5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンの心が世界を左右するようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 00:00:41.81 ID:0mi67UnlO
代理。詳細はオムライス
まとめ
http://vip.main.jp/cocoro-top.html

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 00:10:42.81 ID:reZvXW+h0
>>1
代理乙!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 00:14:04.55 ID:Ub3W4eKYO
wakuteka

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 00:36:39.32 ID:qNYlJFQr0
wktk

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 00:41:00.85 ID:wGc4u3Kg0
カスチルヲタがVIPPERを馬鹿にしたお(^ω^#) 今すぐ突撃だお!
VIPPERの恐ろしさ思い知らせるお!

http://music5.2ch.net/test/read.cgi/musicjg/1152648668/636n-

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 00:28:03 ID:At9RzAxp0
世界最強のミスチルヲタ軍に論破された負け犬VIPがわざわざ泣き言を言いに来たのかごくろう

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 00:47:32.46 ID:DRv+Asz90
こないな…

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 00:48:05.43 ID:Zh0TCkdnO
作者に立てさせればいいだろがよ
VIPだけにVIP待遇なんて通用しねえからな

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 00:53:24.31 ID:TuA8NJs6O
>>7お前うまいこと言うなwww

9 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:05:39.72 ID:E/m/m1/d0
こんばんは、規制されたので……申し訳ないです。
代理ありがとうございます。

ごめんなさい、ちょっとうつろうつろしていました。
それでは投下行きたいと思います!

10 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:07:14.19 ID:E/m/m1/d0
>>1さん、今日も代理ありがとうございます。
昨日に続いて登場が遅れて大変申し訳ないです。

11 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:08:23.05 ID:E/m/m1/d0
−−−−八日目・その2


---バーボン国上空・ドクシン国側


(=゚ω゚)ノ「相手国の機体は、こちらには1機のみか……ちんぽっぽ、もう大丈夫だな?」

(*‘ω‘*)「大丈夫っぽ、ここは自分たちの勝利っぽ」

(=゚ω゚)ノ「よし」

ドクシン国の上空にバーボン国の戦闘機が出現したのを合図とし、ドクシン国も3機の戦闘機を発進させた。
内自分たち一機だけがバーボン国へ向かい、二機をドクシン国に現れた戦闘機の相手に回した。

そして我々はバーボン国上空で相手国の戦闘機と戦い、つい先ほど勝利した。

バーボン国上空を完全に支配した。

(*‘ω‘*)「これからどうするっぽ?」

(=゚ω゚)ノ「ある程度爆撃しておこう、これで相手を警戒させれれば
   次からの戦いが防戦中心となって犠牲が少なくなるかもしれない」

(*‘ω‘*)「わかったっぽ」

(=゚ω゚)ノ「とりあえずショボンはいないだろうが彼のお城の上空を旋回するから、攻撃し易い方向を指示してくれ」

(*‘ω‘*)「頼んだっぽ」

12 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:11:23.62 ID:E/m/m1/d0
---ドクシン国上空・ドクシン国側


ミンナ・兄者とジエン・プギャーの戦いは互いにミサイルを撃ち合う事は少なかった。
操縦者である兄者とプギャーが互いに相手の直線状を飛ばない様に意識していたのだ。

そしてミンナとジエンはそれぞれ運転の指示をしていた。

( ゚д゚ )「兄者、次は左方向に高度を変えずに旋回してくれ」

(;´_ゝ`)「OK、任せろ!」

流石の兄者も疲労を見せ始めたが、それは相手も同じだろう。
長時間の牽制合戦。
互いに少しのフェイントを入れたりして、相手の出方を伺いあう。

( ゚д゚ )「なんだ、相手は高度を上げたぞ……?」

(;´_ゝ`)「痺れを切らしたか?」

もうずっと牽制しあっていたが、とうとう相手が行動に出たのだろうか?
突如高度を一気に上げる。

( ゚д゚ )「高度を上げられるとは厄介だな、一方的に狙われ易い」

( ´_ゝ`)「こちらも高度を上げるか?」

( ゚д゚ )「……そうだな、だが敢えて相手よりも少し低い目で頼む」

13 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:12:28.33 ID:E/m/m1/d0
ミンナの指示を受けると、兄者は高度を上げる。
すると相手の戦闘機はその自分たち向かって高度を下げて襲い掛かってくる。

