5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンの心が世界を左右するようです

1 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:21:47.79 ID:qHCpDR/x0
落ちてたから自らたてた。

べ、別にたてて欲しかったとか思ってなんかいないんだから!

まとめ
http://vip.main.jp/cocoro-top.html

投下いきます。

2 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:24:58.99 ID:qHCpDR/x0
−−−−六日目・その2


---ドクシン国


('A`) 「いよう、今回も全ての指揮を任せる。決してバーボン国に引きをとらぬように頼んだ」

(=゚ω゚)ノ「はい、最善を尽くします」

(;゚д゚ )「……ドクオさん」

('A`) 「どうしたミンナ」

(;゚д゚ )「正直……自分は怖いです。この進化の度合いが、スピードが……。
   自分は火縄銃の時点で勝てると思っていました。
   なのに……今後どう進化していくのでしょうか?」

ミンナはその手に拳銃を持ちながら、ブルブルと震えていた。
普通に戦えばバーボン国のギコは最強とも言えた、勝てる気がしなかった。
同じ人間かとまで思っていたその相手も、銃を使えば他の人間と同じように死んだ。

そして、進化はそれからまだ止まらない。
むしろ加速している。

('A`) 「……悪いな、戦いに出るものからすればそうだと思う。
   俺も正直『銃』という存在で人というものの弱さを再認識した。
   抗う事もできずに、引き金一つで消えるんだからな」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/09(日) 23:25:19.11 ID:deJz0rLdO
リアルタイム遭遇wktk

4 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:26:42.62 ID:qHCpDR/x0
(;゚д゚ )「はっきりと言って、これ以上の進化があれば人間は無力です!
   いいえ、今の時点でもう……!
   既に子供が大人を殺せる状態です、これ以上進化するなんて……恐ろしくて考えたくありません」

('A`) 「だったらオマエは子供に殺しをさせるのか?」

(;゚д゚ )「……!!」

('A`) 「オレがそれとも戦いに行けばいいのか?
   言いたいことは分かる、ただもうこの戦いは止められないよ」

(;゚д゚ )「……すみません」

その場は一瞬にして静かになった。
戦いは止められない、和解できるものなら和解しているのだろうから。

(=゚ω゚)ノ(……ミンナ、辛いのは一緒だ)

(;゚д゚ )「……あと、一つだけ気になったことが」

('A`) 「ん?」

(;゚д゚ )「ドクオさんには直接関係ありませんが、相手に……恐ろしいほどのスナイパーがいます。
   自分などよりはるかに格上です、いずれこの国の脅威となると思います」

(=゚ω゚)ノ「自分があとでその話は聞こう」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/09(日) 23:27:36.29 ID:MOreNrxL0
じきにガンガルとか出てきたりしてなwwwwwwwww

6 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:28:29.74 ID:qHCpDR/x0
ドクシンの兵士はそのほとんどが疲労しきっていた。
銃という新たな武器の存在、戦闘では常に気が抜けない。
姿を見られたらそれだけで死ぬと言っても過言ではない状況。
そして連日の戦い。

そこに今のミンナのようにこれから先の心配などが合わさるのだ。
相手の武器が進化したら、それを初めに試されるのは自分達兵士なのだ。

ドクシン国に限ったことではないだろうが、兵の戦意は見る見る落ちていた。
それでも戦わなければならない……激しい重圧。

ミンナは話を終えると、すぐに武器を整備しに部屋を出て行った。

(=゚ω゚)ノ「相当滅入っていますね……」

('A`) 「いようはその点余裕そうじゃないか」

(=゚ω゚)ノ「余裕なんてありませんよ、ただ……
   進化が進めば進むほど、硬直状態には持って行き易くなっていると思います。
   それが今自分の考えです」

('A`) 「硬直常態か……アイツに通用するかな?」

(=゚ω゚)ノ「まったく、厄介ですよバーボンの王様は。
   あの頭が頂きたいものですね」

('A`) 「ドクシンの頭脳がそう言っていちゃいかんだろ」

7 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:30:16.11 ID:qHCpDR/x0
(=゚ω゚)ノ「いえいえ、本当あの人には何度としてやられていますからね。
   正直自分がドクオさんの立場ならショボンと話し合いなんて出来ないですよ。
   裏があるんじゃないかって深読みし続ける気がします」

