/628850

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:38:52.98 ID:M3BpBXcn0
そうそう、確かに朱色さんはこんなイメージだwww

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 17:47:56.39 ID:M572zkmgO
>>296
あるあるwwwww

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 18:05:21.70 ID:M572zkmgO


300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 18:11:26.33 ID:gXILjc41O
過疎てるので初橙

橙「ちょっと色無しまた黒になんかしたの?」
無「…。」
橙「紫ちゃんや白のこともわかるけど…黒は…あんたの彼女なんだからさ…。もっと…こう…なんていうか、黒を大切にしなよ!!幼なじみとして何か見てらんないよ」
http://imepita.jp/trial/20060827/619670
無「わかってる、わかってるんだ。でも…紫は妹みたいな存在で白さんだって体心配だし…黒と付き合う前から二人とはそう接してたのに付き合ってからはやめろとか俺には出来ないよ…」
橙「でもねぇあんた…」


ネタ切れのためここまで
需要あれば続けます

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 18:14:03.08 ID:IbB/VxbN0
>>300
黒が彼女…
死ねる!!

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 18:15:25.87 ID:IbB/VxbN0
つーか
>>284
>>285
>>288
みんなありがとう(つд`)


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 18:37:21.98 ID:gQcUjrxVO
保守

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 18:45:59.30 ID:gXILjc41O
>>301

絵には触れてくれなかったのサビシス

ってか何時から黒はそんなガサつという設定がついたんだ?

昔は百合漫画に出てくる生徒会長みたいな印章だったのだが

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 18:53:14.29 ID:vUyEoUhQ0

―ある日の朝
紫「色無ーっ!色無ーっ!」
色無「・・・ん?紫の声がする・・・?」
紫「ここぉー!ここだよぅー!」
色無「あぁ、そんなとこにいたのか。ちっちゃくて見えな・・・って、ええええぇぇぇぇえぇっ?!」
紫「ちっちゃいゆーな、ばかぁ!(ぴょん、ぴょん)」
色無「いつにも増してミニマムサイズだな、紫・・・。」
紫「だからちっちゃいy(ひょい)―っきゃぁ!」
色無「おー、手のひらサイズw(これは可愛いなwww)」
紫「い、いきなり持ち上げるなぁっ!」
色無「ゴメンゴメン。・・・で、なんでこうなったの?」
紫「知らない!昨日の夜に灰がクッキー焼いたからって食べて朝起きたら・・・。」
色無「どんなクッキー作ったんだよ、灰・・・orz」
紫「でもクッキーは美味しかったよ?」
色無「美味しくてもそのクッキーが原因の可能性は十分あるからな。」
紫「でも灰がそんなこと・・・・・・・・・するかも。orz」
色無「だろ?まぁ、何が目的かは分からんがな・・・。」
紫「・・・早く元に戻りたいよぉ・・・・・・ふぇぇ・・・」

一寸法師ではないがちっちゃい紫を更にちっちゃくしたくなったので書いた。
反省は(ry

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 18:58:12.93 ID:vUyEoUhQ0
>>304
まぁ、神絵師でもヌルーされることはあるからなw
特にSSと一緒ならSSに注目されてしまえば、絵がスルーされることもよくあると思うんだ。もちろんその逆も。
あと黒がガサツとかそういうのはみんなSSの作者次第だからなw
俺が書く紫も生意気ってより甘えん坊のほうが強いし・・・orz


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 19:01:55.23 ID:B8/KF9m70
>>305
紫可愛いwwwGJ!!!

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 19:23:15.68 ID:gXILjc41O


309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 19:40:14.10 ID:IbB/VxbN0
>>304
ゴメンヨ
まさに黒しか目にはいてなかったからネ
くろが生徒会長…
そ  れ  だ  !! 

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 19:50:15.82 ID:vUyEoUhQ0
>>309
生徒会長黒にwktk

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 19:54:18.06 ID:U7VJT6Td0
【色鉛筆生徒会】
会長・・・黒
副会長・・・
書記・・・
執行委員(数名)・・・

他は誰があうだろうか(´ー`)


312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:02:33.03 ID:zmXuWXcTO
書記…桃

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:08:04.15 ID:gQcUjrxVO
会計…水色

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:12:08.58 ID:gXILjc41O
白が男ver…副会長
女ver…ポスト無し
色無し…雑務

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:15:57.47 ID:a7h6i3YZO
緑は男でも女でも書記っぽいな

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:16:38.13 ID:vUyEoUhQ0
>>314
紫「色無あれやっといて!」
黄「これもお願い♪」
黒「次の生徒総会の議案の件だが、色無に任せるぞ。」
色無「・・・・・・雑務って一番キツくね?」

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:24:17.62 ID:M572zkmgO
青橙あたりは風紀委員かな

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:42:52.60 ID:GLYFGcmiO
黄緑は保健委員

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:48:29.22 ID:gXILjc41O
桃が保険委員ならそれこそたいへんだ

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 20:50:11.37 ID:VJkg4MQY0
>>319
そ          れ          だ

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:06:04.98 ID:M572zkmgO


322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:06:31.96 ID:gXILjc41O
黄緑は環境委員?(花とか育てる人)っぽいね

緑は図書委員

赤、橙は体育祭委員

灰は文化祭委員

茶は…

まぁ全て漏れ妄想さ

323 :桃奮闘記(芽生え1):2006/08/27(日) 21:09:24.57 ID:a7h6i3YZO
やっぱりまずは相手の事を調べないとね
『というわけで黄緑ちゃん、緑君の趣味知らない?』
『彼ならいつも図書館にいるわよ』
『図書館ね…』

『ん…あれは…』
確か…水君?
「ふぅふぅ…」
『こんにちは水君』
「あっ、桃さん」
『どうしたの?』
「うん、緑君の手伝い。いつもお世話になってるし」
真面目だなぁ…
『水ー、これはどこに…あっ、桃』
『紫ちゃん』
この娘は水君の彼女の紫ちゃん
『あなたも?』
『水がどーしてもって言うから仕方なく』
「いつもごめんね…」
『いいわよ別に』(///)
『…仲いいよねぇ』
なんだか微笑ましいな…

324 :桃奮闘記(芽生え2):2006/08/27(日) 21:10:37.65 ID:a7h6i3YZO
「あ、ありがとう…」(///)
『そ、それで桃は何しに来たの?』(///)
『緑君を落としに』
「ちょ、直球だね…」
『さっき司書さんと話してたから多分あっちにいるよ』
『ありがと』
「…ねぇ紫ちゃん」
『?なぁに?』
「止めなくてよかったのかな」
『大丈夫でしょ』