(;゚д゚ )(ち、微妙にずれている……撃っても当たらんな……)

(;´_ゝ`)「どうする!? このままギリギリですれ違うか!?」

(;゚д゚ )「できるか?」

(;´_ゝ`)「既に一回したからな、多分大丈夫だ!」

そして相手の戦闘機を上にした形でギリギリにすれ違った。
通過すると激しい風圧が機体を揺らした。

(;´_ゝ`)「くぉっ……!」

(;゚д゚ )「おおおっ!」

一度機体が揺れると、上下してうまく安定しない。
兄者はすぐにそれの修正に全力を注いだ。
ガクンガクンと大きく揺れる機内、しかしそれはすぐに止まる。

(;´_ゝ`)「ふう、何とか……か」

(;゚д゚ )「相手を見失った、どこだ!?」

(;´_ゝ`)「!!」

14 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:13:52.33 ID:E/m/m1/d0
機内が揺れていて、相手の戦闘機が目視出来る範囲から消えた。
何より上向きと下向きですれ違ったのだ、相手は下にいるはずだが……戦闘機はえてして下が盲点となりやすい。

おそらく相手の狙いは自分たちの盲点に入り込み、狙いを定める事だろう。
早く旋回してまた互いに牽制し合える状況を作らなければ。

(;゚д゚ )「兄j」














15 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:15:02.68 ID:E/m/m1/d0
---ドクシン国上空・バーボン国側


( ^Д^)「m9(^Д^)プギャー、オレ達の勝利だな」

(・∀・)「そうだね、的確に素早く機体を動かしてくれたお陰で助かったよ」

( ^Д^)「いや、それでもあの状態から相手に命中させれるジエンの技量がやっぱりすごいわ」

二人は謙遜し合い、空中で爆発した相手機体を眺めた。
空中での戦い、負けた方には死しかない。

(・∀・)(好敵手にはまだ足りなかったね、ミンナ君)

そして機体は次第に高度を落としていき、再び陸の攻撃態勢に入る。

( ^Д^)・∀・)「!!」

すると今度は陸上の巨大な砲撃台からの攻撃が機体を襲った。
改めて下を見ると、こちらに向かっていくつも構えられている。

(;^Д^)「ち……これは厄介だな。
   どうする? とりあえずこの辺りから離れるぜ?」

そしてプギャーとジエンを乗せた機体はスピードを上げてその地方を通過した。

16 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:16:13.44 ID:E/m/m1/d0
(;^Д^)「とりあえずドクシンの中心地方を狙うぜ?」

(・∀・)「昨日のお返しだ、やっちゃおうか」

そのまま機体は目的の地域に到着すると、爆撃などでその集落を攻撃する。
相変わらず簡単なものだ、家などが集中しているからすぐにその場所は崩壊した。

(・∀・)「……うーん、でも誰もいないね」

(;^Д^)「マジか、避難した後って事か……どうする?」

(・∀・)「だったら避難している所を狙えばいいよ」

(;^Д^)「簡単に言うなよ、森の中に隠れているかも知れないし、山に穴を掘ってそこに避難しているかもしれないぜ?」

(・∀・)「ああ、避難場所ならそれっぽい所をさっきの戦い中に見つけたから大丈夫」

(;^Д^)「……」

(・∀・)「かなり見つかりにくく作られていたけど、それでも隠し切れなかったみたいだね」

(;^Д^)(オマエだけだよそんなの見つけれるのは……)

(・∀・)「それじゃ、行こうか」

ジエンはそう言いながらプギャーをその避難地区と思わしき所に案内した。

17 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:17:03.62 ID:E/m/m1/d0
---中立VIP国


戦いはようやく終わったのか、爆発音や時折姿を見せた戦闘機はもう無かった。
そんな空をボーっと見ていた。

( ゚∀゚)「内藤、昼からはどっちかに行くのか?」

( ^ω^)「……ドクシン国に行くお」

やはり心のどこかでショボンさんを信じれなくなっている自分がいた。
とはいえ実際に自分でその戦いの爪跡を確認しに行かなくては。
ドクシン国へ向かうことはもう決めていた。