('A`) 「裏か……相手が裏を付いてくるならこっちはさらに裏を突けばいい話だ」

(=゚ω゚)ノ「裏の裏じゃ表ですよ」

('A`) 「ああ、だから表でいいんだよ」

ドクオはそう言うと部屋を出て行こうとする。

('A`) 「いようのやりたいようにやれ、オレたちは信用しているから」

(=゚ω゚)ノ「……はい、分かりました。ドクオさんはこれから?」

('A`) 「ニダーの代わりを兼ねて子守だ。ついでに内藤さんと少し話してくるよ」

ドクオは立派な部屋を後にして、ゆっくりと外への道を歩く。
たとえ住む所がお城になろうとそこに留まるつもりは無い、国民との交流を忘れない。
ドクオにはそれが正しいという絶対の考えがあった。

8 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:31:40.25 ID:qHCpDR/x0
---中立VIP国


ショボンさんが帰ってからしばらくのんびりとし、食事を終えるとジョルジュさんから手紙を渡された。

( ゚∀゚)「内藤、ニダーからまた預かったぜ?」

中を見るとただ簡潔に『今日も来てもらえないでしょうか』と書いてあった。
何か話したいことがあるらしい。
そういえば昨日は子守をまかされてそれを放棄したっけ、それについても謝らないといけない。

ξ゚听)ξ「ブーン、どこか出かけるの?」

( ^ω^)「なんだかニダーさんが話あるそうだお、ちょっと行って来るお」

ξ゚听)ξ「暗くなる前に帰ってきなさいよ?」

( ^ω^)「そうするお、なんだかツンお母さんみたいだお」

ξ///)ξ「アンタの事だからまた変なのに絡まれるかもしれないでしょ!
   さっさと行きなさいよ!」

( ^ω^)「そうするお、行ってきますお」

ξ///)ξ「い……いってらっしゃぃ……」

9 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:33:12.20 ID:qHCpDR/x0
---バーボン国、ドクシン国境界・ドクシン側


(=゚ω゚)ノ「よし、攻めるぞ」

皆が頷いた。

今までと違い、随分と静かな勝負だった。
それには『拳銃』という武器の存在が大きい。
これにより姿を隠しあう勝負になったのだから。

いようを中心として十人程度の部隊が静かに素早く移動する。
服が擦れる音、服と草が擦れる音、それ以外の音は存在しなかった。
移動中も気は抜けない、常に集中して音をかき集める。
大丈夫だ、自分たちが移動する音しかしない。


   パンッ


(;´_ゝ`)「……ゥッ!!」

発砲音と同時、兄者を激痛が襲う。
直撃したのだ、それでも防弾ジョッキのお陰で傷は無い。

10 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:34:58.81 ID:qHCpDR/x0
(;=゚ω゚)ノ「オマエ達、散れ。既に誰かに見つかった」

静かな合図と同時、それぞれがあらかじめ決められていた方向へとバラける。
いようは兄者を支えて後方に引いた。

(;=゚ω゚)ノ(ミンナの言っていたヤツだろうな、一体どこから……)

決して木が多いわけではないが、大きな草木が茂っている。
ここを移動しているというのに……一体相手はどれだけ見渡せるというのだ。
ミンナが注意しろと言うわけだ、防弾チョッキが無ければ兄者は死んでいただろう。
そしてこの隊は混乱してしまってバーボン国の思う壺だった事だろう。

(=゚ω゚)ノ「兄者、大丈夫か?」

(;´_ゝ`)「大丈夫だ、少し骨が痛むが傷は無い」

(=゚ω゚)ノ「流石だな、とりあえず進行は残りのやつらに任せよう」

( ´⊇`)「ニダーさん、とりあえず攻めるぜ?」

(=゚ω゚)ノ「ああ、フォーメーションは崩さずにでたのむ」

再び静かな戦いが始まった。
そして見えない敵との恐怖が……。

11 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:37:02.79 ID:qHCpDR/x0
(;´⊇`)「……」

防弾のチョッキの性能は知っている、相当ピンポイントで狙われでもしない限り撃たれて死ぬことは無い。
それでも見えない敵という圧迫はすごかった。
何より防弾チョッキが絶対安全とは限らない、疑ってしまう。

もしかすると自分の物だけが誤魔化した作りになっているのではないだろうか?
偶然露になっている箇所に銃弾が当たるんじゃないだろうか?
銃よりも進化した武器が現れるのではないだろうか?

