5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハルヒはキョンが強姦魔だったらもっと楽しかったのにね☆

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/11(火) 23:29:58.65 ID:iAkEn9CG0
谷口「WAWAWA忘れもの〜♪……っ!うおぁっ!!」

kyon「長門っ!長門ぉ…っ!ヒヒヒッ…ヒヒッ!気持ちイイよっ!気持ちイイよぉおっ!長門ぉお」
長門「…っん……く……」
谷口「キョ、キョンっ!おま、ちょっ!な、何やってんだよ!?」
kyon「ああ、谷口か…っ!はぁはぁっ!今こいつのこと強姦してんだよwwなんか動けないみたいだからよwwハァハァ」
谷口「ご、強姦って!ば、馬鹿かお前ッ!やめろって!おい!放してやれよ!」
kyon「なっ!ちょっ!馬鹿!おあっ!てめぇっ!じゃ! 邪 魔 す ん じ ゃね ぇ ぇ ぇ え ―――――――!!!」

ドカッ!!

谷口「ぐ…痛ぅ…」
kyon「ハァッ…ハァッ…!お前なら…お前ならわかってくれると思ったのによ…」
谷口「うぅ…キョン…こんなの…こんなのお前らしくねーよ……」
kyon「プッ!動けない女が目の前にいるってのに強姦しねー男がどこにいるんだよwん?おっと!なに逃げようとしてんだよ、長門ちゃんww」
谷口「キョ、キョン…」ガクッ
kyon「さてと、邪魔者もいなくなったし続きしようねwwヒヒヒ!ズブズブズブ〜♪」
長門「…ぅ…ん…」
kyon「ハァハァハァ!長門っ!長門ぉ!いいっ!いい匂いするねっ!!髪の毛いい匂いするっ!ハァハァ!ああぅ!あうあうっああっ!!長門っ!長門!
    あふっ!もうダメだっ!中出ししていいでしょっ!?ヒヒヒッ!中出しいいよねっ!?」
長門「やめて」
kyon「いやだね」

ドピュッピュ!ビュ!ビュ!ドピュ―――――――!!




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:20:54.40 ID:f9+w6B4h0
長門の胸があらわになる。
綺麗な形であった。恐らくサイズはB程度だと思われたが、綺麗な形と、その柔らかさは
視覚的にも感じ取れるようですらあった。
その乳首は、わずかに立っているように見えた。
俺はこらえきれずに長門の乳首を口に含んだ。
長門「・・・っ・・」
長門は声にならない声を発した。
その乳首を舌で転がすと、長門はぴくっ、ぴくっと反応した。
声を出さないように我慢してるようであったが、やはり声にならない声が漏れていた。

俺は、そのままスカートのホックに手をやった。すると長門の手が俺の手を掴んだ。
長門「もう・・これで許して・・お願い・・お願い」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:25:21.98 ID:f9+w6B4h0
俺は言語を言語として理解するだけの理性がもう自分には残っていないと頭のどこかで察していた。
それは、単なる校舎の中の物が倒れる音、きしむ音、外の車のエンジン音、と同じように消えた。

俺は力を入れて長門の手を跳ね除けた。それは男の力にはまったく適わない、ひよわで儚げで消え入りそうなな
指であった。
ホックがカチン、と外れた。俺は、一連の流れをスムーズにまるでその行為を何度も練習していたかのように、
経験していたかのようにスカートを脱がせた。勢い余って、押し倒してしまい、長門はしりもちをついた。
俺はそのうえに、馬乗りのようになった。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:30:05.63 ID:f9+w6B4h0
長門に残された衣服はもはや、あらわになったパンツだけであった。
そのパンツは水色のストライプ模様であった。
自分はその柄をみて、興奮の気持ちがさらに強まった。
心のどこかで、この女は自分をずっと誘惑してのではないかという疑念さえ沸いてきた。

俺は長門のパンツの中に手を入れた。女のそれはまた、溶けてしまいそうな柔らかさで、また
まだ乾ききっていない洗濯物のようにしっとりと濡れたいた。
女性のそれに触れた時、長門は拒絶する言葉をやめた。
その言葉は、女性の性行為の際に発するそれに変わっていた。

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:30:49.11 ID:f9+w6B4h0
ふぃー・・・・

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:33:13.38 ID:f9+w6B4h0
みんな寝たか?