『こんにちは』
「あれ…桃さん?」
『何してるの?』
「本棚の整理ですよ。週に一度確認してるんです」
『ふーん…でも大変じゃない?ここは広いし』
「そうでもないですよ?これはこれで楽しいんですよ」
『へぇ…』
ホントに本が好きなんだ…でもこれからは私を一番にするわよ!
「それで今日はどうしたんですか?」
『うん、本を借りに来たんだけど「本当ですか!?」ひゃっ』
「嬉しいなぁ…赤や黄はスポーツばかりであまり本を読まないんですよね。もちろんスポーツも大切なんですけど」
い、今…緑君笑ってたよね…いつもは無表情なのに…

325 :桃奮闘記(芽生え3):2006/08/27(日) 21:11:44.52 ID:a7h6i3YZO
「それでどんな本を?」
『え、えーっと、私そういうのわからないからさ、緑君が選んでくれない?出来れば小説とかがいいな』
「わかりました」

「どうぞ」
『ありがとう』
「読み終ったら感想を聞かせてくださいね」
そう言ってまた笑った瞬間…
トクン…
「?桃さん」
『う、うぅん、なんでもない。わざわざありがとう』
…なんだろう、今の。胸が…ドキドキして…

橙『え?え?まさかそんなことが?』
黄緑『あらあら♪』

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:16:57.33 ID:a7h6i3YZO
さてなんか超展開ですがどうかご容赦を。

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:18:04.26 ID:6OCOtmbW0
高2処女がおっぱいうpwwww超美乳www

http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/insect/1153536126/

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:19:51.83 ID:22EGaEkE0
桃主役は希有なので結構期待してるぜwww
腹黒いのに憎めない、そんなギリギリバランスのキャラが書けるのはすごい。ぜひ完結させてくれよww

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:20:08.82 ID:vUyEoUhQ0
>>326
超展開に超wktkしてる俺ガイルwwwww


330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:25:12.03 ID:YIXbGa9VO
>>326
こ れ は 萌 え る
wktk(・∀・)

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:27:21.76 ID:gQcUjrxVO
紫 「お母さんって小学校の頃何委員会やってた?」
黄緑「お母さんね、保健委員会やってたよ。なんで?」
紫 「新学期始まったら委員会始まるから。」
黄緑「そうだ。色無しさんにも聞いて見よう。」

色無「あ、俺は緑の奴と図書委員会やってたよ。楽だったからね。」
紫 「なんで楽なの?」
色無「小学校のうちは図書室なんて誰も来ないし緑はずっと本読んでるから寝てた。」
紫 「うぅん図書委員かぁ……水と一緒にやれば楽かなぁ。」
黄緑「コラコラそんなことで委員会を決めない。」
紫 「でも保健委員ってなにやってたの?」
黄緑「保健委員はねぇ、怪我した人を保健室に一緒に連れていく。だけだったはず。」
紫 「楽じゃん。よし決めた!私保健委員会に入る!」
黄緑「だから楽か」
紫 「私寝るーおやすみなさい!」
黄緑「………………」
色無「………確か保健委員って尿検査の準備とか身体測定の記録とか…………。」
黄緑「…………忘れてた。」

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:28:33.08 ID:gQcUjrxVO
>>326
男緑はやはり爽やかが似合う

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:32:53.91 ID:22EGaEkE0
>>331
流れに乗った話も書いてくれるのかwじゃあいつか気が向いたら、父兄参観日・色無多忙・悲しむ紫・逆転ホームランで書いてくれwww

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:37:21.36 ID:gQcUjrxVO
>>333
多分今週中はないな。なぜなら世間ではギリギリ夏休みだからw

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:39:10.16 ID:GLYFGcmiO
>>326>>334
まとめてで悪いが期待してるぜw

336 :1/3:2006/08/27(日) 21:49:18.43 ID:1tktMO1Y0
さて、翠緑投下しますよ・・・

『お、買い物お買い物♪』
朱「暑ぅー。でももうビール全部飲んじゃったし…お?」
翠緑「I wanna be a VIP star♪」
朱「おい翠緑」
翠緑「なんざんしょ?」
朱(何かおかしいのは気にしないでおこう)「ビールなくなったから買ってきてくれない?」
翠緑「わかったわ。どれくらい?」
朱「 5 箱 。」
翠緑「 金 が 無 い 」
朱「 金 は 出 す か ら デ パ ー ト で 買 っ て 来 い 」
翠緑「じゃあ、行ってきまs…」
朱「ちょっと待った!ついでに色無も誘えば?あいつああ見えて結構体力あるし」
翠緑「はぁ…」
朱「そ・れ・にヒソヒソヒソヒソヒソ」
翠緑(///)ボンッ
朱「色無が好きならそれ位しなきゃね。ライバルが多いから頑張ってね〜♪」

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翠緑「頑張れ。荷物持ち要員色無」
男「何故俺なんだ…?」
翠緑「一番暇そうだったから」
男「さいですか…」


337 :2/3:2006/08/27(日) 21:49:59.10 ID:1tktMO1Y0
男「ところで翠緑、一つ聞きたい」
翠緑「何?」
男「まさか俺はビールの箱を背負って寮に行くのか?」
翠緑「当たり前じゃない」
男 orz
翠緑「こら、そこのヘタレ!さっさと歩く!」
男「ウイ…」

〜しばらくして〜

男「流石に限界だ…休ませてくれ…」
翠緑「まあいいわ。じゃあそこの公園で休憩しましょ」
男「ハァ〜。…肩がパンパンだわぁ〜」
翠緑「何か飲み物買ってくる?」
男「じゃあリアルゴールド買ってきて…」
翠緑「把握した」
ゴクゴクゴク…
男「あ〜、生き返るわ。あ、金出す?」
翠緑「別にいいわよ。労働の報酬として」
男「それにしちゃあ少ないな」
翠緑「何?文句あるの?」
男「あるさ。もっと何かくれ」
翠緑「…じゃあ……」


チュッ…

338 :3/3:2006/08/27(日) 21:51:46.15 ID:1tktMO1Y0
男「…」
翠緑「…///」
男「え…翠緑…?今の…?」
翠緑「……///」
男「翠緑…?」
翠緑「フン!どうせ色無は女の子にこうしてもらえれば満足なんでしょ!(///)」
男「あ、え〜と…」
翠緑「休憩時間終わり!行くわよ!」
男「あ…あぁ」

〜翠緑の部屋〜
翠緑(わ、私はあの時一体何を思ったんだ!あの色無にキスするなんて!で、でもあれはつい…///って認めちゃダメ!しっかりするのよ翠緑!でも…)
翠緑「これからどうすればいいんだろ…」

…………

翠緑「よし!今日はなかったことにして寝る!」

……………………

翠緑「だぁーーーーー!色無が頭から離れーーーーーーーん!!!!1」
朱「ゴルァ!何時だと思ってるんだ!うるせぇぞ!」
翠緑「ごめんなさい…(朱さん…いつに無く恐い…!)」

339 :4/3:2006/08/27(日) 21:52:17.21 ID:1tktMO1Y0
蛇足

朱が翠緑の部屋に行く数分前

朱「メーカーが違ぁう!(バキャ!)」


自分で書きながら赤面したよ
翠緑は完全なるネタキャラじゃないと証明したかったんだ(´・ω・`)

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:54:55.18 ID:qo0VKBVF0
>>339
GJ(´・ω・)b

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 21:57:51.10 ID:M572zkmgO
>>339
GJ!!!ついにエメの時代来るか!?