あらゆる恐怖が足を鈍らせた。

一歩が重い、思うように進まない。
勇気を出して一歩進んでも、再び勇気を出してもう一歩進まなくてはならない。
まるで終わりが無いように感じた。

(;´⊇`)(くそッ……いっそ俺も撃たれて、後ろに下がっていたいぜ)

他の皆も同じ気分なんだろう、次に誰かが死ぬとしてそれが自分の確率は十分の一程度だ、きっと大丈夫だ。
そう思いながらまた一歩足を進めた。

   カチッ

(;´⊇`)「!?」

驚いて足元を見るが何も踏んでいない、石でも蹴ったのだろうか?
あまりに不自然な音が気になり足の裏を見ようと踏み出した足を上げた。


   ドォォンッ

12 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:38:59.13 ID:qHCpDR/x0
(;=゚ω゚)ノ「爆弾か何かか!?」

突然の爆発、ただ何かが発射されたりする音は無かった。
爆弾にしても、投げられたりしたら声を出すだろう、それがまったく無かった。
一体何が起きた? この爆発の意味は?

  「ひぃぃ、何が起きたんだ!!」

その音に驚き、他の兵士もうろたえ出した。
これはマズイ、統制が取れなくなったら部隊は終わりだ。
すぐに落ち着けようと叫んだが誰も耳を貸そうとしない。


   ドォォンッ


そうこうしている内にさらにもう一度爆発が起きた。
この爆発だ、その中心にいたとしたらひとたまりも無いだろう。

とりあえず周囲の兵士を集めて一時退却した。
爆発により怪我をした者も何人といる、とりあえず作戦を練りなおす必要がありそうだ。

(;=゚ω゚)ノ(しかしまだ完全には引けない……何とかしないとな……)

13 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:41:11.64 ID:qHCpDR/x0
---ドクシン国


( ^ω^)「それにしても、昨日行ったばかりなのに……ニダーさんは何用なのかお?」

歩きながら色々と考えた。昨日の戦いで何かあったのだろうか?

(;^ω^)「……」

もしかして昨日の戦いでニダーさんが死んだのだろうか、
そう思いながらもジョルジュさんがニダーさんから手紙を受け取ったと言っていたのを思い出した。

とりあえず朝からショボンさんと話したわけだし、昼からドクシン国に行くというのは良いことかもしれない。
片方だけに下手に心が偏らなさそうだから。

そして歩いてとうとうドクシン国の集落についた。同時に言葉を失った。

(;^ω^)「……」

昨日まではいくら作りが良くなっていたとはいえ、まだまだ小屋と表現するものが立ち並んでいたはずだ。
そこは完璧な家が幾つも並んでいた。
塀など無いし、無秩序に並んでいる点は現代とは違う、それでも……ほとんど現代に近づいているように感じた。

呆然と進化したドクシン国を見ていた。
そして無心でニダーさんの家に歩く。

位置的にはここがニダーさんの家だったが……本当にここでいいのだろうか?
小屋ばかりだった頃はあんなに親密だったドクシン国も、
家が立ち並ぶと個人は個人だとプライバシーを訴えているように感じた。

14 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:42:53.01 ID:qHCpDR/x0
  コンコン

今まではノックなんてしなくても、外から中が見えたのに。
中からも外が見えて、いきなりアプーに飛びつかれたりしたのに。

どことなく寂しかった。

('A`) 「はいはいーっと、内藤さんかこんにちは」

ドクオさんが出てきて少し安心した。
たとえ住む所が立派になろうとも、やはりこの国は親密なんだなって思えた。

( ^ω^)「こんにちはですお、ニダーさんはいますかお?」

('A`) 「ああ、ニダーは今はいないんだ。とりあえず上がってくれ」

とりあえず家に上がることにした。
決して小さい家ではないが、さすがに子供たちが十人程度もいると狭く感じる。

(*ノωノ)「あぷー」

( ^ω^)「良い子にしてたかい、アプー」

とりあえず膝にアプーを乗せてゆっくりと座った。
その隣にドクオさんも座る。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/09(日) 23:43:20.30 ID:vuTtXnIu0
tes

16 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:44:53.52 ID:qHCpDR/x0
('A`) 「子供の相手も疲れるな、そろそろ歳かね……。
   内藤さんが来てくれるとアプーが静かだから助かる」