( ゚∀゚)「昼飯は食べれるか?」

( ^ω^)「ゴメンお、辛いお」

( ゚∀゚)「分かった。じゃあ変わりにお茶を準備するからそれくらいは飲んでってくれるよな?」

( ^ω^)「……ありがとうだお」

ジョルジュさんの気遣いはとても嬉しかった。
そして……お茶を貰ってからいよいよと覚悟を決め、自分はドクシン国へと向かった……。

18 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:18:29.13 ID:E/m/m1/d0
そこはもう廃墟と化していた。
昨日までの進化はどうなったのか、どこへ行ってしまったのか?

進化はどこまでも果てしなく続くものだと思っていたが……違った。
過度な進化は今までの自分を破壊し始めるんだ。
己で己を制御し始めるんだ。

(;゚ω゚)「お……おおお……」

その町を見て思った。
もう何も無い町を見て。

戦闘機が出来て戦争を始めるこの状態で、わざわざ家に住む人間なんていないだろう。
きっと洞窟などで皆寄り添って震えながら毎日を過ごすんだろう。

『進化』が自分自身を制御した結果がこうなるわけだ。

今までの進化で手に入れた家や様々な武器はもう意味が無い。

意味があるのは現在の進化の最高峰である戦闘機だけだ。

(;゚ω゚)「おおおおおおぉぉぉ!!!」

誰もいないその場で叫んだ。
ニダーさんの家が崩れ落ちた後、周りの木々が吹き飛ばされた後。
異様な静寂と化したこの場。

19 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:19:04.05 ID:E/m/m1/d0
(;゚ω゚)「おおおぉぉおおぉぉ!!!」

ただ力の限り叫んだ。

(;゚ω゚)「おおぉおおおおおぉおぉ!!!」

この行為に意味は無い、ただ自分が精一杯叫びたかっただけだ。

(;゚ω゚)「おおぉおおぉおぉおおッ!!!」

叫び声だけが虚しくこだました。そしてその場にうなだれた。


これが"心の主"の力なのか?

ここの人達はみんな死んだのか?

どちらの国が優勢なのか?

一体いつこの戦いは終わるのか?

自分はどんな結論を出すのか?


無数の疑問が頭を締め付ける。
しかし考えれる思考は無かった、ただ疑問だけを羅列していた。

どうして? 何が? いつ?

自分は辛すぎて狂いそうだった。

20 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:20:50.26 ID:E/m/m1/d0
しばらく地面におでこを押し付けて、祈る形でいた。
ぐちゃぐちゃな頭を整理する気になんてなれなかった、相変わらず疑問ばかりを並べていた。

  「落ち着かれましたか、内藤さん?」

突然声をかけられてハッとした。

思い頭を上げると、そこには見たことのある顔があった。
誰だったか……今ひとつ思い出せない、初めてドクシン国に来た時会った人だ。

( ^ω^)「……」

(=゚ω゚)ノ「ご無沙汰しています」

( ^ω^)「……死んだのかお? ……皆死んだのかお?」

(=゚ω゚)ノ「……とりあえず聞いて下さい、この集落に住む方々は一時別の場所にて待機しておりました。
   ここは酷い有様ですが、血や死体などは無いでしょう?」

( ^ω^)「……お、本当だお」

バカみたいに興奮しすぎていたようだ、そんな事にも気付かないなんて。

そして死体という言葉に反応し、最後に会った時にしいが殺した相手の死体が頭に浮かび上がって気持ち悪くなった。
突然で申し訳ないと言って、その場で吐いた。

今日は何も食べていないのに……胃には色々と溜まっていた。

21 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:21:22.95 ID:E/m/m1/d0
(;^ω^)「す……すみませんお……」