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:00:39.62 ID:vUyEoUhQ0
>>339
一時のネタキャラ翠緑はすごかったからなwww
今日はなかったことにして寝るってのが翠緑っぽいwwwGJだぜ!!

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:03:12.96 ID:Km8RQXGU0
バイトおわたー
もう全員GJだwwwww

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:04:58.01 ID:YIXbGa9VO
>翠緑「だぁーーーーー!色無が頭から離れーーーーーーーん!!!!1」

カワユス(´Д`*)

345 :13怪談〜 談目〜:2006/08/27(日) 22:05:03.86 ID:GLYFGcmiO
アイツがいけないんだ
アイツが私をバカにするから
アイツがいけないんだ
だから私はアイツに復讐しなければいけないんだ!
「私をバカにしたことを後悔しろ………色無……」

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:10:48.73 ID:YIXbGa9VO
>>345
ちょwwwww気になる( ゚д゚ )

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:13:44.09 ID:M572zkmgO
>>345
反色無

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:15:10.92 ID:M572zkmgO
途中で送信しちゃったよwwwww

反色無な新色ktkr!?

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:15:12.33 ID:Km8RQXGU0
>>345
確かに色無しが本気で恨まれるのは初だなwwwwwww
wktkwktk

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:17:34.88 ID:1tktMO1Y0
皆レスthx!
色鉛筆スレがある限り俺は翠緑を書き続けるぜ!

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:23:15.84 ID:GLYFGcmiO
>>346-349
いやそんな重いものではないんだwww
次の話にちょっと関係がある程度なんだ


352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:25:53.15 ID:vUyEoUhQ0
ここで空気を読まず甘えん坊紫投下

紫「なんか今日寒くない?」
色無「別に?・・・っていうか最近紫俺のベッドによくいるよな。」
紫「えへへw実は灰があたしの部屋にも色無のベッドに行く隠し通路作ってくれたのw」
色無「・・・な、なんだってー?!」
紫「色無が一人じゃ寂しいと思ってきてあげてるんだよ?w」
色無「紫が一人じゃ寂しいからだろ?俺は別に一人でも寂しくなんかないぞ。」
紫「ちーがーうっ!あたしは別に一人でも寂しくないし、ちゃんと寝れるもんっ!」
色無「ふーん。そんなこと言うと部屋に追い返すぞ?」
紫「い、いいもん!あたし一人で寝るから!・・・色無のばかっ!(ごそごそ)」
色無「あれ?・・・ホントに帰ってったな。」
―5分後
色無「・・・ちょっと言い過ぎたかな。(もぞもぞ)・・・ん?」
紫「(ひょこっ)・・・・・・。」
色無「どした、紫?」
紫「・・・・・・一緒に寝よ?」
色無「・・・寂しかったのか?」
紫「(こくん)」
色無「正直でよろしいw(なでなで)」
紫「・・・///」

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:27:09.84 ID:YIXbGa9VO
夏も終わりだなあ(・ω・`)
http://kjm.kir.jp/?p=45806

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:28:21.22 ID:mtyFg6Es0
ttp://gcity.tv/?RF=1&frdref=170829
携帯のやつは暇つぶしにでも街大きくするゲームしないか?
わりとハマるしもちろんタダだ。

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:29:17.59 ID:pux5hyO00
>>353
流石だな!

それはそうと
薄黄の衣装は白のワンピしか見たことないが
他にあるかな?

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:31:43.87 ID:vUyEoUhQ0
>>353
絵を見た瞬間アイスを食べてる薄黄を食べる黄色のSSを思いついた俺は色鉛筆末期症状・・・orz

ちょっと頭冷やしてきますノシ

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:34:04.43 ID:Km8RQXGU0
>>352
ほんとに甘えん坊だなwwwwwwwwwwだがそれがいい

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:35:43.74 ID:Rr+s2zBDO
色鉛筆達がガチでファイトしたら誰が一番強いんだろうか?

侍黒が刀をもってるからスペック的に優位かもしれん

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:39:24.25 ID:gQcUjrxVO
>>358
多分黄緑さんであろう

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:39:40.79 ID:QZUOQ7IeO
緑に一票

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:42:01.94 ID:YIXbGa9VO
>>355
他にもあるよ(・∀・)
まとめ見るべし

>>356
是非、書いて欲しいんだぜ?

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:42:51.66 ID:qo0VKBVF0
もうね、クオリティの低下がとまらないんだ・・・
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1377.jpg
過疎防止投下
リアルっぽいのでも描いてくる

>>352
あぁもう紫かわいいなぁ・・・ 

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:46:14.59 ID:Rr+s2zBDO
>>359

過去のSSに黄緑がアイアンクロー使ってたの思い出した

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:49:12.78 ID:B8/KF9m70
>>362
これのどこが低下してるって言うんだwwwwスク水(*´Д`)ハァハァ

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:51:24.45 ID:VJkg4MQY0
>>362
低下?どの辺がなのか詳細に説明して欲しいな

後、自己卑下禁止な

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 22:52:14.10 ID:YIXbGa9VO
>>362
クリームktkr
クオリティ低下って・・・どこがだよwww
アナタの絵大好きだあああ
なごむ(*´Д`)

367 :13怪談〜12談目〜:2006/08/27(日) 23:04:56.25 ID:GLYFGcmiO
無「これは俺が実際に体験した話」


無「あれ?ここはどこだ?」
霧が立ちこめ薄暗い下り坂
周りに街灯は無く、人の気配も無い
俺はそれ以上なにも考えず坂を降りていくことにした
━━
どのくらい坂を降りたんだろう?
もう10分は下ったはずだ
腕時計を見てみる
が、なぜか文字盤がぐちゃぐちゃだし針も無い
無「どうなってるんだ?なんなんだここは?」
俺がどんなに下っても終わりが見えてこない
無「仕方ない引き返すか……」
俺は諦めて元の場所に戻ることにした
━━━
しばらく歩くと目の前に人影が見えた
無「あれは……I?」
良かった、そう思って俺は黄色の元に駆け寄ろうとした
でも、どんなに走っても俺は黄色に追い付けない
気がつくと道は平坦になっていた
仕方なく俺は黄色の後をついて行くことにした
しばらく経った頃、数メートル先に人影が見えた
無「あれは……誰だ?」
人影がこちらに向かって歩いてくる
そして2人がすれ違った瞬間