( ^ω^)「ニダーさんに呼ばれてきたんだお」

('A`) 「ああ、それはオレがニダーに言ったんだ」

(;^ω^)「?」

('A`) 「内藤さんと、ちょっと話しておこうかと思ってな」

(*ノωノ)「あぷー」

ドクオさんは大きなあくびをした。
表情はまったくやる気が無いように感じられるが、それは現実のドクにも言える事。
覚悟を決めたりする時は決まってあくびをするんだ。

('A`) 「……どうですか? この国を見た感想は?」

(;^ω^)「正直めちゃくちゃ驚いたお、一日にして……こんなにも成長するなんて思っていなかったお」

('A`) 「これが"心の主"の力なんですよ、一日で家が出来て城が建つ。
   今更自分が言うまでも無いでしょうが」

(;^ω^)「……」

('A`) 「ニダーは今戦いに行っています」

17 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:47:13.64 ID:qHCpDR/x0
(;^ω^)「マジですかお!? 今日も戦いが!?」

('A`) 「進化の度合いは今すごいことになっている。
   銃で殺されないように防弾のチョッキを着て攻めているが……
   それ以上の攻防がおそらく繰り広げられている事だろう」

(;^ω^)「それ以上……?」

('A`) 「爆弾とか、そういう領域ですね」

(;^ω^)「……爆弾」

爆弾なんて言われてもまったくピンと来なかった。
爆弾だけは現実でも到底お目にかかれない、戦争の番組なんかで見かけるがそれでもあまりに接点が無さ過ぎる。
ただそれでも、戦争の資料館で見た火薬の抜かれた本物の爆弾を見て……
言葉では言い表せないほどの恐怖を感じたことを覚えている。

それを見ただけで呪われたような気がした。

('A`) 「銃の時点で既に人間は無力となっていたんです。
   どれだけ体を鍛えても、子供に大人が殺せる状態なんです」

(;^ω^)「……。それを僕に話して、何が言いたんですお?」

('A`) 「もう……我々の国は限界が近いです……」

ドクオさんの表情は変わらなかったが、声は酷く覇気を失っていた。

18 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:49:00.88 ID:qHCpDR/x0
('A`) 「戦いで新しい兵を投入しているものの、やはり前に立つのは古株の兵士。
   その古株の兵士が減ってきていているのです。
   人数が減ってきて、次に新しい武器で殺されるのは誰だろうか……それで戦う気力を欠如しているのです」

(;^ω^)「分かりますお、当然だと思うお」

('A`) 「今日も一人言ってきたんだ、正直信頼を置いていた兵だけに酷くショックを受けた。
   そいつは後方援護中心だからそんな事を言ってこないと思っていたが、
   もう今は後方だから安心だとかそういう概念が破綻してきているんだ」

(;^ω^)「人数的な問題では確かにドクシン国は不利だと聞いていますお。
   それが問題でこれ以上は戦いが辛いのですかお?」

('A`) 「主な原因はそれです」

( ^ω^)「実は今日ショボンさんと話したんだお」

('A`) 「ショボンと……!?」

( ^ω^)「それでどうしてアナタ方が"心の主"である僕に全てを委ねているかを聞きましたお。
   その感想としては、正直バーボン国の方が妥協している感じを受けたんだお」

('A`) 「そうですね。我々は普通に戦っていては勝ち目なんてありませんでしたから。
   ただ、我々はその上で……このような状況でも勝てないことは重々承知でした。
   "主"の心がどちらかに大きく傾く事など早々ないでしょう、ならば結局ものをいうのは兵の人数ですから」

(;^ω^)「……」

バーボン国が大きく発展した時にバランスをとろうとドクシン国に心が動いたのを思い出した。
どちらかに大きく動く事は無い、その通りだ。ならば人数がものをいうのも納得いく。

19 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:50:50.84 ID:qHCpDR/x0
('A`) 「正直自分ですらこれ以上の進化というのは怖い……。それが兵なら当然だ。
   少なからずその恐怖を主のせいだと言う奴らは数多い。
   最も強力な武器は"心の主"なのです、それを先に手に入れた国が勝つのです」