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:33:52.85 ID:f9+w6B4h0
我ながらどんだけ引っ張るねん、と思った。
しかしこの文章を見ると俺がエロゲヲタであることは
誰もがわかることだろうなぁ。

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:34:39.16 ID:f9+w6B4h0
書ききって寝るかな。

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:34:39.55 ID:Yj7A4Wfq0
ストライプ最強ですよね。

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:34:43.62 ID:QqzNvSpF0
わっふるわっふる

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:35:13.62 ID:f9+w6B4h0
>>97
お前わかってるな。
水色のストライプが最強。

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:37:04.16 ID:KqId7CRG0
ハルヒ「な なにすんのよ!」

キョン「フヒすんません!フヒ!フヒヒ フヒ」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:37:43.98 ID:Yj7A4Wfq0
水色と白色のストライプって
実際には売ってないのが困るんですよね

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:40:33.32 ID:f9+w6B4h0
長門の喘ぎ声を聞きながら俺はパンツを脱がせた。
既にびしょびしょになった女性器を指でこね回し、長門の反応を楽しんだ。
長門「・・あっ・・・・あっ・・・あぅ・・・あっ」
長門の手は俺のYシャツの袖を痛いほどに握り締めていた。

俺は長門の女性器を正面から見ようと股の間に顔をやった。
綺麗な形、ピンク色のそれは白い肌との対比もあいまって芸術的ですらあった。

俺は舌で長門のそれを刺激した。
長門「あぁぁあぁあぁ」
長門は今までに聞いたことのないような声を発した。それは生物学的に発してしまう抑え切れない
ものであるようであった。
舌を女性器の中、できる限り深くまで沈め、かき回した。長門の声は激しさを増した。

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:47:40.69 ID:e0cpLJ6u0
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:48:16.48 ID:f9+w6B4h0
長門は俺の髪の毛を両手で掴み、拒絶しているようでもあった。
しかし、それは抑え切れない快感を沈めようとする行為であった。

キョン「長門・・・もう、いいだろ?」
長門「私は・・っ、 私は・・・・」
長門は言葉を選べないようであった。俺は返事を待たなかった。

怒張した自分の男根を彼女の美しく、綺麗なピンクの女性器に差し込んだ。
先端部分が彼女の中に沈んだ。
長門は、かつてない感覚に、脅えているかのようだった。長門の爪が
俺の背中に食い込む。
俺は、律動しようとした。するとそのとき、長門が言った。
長門「私は、あなたを一個体として認識したい。」
キョン「そうか。ありがとう」

俺は、長門の中で果てた。いまだかつてない量の精子が出たようで、長門の女性器からは
抜いたあとに大量の精液が逆流した。

見上げると、月が高く登り、その輝きは俺の瞳の奥に染みた。

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:49:20.36 ID:f9+w6B4h0
最後はパワーが尽きますタ。

一応結末は見せた。(冨樫じゃないからな、俺はw)

読んでくれた人ありがとうお。
俺は今から自分の書いた文章をコピペして、抜くwwwwwwww

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:50:20.48 ID:XwmJ7pHp0
>>105
後日談!後日談!

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:51:55.15 ID:f9+w6B4h0
>>106
おめぇ考えろやwwwwww

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:53:34.60 ID:QqzNvSpF0
>>106マジ貪欲wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:54:22.15 ID:f9+w6B4h0
おいおい、ワードにコピペして保存したら4000字超えたぞwwwww

俺がサークルで書いた短編小説よりなげぇwwwwwwww

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:55:51.90 ID:Yj7A4Wfq0
ちょwwww挿入時間短いwwwwwwww

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:56:07.12 ID:f9+w6B4h0
あ、読んだ人よかったら感想かいてね。
感想一通り見たら寝るから

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 02:57:09.09 ID:f9+w6B4h0
>>110
挿入までが大事なんだよ!!!
という言い訳。実際はこれ以上長くなると俺がキレテ放棄して結末をみずに終わるから。
わりとそういうことがある、即興で書くとね