368 :13怪談〜12、2談目〜:2006/08/27(日) 23:07:21.03 ID:GLYFGcmiO
Iが倒れた
Iが倒れた所には赤い水たまりが広がってゆく
人影はそれを見てとても愉快そうに笑い、こちらを見た
━━━━
無「Iっ!!」
しかしそこにはあの人影はおらず
そこにあるのは見慣れた自分の部屋
無「夢か………」
夢にしてはそれはとてもリアルだった
あれ?そういえば、目が覚める瞬間に……
━━━━
『マズハ1人 次ハお前ダ 復讐シテヤル 色無!!』
そう言ってソレは笑った
ぼやけてよく見えなかったけどアレは橙じゃ……なかったか?
━━━━
「きりーつ!れい!」
翠「皆さんに残念な報告があります……」
翠「昨日の夜、Iさんが何者かに刺され重症です」
無「えっ?」
まさか、あんな夢を見た後にこんなことって……
翠「皆さんも夜道に気をつけてください」
そういえば、今日は橙がいない……
まさかアレは夢じゃないのか……
橙がIを………

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:21:00.64 ID:Km8RQXGU0

さて、まずは彼女を拉t…じゃなかった、身柄拘束しようかね。
薄黄「助けてぇ……」
黄「追い詰めたぞぉクリームちゃんww」
紫「食べちゃうぞw食べちゃうぞw」
薄黄「ひー……!!」
スイッチオン……と
ぐるんばたん
クリームちゃんが寄りかかっていた壁が突然半回転した。それによってクリームちゃんは壁の中へ……
よし、これでおぅけぃ。
紫「あれ?……え、あれ?くりぃむちゃんいなくなった?」
黄「消えた……探せ探せぃ!!」

薄黄「……っつー!!いったぁい……」
壁の中。あろうことか上下に半回転する仕掛けだったため、クリームちゃんは頭を強く打ち付けた。
灰「あれ…?設計図間違えたかな……」
薄黄「もーなんなのぉ……ってあれ?灰色ちゃん?」
灰「悪いねくりーむちゃん。実験材料が必要なのさー。とりあえず髪の毛ちょーだい」
薄黄「髪の毛?いいけど……(ぷち)はい。これでいい?」
灰「ん〜髪の毛もいい匂い…!!ども。んじゃ今日はもう帰っていいよ〜」
薄黄「帰っていいって……どこから?」
灰「あぁごめんごめん。ぽちっとな」
がたん
薄黄「…きゃー!!!!!」
突如足元に開いた穴に吸い込まれていくクリームちゃん。…おー、これは成功なんかな。
灰「じゃーねークリームちゃん!!」

久しぶりのクリーム絵師到来で書いてみた。続きはまた後で。

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:23:28.23 ID:gQcUjrxVO
なんかIの意味がわからんがGJ

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:28:34.68 ID:B8/KF9m70
>>368
ここまでってwwwwどうなったんだああああああああ!!!111211
マジレスすると話が終わった後に座談会の場に戻らないから
色無の話なのかそれとも現実なのか訳がわからない。
その訳のわからなさを狙ったんだとしたら読解力がなくてスマソ

>>369
灰と薄黄のカラミktkr!!
薄黄の髪の毛はやはりいい匂いなのか(*´Д`)

>>370
Iは黄のことなんじゃないか?文脈上

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:30:05.29 ID:qo0VKBVF0
卑下というかそんな感じに聞こえたのならごめんよ
でも、クオリティが下がってないと言われるとそれはそれでショックを受けたお・・・

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader/src/iro-1378.jpg
で、完全に絵が元に戻ってしまったわ

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:34:04.76 ID:GLYFGcmiO
>>370
最初は黄色を刺される役にするつもりだったんだけど
刺されて重症→なのに寮にいるだと紛らわしいから途中で全部Iに変えたんだけど
変え忘れてたスマソ(´・ω・`)

>>371
一応まだ続くんだ

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:39:13.48 ID:YIXbGa9VO
>>369
わーいわーいw
もうね、君に(-∀・)胸キュン☆
続きwktk
ちなみに
>紫「食べちゃうぞw食べちゃうぞw」
が、ガチャ○ンに見えた件
いやね、そんな歌あったからさ(´・ω:;.:...

>>372
涙目カワユスw
本当にアナタの絵はツボを押さえているよwww

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:39:55.92 ID:GLYFGcmiO
説明までおかしくなってるorz
早い話が黄色は全く関係ナシ!

>>372
ゴメン(´・ω・`)


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:43:19.56 ID:B8/KF9m70
>>372
よくわからんがリアルな絵が上手く描けなくてクオリティが低下してるって言ってたの?
俺個人としては>>362みたいな絵もかわいらしくて好きだから低下してないっていったんだけど……
リアルな絵はリアルな絵でもちろんイイけれども
>>372さんの中ではリアル>コミカルなの?

>>373
なるほどそういうことか早とちりしてスマソ

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:43:32.87 ID:VJkg4MQY0
>>372
ごめん(´・ω・`)

>>374
トリビア?

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:44:40.80 ID:Km8RQXGU0
>>374
もちろんそれが元ネタ

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/27(日) 23:58:54.07 ID:qo0VKBVF0
>>369
薄黄と灰のやりとりに激しくGJを感じたwww

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 00:10:48.69 ID:GTAwEVIc0


381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 00:12:47.50 ID:1fxB0+VHO
『赤先生の恋愛講座』初級編

赤「よい子のみんなぁ!!元気にしてるかぁ!!」
一同「はい!!元気です!!」
赤「違ぁぁぁう!!返事はサー、イエッサーだ!!わかったか!!」
一同「サー、イエッサー!!」
赤「よろしい!!それでこそ私の授業を受ける生徒…いや、戦士にふさわしい返事だ!!」
一同「ありがたき幸せ!!」
赤「さて、今日の講義ではまず恋愛についての心構えから教授する!!全員補聴器つけて鼓膜から伝わる情報を脳に焼き付けろ!!」
一同「サー、イエッサー!!」
赤「まず自分らしさを大事にしろ!!自分らしさを存分に意中の相手にアピールすればかならずや自分が持つ個性に興味をもってくれる!!」
一同「おぉー!!」
茶「先生!!」
赤「なんだ!!茶色三等兵!!」
茶「旦那さんと付き合ったときの事を教えてください!!」

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 00:14:02.72 ID:1fxB0+VHO
赤「よかろう!!それは私がまだ高校生の時にだな旦那を酔わせたら物陰でおか…」
青「わぁー!!馬鹿馬鹿!!やめろ!!」
赤「む、なんだ。折角私と君のなれそめを語ろうと思ったのに」
青「お前は場所をわきまえろ!!ここ小学校だぞ!!」

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 00:29:39.33 ID:fBODM4c20
保守

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 00:29:40.03 ID:GTAwEVIc0
wktkwktk!!続くんだよなもちろん?