(;^ω^)「自分……ですかお……」

('A`) 「我々は特に、アナタ無しでは勝てないのです。本当にすみません」

ドクオさんはそう言って頭を下げた。その頭を上げてくれとも言えずに自分は固まっていた。

('A`) 「それで、最後にもう一つだけお願いがあります」

ドクオさんは頭を下げたままだった。そしてその声は酷く震えていた。

('A`) 「もう……ここには来ないで下さい」

(;^ω^)「……お?」

なんと言ったか理解出来なかった。

('A`) 「言った通り、兵にとって主の存在というのは今まで以上に恐怖の代名詞となっています。
   もうニダーは兵なのです、今までのように客人として内藤さんを迎え入れれないんです……。
   この国に来るなと言うのではありません、ここに……この家に来ないで下さい」

ドクオさんの声も泣きそうだった。
自分が必要だと言った直後の自分を否定する言葉、言うべきかどうかかなり悩んだに違いない。

(*ノωノ)「あぷー」

無邪気なアプーの笑顔がとても悲しかった。

20 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:52:16.14 ID:qHCpDR/x0
その帰り道はとても足取りが重かった。
バーボン国も、もうしいさんに合わせる顔が無い。
ドクシン国もニダーさんのためにもう来るなと言われた。

"心の主"が一体どれだけの力があるのか知らない。
ただ、どうしてこうも周りから嫌われなくちゃいけないんだ。
一体自分にどうしろと言いたいんだ。
どこに行けといいたいんだ。

( ;ω;)「ウッ……ウッ……」

僕は普通の人間なのに、他の人と何の変わりもないのに。
どうして自分ばかりがこんな辛い思いをしないといけないんだ。
憎い、自分だって"心の主"という肩書きが憎い。
こんな事誰も気付いていないだろう、どれだけ自分がこの肩書きに苦しめられているかなんて。

自分は何もしていないのに、もう来ないでなんて言われたんだ。
昨日まではあんなに仲良く一緒に話したのに……。

ニダーさんが頭の中に浮かぶと、悔しさよりもごめんなさいという思いがこみ上げてきた。
自分は何も悪くないはずだけど、それでもごめんなさいと。

存在自体が悪いのかもしれない、自己卑下でなくそう思ってしまう。
自分は存在してはいけない人間なのかもしれないと。

   ガサッ

( ;ω;)「……!」

突然隣の茂みから音がした。

21 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:54:11.17 ID:qHCpDR/x0
( ;ω;)「誰だお!?」

そう言うと、茂みから出てくる2人の姿があった。

< のΩの>「なんだ、またアンタか……何の縁があるんだか……」

(`皿´ )「ああ、何もしないから怖がらなくてもいいぜ?
   アンタが金無いのは分かったし、アンタにはいい思い出が無いからな……」

それはこっちのセリフだ、突然出てきて何を言うんだこいつ等は。
一人感傷に耽りたかったのに台無しだ。

< のΩの>「悪いな、通りすがりのヤツをつけねらって金をせびろうと思っていたんだが、アンタならいいや」

(`皿´ )「とっとと先に行ってくれ、オレらだって無駄足は嫌いだ」

自分勝手だと思いながらも、文句を言ってまた剣なんかを振り回されてはたまったものではない。
しぶしぶといった感じで先に行こうとする。

< のΩの>「あ、アンタに一つ言いたいことがあるのを思い出した……」

今度は何だ、いい加減にしてもらいたい。

< のΩの>「ショボンには気をつけろ。アイツを信頼すると……痛い目を見るぜ?」

(;^ω^)「ちょ、それって……」

< のΩの>「じゃあな」

人の話も聞かずに二人は去っていった。一方的に自分の心にしこりを残して……。

22 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/09(日) 23:55:59.96 ID:qHCpDR/x0
6日目その2はこれで終わりになります。
その3まで行く予定は無かったのですが……どんどん長引く……。

また文句なりなればどんと言って下さい。
とりあえず無事投下も終わったぁ……。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/09(日) 23:57:56.84 ID:d2quFoZIO


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/09(日) 23:58:19.20 ID:U/cIMdOSO
次の投下はいつだい?

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/09(日) 23:59:55.07 ID:obFBP+V0O
もしかすると…








痛い目ってアナr(ry

26 :!zense:2006/07/10(月) 00:00:22.40 ID:5yhnO+2W0
>>25アッーーーー!!

