5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゲソ戦記

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:42:00.22 ID:y8EBve0V0
ことばはいかゲソに
タコはイカに
ゲソは足の中にこそあるものなれ
海泳ぐイカの
水中にこそ輝ける如くに



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:42:22.55 ID:a7I/itoY0
全米が泣いた

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:44:11.16 ID:y8EBve0V0
第1巻:匂いとの戦い
A Wizard of Earthsea 1968

魔法の才能にあふれる青年ゲソ。
そのイカ臭さから呼び出してしまった「匂い」に追い回されるが、師・タコオンの助言のもと、
逆に「匂い」を追跡し、長い<匂いとの戦い>の決着をつけ、己を<臭きなきもの>とする。
傷つき悩み苦しんだすえに自己を受容する物語。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:46:02.51 ID:y8EBve0V0
第2巻:こわれたダッチワイフ
The Tombs of Atuan 1971

子供の頃に両親から引き離され、アチュアンの墓所の大巫女として育てられている少女、モナー。
二つの破片が合わさったとき世界に平和をもたらすとされる「トテモ・スケベのダッチワイフ」の片割れを求めて墓所に潜入する、すでに一人前の魔法使いとなったゲソ。
ゲソと出会ったモナーは、おびえと不安を経て徐々にゲソに歩み寄り、そしてついに二人は信頼を築き、<こわれたダッチワイフ>を<穴のなきもの>とする。
おののきながらも他者を受容し、新しい自分を再構築する物語。2巻の主人公はモナーと言えるだろう。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:46:49.13 ID:Ja5K+H9Y0
第三巻

イカ同文

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:47:11.69 ID:fwrluPux0
外道戦記

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:47:24.15 ID:y8EBve0V0
第3巻:さいはての島へ
The Farthest Shore 1972

牛ロースの大賢人となったゲソ。
世界が均衡を失った原因を求めて、若き王子アレソとともに長い旅に出、ついに<さいはての島>で、
永遠の命を得ようと生死両界の扉を開けてしまった魔法使いと対決し、その持てる力のすべてを使い、
扉を閉じて世界を<全きもの>とする。
「生きる」ために必要な、死すべき運命の受容を描いた物語。

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:49:03.84 ID:y8EBve0V0
第4巻:帰還
Tehanu 1990

さいはての島ですべての力を使い果たし、故郷に<帰還>したが、まったく魔法の力を失ってしまったゲソ。
タコオンの指導を断り農夫と結婚して子供を育て、今は未亡人として暮らしているモナー。
虐待され火の中に放り込まれ、死にそうになっていたところを助けられてモナーの養女となった、幼い少女モルー。
力を持たない弱者三人は、うろたえ迷い傷つきながらも自分の道を歩み始め、そしてゲソは一人の女性・モナーと寄り添い、
自己を一人の男性として<あそこたてしもの>とする。
弱さを受容することで「生きる」ための力を獲得する物語。
しかし、弱者は強者の脅威になすすべもない。そんな絶体絶命の危機を救ったものとは……
――この巻からアースシーの新しい時代が始まる。――

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:49:52.29 ID:pWFu3FoC0
>>5
誰がうま(ry

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/04(金) 14:56:46.54 ID:pWFu3FoC0
終りか?

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)