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 00:39:59.01 ID:GTAwEVIc0


386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 00:45:13.65 ID:EfmVO5GQO
小学校かよwwwwwwwwww
中級編が楽しみだぜ

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 00:58:24.59 ID:GTAwEVIc0
ほしゅ

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 01:11:23.22 ID:GTAwEVIc0
もしゅ

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 01:22:53.99 ID:GTAwEVIc0

薄黄「うっひゃぁぁぁぁぁぁぁ」
なにこれなにこれどういうことっていうか怖い!!怖いよぉ!!なんで滑り台なの!?速い!速すぎるし傾斜きついし!!暗いし!寒いし!もうなんなのぉ!?

はぁ、まったく朱色さんは人使い荒いんだから……。っていうかあの人地下倉庫にワイン貯蔵してるなんて……群青さんは知ってるのかな?
………知ってたら許してるわけないかorz
「……ぁぁぁぁぁ」
……ん?声?…風か。ダクトから聞こえたし、きっと反響音とかだろう。
「ぁぁぁぁぁぁ」
……やっぱり声?…なんか怖くなってきたな。…このダクト……なんで天井の中央についてるんだ?っていうか前地下に来たときこんな穴あったか?
「あああああああ!!」
男「やっぱり声だぁぁぁ!!」
俺は見た。一刻も早くこの場から逃げ出そうとしたそのとき、真上にあるダクトから髪の長い女が飛びかかってきたのを……
薄黄「あああああああいだっ!?…うわわっ!!」
男「うわああああ!!」
どさっ
男「がふっごめんなさいごめんなさい悪霊退散悪霊退散ぼくは悪い人間じゃないよ!!ビデオだったら何回でもダビングしてばら撒きますから!!」
薄黄「……怖かったぁああ!!!!怖かったよぉ!!」
ぎゃああああ女が抱きついてきたああああああ首筋をかまれるのかこのまま体中の骨をボキボキにされるのかああああああ
…………
あれ?この匂い……
男「……あ、あのー…クリームちゃん?」
薄黄「怖かったよぉ!!もういやだぁぁ!!」
泣きじゃくるクリームちゃん。何があったんだ?それにしても………泣き顔も可愛いなぁww
男「クリームちゃん!!落ち着いて!!どうしたの?」
薄黄「ひっく……え?ぐす…あれ、色無しくん?」


390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 01:24:25.64 ID:GTAwEVIc0
薄黄「ここは……どこ?暗くてよくわかんないよ…」
まだ目に涙を溜めている。……っくー、一生懸命泣き止もうとしてるところがまたwwww……っとそれどころじゃなかった。
男「あぁ、地下倉庫だよ。それにしてもクリームちゃんこそ、どうしてダクトなんかから出てきたのさ?」

男「……なるほど、灰色か。あいつ、隠し通路だけじゃなく隠し部屋まで作っていたとは……」
薄黄「……(ぶるっ)…寒…」
男「あ、そりゃワンピースじゃ寒いわ。夏でもなぜかここは10℃台を保ってるからね。ほら、俺の上着あげるよ」
薄黄「ありがとう……」
………少しの沈黙。……あ
男「早く出ようか。なんだかすっかり忘れてたよww」
薄黄「あ、うん」
うぅ、寒い。上着を貸したら俺だって半袖1枚だ。早く出よう。そう思ってドアノブをひねると…
がき
男「…へ?」
がちゃがちゃがちゃ
男「……あれ?おかしいな、あれ?」
薄黄「どうしたの?」
男「いやぁ…悪いクリームちゃん、ドア、開かない」
薄黄「……え?」
男「……なんで?」
薄黄「なんで?」
男「わかんない……」
せっかく泣き止んだのに、また目に涙を浮かばせ始めるクリームちゃん。……今回ばかりは可愛い可愛いなんて言ってられないな。どうしよう……

また明日ー

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 01:24:54.53 ID:1fxB0+VHO
『赤先生の恋愛講座』中級編
赤「お前らぁ!!元気かぁ!!」
一同「サー、イエッサー!!」
赤「そうかそうか!!諸君等の気合いが入った返事が聞けて先生は嬉しいぞ!!では今日の講義を始める!!講義の内容を自分の年齢で掛け算して頭のなかで復唱しろ!!」
一同「おぉー!!」
赤「今日の講義はずばり告白までのステップだ!!」
ザワザワ…ザワザワ…
赤「前回の講義では自分のもつ個性を大事にし、異性にアピールすると言ったな!!」
一同「サー、イエッサー!!」
赤「諸君等も分かっていると思うが、アピールしただけでは相手から告白してもらわないかぎり付き合うのは無理だ!!ならどうすればいい?」
桃「デートに誘えばいいと思います!!」
赤「その通りだ!!デートという行為で自分をアピールし、なおかつ二人の距離も近付く!!これ以上に有効な手段はない!!」
一同「おぉー!!」
赤「単純明快!!好きな人をどんどんデートに誘え!!わかったかぁ!!わからねぇ奴はあとで私が夢に出てくるまで教えてやるから覚悟しとけ!!わかったな!!」
一同「サー、イエッサー!!」

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 01:25:53.90 ID:1fxB0+VHO
 赤と青の自宅
青「帰るの遅いなぁ…作ったご飯が冷めるさ(´・ω・`)」
ガチャンッ
赤「ごめん、帰るの遅くなった!!」
青「………」
赤「怒ってる?」
青「いや、怒ってないよ。ご飯食べようか?」
赤「…いつもありがとう」
青「気にすんなって」
赤「ねぇ、今度どっかにでかけようか?」
青「突然だな」
赤「デートよ、デート」
青「デートねぇ」
赤「結婚してからも親密に私はなりたいからさ、ね?」
青「んじゃ今度の休みはデートな」
赤「今度の休みって言っても大体一緒にいてくれるじゃない」
青「あ、それは禁句」
赤「ふふふ…愛してるよ…」
青「なんかいったか?」
赤「なんでもない♪さてご飯食べるかなぁ!!」

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 01:41:45.55 ID:fBODM4c20
>>390
薄黄(*´Д`)カワユスGJ!!111

>>392
中級編ktkr!!GJ!1111

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 01:53:00.38 ID:LjPxPo9U0
寝る前保朱。寝て起きたら、もちょっと絵も増えてますように。

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 02:03:48.10 ID:EfmVO5GQO
>>392
さすがは赤先生……すぐ実行に移すなんてそこに(ry

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 02:36:21.22 ID:EfmVO5GQO
ほしゅ

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 02:56:32.46 ID:rdhJLUVXO
やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
突然だけれども、ここを訪れた君に一生セクロス出来ない呪いをかけたよ。
ああ、君が怒るのも無理はない。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
この呪いから逃れる方法はただ一つ、
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156693073/
のスレに
   _   ∩
 ( ゚∀゚)彡オッパイ!オッパイ!
  ⊂彡

と書くだけなんだ。
うん、重ね重ね強引なのはわかっている。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
では、君の健闘を祈る。

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 03:05:09.26 ID:G5JkFePLO
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 03:51:28.17 ID:fBODM4c20
保朱色群青