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 00:01:09.41 ID:5thWxII4O
このペースで進歩したらあと数日でテポドンも作れそうだな

28 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/10(月) 00:02:32.76 ID:VYv14AsK0
>>24
うーん……ちょっとなんとも言えないです。
出来れば明日投下したいけど、ちょっと今日もギリギリだったから……。
でも少なくとも明後日には投下します。

>>25
そ れ だ !
アナル表現出しにくい……頑張らないと。



29 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/10(月) 00:04:13.55 ID:VYv14AsK0
>>23
ありがとう、なんとか今日の分も書き終えれたよ……。
>>27
テポドンの出番はあるのか!? こうご期待!!
ねー……あるあるwww

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 00:05:56.69 ID:l+Dr8YM5O
>>27
このペースで進歩したらあと数日でドクオのアナルも凄い事になりそうだな。テポドンも作れそうだな。

に見えなかった。

>>28
乙。今日のアナルも最高だったよ。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 00:08:58.40 ID:l+Dr8YM5O
今気付いたんだが…



痛い目=アナル
だったら







< のΩの>は経験者か

32 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/10(月) 00:09:58.05 ID:VYv14AsK0
>>30
ドキドキ……そんなバカな、縦読みで「あなる」を仕掛けたことに気付く人間がいたとは……









それはねーよwww

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 00:16:33.42 ID:+abDbOJo0
>>一方的に自分の心にしこりを残して……。

とうとうにしこりも登場か…

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 00:18:44.94 ID:qg86oJTYO
これから読む保守

35 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/10(月) 00:22:52.42 ID:VYv14AsK0
>>33
そうか、そのノリで〆ればよかったんだな。

一方的に自分の心とアナルにしこりを残して……。



これもねーよorz

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 00:31:11.30 ID:KJJW2FtE0
心のアナルのほうがしっくりくるな

37 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/10(月) 00:35:15.12 ID:VYv14AsK0
>>36
アナルだけは!!アナルだけは勘弁して下さい!!

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 00:43:28.72 ID:qg86oJTYO
作者もう寝たかな?
作者ってブーン小説は初めて書くの?

39 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/10(月) 00:57:32.21 ID:VYv14AsK0
>>38
ただいも。
ちなみに微妙に初めてとは言えないような初めてといえるような……。
ブーンが携帯を買ったようですの作者希望ルートは俺が書いたw
それ以外では経験無しのバージンです。

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 01:02:50.68 ID:l+Dr8YM5O
>>39
つまり前はバージン、後ろは貫通済み・・・というワケか・・・

41 : ◆7at37OTfY6 :2006/07/10(月) 01:07:15.36 ID:VYv14AsK0
>>40
ちょwwおまwww
後ろもバージンだバーローwwww
前もバージンだバーローorz

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 01:15:30.70 ID:OdyNg4S/0
ほす?

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 01:22:54.02 ID:ui0LfTELO
ほす
ついでにクリックよろしこしこはぁはぁドピュ
http://mega-r.com/u/in.php?id=heror&pid=erotick

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 01:56:35.11 ID:0XyrsdyB0
ho

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 02:29:49.47 ID:sX+a4+Ic0
保守

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 02:58:56.91 ID:PJYor3/80
保守

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 03:47:43.71 ID:sX+a4+Ic0


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 04:24:07.98 ID:3WwMPrKy0
ho

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 04:24:14.21 ID:95wNeGrNO


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 05:13:47.01 ID:eL2/yIU60
ほしゅ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 06:16:19.28 ID:qg86oJTYO


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 07:17:25.53 ID:qg86oJTYO


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 08:16:57.77 ID:qg86oJTYO


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 09:07:37.33 ID:qg86oJTYO


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 09:08:56.85 ID:veVU/5iJ0
ちょwwwwwwまじかよ↓
http://category.bloog-ranking.com/200606191838.html


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 09:56:03.95 ID:SC1X55T/0


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 10:56:23.39 ID:qg86oJTYO


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 11:22:12.83 ID:xTjrw6kD0
( ^ω^)おっおっおっ

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 11:55:25.95 ID:uf1pK0yAO
ま゛

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 12:42:38.88 ID:qg86oJTYO
ぢ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 13:12:29.01 ID:HO1MDyqdO
ほす

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 13:54:20.01 ID:d93XrcyU0
保守.

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 14:43:27.74 ID:uf1pK0yAO
蟹食いてぇ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 15:12:52.55 ID:uf1pK0yAO
蟹ぃ〜

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/07/10(月) 15:13:47.21 ID:veVU/5iJ0
ちょwwwwwwなんだこれwwww
http://category.bloog-ranking.com/200607062121.html


26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)