(=゚ω゚)ノ「いえいえ、大丈夫ですか?」

(;^ω^)「大丈夫ですお、それより皆はどこに避難しているんですお?」

(=゚ω゚)ノ「……」

そこで一瞬時間が止まったような静寂が訪れた。
何か悪い事を聞いてしまったのか?
この時はその静寂の意味なんて分からなかった。

(=゚ω゚)ノ「……私の説明の仕方が悪かったです、申し訳ありません」

(;^ω^)「おっ、おっ?」

(;=゚ω゚)ノ「いずれにしてももうこの町の住民は生きていません、全員死にました。
   避難場所が相手に見つかり、一気に殺されてしまいました」

(;^ω^)「……お?」

自分の思考回路が一瞬止まって、その直後に恐ろしい憎悪が生まれたのが分かった。

22 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:23:02.79 ID:E/m/m1/d0
(#^ω^)「どういう事だお、ニダーさんは? アプーは!?」

(;=゚ω゚)ノ「……ご存じないならこの場でお伝えします。
   ニダーは2日前すでに戦死しました。アプーは本日に例外なく死にました」

(#^ω^)「バカにするんじゃないお、もうみんな死んでるんだお!?
   なのにどうして期待持たせるような言い方したんだお!
   怒るお、この国を嫌いになるお!?」

(;=゚ω゚)ノ「……申し訳ございません。ただ、これが事実です」

(#^ω^)「アプーを返せお、ニダーを返せおッ!!」

(;=゚ω゚)ノ「私だって……返して欲しいです……」

(#^ω^)「ふざけるんじゃないお、馬鹿にすんなって言ってるんだお!!」

自分の怒号を相手の人はずっと聞いて、返してくれた。
一方的な傲慢な怒りにも拘わらずに。
きっと相手の人のほうが辛かっただろうのに……その時の自分はそこまで考える余裕がないほどまで怒り狂っていた。

(#^ω^)「もういいお、オマエなんかじゃ話にならないお!
   ドクオさんのいる所を言えお、ドクオさんと話するお!」

23 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:24:18.42 ID:E/m/m1/d0
(;=゚ω゚)ノ「……した」

(#^ω^)「何言ってるかわかんないおッ!」

(=;ω;)ノ「ドクオさんは……し、死に……ました……」

また思考が停止した。
相手が何と言ったか、それを理解しようとしなかったんだ。

とうとう相手が感情を露にして泣き崩れた。
それまで一方的に怒られてくれてだけいた相手が、とうとう……。

自分は固まった。
相手がどれほど辛かったか、それも考えずに怒鳴りつけていた自分への嫌悪感。
だがそんな嫌悪感ですら小さく思えるほどの衝撃。

ドクオさんが……死んだ?

どこかで国王は死なない、そんなふうに考えていた自分がいた。
そんな訳ないだろう、国王だって人だ、自分と同じ……人だったんだ。

(=;ω;)ノ「あの方は……危ないというのに、国民のためだって……
   避難したこの集落の人達と一緒にいて……それで……」

((  ω ))「お……おぉぉ……」

自分も涙がこぼれた。
再び力の限り叫んだ。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 01:25:20.12 ID:kXW61QChO
・゚・(ノД`;)・゚・゙

25 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:25:40.15 ID:E/m/m1/d0
( ;ω;)「おおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッ!!!!!」

皆死んだんだ。

ドクシン国の大切な人達は……皆死んだんだ。

どうしてそんな事するんだ。

どうして殺すんだ、どうして殺しあうんだ。

ニダーさんのあの笑顔を見ることはもう出来ないんだ。

アプーのあの照れた顔はもう見れないんだ。

ドクオさんと会話を楽しむことはもう出来ないんだ。

最後に一目見たかった。
自分の記憶はもう淡い、皆の顔がすでに少しかすれていた。

もっと、ちゃんと皆を覚えていたかったのに。

本当に……もう会えないのか?

嘘だと言ってくれ、誰か……嘘だと言ってくれ。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 01:26:20.18 ID:Q8QX+7zpO
気持ち悪いんだよ!!何が世界を左右するだ!!キショイだよ〜。バーカ!VIPって糞だな

27 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:26:58.11 ID:E/m/m1/d0
中立VIP国に帰ってからもずっと泣いていた。

特に何も考えていなかった。
無心と言うわけではないが、ドクシン国での出来事以外考えれなかったんだ。

涙はどれだけ流れるものなんだろうかなんて考えた。
お茶を飲まなければこんなにも涙を流さなかったかもしれないのに。
どうしてこんなにも涙は流れるのだろうか?