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 04:00:08.14 ID:u0xf+I/IO
サムライブラック保守

むかーしむかし青森県のあるところに大変仲のよい百合カップルがおったそうだ。
いつも受け役の白は川へ洗濯に、いつも攻め役の黒も川へ洗濯にいきました。そして洗濯をしていると
川から大きな桃が流れてきました。これがあれば食後のデザートになると考えた黒は早速拾いにいきました。
黒「この桃を見てくれ、こいつをどう思う?」
白「すごく……大きいです。」
二人は一頻り交わったあと桃を食べることにしました。しかし包丁を桃につきたてた途端包丁が
動かなくなりました。不審に思った黒は桃から白を遠ざけたその瞬間!裂目から人の手が出てきました!
侍「プハァあ。随分乱暴な出しかただなぁ。で、ここはどこだ?」
歳は自分達よりいくらか下であろうポニテの少女が出てきた。一糸まとわぬ姿に黒は詰め寄った。
黒「ここは青森よ。そして貴方は私達の娘よ。」
そういうと黒はその娘の体についている桃の汁を舐めとりはじめました。
侍「ひゃ!どこを舐めておるうつけめ!やめんかッ!」
黒「『うつけ』?お仕置きが必要みたいね。白カモン!」
侍「アッー!」
娘は侍黒と名付けられ二人に大事に大事に大事に大事に育てられました。
そして彼女が二十歳を迎えたころ唐突に彼女は言いました。
侍「黒母上、白母上。某、鬼退治に行ってきます。」
黒「女は度胸!何でも退治してみるもんさ!」
その一言だけを返し侍黒を鬼退治に送り出してくれました。だがこれには裏があったのです。
そんなことはいざ知らず侍黒は黄猿、青雉、赤犬を仲間にし鬼が島に向かいました。しかし上陸したら
恐ろしい光景が目に入りました。木馬、手錠、鞭、蝋燭、轡etcが散乱していたのです。
まさに『鬼』の住む島。足がすくんで動けない侍黒をよそに犬猿雉は船をこぎ逃げてしまいました。
するとそこに一人の影が現れました。
黒「ククク………私を退治するなんていい身分ね侍ちゃん♪」
侍「まさか……今までの鬼の話というのは………!」
黒「そう!あなたをここまで誘い出すための情報操作だったのよ!」
                              めでたしめでたし。

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 04:12:04.67 ID:2Ng1ok8q0
>>400
ちょwww

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 04:15:11.97 ID:fBODM4c20
>>400
ツッコミどころ満載でワラタwwww男が書いてたのかwwwwGJ!!!!!

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 04:23:53.58 ID:WRJg10gdO
やっと宿題が終わった…

とゆうことで、とりあえず保灰
http://kjm.kir.jp/?p=45972

なんとなくネコミミを着けたかったんだ。
反省は(re

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 04:36:28.59 ID:fBODM4c20
ネコミミ(・∀・)イイ!!

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 05:12:33.66 ID:WRJg10gdO


406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 05:38:16.18 ID:a7xx4Dvq0
今沖田保守

>>400
めでたいのか?ホントにめでたいのか?!www

>>403
今までのアナタの絵の中で一番萌えたwwwww
なんていうかもうGJ!!!!1111

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 06:08:59.55 ID:9t5PkoObO


408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 06:18:01.05 ID:a7xx4Dvq0
保朱色さん投下

朱「〜♪」
色無「あ、朱色さんおはようございます。今日は朝早いんですね。」
朱「昨日は疲れて早く寝てしまったからな。朝の散歩でも行こうかと思って。」
色無「へぇ〜、朱色さんが早寝早起きできるなんて知りませ(ゴツン)・・・ったぁ〜!」
朱「私だってそれくらいはできる!」
色無「その勢いで寮のゴミだしとか寮の周りの掃除とか自分の部屋の整理とかもしてくれるといいんですけどね〜・・・。」
朱「いい手下がいるのにそれを使わない手はないだろ?」
色無「手下って、俺のことですか?」
朱「他に誰がいる?」
色無「・・・。」
朱「なんて、冗談だよw」
色無「(あなたがそういうこと言うと冗談に聞こえないですorz)」
朱「それじゃ、私は散歩行ってくるから寮の周りの掃除頼んだよ!」
色無「はい、行ってらっしゃい。・・・・・・あれ?」

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 06:24:52.06 ID:CMjlDwuv0
勝手な設定NGですかね??

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 06:31:22.78 ID:VKOAPiVs0
>>409
んなわきゃない……ハズ

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 07:01:47.08 ID:hxp0K1PtO
>>409
単発だと設定が掴みきれないで終わることがあるから、シリーズものみたいにしてもらえば読む人もwktkしやすい……かな?
もちろん単発でもwktk!

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 07:18:48.97 ID:u0xf+I/IO
保守

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 07:24:23.56 ID:LjPxPo9U0
>>409
鬱とウホッだけは勘弁な

414 :409:2006/08/28(月) 07:42:17.42 ID:CMjlDwuv0
先生「ではこの問題、黒さんに答えていただきましょうか?」
黒 (うっ、わからない・・・・)えーっと・・・・
黄 「「連邦のモビルスーツは化物か!?」だよ・・・」ボソッ・・・
黒 「れ、連邦のモビルスーツは化物か!?です。」
先生「よろしい。では次の問題を・・・」
〜授業終了後〜
黒 「ありがとう黄ちゃん、助かったよ。あんな難しい所よくわかったわね!」
黄 「ううん、いいのよ。それに昨日予習してたから。」
黒 「すごいわっ、予習してるなんて・・・黄ちゃんはやっぱり天才ね。」
黄 「そんな事ないわよ。それじゃ次は教室移動だから行きましょう。」
ズルッ!ゴチン!!
チュンチュン
黄 「んあ、やっぱ夢ですよね。あはははは!・・・・二度寝したら続き見れるかな〜」

初SSなんで、文章構成とかおかしかったらすいません。

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 07:47:01.71 ID:LjPxPo9U0
あずまんが大王の初夢ネタにそんな感じのがあったなww
考えてみれば黄は智っぽいかもしれんww

416 :409:2006/08/28(月) 07:51:10.96 ID:CMjlDwuv0
>>415
あずまんが大王見たことないんで今度見てみます。

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 07:55:05.35 ID:LzZYsE700
朝早くからみんな元気だなwww

これから寝るのか??