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:01:25.38 ID:f9+w6B4h0
感想(  ´ω`) キボンヌ

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:02:26.06 ID:f9+w6B4h0
ちなみに俺は1みたいな文章で射精した男です

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:04:00.33 ID:f9+w6B4h0
(  ´ω`) ・・・・

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:04:31.24 ID:f9+w6B4h0
後日談書くか・・・

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:08:41.86 ID:Yj7A4Wfq0
マジレスしちゃっていいのかな。

ハルヒは原作が一人称だからその印象が強く残ってしまう
長門なのにえらい表情豊か杉かなと、思う。
素人感想だけども。

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:10:51.18 ID:CVsC0lMa0
後日・・・
長門「妊娠した」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:14:04.62 ID:f9+w6B4h0
あれから三日たった。
長門は部室に現れなかった。
俺は、かぐや姫という昔話を思い出した。かぐや姫は、大人になると月に還ってしまう。
彼女もまた、一瞬通じたあの心が、彼女を変え、その目的を達した彼女は自分の星に帰ってしまったのではないか、と。
そんなことを聞いてもいない授業中、窓の外を見ながら考えていた。

放課後、部室に行く気にもなれず、直帰しようとした俺をハルヒは無理やり部室に連れて行こうとした。
ハルヒ「今日はSOS団に相談したいって言う人が来るのよーーー!!あんた帰るなんて許さないわよ!
団員としての自覚を持ちなさーい!!」
相変わらずうるさいハルヒの罵声は、カラッポになった俺の心を少しだけゆすった。

そして、部室に行くと‐


いた。そこに、長門有希はいた。いつものように本をひざに置きながら。

ハルヒ「おう、有希じゃない!早いわね、感心感心!あんたも見習いなさいよーキョン!」
俺の考えは杞憂だった。安堵の気持ちで満たされた俺は変わらない日常の再開を心から喜んだ。

ふと、視線を落すと前と違う点がひとつだけあった。

キョン「長門、その髪止め、かわいいな。イメチェンか?」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:14:25.95 ID:gk3vzu9GO
ttp://imepita.jp/trial/20060712/116300

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:14:41.77 ID:f9+w6B4h0
end

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:15:53.10 ID:f9+w6B4h0
>>117
セクロスに脅えるという描写が
強姦というコンセプト上必要だったから仕方ないし、
キョンは鬼畜キャラにマイナーチェンジしていますです。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:16:24.53 ID:f9+w6B4h0
>>118
それなんて happy end?
まあ、そういうヲチも面白いかもしれないけど

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:17:54.51 ID:f9+w6B4h0
まずVIPにもう人がいなくなってきたのだらうか

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:21:09.16 ID:f9+w6B4h0
妊娠endも書くかな・・・

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:22:19.54 ID:f9+w6B4h0
案外反応がないなぁ、、、
寝るか

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:25:13.28 ID:OdHwL4ADO
原作が一人称ってなに??

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:28:36.56 ID:sd5QSn8kO
た。が多すぎるとオモ

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:29:34.23 ID:hIUMJGpX0
>>119


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:30:43.16 ID:f9+w6B4h0
ああ、そうかもなぁ

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:31:41.72 ID:f9+w6B4h0
過去形で書いてるからな。

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:32:22.98 ID:CVsC0lMa0
>127
ナレーション=キョン


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:33:35.83 ID:UcngB2sI0
ちょwwwwwwまじかよ↓
http://category.bloog-ranking.com/200606191838.html


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:37:35.40 ID:sd5QSn8kO
過去形でも、た。に繋げるのに、る。とか、い。とかで終われるから、そうすると文章の幅が広がるとオモ
次はガンガレw

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:43:03.36 ID:buj2y+I40
おつ。細かいことは抜きに楽しめた

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:45:05.21 ID:f9+w6B4h0
抜き?!

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:46:58.94 ID:vhGDt4Ai0
誰かハルヒ犯せよ

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:49:18.30 ID:UcngB2sI0
ちょwwwwwwなんだこれwwww
http://category.bloog-ranking.com/200607062121.html


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/12(水) 03:52:50.90 ID:W0a8YBH40
きめぇwwwwwwwwww

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)