涙が流れるほど悲しみは心にこびり付く気がした。


もうどっちの国が勝つかとかそんな事はどうでもいい。


どっちに心が動くとかもどうでもいい。


今は自分が辛いんだ、自分の事だけを考えて寝させてくれ。

そんな日ぐらいあってもいいだろう。
自分が辛すぎるんだ……胸が強くえぐられるんだ。


もう今夜はずっと泣かせてくれ。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 01:31:22.26 ID:KaD9igvL0
今日の投下はここまで??
作者さん乙です!
リアルタイムで見れて嬉しかったお!
ドクオ・・(;ω;)

29 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:31:49.67 ID:E/m/m1/d0
とりあえず八日目その2終わりです。
改めて昨日に続いて登場が遅れて申し訳ないです。

おそらく明日が最後の投下になると思います。
最後なので頑張って書き上げます!

>>24
結局投下がこんな夜中になってしまい申し訳ないです。
読んでくれてありがとうございます。

>>26
コピペでなくてビックリ。
そういう人も普通にいると思うので仕方ないとも思います、
「世界を〜」の表現があなたの気分を害したのでしたら大変嬉しく思います。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 01:35:25.50 ID:kXW61QChO
>>29
乙!バーボンはもう悪者じゃないか!

31 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:35:47.66 ID:E/m/m1/d0
>>28
今日はここまでです、むしろこんな時間にリアルタイムでいてくれたことに感謝します!
色々疲れ溜まっているみたいで……もう週末だし物語りもラストだし今日は頑張りますよ!

明日も22時くらいには構えておきますのでスレッド立てれる方いたら申し訳ないですがお願いしたいです。
今日も試したけど、依然規制中でした…… orz

あとどうでもいいけど自分のIDがよく分からなくてちょっと焦った。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 01:36:48.76 ID:ehKnvOayO
乙です
いろんな読者がいるように俺はこの話にwktkしている、だからラストスパートガンガレ!!

33 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:39:20.41 ID:E/m/m1/d0
>>30
ブーンの中では悪者的扱いが大きくなっている感じです。
うまく調整できなくて……中盤にバーボンにより過ぎたかなと思っていたら
今度はドクシンにより過ぎました。

一応明日で丸く(?)おさまると思います。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 01:41:23.94 ID:lUf521fMO
>>1乙&もう一踏張りガンガレ

35 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:44:15.21 ID:E/m/m1/d0
>>32
ありがとうございます、そう言ってもらえると助かりますし気合が入ります!
とりあえずいつもは夜中の内にある程度書き進めるんですが、
今日は早い目に寝て明日でスパート頑張りたいと思います。

釣られてこそ(ryじゃないですが、わざわざこんなスレッドに書き込みしてくれる方には
その書き込みの内容がどうであれとても感謝しています。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 01:45:50.59 ID:E6OXF8CK0


37 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:47:09.18 ID:E/m/m1/d0
>>34
どうもです、ラストと思って思いっきり頑張りますよ!
本当こんな夜中なのに乙って言ってもらえて嬉しいです。


しかし暑い……寝苦しい……。

38 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 01:51:00.78 ID:E/m/m1/d0
>>36
夜中でしかも大分待たせて迷惑かけたのにこんなにありがとう言ってもらえるとは( ;ω;)
よーし、頑張る気出てきたぞー。
ありがとうございます、スレッドも立ててもらい完全に皆さん任せの進行となっていますが
あと一日お付き合い下さい。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 01:58:54.51 ID:V6j2phSuO
>>1乙かれ

40 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/14(金) 02:09:05.74 ID:E/m/m1/d0
>>39
サンクスです、なんだか今日はお腹いっぱいです……。
こんな夜中に皆さん本当ありがとうございます、こればかりだ自分……。

とりあえず今日は早い目に寝ることにします。
おやすみなさい、いい夢を見て下さいノシ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 02:39:49.94 ID:Y4hgYFUF0
保守?

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/14(金) 03:05:44.90 ID:lUf521fMO
ほしゅ

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)