昼間は俺が仕事の合い間に保守しておくよ。


おはよう保守

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 08:25:02.14 ID:Ivzx5Yt7O
沖田保守

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 08:41:47.76 ID:u0xf+I/IO
保守

420 :黒奮闘記(1/3):2006/08/28(月) 09:11:07.56 ID:a3yZmlvBO
『えっ、明日から白学校に来れるの!?』
「うん。先生からしばらくは大丈夫だって言われたから。楽しみだなぁ」
『………』

次の日の朝
『出来た…!』
『お姉ちゃん、どうしたの?こんな朝早くから…』
『!!!べ、別に。何も』(///)
『…あっ、わかった。白さんにお弁当作ってたんだ』
『!!!え、えと、ね、ち、違うのよ?し、白のお母さんにた、頼まれたからね?お、幼馴染み、だし…』(/////)
『もー、私にまで嘘つくの駄目』
『…ごめん…』(///)

421 :黒奮闘記(2/3):2006/08/28(月) 09:11:59.14 ID:a3yZmlvBO
で、昼休み
『し、白…こ、これ…』(///)
「…何これ?お弁当?」
『お、おばさんから頼まれたから…じ、じゃあ!』(///)
「え?ち、ちょっと黒?…行っちゃった」

『はーっ、はーっ、はーっ…ま、まだ心臓ばくばくいってる…』(///)
『あれ黒?』
「お前どうしたんだ、こんなとこで」
『!あ、青…赤…どうして…』
『どうしてって…アタシ達はいつもここで食べてるから』
「なんか悩みなら相談にのるぞ?」
『実は…』

422 :黒奮闘記(3/3):2006/08/28(月) 09:13:05.77 ID:a3yZmlvBO
『つまり渡したはいいけどその後逃げ出した、と』
「黒らしくねぇな…」
『…だって』
『だってじゃないの。大丈夫だって。一緒に食べようって言われて嫌がるとも思えないし』
「多分白は喜ぶと思うぞ」
『…ありがとう、二人とも』
『礼はいいから早く行ったげなさい』
『うん』
たたた…
「…しかし信じられんなぁ、あの黒がねぇ…」
『黒も女の子ってことよ』

「あっ、黒」
『し、白…』(///)
「ねぇ黒、せっかくだし一緒に食べない?」
『え…?』
「一人で食べるのも寂しいしさ」
『…仕方ないわね…いいわよ』(///)
「ありがとう」

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 09:26:16.98 ID:6UK6Jbln0
とりあえず保守しておきますね

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 09:44:38.33 ID:EfmVO5GQO
おはほしゅ

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 10:18:41.94 ID:6UK6Jbln0
保守之化身

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 10:41:37.57 ID:6UK6Jbln0
代理保守

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 11:09:21.84 ID:hBR0mUrqO
保朱

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 11:24:57.35 ID:cuQCc5gJ0


429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 11:55:21.20 ID:LzZYsE700
保守

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 12:02:13.16 ID:LjPxPo9U0
歯が痛い……
つ「歯医者が嫌いな色鉛筆」
歯医者行ってこよう。そしておっぱいピンクな歯科助手に胸押しつけてもらおう。
……なんか前もこんなこと書いたな……

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 12:17:34.60 ID:zO2HmnYNO
学生の頃に巨乳の歯科助手に
窒息させられたことがある。
反り返って寝てるものだから、
股間が大変だった。
あの歯科助手は絶対に俺をからかったに
ちがいない。

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 12:21:40.84 ID:uAMJrPQSO
>>431
(゚Д゚)



いいんだ!!
オレには黒がいるから!!

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 12:34:42.03 ID:a3yZmlvBO
相変わらずこのスレは厳しいぜ…投下した後何事もなかったかのようにスルー…
いい加減慣れたがやっぱり辛いorz

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 12:53:55.97 ID:hxp0K1PtO
>>433
ちゃんとみんな読んで萌えてるから安心汁!
GJ!!!!!11111

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 13:10:45.05 ID:X1yM9GA00



436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 13:27:55.96 ID:X1yM9GA00
シュ


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 13:43:57.10 ID:9RYqCpgRO
今日はちょうど月曜日だから過疎なんだ保守

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 14:06:12.79 ID:u0xf+I/IO
保守

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 14:28:27.54 ID:j/5L57uP0
捕朱

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 14:28:43.96 ID:/HYUdTqcO


441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 14:49:29.09 ID:u6LJl/t00
保守

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 15:03:39.83 ID:u0xf+I/IO
保守

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 15:23:17.59 ID:u6LJl/t00
補修

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 15:28:10.38 ID:LjPxPo9U0
今回はこのへんが峠かもわからんね。
パジャマパーティとか、実は可愛いもの好きな赤とか、魔法少女紫とか、ネタは浮かぶか書く気力がないww
絵でもSSでもいいから誰か代わりに処理してくれw

445 :1/4:2006/08/28(月) 15:43:06.67 ID:fBODM4c20

色無「それがさ……」
桃「うん♪」
 今日は色無くんと一緒に帰っている。
いつもなら教室でみんなが目を光らせているから誘えないけど、今日は下駄箱のところでばったり会った。
桃「あれ? こんな道に出るんだね」
色無「そうなんだ。こっちの方が早いからいつもこの道使ってる」
 色無くんと初めて一緒に帰る道。そこには見慣れない風景が拡がっていた。
電柱や塀に生い茂るツタの葉も、人家の庭先に見える色あざやかな花も、
いつも帰る道とは様子が違っていて、私の好奇心をくすぐっていく。
しばらく話して歩いていると、彼の家が見えてきた。

 ピンポーン♪ ガチャガチャ。
色無「あれ? だれも居ないのかな?」
 そう言って彼は鞄から家の鍵を取り出して開けた。
色無「さ、あがって」
桃「お邪魔しまーす」

桃「ここが色無くんの部屋?」
色無「そうだよ。あんまり片付いてないから恥ずかしいけど」
桃「へぇ〜っ」
 確かにごちゃごちゃしていてあまり片付いてはいなかった。
でも汚いっていうんじゃなくて、物がいっぱいで「男の子の部屋」って感じ。
私は初めて訪れた「異性」と意識する男の子の部屋に感心し、また、安心もしていた。
だってあんまり片付いていたら、気が抜けないって思っちゃうもんね。
色無「麦茶でも持ってくるよ」
桃「あっお構いなく〜」
 そう言って彼は部屋から出て行く。
 改めて部屋を見回してみても女の子の気配は無い。そのことにも安心する。
人の部屋をきょろきょろ見回していやらしいって思うけれど、好きな人相手だと心配からついやってしまう。

446 :2/4:2006/08/28(月) 15:44:04.94 ID:fBODM4c20
桃「はぁ〜」
 思わず溜息が出た。色無くんはみんなの人気者。それはきっとみんなのことをちゃんと見ていてくれるから。
必然、ライバルは多い。もちろん色無くんは私の物だけじゃないのはわかっているけどさぁ。
桃「はぁ〜」
 考えれば考えるほど憂鬱になってきた。私には勝算がある訳ではなかった。
今日だってたまたま一緒になったから帰っただけ。彼氏と彼女の関係になんて程遠いのだ。
桃「憂鬱だなぁ〜」
色無「何が憂鬱だって?」
桃「ひゃあっ!」
 私が呟くと同時に彼は笑顔で麦茶を持って部屋に入ってきた。
聞かれてしまった……。でも悪いふうには取ってないみたい……。
桃「ううん、なんでもないの。こっちの話」
色無「そう? なんかまずい事あったら言ってよ?」
桃「ううん、違うの。全然関係ないことだから、気にしないで」
 気を遣わしてしまった……。あああ、私のばか。何をやっているんだろう。
 色無くんは私の横に座ってテレビをつけた。14インチのテレビ。画面には高校野球が映っていた。
色無「何か見たい物、有る?」
桃「ううん、何にも無い」
 私はそれをぼうっと見ながら、今日こそは聞こうと思っていた事を思い返していた。
今日こそ聞こうと思っていた事。それは、『色無くんって、好きな人とかっているの?』……って事。
意を決して聞こうとする。が、
桃「色無くん……」
色無「ん?」
 駄目だ――。面と向かって顔をあわせると、どうにも言えない。
さっきまで言えたはずの事が、のどに引っ掛かって出てこない。
それに、距離も近い。何だか気恥ずかしくなってくる。
桃「ごっごめんなさい。なんでもないの」
 何でもなくはないのに、何を言っているんだろう。
それにこれではもっと気を遣わせてしまう。
色無「そう?」

447 :3/4:2006/08/28(月) 15:44:55.48 ID:fBODM4c20
 色無くんは相変わらずの笑顔。私はほっとするが、何だかこれでは申し訳が無い。
どうしよう……。私は悩んでいた。今日みたいにチャンスはそうそうある訳じゃない。
これを逃したらもう、しばらくは来ないかもしれない。
そして、私ばかりにチャンスはめぐってくる訳ではない。
それを掴んだ人にきっと彼は振り向くのだろう。何だかそんな気がしていた。

 あっ。これは……。ふと、ある雑誌が目に入る。
桃「この女の人、胸大きいね。私くらいかな?」
色無「あわわっ! それは!」
 慌てて私の目の前からそれを遠ざける。男の子はそれを女の子に見つかってそんなに慌てるものなのだろうか。
あんなの私にもついてるから別になんとも驚かないのになぁ……。
色無「えっと、これはその……」
 色無くんはまだ慌てている。チャンスだ――かしこまって話すよりよっぽど言いやすい。今のうちにさっき言えなかったことを……。
桃「ねぇ、色無くん」
色無「はっ、はいっ!!?」
桃「色無くんって、好きな人いるの?」
 聞いてしまった。……色無くんは固まって動かない。
桃「……そうだよね、急にこんな事聞かれても困るよね……」
 なんだか弱気になってしまった。聞かなければ良かったかな……。
色無「いるよ」
桃「えっ」
 思わず声をあげてしまう。色無くんの顔が赤い。
桃「そっか」
色無「うん」
 ……好きな人がいる。それって――。
色無「俺、桃のことが好きなんだ」
桃「ひゃうん!」 
 自分でもびっくりするほど変な声をあげてしまった。

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 15:45:43.86 ID:fBODM4c20
色無「だっ駄目かな」
桃「ううん、びっくりしただけ……」
色無「じゃあ……」
桃「うん、付き合いましょ」

 送ってくよ。そう彼が言った。私はいいよと言ったけどどうしても送っていきたいのだそうだ。
桃「ふふ、変なの♪」
色無「いいだろ、別に……」
 なんだか彼は照れている。恋人同士になって初めて一緒に歩く道。そう考えるとなんだか私まで照れてきてしまう。
桃「えい///」
 私は恥ずかしさ紛れに彼の腕に飛び付いた。
色無「うわっなんだよ///」
桃「えへへ///」
 恥ずかしがる彼を見てなんだか私は笑ってしまう。
色無「おっおい! 当たってるって///」
桃「当ててるの♪」
色無「え!?」
桃「だって大きいの好きなんでしょ?」
色無「うっ///」 
 彼は赤面して黙り込んでしまった。ふふ、こういう顔も可愛い。これからもこうやってからかっちゃおうかな。

 私の大切な夏の日の思い出――。


449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 15:47:38.25 ID:fBODM4c20
しまった……最後で失敗した……↑で最後です……orz

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 15:56:53.58 ID:u6LJl/t00
ももだぁぁぁぁぁぁ!

GJ!

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 16:03:25.41 ID:1fxB0+VHO
グゥレェェェイト!!!!!

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 16:08:23.07 ID:GTAwEVIc0
>>444
凄いな、俺は逆にネタが思いつかない。いずれ使わせてもらっていいだろうか?
>>448
桃GJ!!!
ここだけの話、桃よりも、純情な色無しに萌えてしまったorz

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 16:24:48.92 ID:GTAwEVIc0
バイト前保守

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 16:37:40.74 ID:EfmVO5GQO
>>448
久々の桃SSキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!
GJ!!!!!

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 16:47:56.74 ID:Xv5a+HgJO
緑「……へぇー」
侍黒「どうなされた、緑殿」
緑「あ、侍黒。この本なんだけど、昔の武術について書いてあるのよ」
侍黒「武術……某も刀の心得なら多少ありますが、興味をひかれますな」

色無「あれ? 珍しい組み合わせだね」
侍黒「……緑殿」
緑「…………ええ」
色無「?」

色無「…………あの」
侍黒「色無殿、どうかなされたか?」
色無「侍黒には問題ないんだけど……あの、緑さん?」
緑「なに? 今ちょっと手が離せないんだけど」
色無「睨まないでよ。……何で僕、押し倒されてるの?」
緑「学術的探求心を満たすためよ」
色無「あの、身体のいろんなところが当たってるんだけど……いいの?」
緑「うるさいわね、実験台のバイト代と思って、有り難く受け取っておきなさい。
えっと……こうかしら?」
侍黒「緑殿、そこはこうでは?」
緑「……あー、そっか。流石武道家……こうね!」
ごりっ
色無「ギャーー」

――その後しばらくの間、二人から逃げるようになった色無君でしたとさ。

緑・侍黒「――色無(殿)、また新たな文献を見つけたんだけど(のだが)」

――おしまい

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 17:03:34.32 ID:Xv5a+HgJO
保守

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 17:22:26.89 ID:u6LJl/t00
おっと、保守だ

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 17:51:05.44 ID:fBODM4c20
保黄

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 17:51:11.83 ID:EfmVO5GQO
あぶねほしゅ

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 18:11:09.21 ID:icNqVepfO
長編書きたいなぁ…

主役はもちろん愛する橙でwww

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 18:15:21.91 ID:38bz/+oJ0
>>460
かけ!

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 18:18:55.70 ID:9RYqCpgRO
>>460
是非!!

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 18:38:52.73 ID:9RYqCpgRO
保守

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 18:39:13.97 ID:j/5L57uP0
>>460
wktk!

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 19:02:35.23 ID:kJPmcj4AO
保守

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/28(月) 19:28:18.63 ID:u6LJl/t00
保守

171 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)